NEXTGEAR-MICRO im610BA1-TVの評判とレビュー | GTX1050×i5-8400搭載、低価格ゲーミングPCの集大成!税込み10万円以下なら買い!

NEXTGEAR-MICRO im600BA1-TVtop

当記事では、NEXTGEAR-MICRO im610BA1-TVの評判とレビューをまとめている。2018年6月後半に新しく登場したモデルだ。廉価版マザーボードを採用して価格を抑えているのが特徴となっている。

新ケースとなり、登場間もないこともあって評価は少し下がっている。しかし、評価自体が高くないケース採用であっても、少ない下がり幅で済んでいるのは流石。価格が安くなれば巻き返しはあるかもしれない。

ブランド名NEXTGEAR
製品名im600BA1-TV
(ブロンズ)
価格Windows 10/89,800円(送料・税込み100,224円)
CPUCore i5-8400
GPUGeForce GTX1050
メモリDDR4-2400 8GB
SSD非搭載
HDD1TB
電源500W BRONZE
マザーボードチップセットB360
備考光学ドライブ非搭載
コストパフォーマンス★★★★★★★☆☆☆6.1

NEXTGEAR-MICRO im610BA1-TVのスペック

i5-8400×GTX1050搭載モデル

im610BA1-TVは、i5-8400とGTX1050を搭載したゲーミングPCだ。これまで、i5-8400にはあまり恩恵のなかったチップセットZ370を採用していた。遂に廉価モデルであるB360を採用してのリニューアルとなった。

「3,000円や5,000円程度では評価は覆らない」としていたが、まさかの1万円引き。評価は覆った。税込10万円以下のモデルの中ではトップクラスなのではないだろうか。税抜き10万円以下ではトップとは言えないが、安価であることは何にも勝るポイントだ。

コストパフォーマンスが大きく低下したことで評価もかなり下がっていたが、今回のリニューアルで盛り返してきた。ゲームをプレイするために最低限持っておきたい性能を持ち、それをこの価格でとなればまずまずだろう。予算が多く取れない、抑えたいユーザーには最適だが、性能をよく理解しておくことが必要だ。

コストパフォーマンスは0.6ポイントダウン

新ケース採用だが、旧モデルと構成は全く同じで価格は5,000円アップ。拡張性と排熱性能が落ちていることもあって、評価は0.6ポイントダウン。控えめな性能と構成であるが、価格を考慮すれば十分だろう。PUBGなどの話題のゲームをプレイしたい場合は、もう少し高い性能を持つモデルを選択したい。

おすすめというほどではないが、十分選択肢に入るユーザーも多いのではないだろうか。最新のゲームなどに対応するのは厳しい部分もあるが、ライトなゲームには十分だ。おすすめというほどではないが、十分選択肢に入るユーザーも多いのではないだろうか。

前々回のリニューアルではマイナス要素の大きなものだっただけに、評価は一変している。電源をSILVERからBRONZEへ、チップセットをZ370からB360へ変更しても価格は同じだった。ここにきて期待値通りの1万円引き、更に低価格モデルに適応したのは素晴らしい。

求められていた製品とはまさにこのモデルのようなものだ。性能面や構成的に満足度は高くないが、選びやすいモデルとなった。

比較対象モデルの紹介

NEXTGEAR-MICRO im610BA1-TD

  • CPU…i5-8600
  • グラフィックボード…GTX1060 3GB
  • メモリ…DDR-2400 8GB
  • HDD…1TB
  • SSD…非搭載
  • 電源…500W BRONZE
  • 価格…99,800円(送料・税込111,024円)

当サイトとG-tuneによるコラボレーションモデル。全体的に性能は向上するが、価格は12,000円ほど高くなるのが難点。価格差があるため、選択しやすい比較対象とは言い難い。ただ、以前であれば圧倒的に劣っていただけに、このモデルの成長具合が見て取れる。グラフィックボードとCPUが2ランクアップするのは大きいだろう。

管理人による総評

im610シリーズは新しいケースを採用したモデルだ。ゲーミングPCとしては物足りない部分と、低価格にしては十分な部分を持っている。ユーザーによって良し悪しが大きく異なることもあり、合う合わないが明確になっている。様々なゲームをプレイしたいユーザーには不向きであり、特定のゲームをプレイするユーザーには最適だ。もちろん性能が十分であることが前提の話ではある。

GTX1050採用というのは少し心もとなく、GTX1060 3GB搭載モデルと比べて見劣りする性能はマイナス。この性能で快適にプレイできるゲームも多く存在しているが、最新のゲームではなかなか難しいものも多い。これからのことを考えると、もう少し上の性能を目指したほうが良さそうだ。

製品自体は悪くないが、税抜き89,800円という価格を抑えたモデルにしては…という程度。これさえあればどんなゲームでもバッチリ!というわけではないので注意して欲しい。旧モデルはなかなか優秀だったため、このモデルも後追いでぜひとも追いついてもらいたい。

従来の評価【新ケース登場前】

構成チェンジで落ちた評価を以前より上げた稀有な例。新ケース登場も影響しているのか、しばらく経った後にはメッシュ採用の旧ケースは消滅しそうだ。この変更はいわゆるセールに近い特性を持っており、もしかするとこの先は無いのかもしれない。NEXTGEAR-MICRO im610BA1-TVの終着点であり、このモデルの完成体ということだ。ゲーミングPCとして求められる形を追い続けるG-tune、その一つの集大成と言っても良いだろう。

性能面、構成面、それぞれが最高とはとても言えない。しかし、それを補うだけの価格設定が最大の魅力だ。元の製品と同等かそれ以上に仕上げたこのモデルを見ると、少なくともユーザーにとって良い形にしていこうという気持ちが伝わってくる。ただ、製品自体は予算がギリギリであれば選択肢に入る程度のもの。

これでガンガンにゲームをプレイして行こうと思うのであればストップをかけたい。あくまでも、価格がしっかり抑えられたことの評価であり、性能に関してはPUBGを快適にプレイできるかどうか非常に微妙なラインだ。今後検証していくが、快適の度合いは人それぞれであるところを考えれば、別のモデルも視野に入れたい。

>>>NEXTGEAR-MICRO im610BA1-TVを購入する<<<

パソコンケースレビュー

nextgearmicro
NEXTGEAR-MICRO im610BA1で採用されているケースはミニタワーとなっている。HDMIが前面に搭載された不思議なI/Oパネルを採用。高いデザインも魅力的。

関連記事:G-Tuneミニタワーケースのレビュー・考察

あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

ゲーミングPCの選び方

セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo

ゲーミングPCの特長を比較

グラボ価格構成BTOショップ
gpueisyakakakukouseishop

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ