NEXTGEAR i660PA3-TDの実機レビュー

NEXTGEAR i660PA3-TD

NEXTGEAR i660PA3-TDの実機レビューを執筆している。

当サイトとG-tuneによるコラボレーションモデルである「NEXTGEAR i660PA3-TD」をレンタルさせて頂いた。

GTX1070搭載モデルの中で最安値を目指した構成が魅力のゲーミングPCだ。

コンセプト
「最高峰のパフォーマンスがここに!」

全てのゲームを全ての環境で快適にプレイすることが可能となる性能。強力なストレージによる完成度の高い構成。

間違いなく最頂点に君臨するシングルGPU搭載最強モデルだ。

関連記事:NEXTGEAR i660PA3-TDの評判とレビュー | GTX1080Tiとi7-7700K搭載、コラボモデル最強の一台!

実機レビュー詳細

モデルの特徴

このモデルは何と言っても、GTX1080Ti搭載であることが最大の特徴だ。それはつまり、最高峰のグラフィックパフォーマンスを持っているということでもある。

SLIには及ばないが、シングルであれば最も高い数値を叩き出している。より高い性能を、より安定して動作させることに優れた最高の製品だ。

ゲームをプレイする上で必要となる性能は全てクリアしていると言っても過言ではない。フルHD環境はもちろん、4K解像度でも最高設定で快適に動作させることも可能だ。

この性能帯を求める以上、構成も中途半端であるわけにはいかない。HDD 3TB、SSD 480GBのストレージは強力であり、メモリ16GBもゲームに対しては心強い。

高い性能を求めるユーザーにとって、真っ先に選択肢に挙げたいGTX1080Ti搭載モデル。TITAN Xと違い、価格はかなり抑えられていながら同等以上という力は凄まじいコストパフォーマンスを生み出している。

モデルの短所

高性能であることがそのまま短所になってしまうのがGTX1080Ti搭載モデルの難しいところだ。

プレイするタイトルにもよるが、4K解像度を含むフルHD以上の高解像度でこそ真価を発揮する性能だ。それ故に、そもそも4K解像度に対応していないゲームや、高解像度にすることで不利になるゲームではメリットが薄くなる。

グラフィックが鮮やかに、より詳細な描写になることがゲームによっては非常に大きなマイナスとなってしまうことがある。FPSや3D系の対戦ゲームでは、グラフィックが綺麗になることで視認性が悪くなることがある。例えば茂みに隠れているプレイヤーがいる場合、最低設定だと目視できるが最高設定では草が綺麗になり過ぎて目視できなくなったりする。

全てのゲームでパフォーマンスを発揮出来るかと言われるとそうでもない現状がある。また、4K解像度に対応していないゲームも存在しており、パフォーマンスを発揮する場というものはそこまで広くない。

大は小を兼ねると言うが、フレームレートを稼ぐにしてもGTX108Tiである必要は無い。このモデルは特定の用途でこそ輝くということであるため、誰にでもおすすめすることは出来ない。

ゲーミングPCを求めるユーザーの多くにはオーバースペックであり、この性能を必要とするユーザーは少ない。非常に優秀なモデルであるが、それを使いこなせる環境を持つユーザーが少ないのもある。

価格は20万超えながらこの価格までよく抑えたという印象があり、コストパフォーマンス自体は悪くない。長所と短所は、ともにニュアンスは違うが「性能が高い」ということである。

性能について

FF14 DirectX11ベンチマーク

NEXTGEAR i660PA3-TD-ff14
NEXTGEAR i660PA3-TD-ff142
FF14 DirectX11によるベンチマーク結果は、21,259だ。理論上必要となる4K解像度の最高設定に必要なパフォーマンスはクリアしている。

比較的重めのゲームを参考にしているが、MoDなどの関係により必要なパフォーマンスは少し高くなる。バニラ状態のゲームであれば、ほぼ全て快適にプレイすることが出来るだろう。

ただ、DirectX11での話であり、これがDirectX12に移行していくと4K解像度で最高設定でのプレイは厳しくなる可能性はある。もっとも、現段階ではまだDirectX12対応のゲームは登場しておらず、先の話となるので心配するほどのことでもない。

また、4K解像度でのプレイでなければ、DirectX12であっても対応は可能だ。ゲームに関するパフォーマンスとしては、これ以上無いくらいのものとなっている。

グラフィックパフォーマンスはGTX1080Ti SLIなどの複数挿しには当然届かない。それでもシングル環境では最高峰だ。CPUにしても、6コアや8コアなどもあるが、ゲームでは4コア8スレッドがバランスに長けている。

そういった意味でも、ゲーミングPCとしての性能は非常に高く、このモデルで性能が不足するというケースはほぼ無いだろう。

FireStrikeベンチマーク

NEXTGEAR i660PA3-TD-fireNEXTGEAR i660PA3-TD-fire2
3DMARK FireStrikeによるベンチマーク結果は、20,815だ。CPUの性能も細かく判定することが可能な3DMARKを用いた理論上必要な性能との比較。全ての項目で必要なパフォーマンスをクリアしている。

この理論値はGTX1080搭載モデルでもクリア出来ることから、ワンランク上の性能を持つGTX1080Ti搭載モデルでは当然だろう。特に不安な点も見当たらず、4K解像度での最高設定であっても十分に対応出来るだろう。

これはFF11のベンチマークを見ても分かる通りで、非常に高い性能を持っている。フルHD環境であれば確実にオーバースペックとなってしまうため、やはり高解像度や高い負荷を想定したゲームプレイに用いたい。

総評

このモデルは、何よりも性能の高さこそが最大の魅力である。しかし、その性能の高さを必要とするユーザーは決して多くない。自分に必要な性能かどうかで、このモデルの評価は大きく変わってしまうだろう。

4K解像度でのゲームプレイや、非常に高い負荷でのゲームプレイを想定していなければ、確実にオーバースペックとなる。そうなれば、必要の無い性能の分だけコストパフォーマンスが悪くなると考えられる。

評価の数値化

ここでは評価を数値化してみようと思う。より具体的に良さを知ることができるだろう。

マイナス要素ではなく、プラス要素のみを考慮した指標がある。これは野球で言うところの「OPS」に近く、それを踏襲した形となっている。

OPSは通常下記の7種類に分けられる。

  • A素晴らしい .9000以上
  • B非常に良い .8334 – .8999
  • C良い    .7667 – .8333
  • D並     .7000 – .7666
  • E平均以下 .6334 – .6999
  • F悪い     .5667 – .6333
  • G非常に悪い .5666以下

計算方法は独自の算出法による性能+構成のポイントを価格で割って、その割った価格によって定められた数値を掛けるというものだ。NEXTGEAR i660PA3-TDの「パソコンOPS」は 0.9696であり、評価は「素晴らしい」に該当する。

馴染みの無いもので分かりにくいかもしれないが、0.9500を超える製品は数える程度しかなく、非常に高い数値だ。GTX1080Ti搭載モデルはそこまで多く無く、実質的に最も優れた数値を持つGTX1080Ti搭載モデルということになる。

本体価格

NEXTGEAR i660PA3-TD1

価格に差はあるが、構成に関してはほぼ同じである。電源の品質が異なるくらいの差でしかなく、パフォーマンスは全く同じだ。

性能や構成が同じであるなら、価格が抑えられている分だけNEXTGEAR i660PA3-TDは選択しやすい。選択の動機としては十分だが、ケースのデザインなどにも左右されるかもしれない。

光学ドライブが非搭載ということはマイナスではないと考えている。ただ、製品AとBには標準搭載されている。もっとも、カスタマイズで搭載したとしても他製品より安いことに変わりは無い。

価格あたりの価値

NEXTGEAR i660PA3-TD2
これはコストパフォーマンスに近いもので「価格あたりの価値」を数値化したものだ。価格あたりの性能であればコストパフォーマンスだが、これは構成などの評価も組み込んでいる。

ただ、構成がほぼ同じであるため、コストパフォーマンスと共通になってしまっているが…。価格による差異が全てであり、比較としても価格が安いことが最も大きなアドバンテージとなっている。

似た製品を真っ向から比較するのは難しいが、結果はNEXTGEAR i660PA3-TDが最も優秀ということである。

最後に

性能が高く、それでいて価格もしっかり抑えられているという最高のモデル。それがNEXTGEAR i660PA3-TDである。

しかし、繰り返しになるが、その性能の高さこそが最大の短所に繋がる可能性がある。逆に言えば、この性能を必要としている場合には、短所が存在しないということだ。

本当に必要な性能なのであれば、本当に選んで欲しいモデルである。コストパフォーマンスにも優れた最高峰の性能を持つゲーミングPCを体感して欲しい。ゲームに対するストレスは綺麗に消え去ることだろう。

ゲーミングPCとして完成されたモデルは、様々なニーズに応えることが可能だが、その性能の高さ故に扱いが難しい。予算が合うなら一度検討してみてもらいたいが、同時に自分の想定しているゲームプレイ環境に見合っているかも確認して欲しい。

>>>>>NEXTGEAR i660PA3-TDの実機レビューを購入する<<<<<

あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ