NEXTGEAR-MICRO im570SA6-TDレビューと評判解説 | G-Tune×当サイトコラボレーションモデル

NEXTGEAR-MICRO im570SA6-TD

NEXTGEAR-MICRO im570SA6-TDのレビューをしている。

当サイト「ゲーミングPC徹底解剖」とG-tuneのコラボレーションモデルだ。ナンバリングのTDはThoroughness Dissection(徹底解剖)の略だ。

ブランド名NEXTGEAR-MICRO
製品名im570SA6-TD(シルバー)
価格Windows 10/99,800円
CPUCore i5-6600K
GPUGeForce GTX1060 3GB
メモリDDR4 8GB
SSD非搭載
HDD2TB
電源500W 80PLUS SILVER
コストパフォーマンス★★★★★★★★☆☆

スペック解説

NEXTGEAR-MICRO im570SA6-TDは、コラボレーションモデルの中では最安値となり他モデルと比べても遜色のない構成だ。

低価格帯はどうしてもユーザーにおすすめできるモデルが少なかったので、何か新しいものを投入したいと考えていた。この価格帯では非常に高いパフォーマンスを持っている。

特にこだわったのはCPUにi5-6600Kを採用している点だ。i5-6500やi5-6400を搭載したモデルはあるが、i5-6600Kを搭載したモデルはほとんど無い。非常に優秀な性能を持っているため、i5シリーズではまず抑えておきたい。

グラフィックパフォーマンスは安心のGTX1060 3GBであるため心配は無い。だからこそCPU性能とのバランスを保つためにもこだわりたかった。

メモリは8GBで最低限のライン、ストレージはHDDのみだが余裕を持たせた2TBとなっている。価格を抑えつつ性能を底上げしたのがこのモデルだ。

ゲーム

GALLERIA DT

  • CPU…i5-6500
  • グラフィックボード…GTX1060 3GB
  • メモリ…DDR4 8GB
  • HDD…1TB
  • SSD…非搭載(キャンペーン時SATA3.0 250GB)
  • 電源…400W BRONZE
  • Windows10 99,980円
  • Windows7 104,980円

比較対象となるのはやはり同価格帯のGALLERIA DTだ。もちろん意識しなかったというと嘘になる。

DTと比べて勝る部分もあれば劣る部分もある。例えば、単純なPCの性能はCPUが優れているだけコラボレーションモデルが優秀だ。

しかし、ストレージに関してはSSD 250GBを搭載している分だけDTが有利か。HDDは2TBを採用しているim570SA6-TDが優れている。

安定したゲーム動作を考えたり、拡張性を考慮する際に電源容量で勝るコラボレーションモデルは上々だ。構成、価格、性能ではGALLERIA DTに負けてはおらず、むしろ…。

現在10万円を切るモデルではコラボレーションモデルであるNEXTGEAR-MICRO im570SA6-TDかGALLERIA DTの二者択一だ。

比較

グラフィックパフォーマンスとCPUパフォーマンスの両立ができたフルHDでは優秀な構成と言える。特にCPUはカスタマイズの必要が無く、そのままで十分優れた性能を発揮することができる。

MMORPGやCPU負荷の高いゲームでその性能を実感することが出来るだろう。最高設定で遊べるゲームも多く、VRにも対応することが可能だ。予算が多く取れなくともバランスの取れたハイエンドモデルだ。

海外のゲームをプレイするユーザーにとっても、最低限必要な性能よりワンランク高いため優れた選択肢となるだろう。もちろん、このモデルより優れたモデルは多数存在しているが、この価格帯ではほぼ存在しないだろう。

4K解像度でのゲームプレイには適していないが、フルHD環境ではウルトラハイエンドに劣らないパフォーマンスが期待できる。

>>>>>NEXTGEAR-MICRO im570SA6-TDを購入する<<<<<

実機レビューはこちら

パソコンケースレビュー

あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨タイトル即納モデルプロコラボモデル
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラフィックボードBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ