gtunemicronew


当記事では、2018年6月に新登場の「G-Tuneミニタワー」のケースレビューを行っている。久々の新モデルの登場で気になっている方も多いだろう。最近はBTOメーカーのケースリニューアルが続いている。現在はNEXTGEAR-MICROというブランドはなくなりG-Tuneに統合されている。

新モデルということで期待が持てる

nextmicrotop
G-tuneに新たにミニタワーのケースが加わった。従来のメッシュを採用した高い排熱性能を誇るケースと比べて、あらゆる面で一新されている。特に大きく変わったのはデザインだろう。ユーザーアンケートの結果生まれたモデルということで期待値も高い。

>>>G-Tuneミニタワー採用モデル一覧

新シリーズと旧シリーズケースの比較

 新ケース旧ケース
イメージim610im600-1
価格・コスパsankakunijyuumaru
デザイン性nijyuumarumaru
光学ドライブオプションオプション
前面I/OUSB3.0×2
HDMI×1 *1
USB2.0×2
USB3.0×1
背面I/O **USB2.0×2
USB3.1×4
DP×1
DVI×1
USB2.0×2
USB3.1×4
DP×1
DVI×1

ストレージベイ2.5×2
3.5×1
スリムODDベイ×1
2.5×1
3.5×4 *2
5.25×1
*1 フロントHDMIを使用するには、背面に伸びているケーブルを背面HDMIに接続しなくてはならない。
*2 一番下は2.5と共用となっている。
** その他HDMIやDVI-E等はグラフィックボードによる。

スタイリッシュなデザイン

nextgearmicrohikaku
デザインは非常にスタイリッシュなものに変更されている。ケース性能を重視していた従来のメッシュモデルとは大きく異なる。より今風になり、洗練されたデザインと言えるだろう。機能面についても細かく見ていくとしよう。

G-Tuneミニタワーケースの詳細

ケース前面

nextgearmicro-6
シャープに、そしてシンプルになったフロントI/Oパネルがポイントだ。旧型に比べてUSB接続端子が1つ減っていて、USB 3.0が2つとなっている。メッシュモデルはUSB 2.0が2つとUSB 3.0が1つだった。やや使い勝手は落ちてしまったと言える。ちなみに、電源横にある光学ドライブはカスタマイズで搭載する必要がある。

ケース左側面

NEW NEXTGEAR-MICRO-2
側面部は何の変哲もない箇所だ。気になるところはネジが背面ではなく側面にあることだ。ネジを外した後側面部分のカバーを外すには本体を傾ける必要があるので注意しておこう。

ケース右側面

nextgearmicro-3
デザイン風のエアホールがある。公式の説明では吸気になっているようだが、空気の通り道としては弱い。吸気というよりも、空気が通ることでエアフローを調整するための機構だろうか。

ケース背面

nextgearmicro-4
赤枠部分の接続端子は本体を通っており、背面のHDMIに接続することでフロントパネルのHDMI端子が機能する仕組みだ。

ケース背面その2

nextgear-micro-5
伸ばすとこうなる。当然と言えば当然だが、HDMI端子が一つ増えるというわけではないので注意。VRユーザーには少しありがたい機能かもしれない。フロントのUSB接続が一つ消えているのはマイナスか…。どちらのユーザーが多いかを考えるとマイナスであることは間違いない。

ケース底面

nextgearmicro-7
ケース底面には取り外し可能な防塵フィルターが搭載されている。底面からも吸気ができる仕組みだ。

防塵フィルター

nextgearmicro-boujn
底面には防塵フィルターが装備されている。防塵フィルターは端に磁石が付いており、それにより取り付けられている。思ったよりペラペラで、従来のものと比べると少し頼りない。実用性という意味では間違いではないと思うが…。

内部

nextgearmicro-9
レンタルしたモデルは「NEXTGEAR-MICRO im610BA1-TV」であり、構成的にも最低限のものだ。そのため、中身が非常にスカスカしている印象を受ける。背面に大きめの排気ファンが搭載されているが、このケースに搭載されるファンはここ一つだ。排熱面で大きな不安を残している。

配線

NEXTGEAR-MICRO-10
構造に工夫があり、配線は表面から見えないように裏を通す仕組みになっている。これは絡まりにくいのと、エアフローを安定させる恩恵がある。最新モデルらしいケースだと言える。

上部

nextgearmicro-11
上部スペースは電源と配線を収納する機構があり、その横にドライブベイがある。問題点はミニタワーでありながらドライブベイの少なさにある。3.5インチベイが1つ。つまり収納できるHDDは1つということになる。

2.5インチベイは2つ。SSDは2つ搭載できるが、固定が少し手間だ。昨今の外付けHDDは非常に高速で特にUSB3.1接続であれば特に困らないだろうということなのか。多くのHDDを内蔵するユーザーにとっては、このケースを選択しない理由になってしまうかもしれない。

フロント裏側

nextgear-micro-12
フロントの裏側には2つの大きな穴がある。これはフロントに吸気ファンを搭載することができるということだ。エアフローの強化を図れるが、それなら標準搭載にしてほしかったというのが本音だ。

管理人による総評

G-Tuneのミニタワーはケースとしては無難でスタイリッシュなデザインを採用したものとなった。ゲーマーへのアンケートを元に生まれたモデルということもあってある程度の実用性を備えたケースだと言える。フロントHDMI端子に価値を見出だせる方やデザインに魅力を感じる方なら選んで後悔はしない。

一方で、やや残念に感じてしまう部分があるのも事実だ。例えば、G-tuneのメッシュ採用のミニタワーは排熱性能が優秀で評価も高かった。今は完全にこの新しいケースに切り替わりユーザーに受け入れられているように思う。

>>>G-Tuneミニタワー採用モデル一覧

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

おすすめゲーミングPCランキング【2020年】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

G-Tune(マウスコンピュータ)の評判まとめ

G-Tuneの評判を解説している。当サイトとのコラボモデルやプロゲーマープロデュースのモデルなど様々なモデルが販売されている。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。