当記事では、SSDの寿命はどのぐらいなのかということを詳しく解説している。また、寿命を延ばすには何に意識を向ければいいのか。そういった多くの方が気になるSSDの疑問についてまとめた。

SSDの稼働時間(状態)を確認してみよう

SSDの寿命を知る前にもし時間があるのであればあなた自身が使用しているSSDの状態についてチェックしてみよう。ツールをダウンロードすれば誰でも簡単に知ることが可能だ。

Crystal Dew World公式サイトにいく

crystaldewworldtop1

好みのEditionをダウンロードする

crystaldewworld

Shizuka EditionやKurei Kei Editionはインターフェイスがよく人気がある。機能的にはどれも同じだ。

アプリケーションを起動する

ssd240-lifespan

電源投入時間や使用時間などを確認しておこう。内容については、次の項目で詳しく解説している。

SSDの寿命は3年から5年と考えておこう!

SSDの寿命はどのぐらいかというのは多くの方が気になるところだろう。結論から言うと、3年から5年だ。ちなみに、最低の3年はメーカーの一般的な保証期間で、TBMWから算出した寿命は5年となる。”TBW”(terabytes written)はどのぐらいのデータをストレージチップ内部の全てのセルに書き込めるのかを表している。

寿命は100TBW~200TB=PCをよく利用する方でも5年以上持つ

一般的に250GBのSSDなら100TBW程度、容量が上がって500GBになると200TBW程度となる。同じメーカーなら容量が多いほどTBWが増える傾向にある。これは保存領域を分散でき効率的になるためだ。100TBWがどのぐらい使うと達することができるのかと言うと、1年間毎日270GBのデータを書き込む場合だ。

つまり、毎日SSD(250GB)のデータを毎日空にしてから新しく入れるイメージとなる。現実的に考えて一年間毎日そのようなことをするのは不可能だろう。毎日よくパソコンを使用する方でかなり大きく見積もって1日当たり50GB程度だと言われている。これで5年以上(270TB÷50GB=5.4年)使い続けられる計算だ。

MTBF(mean time between failures)100万時間はあくまで目安

SSDのスペックを見るとTBW以外にもMTBFというものが示されていることがある。これは”平均故障間隔”とも言われ故障までどのぐらいの時間持つかということだ。一般的なSSDのMTBFは、100万時間程度となっている。ただし、これはあくまで参考程度の数値だと言える。

MTBFの算出方法によるものだ。100台のSSDを並べて10,000時間で1台のSSDが壊れた場合MTBF=100万時間となる。同じSSDで100万時間使用したことを想定していないことがあるというわけだ。他のメーカーとの比較に使うと良いだろう。数値が高ければそれだけ信頼性が高いということになる。

管理人の実際の稼働時間から分析

KINGSTON SA400S37/240G

ssd240-lifespan

私の使用しているSSDの一つがこのKINGSTON製240GBだ。公式サイトによると、書き込みバイト総数(TBW)は80TB、MTBFは100万時間となる。MTBFから平均的信頼できるSSDだとわかる。

TBW 80TBということは1日50GB書き込みをするとして、80,000 bytes(80TB)÷50=1,600日=4.38年だ。現時点で10,505時間使用しているのでおよそ1.2年相当ということでまだまだ使えるということがわかる。もちろんあくまでも参考だがこのように考えておけばデータ消失のリスク対策を行いやすいだろう。

Samsung SSD 840 Pro 128GB

ssd120-lifespan

このモデルは5年あるいは73TBMW(厳密に言えば一般用とでは期間のみ)となる。73,000 bytes(72TB)÷50=1,460日=4年だ。現時点で45,555時間使用しているので、およそ5.2年相当となり買い換えるタイミングだと言える。ここまで来れば買い換えることを前提に定期的にバックアップを取っておくのが好ましい。

SSDの寿命を伸ばす(長く使用する)ためにできること

寿命に関してはこれまで説明してきたとおりです。ここからは少しでも長く使用するための秘訣について解説していきます。

デフラグを実施しない

HDDでは一般的なデフラグは、SSDでは有効とは言えない。不必要なライティングと削除のプロセスがあるためSSDには害があるとさえ言われることもある。SSDは、全ての保存領域に同時にアクセスすることから断片化という概念自体が存在していない。少しでも長く使いたいのであればデフラグは行わないようにしたい。

高品質なSSDを選択する

SSDを選ぶ際にはできるだけ高品質なSSDを選択しよう。高品質とは、単純に有名ブランドのものを選択するというわけではなくTBWの数値が高いものを選択するということだ。スペック表を見れば数値が記載されているのでチェックしておこう。重要なのは他の製品の数値と比較して相対的に判断しよう。

また、できる限り容量の大きいSSDを選択するのも有効だ。同じメーカーのSSDなら容量が大きければ大きいほどTBWの数値が大きくなる傾向にある。単純に長く使用できるということだ。

複数のストレージを使用する

複数のストレージを使用するのも一つの方法です。一つ一つのSSDに掛かる負担を軽減することができるからだ。結果的に長く使用することができる。

靴も毎日同じものを履くよりもいくつかの靴を日替わりで履くほうが長持ちするのと同じ理屈だ。今はSSD価格も落ちてきていて都合が良い。ストレージの増設自体初心者でも簡単にできるのでぜひ試して欲しい。

当記事のまとめ

当記事では、SSDの寿命及びその確認方法、長持ちさせるための秘訣について紹介した。SSDの価格が下がり完成品のゲーミングPCの多くで採用されることになっている。SSDの寿命は、3年~5年程度と考えて良いだろう。これは各メーカーの製品ごとにTBWという数値で逆算できる。

それほどパソコンを使用しない方であればSSDに掛かる負担も小さく10年以上持つこともある。私自身もすでに5年以上使っているSSDもあるが、現役で通用している。想像しているよりも長持ちすると考えて良いだろう。HDDよりも年単位tで長持ちする印象を受ける。

それでもメーカーの保証が3年~5年程度となっていることもあり買い替えの目安にすると良い。日々SSDの状態をチェックして寿命が近いと感じたら定期的にバックアップを取るようにしておきたい。クラウドサービスなどを活用すれば気軽にバックアップを行える。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2019年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る