ゲームをするのに無線より有線を進める理由 | それぞれのメリット・デメリットから考える

internet

今回は、回線に関するよくある疑問である「有線と無線の比較及び有線の優位性についてまとめた記事」となっている。これからゲーム環境を作ったり、あるいは環境を変えたいと考えている方を対象としたコンテンツだ。

インターネット回線はゲームでとても重要


game
ゲームをするにはインターネット回線が必要不可欠だ。インターネットをするのに有線と無線どちらがいいのだろうか。ゲームをプレイするというのであれば、どれだけパソコン自体のスペックが高くても回線が悪いとストレスが溜まるものだ。

PCのスペックが十分なのに遅延がある場合は、回線が原因となっている可能性が高い。当然そうなると改善が必要となる。特に無線LANはルーターとの距離によって回線の安定性が変わってくるので、配置などを見直すことから始めるべきだろう。

一方、有線接続の場合、ルーターとの距離は関係ないのでルーターやモデムの設定等見直しが必要になる。異常が見当たらないのであればプロバイダ-やNTTなどの契約会社に確認を取るほうが良いだろう。

有線・無線それぞれにメリットはあるが、最近は無線LANユーザーも増え、シェアで言えばおそらく無線ユーザーが多くなっているのではないかと考えている。ここで、それぞれのメリットとデメリットについて書いていこうと思う。

私自身両方の接続を使用したので、概ね間違いではないだろうと思うが、何か疑問点があればコメントあるいは問い合わせフォームから連絡をいただけると嬉しい。

有線と無線の違いまとめ

 有線無線
イメージintenetwifi
メリット通信状況に安定しやすい
ケーブル不要で利便性が高い
デメリットケーブルの取り回しが面倒回線が不安定になることがある
おすすめ度
有線接続は、モデムやルーターとLANケーブルを用いて繋げることでネット接続を行うことができる。合わせて、「LANカードとオンボードの違いについて」も参照して欲しい。一方、無線接続は、Wi-Fiを利用することでケーブルなしでネットに無線接続することを指す。

有線及び無線のメリット及びデメリットは、それぞれ相反するものだ。このテーブルを見ればだいたい特徴をイメージできるだろう。おすすめは有線だ。もう少し詳しく見たい方は次の項目を参考にして欲しい。

有線接続の特徴&デメリット

+ 回線が安定しやすい

有線接続の魅力は何より安定感が高く、ゲームにおいてはPingの安定化にも繋がることから有線接続が適しているとされる。Pingが不安定になれば、ラグや全体的な遅延、操作不能から突如再開のような現象も起こる。また、Steamで取り扱われているようなゲームではサーバーごとに上限Pingが設定されていることがほとんどで、そのサーバーで定められたPingを超えるとサーバーから弾きだされてしまう。

Pingが不安定になると安定して2桁だったものが400を超えたり、場合によっては4桁に届いてしまうなどがある。極端にPingの差があると、他プレイヤーから見るとワープしているような状態になり、ゲームに支障が出てしまうための措置だ。安定化というのはゲームを快適にプレイするという観点から見ても重要なことだ。

Pingに関する詳細及び回線の不具合については下記記事を参考にして欲しい。


- ケーブルの取り回しが大変

これはなんと言っても有線LANケーブルの接続である以上、ケーブルが邪魔になってくることだ。パソコンとルーターやモデムが同室にある分にはまだ邪魔だけで済むが、部屋が違うとケーブルの存在のせいでドアがしっかり閉まらないなどの問題が出てくる。

つまり、有線接続は環境に大きく依存するため、誰でも出来るというわけではない。幸いにも最近は細いLANケーブルも存在しているので、そちらで対応するなども出来るが確実ではない。2階建ての家であればモデムは1階にあることが多いので、家中をLANケーブルが這い回ることになる。また、取り回しやメンテナンスが手間でLANケーブルが刺さっていないとルーターにアクセスもできないのも難点だ。

無線接続の特徴&デメリット

+ ケーブル不要で利便性が高い

無線の人気の秘密は設置場所さえ決まればLANケーブルの設置などが不要で範囲内であればどこでもネットに接続することができる。また、スマートフォンやノートパソコンは無線インターネットを受信する装置が標準で搭載されているので、装置やケーブルのお金がかからず経済的だ。

デスクトップパソコンにも500円程度からUSB接続で受信できる装置を購入することができるので、家中をLANケーブルが這い回ることもない。環境に依存されず、自由になるため近年では無線LAN接続が主流になりつつあるように思える。昔に比べると安定性は高くなっているように感じる。

- 回線が不安定になりがち

Wi-Fiなどを飛ばすルーターまでの距離が離れるほど回線が不安定になる傾向がある。ゲームにおいてはその不安定さが致命的だが、距離を近くすることで対応はできる。セキュリティを設定しないと、他人が自分の無線でインターネットに接続したりトラブルが発生する可能性もある。

Skypeなどのボイスチャットツールでは、回線が不安定だと音声が途切れたり切断されてしまうこともある。これらの問題は上記の通り、近くに無線ルーターを置くことで解決することがほとんどだが、固定して家族などで使用する場合はそれも難しいことが多い。ただ、昔の無線と比べれば非常に安定感は出てきているので、そう遠くない未来においては無線接続にデメリットがなくなるかもしれない。

結論・まとめ

私は、オンラインゲームをする上では有線に分があると考えている。やはりゲームをする上で回線の安定性はとても魅力的だ。ゲームプレイ中の遅延は時に致命的になる。

また、有線のデメリットはそれ自体でそこまで致命的なものではなく、ほとんど全て対応することが可能だ。何らかの事情によって有線を引くことができないのであれば無線でもいいと思うが、できるなら有線のインターネット回線を使用したい。

おすすめの関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ