AKRacing Pro-X

当ページでは、ゲームに最適なPCチェアを紹介している。長時間のゲームプレイが日課になっているのであれば椅子にもこだわる方が良いだろう。身体への負担を軽減してより快適なゲームプレイを約束してくれる。

別記事の「PCデスク」と合わせて読んでいただけると嬉しい。デスクとチェアにこだわればゲーミング環境構築のほぼすべてが完了することになる。優先度としてはチェアの方が高いかもしれない。特に猫背の方や腰痛持ちの方はチェアの見直しを検討して欲しい。

パソコンチェアの種類まとめ

一口にパソコンチェアと言っても数え切れないぐらいの種類がある。ここでは大まかにチェアを分類したのであなたがどのようなモデルが欲しいのかを考えてみて欲しい。

ゲーミングチェア

AKRacing
画像引用元:https://www.tekwind.co.jp/

おすすめ度価格素材硬さ
20,000円~メッシュ硬め
まさにゲーマーのためのチェアだと言える。価格は高めで2万円~、中には5万円を超えるものもある。有名ブランドとしては、「GTRACING 」、「Bauhutte」、「AKRACING」などが挙げられる。ゲーミングチェアは総じて機能性が高くヘッドレストやランバーサポートが標準搭載されているものも多い。意外とYoutuberも使っていることからデスクワークをする方にもおすすめだ。ゲーミングチェアは座面が高いこともあって視点が高くなりやすい。通常のモニターでは見下ろす形になるため、崩した姿勢でモニターを見たりすることになるので腰を痛めたり猫背になったりすることもある。

椅子を中心に考えるのではなく、自分に合った、机に合った椅子を選択することが必要だ。あるいはモニターアームでモニターを高めに吊ったり、モニターをやや上向きにすることで対応しよう。インテリアには向かない独特なデザイン。身体への負担を軽減することに特化しているも。体の大きい人には良いが、小柄な人には扱いにくい。アジア向けの安価なモデルは小柄な人向けで、座り心地は個人差が大きく出る。

>>>>>楽天市場で探す

ハイブランドチェア

aronchair
画像引用元:https://www.vanilla-chair.com/

おすすめ度価格素材硬さ
100,000円~メッシュ硬め
ハイブランドチェアとしては「ハーマンミラーアーロンチェア」、「オカムラコンテッサ」、「エルゴヒューマン」などが挙げられる。価格的には10万円以上となかなか手を出せるものではない。中古市場でも人気が高く資産性が高いと言える。購入してから売却もしやすいチェアはハイブランドチェアぐらいだろう。会社勤めの方はもしかしたらオフィスで使用しているかもしれない。人気の秘密はやはり快適性が高く作業などに集中できることだ。腰痛を持っている方も安心して使用することができる。予算が許すのであればまず第一に選択肢に入れて欲しい。

>>>>>楽天市場で探す

オフィスチェア

nitorichair
画像引用元:https://www.nitori-net.jp/

おすすめ度価格素材硬さ
10,000円~合成皮革普通
ここでいうオフィスチェアとは、社長椅子のようなやや豪華なものを指している。価格が安めなわりには耐久性も高くおすすめしやすい。管理人である私も使用している。椅子にあまりお金を掛けられないという方で品質にもそれなりにこだわりたいという方におすすめだ。安価なものなら合成皮革を採用していることが多い。見た目も意外と悪くない。アームレストがあったり、座り心地が良かったりとコストパフォーマンスは高いと思う。座面がやや柔らかい~普通となっていることが多いため腰痛がある方はクッションを別途購入して使用すると良いだろう。

>>>>>楽天市場で探す

低価格チェア

sanwasupply
画像引用元:https://direct.sanwa.co.jp/

おすすめ度価格素材硬さ
3,000円~メッシュ柔らかめ
3,000円台から購入できる低価格帯のチェアも存在している。とにかく安いため気になってしまうかもしれないが、ゲーマーの方は避けた方が良い。長時間のゲームプレイには不向きで腰やお尻への負担も大きい。アームレストもないためどうしても疲れやすくなってしまう。座面がへたりやすく、へたると硬さが出て腰を痛めやすい。持ち運びが簡単なこと捨てやすいことで使い捨ての運用に適している。また、座布団などは大きさを考慮せず使用できるため、使い方次第では相当長持ちする。肘掛けがついているタイプは少し価格が高くなるが、操作の安定性もあっておすすめ。長時間の使用には適さず定期的に立ち上がったり1~2時間のPC作業向け。

>>>>>楽天市場で探す

おすすめのゲーム用チェアランキング【2019年】

ワークチェア(エステン DBR)

nitorichair

チェックポイント

  • 種類:オフィスチェア
  • 素材:合成皮革
  • 価格:13,797円(税抜)

税別13,000円と比較的手頃なのがポイント。管理人の私も使用しているチェアだ。合成皮革となっていて見た目も魅力の一つだと言える。価格を考えると意外と作りもしっかりとしていて長時間のゲームプレイでも疲れ知らずだ。もちろん高級チェアと比べると劣るだろうが価格を考えると満足度が高い。高さ調整、背もたれの調整ができる。

GTRACING GT002

GTRACING GT002

チェックポイント

  • 種類:ゲーミングチェア
  • 素材:PUレザー
  • 価格:17,800円(税込)

ゲーミングチェアに分類されている商品の中でも価格が安いのが魅力だ。それでいて見た目もしっかりとゲーミングモデルらしさがあるため人気が高い。アジア人の方をターゲットに設計されていることから日本人の方の身体に合う設計となっている。ヘッドレスト、ランバーサポート付きで首や腰への負担軽減に一役買ってくれている。安心の1年保証が付帯されているのも高評価だ。

AKRACING PRO-X-GREY

AKRacing

チェックポイント

  • 種類:ゲーミングチェア
  • 素材:PUレザー
  • 価格:52,800円(税込)

本格的なゲーミングチェアとなっている。価格も50,000円を超えるため誰でも簡単に購入できる価格とは言えない。それでもまさにゲームをプレイするために設計された高品質チェアということでおすすめしたい。ヘッドレスト、ランバーサポートを完備していて長時間ゲームをしても疲れを感じにくい仕組みになっている。最大180°のリクライニング機能、アームレストの細かい調整など機能面も申し分ない。グレイ、ホワイト、レッド、ブルーの4色から選択できる。

Bauhutte RS-200

RS-200

チェックポイント

  • 種類:ゲーミングチェア
  • 素材:ファブリック
  • 価格:11,359円(税込)

グリーン、ブラック、ブルー、レッドの4色の設定がある。デバイスメーカーに合わせたカラーがツボを押さえている。学生をターゲットにした格安のゲーミングチェアだ。一般的なゲーミングチェアの1/3で購入できるのはありがたい。背もたれを小型化、アームレスト及びリクライニング機能をカットすることでコストダウンを実現したチェアとなっている。気軽にゲーミングチェアを試してみたいという方は要チェック。

アーロンチェア リマスタード

aronchair

チェックポイント

  • 種類:ハイブランドチェア
  • 素材:弾性ポリエステル
  • 価格:201,960円(税込)

ハーマンミラー社の有名ブランド”アーロンチェア”だ。人間の身体を徹底的に研究した結果生まれた最高級チェアとなっている。あくまでもワークチェアとなっているためヘッドレストは非搭載だ。とにかく作業を行うことを前提に作られている。もちろんゲームプレイでも使用することができる。ただし、価格は20万円オーバーと驚くべき金額だ。中古だと少しは安く購入できるため新品にこだわらない方はぜひチェックして欲しい。

ゲーム用途でのチェア選びのポイント解説

素材

素材は好みが分かれる部分だと思う。よくあるのがメッシュ、PUレザーだ。メッシュだと通気性が高く季節を問わず快適に使用することができる。汗かきの方でも蒸れを気にすることなくゲームに没頭できるのが魅力だ。PUレザーは合成皮革とも言われ見た目の高級感がある。座り心地も悪くない。ただし、蒸れやすいので部屋が涼しくても太ももの裏に汗をかくことがある。定期的に換気をして対応しよう。

背もたれの高さ

背もたれの高さもチェックポイントだ。特に日本人男性の平均身長170cmよりも高い方は注意して欲しい。背もたれがあまり高くないともたれることができず不満を感じてしまうかもしれない。一方、170cm以下の方であればローバックタイプでも問題なく使用できる。価格が安いモデルはローバックを採用していることが多いがこれは面積が少ない分コストカットができるからだ。

アームレスト/ヘッドレスト

予算が上がればアームレストやヘッドレストがついてくる。ゲームプレイ中に直接関係ある方はほとんどないと思う。ゲームプレイ中のスタイルによって決めてしまおう。ほとんどのモデルにはアームレストが付いている一方で安価なモデルではカットされていることもある。アームレスト/ヘッドレストはどちらかというと休んでいる間や動画などを視聴しているときだろう。

座面の硬さ

座面の硬さも必ずチェックして欲しい。一般的にゲーミングチェアやハイブランドチェアは固めでオフィスチェアは柔らかめだ。やわらかすぎると腰に負担が掛かってしまうことがある。ただし、好みの問題でもあるので可能であれば実際に座ってみて判断すると良いだろう。

機能

機能面は価格に比例すると考えて間違いない。ランバーサポート、リクライニング機能、高さ調整などを考えて欲しい。私はランバーサポートだけを重視している。なぜならゲームプレイ中でも身体に触れている部分だからだ。ランバーサポートがないと腰が沈んでしまい負担が掛かることになる。リクライニング機能はそれほど重視しなくても良いだろう。高さ調整は極端に身長が低かったり、高かったりする方はチェックしておくべきだ。

補足:できれば店舗で実際に試座しよう!

ゲーム用途でのおすすめのチェアについてまとめた。今は通販ですぐに購入できるのは嬉しい。しかし、チェアに関してはできれば実際に座ってみることをおすすめする。言葉だけで伝えることが難しい部分も多く個人の好みによって評価が大きく変わってしまうからだ。ここで紹介したモデルについて展示品が置いてあるお店についてまとめているのでぜひ参考にして欲しい。

補足としてガスで昇降するタイプは意外と壊れやすいことを押さえておいて欲しい。椅子としての機能は損なわれないが座面を上げることができなくなるので最低位置に合わしておくほうが長持ちする。ロッキング機能のあるロッキングチェアは座面が広めに取られているため座り心地も良く、クッションや座布団を設置することも可能だ。小柄な人向けにデザインされたチェアはロッキング機能が反動も大きく扱いづらい。

展示店舗一覧

製品名展示店舗エリア
エステン DBRニトリ全国
GTRACING GT002なしなし
AKRACING PRO-X-GREYパソコン工房
ヨドバシカメラなど
全国
Bauhutte RS-200ビックカメラ池袋本店都内
アーロンチェア リマスタードガーデンオフィス日本橋ショールームなど全国

合わせて読みたい記事一覧

BTOパソコン購入後に読んで欲しい記事まとめ

購入後(PC購入後に読むべきコンテンツ)
ゲーム環境構築
ゲームの仕組み
kankyou

PCの置き場所
gameshikumi

FPS英語、3D酔い
BTOお役立ち情報デバイス・周辺機器
oyakudati

BTOパソコンの保証
BTO PCが届いたら
device

ゲーミングモニター
ゲーミングマウス

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2019年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

サイトのトップに戻る