Haswell世代 i7 Extremeはゲーミング用途に最適か?ゲーミングパフォーマンスから徹底検証、価格の高さがネック!

haswellextreme画像引用元:https://www.amazon.co.jp/

当記事では、Haswell世代i7シリーズExtremeに関する考察を行っている。この高性能なCPUがゲーミング用途で最適なのかどうか検証している。

2018年09月03日更新!!
2016年1月14日の記事を一部加筆・修正を行っている。アーカイブとして残すことに価値があると考えている。

超高性能CPU Extremeの特徴まとめ

対象CPUスレッドCPUクロック
i7-5960X8コア16スレッド3.0Ghz(最大3.5Ghz)
i7-5930K6コア12スレッド3.5GHz(最大3.7GHz)
i7-5820K6コア12スレッド3.3GHz(最大3.6GHz)

圧倒的な性能を誇るCPUであるExtremeには上記の種類がある。一般的なi7モデルと比較するとコア数スレッド数はi7-5960Xで倍、その他モデルで1.5倍と驚異的な数値を記録している。これだけを見ると只者ではないことがすぐにわかる。

ただし、コア数とスレッド数が増えると単コアあたりの性能が低下してしまうというデメリットがある。特にi7-5960Xはクロックが3.0Ghzと低く、i7-6700KだとCPUクロック4.0Ghz 最大で4.2Ghzとなっている。これがゲーミング用途でどのような影響を与えるのだろうか。

ゲーミング用途として人気がない理由

非常に高性能なCPUだが、ゲーミング用途としてはいまいち人気がない。BTOメーカーでもほとんど主力になっていることからもそれがわかるだろう。

コア数/スレッド数が多くても生かしきれない

Extremeではコア数及びスレッド数が多くなっている。しかし、スレッドはゲームでは使用できないことが多く、コア数が多いと全てが機能しないこともある。一部のゲームでは「不向き」のレッテルを貼られているほどに。実際ベンチマークではCore i7-4790Kやi7-6700Kの方が高くなることがある。

ゲームでは最適化の問題からスペック通りにいかないのが難しいところでもあり、おもしろいところだと言える。そうは言っても、スレッド処理の問題や単コアの性能が低くても数で勝負すれば同等くらいにはなるのではないか。それはその通りである。少し下回ることになるが、比較的近い環境を構築することができる。ここで問題になるのは次の価格だ。

とにかく価格が高く一般的ではない

対象CPU価格
i7-4790K38,871円
i7-6700K41,205円
i7-5820K46,102円
i7-5930K69,986円
i7-5960X125,000円

これまでに解説したことを踏まえて、上記の価格をご覧頂きたい。単コアの性能で言えば歴代最高のi7-4790Kが第4世代ということもあり最安値となっている。続いて最新の第6世代最上位のi7-6700Kだ。少し価格があがってi7-5820Kだが、Extremeとしては性能は低め。

一気に価格上昇してi7-5930KでローエンドクラスのゲーミングPCが買える値段になる。最上位のi7-5960Xに至っては、TITAN Xに迫る価格となっている。価格を考慮した場合、i7-5960Xがi7-6700Kに並んだとしてもコストパフォーマンスは最悪だ。i7-5960XなどのExtremeは高速処理が必要な場面で力を発揮する。

高速処理の代表である動画のエンコード、将棋電王戦で使用されるように用途がゲーム向きではないのだ。ゲーム向きのCPUが存在していること、搭載モデルが主流であること。この2つが最大の理由で、QuadroとGeForceの関係に近いか。意外と、CPUは単コアの性能が重視されることもあり、4コアを超えるコア数は力が分散されやすくなる。コストパフォーマンス、適正、以上のことからExtremeはゲームに適していないと言える。

最後に-こんな方向け!

Extremeはサーバーやワークステーション向けのCPU。あるいは、Photoshop、Premiere、Mayaなどの3Dアプリケーション、動画のエンコードなどCPU負荷が高くコアをうまく生かせる用途なら最強だ。それでも価格を考えると悩ましいが..

高速処理が可能だがゲームには不向き。ゲーミングならわざわざi7-4790Kやi7-6700Kから買い換えるほどのものではない。マザーボードをLGA2011v3に交換する必要もありコスパが悪すぎる。ベンチマークではやはりi7-6700Kなどより劣るスコアを出してしまうようだ。絶対に無理というわけではないので、自分の持っているパソコンのCPUがi7-5960Xだったからと言って落胆するほどではない。

あくまでもゲーム目的で購入するのはおすすめできないという程度で、すでに所持していても買い換えもしなくていい。コストパフォーマンスが悪いため、これから購入しようとする人は注意してもらいたい。

当ページに訪れたユーザー見ている他の記事一覧

あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ