GALLERIA XTの実機レビュー

GALLERIA XT

GALLERIA XTの実機レビューをしている。

この度ドスパラ様からGALLERIA XTをレンタルさせて頂いた。当該モデルはGALLERIAシリーズで今最も人気の高いゲーミングPCだ。

全てのゲーマーにおすすめできる汎用性の高いパフォーマンスと、高めのコストパフォーマンスを持っているGALLERIA XTを徹底解剖していこうと思う。

関連記事:GALLERIA XTレビュー | GTX1060搭載のコスパ最強モデル、ドスパラで最も売れている一台!

実機レビュー詳細

早速実機レビューをみていこう。写真付きでまとめている。

本体正面

GALLERIA XT-1
正面には高い拡張性を見せつけるように、5インチベイの空きが3つもある。

光学ドライブ、マルチカードリーダー、USB3.0などのフロントパネルはかなり充実していると言える。

GALLERIAシリーズのミドルタワーは見栄えこそ特徴は無いが、実用性に長ける非凡なケースだ。ゲームをプレイする上で満足度が高い。

本体右側面

GALLERIA XT-2
本体右側には2つの大きなエアインテークがあり、冷却性能を大きく支えている。高い性能を持つCPUやGPUであっても、このケースなら問題無い。中身が古くなっても、ケース自体に価値があるので流用して使えるのは大きい。

もっとも、GALLERIA XTは性能こそ優秀だが、発熱自体は抑えられているので効果を体感しにくいかもしれない。グラフィックボードの交換やCPUの交換、増設などでその効果を体感できる。

本体左側面

GALLERIA XT-3
左側面の画像だ。CPUの裏側にワンポイントのアクセントのようなエアホールがある。効果自体は分からない。

だが、この高い冷却性能を誇るケースに施されているのだからエアフローなどに関係する必要なものなのだろう。CPUを裏側から冷やすための空気の通り道だろうか。

本体上側

GALLERIA XT-4
高い冷却性能を誇るケースの最大の魅力は天板部に、大きなエアホール群があることだ。

ケースファンを搭載することも可能だが、熱が篭りにくい設計となっている。

熱は上に昇るため、天板に空気の通り道があるだけで効果を発揮する。

熱対策に余念の無いこのケースはミドルタワーで最も優れたケースと言えるだろう。

本体背面

GALLERIA XT-5
ここは特に見どころは無い。強いて言えばPCIe用のスペースが少し多く、オーディオジャックが少し少ない。

それらは特に大きな影響を与えないため、メリットにもデメリットにもなりにくい。背面ファンが少し大きく見えるような気もするが…。

本体底面

GALLERIA XT-6
電源の下に吸気用のエアホールがある。ただ、電源は内部吸気になっているので稼働していない。環境に依存してしまう箇所なので誰でもすぐ使用できるようになっている。

外部吸気にする際は、しっかり底面のスペースが確保できる場所に設置しよう。インシュレータが沈み込む場所だと吸気するスペースがなく、熱暴走により故障してしまう可能性もある。

そことは別にもう一つエアホールがあるが、こちらは様々な使い方ができるので必要ならばファンを搭載してみるのも面白い。

本体付属品

GALLERIA XT-7
各種ドライバディスク、説明書、マウス、キーボード、あとはゲームなどのキャンペーンコードが付属している。このマウスが意外と使い勝手は良いものの、ゲーミングとしては軽すぎて扱いにくいかもしれない。

ショートカットに割り当てられるボタンが多い7ボタン式なので一般使いには最適だ。

性能解説

ここからはベンチマークによる性能面に触れていく。注目したいのはi7-6700との性能差を比較したいところだ。

あわよくばi7-6700K+GTX1060 3GBに対しても健闘出来ればとも考えている。

FF14(DirectX9版)ベンチマーク

GALLERIA XT-8
FF14 DirectX9版によるベンチマークは15,951だ。この性能帯であれば、DirectX9のスコアもある程度基準とすることが出来る。

スコア自体は当然余裕のあるもので、ゲーミングPCとしての評価をそのまま表しているように思う。ドスパラ人気No1モデルは伊達ではない。

比較

GALLERIA XT-9
GTX1070搭載モデルには引き離されている。意外とi7-6700K + GTX1060 6GBの組み合わせよりスコアが高い。しかし、これは誤差とも呼べるもので明確な差があるわけではない。

それでも、実質上位モデルである組み合わせに善戦、いや対等に渡り合っているのは素晴らしい。例えそれがDirectX9版のベンチマークであっても、上位モデルと並べるのは嬉しいものだ。

i7-6700 + GTX1060 3GBの組み合わせには10%以上もの差をつけている。グラフィックボードの性能差は大きく無いため、CPUの恩恵とも言えるだろう。

FF14(DirectX11版)ベンチマーク

GALLERIA XT-10
FF14 DirectX11版によるベンチマークは、12,709だ。12000を超えるスコアは流石だ。ただ、ひょっとすると13000も…と思っていただけに少し残念だ。

過度な期待を持つのは良くないが、毎回ベンチマークのときはウキウキしている自分がいる。それだけに、これはこのくらい行くだろうと少し高めの予想をして、それを超えてくれることを願っている。そのため、頻繁に残念に思うこともあるのだが…。

比較

GALLERIA XT-11
GTX1070搭載モデルはやはり次元が違うが、DirectX11になってもi7-6700K + GTX1060 6GBと大きな差は無い。ほぼ同等と言えるくらいには優れた数値を出している。

i7-7700は、場合によってはi7-6700Kに並ぶことが可能なのではないだろうか。これは詳細なベンチマークである3DMARKが楽しみになってきた。順当にいけば、同等のパフォーマンスとなるはずだ。

3DMARK

3DMARKについて見ていこう。

ICE STORM

GALLERIA XT-12
3DMARK IceStormによるベンチマークは、173,555だ。相変わらずエラーが表示されてしまっている。これはドライバを更新すれば良いらしい。

ただ、出荷時の状態でのベンチマークで統一しているので更新してしまうと差が生じてしまうかもしれない。数値は正常であるので、現時点ではこのままで行こうと思う。

比較
GALLERIA XT-13
ここではDirectX9ということが大きく影響を与えている。GTX1070のスコアが伸びない理由がそれにあたるため、あまり参考にならないかもしれない。

ただ、i7-6700K + GTX1060 6GBには総合性能で勝っているものの、CPU性能は一歩及ばずだ。誤差とも取れる上に、上限値があるようなものなので正確とも言い難い参考記録と考えて欲しい。

CloudGate

GALLERIA XT-14
3DMARK CloudGateによるベンチマーク、30,328だ。DirectX10であるため、ここからの差は少しずつ広くなっていく。

つまり、ここからのベンチマークが本番ということだ。ここまでは期待値を上回ってはいるものの、もう一歩いけそうな気がする。

比較
GALLERIA XT-15
ここにきてGTX1060シリーズは横並び状態となっている。スコアの基準はあまりよく分からないが、全体的にスコアの低いi7-6700 + GTX1060 3GBもほぼ同じスコアだ。

DirectX10でも測りきれなくなっているのだろうか。次はDirectX11になるため、そこでハッキリするだろう。

SkyDiver

GALLERIA XT-16
3DMARK SkyDiverによるベンチマークは、29,279だ。DirectX11の標準的な設定であるため、ここからが現在の最新タイトル等に対応出来るかのスコアだ。ここでスコアが出せない構成では、設定を大きく下げ無くてはならない。

ゲームを快適に楽しむという点ではそれでも良いかもしれない。しかし、理想はゲームに負荷を感じず、グラフィックや音楽、そのゲームの世界を楽しんでこそだ。その理想にどこまで近づけるかの基準となるベンチマークだ。

比較
GALLERIA XT-17
全体的に拮抗しているが、ここにきてi7-6700 + GTX1060 3GBが落ちてきた。スコアでは上回る場面も存在しているように、i7-7700でi7-6700Kに十分対抗出来ているのではないだろうか。

ただ、i7-6700Kはオーバークロックが可能なモデルであるので、あくまでもバニラ状態での勝負ではあるが…。潜在的な性能では大きな差があるが、オーバークロックをしないのであれば十分に並べるということでもある。これはなかなか興味深い。

FireStrike

GALLERIA XT-18
3DMARK FireStrikeによるベンチマークは、11,154だ。DirectX11の最高性能に近い設定であり、これこそが最新のゲームを最高設定で楽しめるかどうかの基準となるベンチマークだ。

ただ、全体的に快適であるということしか分からない。このベンチマークでそれなりのスコアを出しても、ゲームによっては異常に負荷のかかる場面があるとカクついてしまう。あくまでも、ベンチマークであり、基準である。

比較
GALLERIA XT-19
GTX1070には及ばないながら、結果を見るとi7-6700K + GTX1060 6GBにも並んでいる。CPU性能が高くなった分だけその成果が出たのだろう。ベンチマーク上ではあるが、i7-7700はi7-6700Kに並ぶこととなった。

これは期待通りの結果だと言える。実際にゲームプレイや、負荷のかかり具合では差を体感するかもしれない。価格は少し高くなったが、一世代前の上位モデルに並ぶことが出来るならコストパフォーマンスは悪いものではないだろう。

総評

非常に高い性能が持ち味だ!

GALLERIA XFを差し置いて人気No1となったモデルだけに、その性能はなかなかのものだ。特にCPU性能は従来のi7-6700Kに匹敵するほどのスコアを見せた。キャンペーンによる値引き、充実したストレージはGTX1060搭載モデルの中でもトップクラスだ。

ゲーミングPCとして必要な性能、余裕あるストレージ、高いコストパフォーマンス。拡張性が高く、HDDの管理がしやすいケースも評価が高い。ミドルタワー随一の排熱性能と冷却性能は、ヘビーゲーマーも満足いく全てを備えたフラグシップとなれるモデルである。

長所は様々あるが、短所がほとんど見当たらないのも素晴らしい。ゲーミングPCとして求められる全てを、なかなか高い水準でクリアしている。

他に優れた性能を持つGTX1060搭載モデルは存在している。しかし、価格や構成を見るとGALLERIA XTに勝るモデルは非常に少ない。特にストレージで個性を出しているのが大きく、誰もが選びやすくなっている。

メモリは8GBであるが、16GBでなくては困る場面は多くなく、必要であればカスタマイズをすることで増設は可能だ。

XTはキャンペーンに注目!

キャンペーンに焦点を当てると、値引きは現在最大1万円となっている。更に、CPUがi7-7700からワンランク上のi7-7700Kに無償アップグレードされている。期間限定であるため、購入するのであれば今が一番おすすめできる。

ここまでi7-7700の素晴らしさを伝えてきたが、当然i7-7700Kは更にその上を行く。i7-6700Kと並ぶのではなく、追い抜く性能を持っているのが魅力だ。ただし、これはキャンペーンであるため、常時行われているわけではない。

この記事を見た時期によっては行われていないかもしれないので注意して欲しい。

ドスパラNo.1の売れ筋モデルは買って後悔はしない!

人気No1の座を奪った実力は本物であり、初心者から上級者、誰にでもおすすめできる。最近では省かれることも多い光学ドライブ搭載、マルチカードリーダー搭載と魅力的だ。これらは性能に影響を当てることはない。それでも利便性に一役買うだろう。

使用しなくなりつつあるものだが、無ければ困る場面というのは唐突に訪れるものである。いざ、という時に対応出来るのはありがたい。

見た目は重厚でシンプル、ありきたりなケースだが、施された機能や工夫は目を見張るものがある。排熱性能に関しては非常によく考えられており、同時に冷却性能の高さにも繋がっている。

構成によってはファンの増設も可能であり、何年後かにパソコンを新調することがあっても、ケースだけは流用したいほどだ。例え、SLI構成であっても十分対応出来るため、安心して長時間稼働できる。

様々なことに幅広く対応出来るモデルであり、ゲーミングPCに留めておくのは勿体無い完成度だ。ゲーミングPC選びで迷っているなら、それがベストな選択となりやすいオールラウンドなGALLERIA XTを候補に入れてみるのもいいだろう。

>>>>>GALLERIA XTを購入する<<<<<

あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ