NEXTGEAR-MICRO im570BA6-SP-TVレビューと評判解説 | 裏顔TVモデル、GTX1050を搭載

NEXTGEAR-MICRO im570BA6-SP-TV

NEXTGEAR-MICRO im570BA6-SP-TVのレビューをしている。

「裏・顔TV!」のコンセプトとモデルとなっている。性能的は、4台中3番目だ。

ブランド名NEXTGEAR-MICRO
製品名im570BA6-SP-TV(ブロンズカスタム)
価格Windows 10/94,800円
CPUCore i7-6700
GPUGeForce GTX1050
メモリDDR4 8GB
SSD非搭載
HDD1TB
電源500W 80PLUS SILVER
備考光学ドライブ非搭載(オプション)
キーボード、マウス無し
コストパフォーマンス★★☆☆☆☆☆☆☆☆

スペック解説

im570BA6-SP-TVは、「裏・顔TV!」によるNEXTGEAR-MICRO im570BA7のカスタマイズモデルだ。ベースモデルとの違いはCPUのみで、i5-6400をi7-6700に変更されている。およそ2,000円ほどお得なモデルではある。

ただし、GTX1050搭載モデルがこの価格になるとどうしても抵抗がある。GTX1060搭載モデルと近くなることで、GTX1050の特徴である低価格が失われている。とは言え、弱点が無く優れた性能であることは間違い無い。

構成が犠牲になっているのは気になるところだ。しかし、i7-6700はGTX1050とバランスが良くCPU性能も不安が無い。多くのゲームや用途にCPUの性能を求められることを考えると、ボトルネックにならない構成は素晴らしい。

ただ、この価格帯であるとワンランク上の構成や性能を持つゲーミングPCが存在してしまうのだ。価格を考えなければ、割りと優秀だが…。

ゲーム

グラフィックボードはGTX1050のミドルクラスとなっている。CPUは珍しくi7-6700を採用している。この構成ではなかなか優秀なコストパフォーマンスを持っている。一方で評価しづらいのは他製品との兼ね合いがあるからだ。

性能で言えばVRにも4K解像度にも対応は出来ない。しかしながら、設定次第では最新のゲームには対応することができる。用途を選べば活躍できる場面が無いわけでは無いが…。

どうしても価格的にGTX1050TiやGTX1060搭載モデルが比較対象として近い存在となっている。個々として見れば優秀であるが、比較して見るとやはり劣る部分が目立つ。その差はゲームプレイでも顕著に出てくる。

GTX1050とGTX1060とでは圧倒的な性能差がある。例えそれがi7-6700とi5-6600Kだったとしても、GTX1060には敵わない。価格が高くなってしまうことはそれだけで大きなマイナスとなるのが低価格モデルの弱点なのだろう。

比較

NEXTGEAR-MICRO im570SA6-TD

  • CPU…i5-6600K
  • グラフィックボード…GTX1060 3GB
  • メモリ…DDR4 8GB
  • HDD…2TB
  • 電源…500W SILVER
  • Windows10 99,800円

CPUはワンランクダウンとなるが、グラフィックボードの性能は2ランク上になる。i5-6600Kはi5シリーズ最上位クラスで、単コアの性能で言えばi7-6700に匹敵する。5,000円アップで届くならこちらを選んでもおかしくない。

グラフィックボードの性能がミドルクラスからハイエンドクラスに置き換わるのが大きい。やはりゲームプレイで最も重要視しなければならない部分である以上、ここを最優先に考えるユーザーも多い。

性能は間違いなくこちらのほうが高い。9万円台で最も優れていると言っても過言ではないこのモデルは、当サイトとG-tuneによるコラボーレーションモデルである。

>>>>>NEXTGEAR-MICRO im570BA6-SP-TVを購入する<<<<<

パソコンケースレビュー

あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨タイトル即納モデルプロコラボモデル
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラフィックボードBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ