NEXTGEAR-MICRO im570PA8-SP2の評判とレビュー | GTX1080とi7-7700搭載モデル、コスパ良好!

NEXTGEAR-MICRO im570PA8-SP2

NEXTGEAR-MICRO im570PA8-SP2の評判とレビューをまとめている。

ブランド名NEXTGEAR-MICRO
製品名im570PA8-SP2(プラチナカスタム)
価格Windows 10/169,800円
CPUCore i7-7700
GPUGeForce GTX1080
メモリDDR4 16GB
SSD非搭載
HDD1TB
電源500W 80PLUS SILVER
備考光学ドライブ非搭載(オプション)
キーボード、マウス無し
コストパフォーマンス★★★★★★★☆☆☆

スペック解説

NEXTGEAR-MICRO im570PA8-SP2は、第7世代CPUのi7-7700と最新のハイエンドグラフィックボードGTX1080を搭載したモデルだ。G-tuneのミニタワーはi7-7700Kを搭載したモデルが無いので、事実上ミニタワーでは最上位クラスとなる

従来モデルと比べて構成は落ちるが、価格は第6世代搭載モデルと同じにまでなっている。GTX1080Tiの登場の影響もあるだろうが、GTX1080搭載モデルがこの価格にまで落ち着いたのは素晴らしい。これまでGTX1070搭載モデルの基準が15万円であったことを考えれば、コストカットは抜群だ。

構成が削られたことで、コストパフォーマンスはそこまで高くない。性能の高いモデルは構成も優れ、コストパフォーマンスが高くなりがちだが、構成を削っている分だけマイナスされている。ただし、おすすめ度はコストパフォーマンスの割に高い。

それだけ個性的な構成で、性能を落とさずに価格を落としているところが評価されている。ゲーミングPCとしてはかなり高い性能を持ち、4K解像度でこそ輝くモデルだが、価格的に選択しやすい。

予算内だからと選択するとオーバースペックとなってしまうものの、この価格なら選択するのもありかもしれない。

拡張性のアップとミニタワーにしては驚きの排熱性能を持っているのでウルトラハイエンドであるGTX1080搭載モデルとしては心強い。特に夏場に熱で悩まされることもあるので、そういった不安材料を取り除くという意味では安いものだ。

>>>>>NEXTGEAR-MICRO im570PA8-SP2を購入する<<<<<

従来モデルとの比較

NEXTGEAR-MICRO im570PA8

  • CPU…i7-7700
  • グラフィックボード…GTX1080
  • メモリ…DDR4 16GB
  • HDD…2TB
  • SSD…240GB
  • 電源…500W SILVER
  • Windows10 184,800円

第7世代搭載モデルとして登場した際は、その前モデルである第6世代搭載モデルと比べて15,000円アップした。ここにきて、15,000円ダウンということで、完全に第6世代搭載モデルを過去にした。

構成は確かに削られているが、それ以上に価格が安くなったことを喜び評価したい。ストレージについては、必要であればカスタマイズや増設という選択肢がある。

基本的にカスタマイズ等では、ダウングレードは選択できない。そこを考慮すると、最初から無いことでより幅広くユーザーに受け入れられるのではないだろうか。

似ているモデルとの比較

GALLERIA XG

  • CPU…i7-7700(キャンペーン時i7-7700K)
  • グラフィックボード…GTX1080
  • メモリ…DDR4 8GB
  • HDD…2TB
  • SSD…キャンペーン時最大500GB
  • 電源…700W BRONZE(キャンペーン時800W TITANIUM)
  • Windows10 199,980円 (キャンペーン時189,980円)

キャンペーンによりお得度やおすすめ度が大きく変わるモデルだ。キャンペーン時で20,000円アップとなるが、構成やパフォーマンスの完成度が非常に高い。予算が合うなら視野に入れたいモデルだ。

特に、CPUか電源のどちらかがアップグレードしてればコストパフォーマンスは抜群に良くなる。どちらも行われていないのであれば、少し様子を見たいモデルだ。

比較対象としては、GTX1080搭載モデルで最も人気のあるモデルを持って来ざるを得なかった。価格差はあれど、どちらも価格や構成は真逆だが優秀なモデルである。

>>>>>NEXTGEAR-MICRO im570PA8-SP2を購入する<<<<<

総評

性能面に不安は無く、ゲームを快適にプレイすることが可能となっている。従来モデルより少し底上げされた性能は、より安定感が増している。

ストレージが従来モデルよりも落ちているため、ゲーミングPCとしての運用では少し差がある。特に、SSDの有無はゲームをプレイする上で必要なパフォーマンスではないが、快適性が異なる。ここをどう評価するかである。

実際に、GTX1080搭載モデルを選択するユーザーの多くは、その性能を求めてのことだ。性能や構成を基準として選択するのであれば、このモデルはお世辞にも良いとは言えない。

しかし、予算や価格を基準として選択するのであれば、非常におすすめしやすい。また、買い替えユーザーにとって、ストレージが少なく価格が安いというのは既存のパーツを流用することが可能なので大きなメリットだ。

求めるものや選択の基準で評価は変わるが、概ね優秀なモデルであることに変わりはない。性能を求めるならi7-7700では少し物足りないかもしれないというくらいだ。

4K解像度だろうがVRだろうが「ゲーム」をプレイするのであれば何でもござれのウルトラハイエンドモデルとなっている。ゲーム以外では遅れを取ることがあっても、ゲーミング用途であれば最前線に居る。

ただ、4K解像度でのプレイを予定していなければ宝の持ち腐れのように感じるのは、価格が少し上がったことで特に思ってしまう。どんなゲームでも、どんな解像度でも、最高設定でプレイすることが出来るのはありがたい。

特殊過ぎる用途に関しては明言出来ない。モニター1枚でプレイできる環境を想定しているため、尋常ではない負荷をかけるのであればSLIを検討するのもありだろう。一般的なゲーム用途であればこのモデルで十分対応することができる。

>>>>>NEXTGEAR-MICRO im570PA8-SP2を購入する<<<<<

パソコンケースレビュー

あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ