NEXTGEAR-MICRO im570BA8-MAOと評判解説 | キャプチャーボード搭載のオリジナルモデル登場!

NEXTGEAR-MICRO im570BA8-MAO

NEXTGEAR-MICRO im570BA8-MAOのレビューをしている。

キャプチャーボードを搭載している珍しいゲーミングPCだと言える。G-Tuneのオリジナリティは魅力的だ。

ブランド名NEXTGEAR-MICRO
製品名im570BA8-MAO(ブロンズ)
価格Windows 10/99,800円
CPUCore i5-7400
GPUGeForce GTX1050
メモリDDR4 8GB
SSD非搭載
HDD2TB
電源500W 80PLUS SILVER
備考光学ドライブ非搭載(オプション)
キーボード、マウス無し
キャプチャーボード搭載
コストパフォーマンス★★★★☆☆☆☆☆☆

スペック解説

キャプチャーボードを搭載した動画配信向けのゲーミングPCだ。ただし、キャプチャーボードを用いた配信で無ければ性能が厳しい。PCゲームを配信するにはもう少し性能の高いモデルを選択すべきだろう。

このモデルはあくまでも、コンシューマゲーム機のゲームをキャプチャーボードを介してPCに表示させるものだ。その価値を決めるのはユーザーとなるので一概に言えないが、もう少し性能が高ければというのが本音だ。入門用、PCゲームを配信しないというのであればなかなかコストパフォーマンスは良いのではないだろうか。

ゲームやジャンル問わず配信を本格的に始めるのであれば、少し性能の高いモデルを選択するほうが良さそうだ。

ゲーム

ミドルクラスど真ん中の性能であり、PCゲームを配信する性能は無い。PS3やPS4などのコンシューマゲーム機でプレイしているゲームをPC上で表示するのがキャプチャーボードだ。実質、コンシューマゲーム機のゲーム配信でPCにかかる負荷は配信ツールだけだ。

これがPCゲームになると、PCゲームの負荷もプラスされてしまう。標準設定でも快適とは言えないゲームが増えていることを考えると、性能は高いとは言えない。

用途を良く理解していれば非常にコストパフォーマンスに優れた製品となる。しかし、様々なものを求めると非常にコストパフォーマンスの悪い製品ともなってしまう恐れがある。

ベースモデルとの比較

NEXTGEAR-MICRO im570BA8-TV

  • CPU…i5-7400
  • グラフィックボード…GTX1050
  • メモリ…DDR4 8GB
  • HDD…1TB
  • SSD…非搭載
  • 電源…500W SILVER
  • Windows10 89,800円

ベースモデルと比べるとHDDが倍増の2TBになり、メイン要素であるキャプチャーボードを搭載している点が異なる。その上で価格が1万円アップというのは決して高いものではない。HDD1TB→2TBはカスタマイズで+4,800円であることを考えれば分かる通りだ。

キャプチャーボードはそこまで高いものではないが、最初から搭載されていると初心者にとってはやりやすいだろう。性能は高くない。それでもゲーミングPCであり、簡単な配信もすぐ行えるのが特徴だ。

似たモデルとの比較

他のキャプチャーボード搭載モデルに価格や性能が近い製品が無いため、比較対象は無し。

>>>>>NEXTGEAR-MICRO im570BA8-MAOを購入する<<<<<

パソコンケースレビュー

あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ