NEXTGEAR-MICRO im570SA6-SP-TDの実機レビュー

NEXTGEAR-MICRO im570SA6-SP-TD

NEXTGEAR-MICRO im570SA6-SP-TDの実機レビューをしている。

当サイトとG-tune様とのコラボレーションで誕生した「ゲーミングPC徹底解剖 コラボレーションモデル」となっている。お借りすることができたので紹介していこう。全部で4つあるコラボモデルの中でも最もおすすめのモデルだと言える。

コンセプト
「GTX 1060搭載フルHD最強ゲーミングPC!」

コメントにもある通り、CPUとグラフィックボードの相性を一番に考えたモデルだ。構成上メモリを16GBにしたかったが、価格を考慮すると8GBにし、好みによってカスタマイズで16GBに出来る方が良いと考えた。

理想とする構成がこの価格で再現できたのは嬉しい。パフォーマンスも構成も優れている両取りモデルとして、更には低価格モデルとして一石を投じるようなモデルを目指した。

関連記事:NEXTGEAR-MICRO im570SA6-SP-TDレビューと解説

実機レビュー詳細

本体正面

NEXTGEAR-MICRO im570SA6-SP-TD1
正面画像だ。一番目に入る箇所なので注目したい。G-tuneのミニタワーは過去にもレビューしているが、本当にこのケースは素晴らしく思う。

薄っすら見える黄色い大型と小型のツインファンとなっている。フロント部分からの吸気は万全。埃を防ぐ防塵フィルターはワンタッチで取り外し可能だ。

本体メンテナンス性

NEXTGEAR-MICRO im570SA6-SP-TD2
見ていただくと分かる通り埃が入り込みにくく、入り込んでもすぐにメンテナンスができる。手軽ながらこの効果は非常に大きい。

ゲーミングPCでなくとも、パソコンには埃が大敵である。埃が入るとエアフローの低下や排熱性能の低下に繋がる。メンテナンスフリーというわけではないが、かなり簡単になっていると言えるだろう。

本体右側

NEXTGEAR-MICRO im570SA6-SP-TD3
右側面だ。こちらにエアホールを設け、排熱性能やエアフローの向上を図るケースも多い。しかしG-tuneのミニタワーはこの部分にも大規模なメッシュ仕様のエアインテークを採用している。

カスタマイズでアクリル板に交換したりもできるが、排熱性能は落ちそうだ。そしてこの部分には最大4つのファンを搭載することが出来る。それ自体が必要になる場面は多く無いとは思うが、あって負担となることは無い。

本体左側

NEXTGEAR-MICRO im570SA6-SP-TD4
左側面の写真だ。下部に左側面としては大きめのエアインテークがある。本来はマザーボードの背面、主にCPUを搭載している箇所の裏側にある。

しかし、このケースはHDDの拡張ストレージベイの横にきている。この効果は今ひとつ分からないが、内板と外版があるのでそこを冷却するのだろうか。

本体底

NEXTGEAR-MICRO im570SA6-SP-TD5
底面画像だ。電源の下に排気口…いやこれは吸気口にあたるだろうか。インシュレーターがしっかりした高さを持っているが、柔らかい場所に置くとこの吸気口が埋まってしまう。

そのため、電源は外部ではなく内部から吸気を行い、エアフローを作り上げている。もちろん電源の冷却を考慮すると外部から吸気したほうが良い。ただし絨毯や柔らかい敷物の上に置くと吸気出来ず熱くなりすぎる。

空気が入らないため、排出も出来ず最悪壊れることもあるだろう。それを考慮して、万人に使えるように内部吸気にされている。フローリングに置く場合にも有効だが、埃のメンテナンスはしっかりしておきたい。

本体天井部

NEXTGEAR-MICRO im570SA6-SP-TD6
天板部分だ。天井後部に大きめのファンが取り付けられており、最も排熱性能の高さを担っている箇所になっている。熱を帯びた空気は上へ昇っていくため、背面から排出されなかった空気はこの部分からしっかり排出されていく。

エアフローは前から後ろに流れていくため、熱が篭りやすい背面上部に対しての対策だろう。ミニタワーではG-tuneより排熱性能が勝るモデルはほとんど無いのではないだろうか。そう考えた時、是非i7-6700K搭載モデルをミニタワーで構成したくなり、このモデル誕生の切っ掛けとなった。

本体背面部

NEXTGEAR-MICRO im570SA6-SP-TD7
背面部分となる。特に珍しい箇所は無いが、青いケーブルを背面のUSB3.0に差し込むことでフロントパネルのUSB3.0が使用できるようになる。これを差し込まなければフロントパネルのUSB3.0は機能しないくらいだろうか。

また、この青いケーブルが出ている黒いゴムの部分は他に2つある。これは水冷モデルにする際に使用するものだ。水冷モデルでも流用出来るモデルであるため、水冷モデルではないこのモデルでは飾り程度のものだ。

本体内部

NEXTGEAR-MICRO im570SA6-SP-TD8
内部の画像だ。ミニタワーであるため、やはりミドルタワーと比べて拡張性は低い。標準搭載のSSDが上部のストレージベイの底部分に搭載されている。

3.5インチベイは4つあるが、一番底側の部分は2.5インチベイと共有だ。スペースを無駄なく使用しており、ファンがすぐそばにあるため、熱に関しては心配無いだろう。ただ、ストレージベイが横向きなのでHDDの増設が少しやりにくそうではある。

ケースに関しては何か新しいものが追加されているわけではないので従来のG-tuneのミニタワーである。

性能レビュー

続いてパフォーマンス部分のレビューだ。

FF14(DirectX9版)ベンチマーク

NEXTGEAR-MICRO im570SA6-SP-TD9
FF14 DirectX9版のスコアは14,991だ。お馴染みのベンチマークだが、スコアは惜しくも15,000に届かず。5度試した中で15,000に届いたのは1度だけであったため、スコアは敢えて平均に近かったこの数値を採用している。

i7-6700KとGTX970の組み合わせで11,000ほどであることを考えればかなり優秀な数値だ。GTX1060 3GBモデルはGTX970とGTX1060 6GBの中間程度だが、ベンチマークでは大きく数値を離している。

管理人使用のi7-4790KとGTX980の組み合わせで16,601である。かなり迫っているのではないだろうか。あまり言いたくないが、今使用しているモデルは総支払額20万円ほどだ。そのモデルの比較対象が12万円程度のモデルとは、少しショックではある…。

FF14(DirectX11版)ベンチマーク

NEXTGEAR-MICRO im570SA6-SP-TD10
FF14 DirectX11版のスコアとなる。本当の衝撃はこのDirectX11だった。嫌な予感はしていたのだ。

スコアは12,232となかなかのものだ。管理人使用モデル。その20万円のモデルは11,853だった。この結果は購入当初の数値であり、今なら逆転しているのではないかと何度か計測したが、そもそも11,853すら超えれなかった。

高い負荷に限り、GTX1060 3GBはGTX980を凌駕するのだ。いや、それ自体は知っていたことだが、ここまで明確に数値で現れると少ししょんぼりしてしまう。

3DMARK

3DMARKによるベンチマーク。
管理人使用のモデルは上から下記のとおりだ。()内は当モデルのスコアとなる。

  • 10,480(10,326)
  • 27,938(26,486)
  • 27,865(28,159)
  • 169,007(172,528)

何と、上二つは勝っているが、下二つは劣っているのだ。良く言えば高い負荷でもGTX980は強いということだが…。悪く言えば高い負荷でも低い負荷でもGTX1060 3GBはGTX980と接戦できるほど同等の性能ということだ。

3DMARKの評価としてはi7-4790Kよりもi7-6700Kのほうが優れているということも要因の一つではある。まだ戦える、少なくともGTX1060 6GBと対等に戦えると思っていた。現実は非情だ。GTX1060 6GBの下の3GBにすら並ばれてしまっている。

もちろん、最新のグラフィックボードが優れているということは良いことであり、素晴らしいことだ。それはそうなのだが、それとは別に譲れない微妙な感情があることも否めない…。

本体温度

NEXTGEAR-MICRO im570SA6-SP-TD12
温度はしっかり抑えられている。これなら熱によるパフォーマンスの低下は防げるだろう。ただ、テスト環境では2時間の連続稼動によるものでしかなく、それ以上はもっと高くなる可能性はある。

それでも排熱性能の高いケースであることを考えれば大した問題ではないだろう。特にグラフィックボードは温度が他のケースでの計測時よりも低くなっている。この点は非常に評価出来ると言えるだろう。

総評

NEXTGEAR-MICRO im570SA6-SP-TDは、G-tuneの優れた性能を持っていながら低価格を実現出来るミニタワーを採用することで誕生した。性能はもちろんだがコストパフォーマンスに関しては素晴らしい価格設定によって実現している。

10シリーズのグラフィックボードは低価格でありながら性能は非常に高くなっている。この特性をそのまま活かし、それでいてCPUに妥協をせず選択したモデルを求めていた。グラフィックボードはともかく、CPUが最上位クラスになればなるほど他の構成も豪華になってしまう。そうなると価格も跳ね上がってしまうためi7-6700KとGTX1060の組み合わせでメモリは8GBを搭載したモデルを提案。

パフォーマンス面ではメモリが8GBというところがポイントだ。16GBにカスタマイズするのも良し、そのままでも良し、買い替えなら流用してしまうのも良し。特にそのまま使用したいユーザーと買い替えからの流用を考慮しての8GBでもある。16GBのメモリを8GBにダウングレードできるBTOショップはほとんど無いため、最初からダウングレードしたモデルであると考えてもらいたい。選択肢の幅を広げ、より多くのユーザーに選んで貰えるように構成を考えた結果である。

少し前なら、このパフォーマンスを持つゲーミングPCは18万円以上したものだ。管理人が使用しているゲーミングPCがその一例だ。コストパフォーマンスはかなり良好で、低価格とも言えるだろう。ただ、欲を少し出してストレージは2TBのHDDと240GBのSSDを搭載している。これは流用できるパーツであり、省くのもありかもしれなかったが、標準搭載であることの恩恵のほうが大きいと考えた。

流用するユーザーは良いかもしれないが、新しく購入するユーザーにとっては不親切なのではないだろうか。よりコストを削減したモデルとしてNEXTGEAR-MICRO im570SA6-TDがあるのだからこちらは王道で行くべきだ。

ゲームプレイに関してはVRには対応できるが4K解像度についてはほぼ非対応だ。設定次第でプレイできるかもしれないが、画質の良くない4K解像度にメリットはない。ただフルHD環境に関してはコンセプト通り最高の環境を構築することが出来る。

このモデルはフルHD環境にこそ適したゲーミングPCであり、フルHD環境であればどのモデルよりも輝ける。多くのゲームが、ユーザーが4K解像度に対応していない、その需要を考慮しての構成だ。現行のハイエンドモデルと言えるため、ゲームを快適にプレイできる。純粋な性能であれば上はあるが、価格を考慮すればここまで性能が高い製品は他に無いのではないだろうか。

>>>>>NEXTGEAR-MICRO im570SA6-SP-TDを購入する<<<<<

あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ