GALLERIA QHF965HEの実機レビュー

GALLERIA QHF965HE

GALLERIA QHF965HEの実機レビューをしている。

ドスパラ様よりGALLERIA QHF965HEをレンタルさせて頂いた。このモデルは低価格のゲーミングノートPCとして注目を集めている。多くのユーザーが気になっているのではないかと思う。

この注目モデルの実際の性能はどの程度なのだろうか。あまり高望みをしなければ十分使える程度のパフォーマンスを持っていることを期待しているが果たして実態はどうなろうか…。

実機レビュー詳細

本体上

GALLERIA QHF965HE-1
上部から撮影した写真だ。黒くシンプルなデザインに浮かぶ白いGALLERIAの文字が映える。以前レンタルした「GALLERIA QSF965HE」とは少しデザインが違うようだ。ただどちらが良いとかではなく微妙な違いのみだ。

これをスターバックスで開いたら注目を集めるかもしれない。MAC Bookよりも好きなデザインだ。

本体キーボード

GALLERIA QHF965HE-2
キーボード近辺はこのようになっている。タッチパッドに赤い枠を採用していてデザインは非常に好みだ。また、キーボード上にGキーというものがある。写真では見づらいが、電源ボタンの下、F2~F4キーの上に位置する3つのボタンだ。

G1がこの機種の目玉とも言えるクーラーブーストとなる。G2が特徴的なタッチパッドのON/OFFの切り替えで、G3がWindowsキーのON/OFFの切り替えだ。このような利便性に長けたキーが搭載されている。筆者的にはタッチパッドのON/OFFがワンタッチで可能なのは非常に優れた機能だと感じた。

本体右側

GALLERIA QHF965HE-3
右側面だ。ヘッドフォンの入力端子とUSB2.0が2つ、Kensington Lockがある。標準的な装備を搭載している。

排気口が赤色と、デザインにはこだわりを感じる。やはり黒地に赤は映える。

本体左側

GALLERIA QHF965HE-4
左側面の写真となる。USB3.0が2つにHDMI端子、LANポート、VGA端子がある。装備は中々だ。

USB3.0端子同士が近すぎるのが少しネックか。次の項目で詳細を見ていこう。

USB端子について

GALLERIA QHF965HE-5
USBメモリを利用する予定のある方はサイズ感をしっかりと確認した方が良いだろう。正しく認識はされるが少しズレてしまう。USBメモリのタイプによってはなかなか厳しいかもしれない。

画像ではUSBメモリと外付けHDDを想定したUSBが接続されている。USB2.0でも認識されるが、速度を考えるとやはりUSB3.0を使用したい。あまり気にすることでもないと思うが違和感を感じた。

性能解説

次にメインの性能のレビューに移ろう。

FF14ベンチマーク

GALLERIA QHF965HE-6
さて、性能面では不安が隠しきれないものとなっている。スコアは7,013だ。グラフィックはGTX965Mである。これはGTX960Mと同等の価格でありながらGTX970Mに近い性能となっている。

本来、ゲーミング用途ではGTX970Mが最低ラインだと考えてきた。ただ、GTX965Mもギリギリセーフなのではないかと思ってはいる。思ってはいるが、ゲームを快適にプレイすることを目的としているのであれば圏外だ。

この性能はデスクトップでいうGTX950とi5-6400の組み合わせよりも低く、特にCPU性能はかなり低くなっている。設定を下げることで快適にプレイすることは可能だが、快適に動作しないゲームも存在している。

基本無料のオンラインゲームであれば十分かもしれないが…。ベンチマークでこの数値を見た時点で今まで通りの実機レビューをストップした。

3DMARK

GALLERIA QHF965HE-7
一応3DMARKも確認しておく。DirectX11のスコアは4,673と完全にCPUが足を引っ張ってしまっている。しかし、DirectX9ではグラフィックパフォーマンスが著しく低い。そこまで期待はしていなかったが、ここまで酷いとも思わなかった。

ただ、ゲーミングノートで10万円を切る価格である以上、妥協はすべきなのだろう。ノートには10シリーズが登場すると思われるが、その時こそ10万円以下のゲーミングノートに注目すべきであり今ではない。

人の多く集まるオンラインゲームではCPU性能が厳しく、美しいグラフィックの新しいゲームではグラフィック性能が厳しい。少し古めのゲームやライトなゲームであれば対応できるだろう。

本体温度

GALLERIA QHF965HE-8
これはベンチマークやゲーム中の温度だ。クーラーブースト無しでは流石に熱がかなりこもってしまう。

ただ、今回は環境があまり良くなかったことも関係しているため参考程度に。ゲームをプレイしている段階では特に何も感じられなかったが、パフォーマンスに影響を与えていたはずだ。

総評

このモデルはデザインが秀逸だ。見た目に関してはパーフェクトなのではないだろうか。また、光学ドライブ、カードリーダーも搭載され、機能性も抜群だ。ゲーミングPCとしてだけではなく、ビジネスモデルの上位互換としての位置づけでもある。

ただし、ゲーミングの観点からみると価格が安いだけのゲーミングノートとしか言えない。900シリーズであることもそうだが、GALLERIA QSF965HEという上位互換の存在は大きい。

セール時で3万円アップは比較対象となるかは難しい。ただ、そもそも同じ性能のデスクトップとノートの価格差は2万円以上ある。そう考えると、このモデルは旧GALLERIA DSやDC程度のパフォーマンスしか持ち合わせていないことになる。

最低限必要なパフォーマンスは旧モデルであってもGALLERIA DTくらいは欲しいと考えている。当時のDTもおよそ10万円程度であったため、必要となるパフォーマンスを持つゲーミングノートの価格は12万~13万円が妥当だ。そしてそれはGALLERIA QSF965HEが当てはまる。

このモデルは確かに安いが、それが妥当と思われるほど性能が削られている。自分がプレイしたいゲームに対して、まともに動作するかの判断は非常に難しい。ノート用の10シリーズが登場してからがこの価格帯の勝負どころであり、現時点で10万円程度のゲーミングノートはデメリットが目立つ。

しっかりと性能を把握できていれば選択肢としては非常に優秀であるため、価格だけで選ばないようにしてもらいたい。また、GALLERIA QHF965HEにはマイナス要素としてストレージがSSD250GBしかないという点がある。しかしこれは5,000円ほどアップで選択することができる特別モデルでは1TBのHDDが追加されている。マイナス要素ではあるが、選択出来るというのはプラス要素でもある。

ただ、予算に余裕があるのであればGALLERIA QSF965HEのようにCPUとストレージが強化されたモデルや
大きく値引きされた高いパフォーマンスが魅力のGALLERIA QSF970HEのようなモデルをおすすめしたい。予算が10万円程度であるというのであればデスクトップのGALLERIA DTも検討しておきたい。同じ価格帯ではあるが性能は雲泥の差である。

リフレッシュレートの関係もあり、FPSでは少し扱いづらい。CPU負荷の高いゲームも厳しいが、MMORPGなどはある程度設定で負荷を軽減させられるのでプレイ自体には大きな障壁は少ないはずだ。それでもプレイヤースキルが必要となるRPGでは、設定を下げることがそもそもデメリットとなることもある。快適にゲームをプレイすることは難しいかもしれないが、ただプレイするだけなら問題無いかもしれない。

>>>>>GALLERIA QHF965HEを購入する<<<<<

あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ