NEXTGEAR-MICRO im590BA1-TDの評判とレビュー | 8万円台で購入できる!学生や新社会人の方にぴったりの一台!

NEXTGEAR-MICRO im590BA1-TD

当記事では、NEXTGEAR-MICRO im590BA1-TDの評判とレビューをまとめている。

コスパが高いと評判のi5-8400を搭載して価格を抑えたモデルだ。予算10万円以下のゲーミングPCを探している学生や新社会人の方におすすめしたい一台となっている。

価格が抑えめながら、コストパフォーマンスが優秀

この価格帯では優秀だが、ゲーミングPC全体としては性能が抑えめ

ブランド名NEXTGEAR
製品名im590BA1-TD
(ブロンズ)
価格Windows 10/89,800円
CPUCore i5-8400
GPUGeForce GTX1050
メモリDDR4 8GB
SSD非搭載
HDD1TB
電源500W 80PLUS SILVER
備考光学ドライブ非搭載
コストパフォーマンス★★★★★★☆☆☆☆

スペック解説

エントリーモデルとして最適な一台!

NEXTGEAR-MICRO im590BA1-TDは、GTX1050とi5-8400を搭載したゲーミングPCだ。当サイトとG-tuneによるコラボレーションモデルの一つとなっている。

「エントリーモデルの決定版!」のキャッチコピーに偽りなし。ゲーミングPCとしての性能や構成は万全とは言えないが、この価格でこの性能はおすすめだ。

予算がもう少し取れるのであれば別の選択肢もあるが、10万円以下であれば文句なくNo1だろう。ただし、低価格を生かすならばカスタマイズの余地がほとんど無い。SSDを追加するくらいだ。

コスパの良いCore i5-8400採用!

CPUは第8世代のi5-8400を採用、従来のi7シリーズに負けない性能を誇っている。グラフィックボードがGTX1050であることを考えれば、CPU性能はそこまで影響しにくいものの、性能は高いに越したことはない。

新しい部類のゲームはCPU負荷が高いがグラフィックパフォーマンスが追いつかない場面もある。バランスは良いが、CPU性能の向上による恩恵は受けにくい。

それでもゲームにおける快適性はゲームによっては大きく異なるため、この価格帯のモデルには珍しくおすすめしやすい。ベースは「NEXTGEAR-MICRO im590BA1-TV」であり、構成は同じだが価格が5,000円安い。

この価格帯の5,000円はコストパフォーマンスに非常に良い影響を与え、選びやすい。

>>>NEXTGEAR-MICRO im590BA1-TDを購入する<<<

ベンチマーク

FF14 DirectX11

NEXTGEAR-MICRO im590BA1-TD-1
FF14 DirectX11によるベンチマーク。スコア7,170は決して高いとは言えないが、十分なパフォーマンスとも言える。ゲーム内設定、或いはiniからクオリティを下げたり、解像度を下げるなどをすればほぼ全てのゲームを快適にプレイすることが出来る。

ゲームによってはそれらが不利に働くこともあるため、「快適にプレイ」というのは語弊があるかもしれない。ゲーミングPCの入門用としては十分であり、ライトゲーマー向けとも言えるだろう。

3DMARK FireStrike

NEXTGEAR-MICRO im590BA1-TD-2
3DMARK FireStrikeによるベンチマーク。まずまず…と言ったところか。GTX1060と比べると見劣りしてしまうが、第8世代のi5が実に優秀であるため、スコア上はi7-7700を上回っていることからフォロー出来ている。

3DMARK TimeSpy

NEXTGEAR-MICRO im590BA1-TD-3
3DMARK TimeSpyによるベンチマーク。これはDirectX12の最新の負荷だ。スコアを見る限り、少なくとも次世代の高負荷なゲームには対応出来ないようだ。

しかしながら、これらはドライバが最適化されることである程度対応出来る可能性もある。現時点ではGTX1080Tiでもそこまでスコアが伸びないことから、未知の領域だろう。

温度

NEXTGEAR-MICRO im590BA1-TD-4
ベンチマークやゲームプレイ中の温度。そこまで高性能というわけでないことから、温度はかなり低め。環境を選ばずにゲームプレイが出来るという長所でもある。安定した動作が可能だという指標にもなるだろう。

総評

予算を抑えたい学生や新社会人にぴったり!

10万円以下のモデルとしては実用性が高く、ゲーミングPCの名に恥じない。あまり予算が多くない方にとって最適な選択肢となる。

今後、他製品の動向がどうなるか気になるが、当面は10万円以下で最高のゲーミングPCとなる。初心者や予算を抑えたいユーザーに適したモデル。まさに「エントリーモデルの決定版」だ。

ただし、オーバースペックというべきか、チップセットZ370を採用していることが価格的にネックになっていそうだ。廉価版のチップセットが登場するのを待つというのも一つ。

それでもまだ比較対象となる製品が出揃っていないが、なかなか対抗するのは難しいのではないだろうか。高望みしなければ多くのゲームをプレイできるだけでなく、設定や環境次第ではPUBGも範疇だ。なるべく安くゲーミングPCを購入したいというユーザーにとっては優れた選択肢だろう。

ワンランク上のモデルも比較しよう!

より快適性を望むのであれば、ワンランク、ツーランク上を目指したほうが良く、おすすめではあるが万能ではない。あくまでもこの価格帯でのおすすめであり、予算が10万円以上であれば他に優れた製品が存在している。

構成は乏しく、ストレージはHDD 1TBのみとなっている。最低限必要な構成と、少し上の性能を持つモデルだ。安いからと選択するのは失敗を招く可能性があるため、予算に合わせた選択をおすすめしたい。

>>>NEXTGEAR-MICRO im590BA1-TDを購入する<<<

パソコンケースレビュー

nextgearmcase
NEXTGEAR-MICRO im590BA1-TDで採用しているミニタワーには、光学ドライブが搭載されていない。ただ、今は全てオンラインでソフトウェアをインストールできるので使用する場面はほとんどないと考えて良い。どうしても必要だという方はオプションで搭載することもできるし、外付けのドライブを搭載することもできる。前面のメッシュカバーはワンタッチで取り外しが可能でメンテナンス性が高いのは評価できる。わざわざ中を開けなくても簡単なメンテナンスが可能だ。

関連記事:G-Tuneミニタワーケースのレビュー・考察

あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ