NEXTGEAR-MICRO im570GA8のレビューと評判 | GTX1070搭載モデルトップクラスの実力!

NEXTGEAR-MICRO im570GA8
NEXTGEAR-MICRO im570GA8のレビューをしている。

ブランド名NEXTGEAR-MICRO
製品名im570GA8(ゴールドカスタム)
価格Windows 10/154,800円
CPUCore i7-7700
GPUGeForce GTX1070
メモリDDR4 16GB
SSD240GB
HDD2TB
電源500W 80PLUS SILVER
備考光学ドライブ非搭載(オプション)
キーボード、マウス無し
コストパフォーマンス★★★★★★☆☆☆☆

スペック解説

NEXTGEAR-MICRO im570GA8は、最新の第7世代のCPU i7-7700を採用したGTX1070搭載モデルだ。性能的には最上位クラスを用意してもらいたいところだが、G-tuneのミニタワーモデルはi7-7700を最上位に据えているようだ。

構成はメモリが16GBになり、GTX1060搭載モデルとは一線を画するものとなっている。HDD 2TBにSSD 240GB、ゲームをするには最適と言える構成だ。4K解像度にも対応し、フルHD環境でもより快適な環境を構築することが可能だ。

低価格化が進む今、ウルトラハイエンドモデルも手が出しやすくなった。最新のCPUを搭載したからこそ、選択する理由には十分なのではないだろうか。ゲームをプレイするユーザーのためのモデルであり、バランスの取れたゲーミングPCだ。

ただし光学ドライブは非搭載となっており、カスタマイズで追加する形式となっている。もしも必要であるならば外付けのタイプか内蔵タイプかを用意しなくてはならない。また、マウスとキーボードも付属していないので注意したい。しかしながらこのクラスの性能を持つゲーミングPCがこの価格になるというのは時代を感じる。

CPUが最上位クラスで無い点、余裕があるとは言え電源が500W SILVER据え置きである点が引っかかる。問題無いと言えばそれまでであるし、この価格でGTX1070搭載モデルが登場したのだから文句は言えない。

対応ゲーム

高解像度でも快適に動作する性能を持っているゲーミングPCだ。フルHD環境でもより安定した動作が可能となるため、ハイエンドモデルの延長としても優秀。性能の割に価格が安いGTX1070は10シリーズで最もコストパフォーマンスに優れている。

そのため非常に人気があり、一世代前のGTX970が人気だったように、70番台ということで人気も引き継いでいるようだ。主な要因はゲーミングPCを購入する際、予算の多くが15万円程度であることだ。その予算で、最も優れた性能のゲーミングPCを探すと辿りつくのがこのモデルである。ユーザーも多く、ゲームでは特に不満を抱くことは無いだろう。

ゲームプレイに心配があるとすれば4K解像度で非常に負荷の高いゲームを最高設定でプレイするときくらいだ。普通の4K解像度やVRにしても不安はない。フルHD環境であればほぼ全てのゲームでオーバースペックとなる。

従来のDDR3ではなくDDR4になったことで唯一のマイナス要素が払拭されているのがどう影響するか。何にしろ欠点が削られるのは悪いことではない。ウルトラハイエンドしても十分なパフォーマンスを持っているため、負荷の高さにもある程度対応することが可能だ。MODを適用することでとても負荷が高くなるゲームもあるが、グラフィックパフォーマンスに影響するものは問題ない。

従来モデルとの比較

NEXTGEAR-MICRO im570GA5-SP2

  • CPU…i7-6700
  • グラフィックボード…GTX1070
  • メモリ…DDR4 16GB
  • HDD…2TB
  • SSD…240GB
  • 電源…500W SILVER
  • Windows10 142,800円
  • Windows 7 147,800円

当ページで紹介しているim570GA8は従来モデルと比べて12,000円も高くなっている。他の製品と同じようにCPUだけが違うのにも関わらず、何故か2,000円高くなっている。ご祝儀価格にしても少し首を傾げたくなるが、価格が落ち着くまで待てば良いだけの話だ。

12,000円分は流石に厳しいが、最新CPU搭載で価格が上がっているだけに性能も従来よりは高くなっている。従来モデルと比較してしまうと、価格に見合っているかどうかは難しい。しかし、コストパフォーマンスに優れた従来モデルも、幾度となくマイナーチェンジを繰り返している。この最新モデルも、時間が経つに連れて非常に優れた製品へと進化していくだろう。

GTX1070は10シリーズの中で最もコストパフォーマンスの高いモデルだ。そのため人気も非常に高いので、言い方は悪いが便乗値上げのようなものだろうか。CPUの差で12,000円アップとなるとi7-6700Kに変更したとしても9,800円アップと考えると異常だ。

似ているモデルとの比較

GALLERIA XF

  • CPU…i7-7700
  • グラフィックボード…GTX1070
  • メモリ…DDR4 8GB
  • HDD…2TB
  • SSD…キャンペーン時最大525GB
  • 電源…500W BRONZE
  • Windows10 169,980円(キャンペーン時159,980円)

キャンペーン時であれば1万円アップで、ドスパラ人気No1モデルであるGALLERIA XFを選択できる。従来のG-tune製品ならコストパフォーマンスでは上回っていたが、今回は同等と言ったところだろうか。メモリ半減に電源がSILVERからBRONZEになってはいるが、SSDが最大で倍増以上の525GBになる。

ストレージを優先するのであればGALLERIA XFのほうが優れているかもしれない。ついに怒涛のキャンペーンが始まってガレリアXFの本領が発揮された。

チェックポイント

人気のGTX1070搭載モデルということで、価格が他製品は1万円アップが主流だが、このモデルは12,000円アップとなっている。従来モデルと比べて、コストパフォーマンスはガクっと下がるが人気は出そう。

少し時間が経つと従来モデルと変わらない価格に落ち着くと予想している。15万円を切ればコストパフォーマンスも上々と言えるだろう。構成は従来通りしっかりしているので、カスタマイズ要らずの優秀なモデルである。

>>>>>NEXTGEAR-MICRO im570GA8を購入する<<<<<

パソコンケースレビュー

あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨タイトル即納モデルプロコラボモデル
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラフィックボードBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

2 Responses to “NEXTGEAR-MICRO im570GA8のレビューと評判 | GTX1070搭載モデルトップクラスの実力!”

  1. 月光 より:

    メモリについてなのですが、搭載されているメモリはDDR4でしょうか?それともDDR3でしょうか?
    1番最初のスペック表にはDDR3と記載されていますが、解説を読むとDDR4と記載されていたので、コメントさせて頂きました。

    • GamingPCs.jp管理人 より:

      コメントをいただきありがとうございます。

      表の方が間違っておりました。失礼いたしました。

      修正が完了致しました。正しくはDDR4となります。

      宜しくお願い致します。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ