geforcegtx1050
当記事では、BTOパソコンに使われるパーツについて主にグラフィックボードに焦点を当てて解説している。BTOパソコンを取り扱うBTOメーカーでは使用しているパーツのメーカーを公表しないことが一般的だ。

BTOパソコンは、通常のメーカーのパソコンに比べて価格が安いため粗悪なパーツが使われているのではないかと疑問に思っている方もいるかもしれない。ここでは、その疑問の鍵となるBTOパソコンのホワイトボックスを解明していく。

安いBTOショップの中身は安物?

BTOショップの販売しているパソコンが安いのは、安物のパーツを使用しているからではないかと感じるユーザーもいるのではないだろうか。性能に関する部分は基本的に正規品である。ホワイトボックスに含まれるのは、電源・ストレージ・メモリ・配線・マザーボードの一部などが当てはまる。

CPUとグラフィックボードは自社で製作しているBTOショップは存在しないと考えてよい。ドスパラが採用することの多いPalitは国内独占契約をしているからだと推察される。ドスパラ・G-tune・パソコン工房・フロンティアなどのBTOショップが多くあるが、パソコンの中身に関してはどこが優れている、どこが劣っているということはほとんどない。ホワイトボックスは自社で製作…というよりは海外で安価で仕入れているものが多く、ショップとメーカーのコラボ製品に近い。

ホワイトボックスとは
ホワイトボックスとは、BTOメーカーが独自に製造・販売しているパソコンのことを指す。使用するパーツについてはショップやモデルごとに異なる。市販されているものを流用したり、ショップオリジナルブランドのものを使用したりと様々だ。

価格を抑えるためにオリジナルのものが採用されることが多い。型番がはっきりしていないこともあるため不安に思ってしまう方もいるかもしれないが、基本的に粗悪な品はないと考えて良い。

安いことへの不安は仕方がない

「安物買いの銭失い」という言葉があるように、人は安いほどありがたく思う反面不安になる。逆に割高であれば「高いけど安心」という間違った認識を持ってしまう。BTOは安くても安心と言い切るつもりはないが、粗悪品を販売するショップはほとんどない。中にはコスパの面でおすすめできないモデルも存在するが、それは品質での話ではない。

品質に自信を持っているG-tuneとドスパラだけではなく、全面に押し出していないパソコン工房とフロンティアでもそれは同じだ。今や高品質というのは当たり前であり、それが無ければ会社が傾くほどであるため水準は高くなっている。10年くらい前はドスパラの電源が壊れやすいと言われていたが、今はかなり安定している。

安いことは企業努力であり手抜きではない。安価な製品は性能や構成もそれなりであることも多く、頻繁にセールを行うドスパラやフロンティアは時期によっては信じられない価格になっていることもある。特にフロンティアに関しては、販売台数限定のセールも多いため、安価な印象はそれなりに強い。

安いから品質がダメ、高いから品質が良いというのは誤りである。全てのメーカー品を定期的に入手し、中身を開けて見れば分かることだが、一般的にそれは難しい。買った製品が微妙であれば印象が悪くなり、問題が無ければ印象は少し上がる。多くの製品を見てきて思うが、どのモデルも品質に関しては高い水準を誇っている。

価格が上下する主な理由は外国であれば円安・円高の影響だ。もしくは、旧製品と新製品のように価格に差をつけて旧製品を売り切るためか…。

グラフィックボードのメーカーは記載されていない

gtunesiyou
BTOパソコンの多くは、グラフィックボードのメーカーを記載していないものが多い。例えば、G-Tuneの場合グラフィックスの項目には「GeForce® RTX 2070 SUPER」とだけ書かれている。これは、メーカーが固定されていないからであり、グラフィックボードを自社で用意しているわけではないことを理解して欲しい。

基本的にホワイトボックスとなるパーツにグラフィックボードは含まれていない。つまり、グラフィックボードにはショップオリジナルの製品というものはない。メーカーが記載されていないグラフィックボードはリファレンスモデル(RTX 20シリーズからはFounders Edition)である。これはあくまでも純正で改造などが行われていない標準のグラフィックボードだ。

参考までにCPUファンについてはオリジナルサイドフローCPUクーラーが搭載されていることが明記されている。これはショップオリジナルのパーツでいわゆるホワイトボックスに該当する。

リファレンスモデルとメーカー品

rtx2070supermsi

リファレンスモデルは何の変更も加えられておらず、最も信頼性が高いモデルとも取れる。このリファレンスモデルはメーカーからも登場しているが、メーカーロゴが記載されていないことが多い。中には壊れやすい・壊れにくいという意見もあるが、用途と運次第なのが実情だろう。少し前まではグラフィックボードの寿命は2年~3年とも言われていたが、パーツ寿命というよりも性能面の寿命というのが今の解釈だ。

BTOメーカーに採用されることの多いリファレンスモデルの対照がメーカー品(ベンダー製)だ。メーカー品の中にはOC(オーバークロック)で性能を引き上げていたり、ツインファン・トリプルファンなど独自のファンを搭載していたりとこだわりが見られる。

各BTOメーカーのパソコン内部をみてみよう!

G-Tuneの「NEXTGEAR-MICRO im610BA1-TV」及びドスパラの「GALLERIA ZK」を参考にしている。

マザーボードはASROCK(G-Tune)

NEXTGEAR-MICRO im610BA1-TV
マザーボードはASROCK製のものを採用している。

マザーボード&グラボ(G-Tune)

nextgearmodel
マザーボードとグラフィックボードともにMSIである。メーカーを記載していないのは変更の可能性があるからだと判断できる。為替や仕入れ状況などによる変動を受ける。

マザーボード&グラボ(ドスパラ)

galleria zk
これはGALLERIA ZKの中身だ。マザーボードはASUS製でグラフィックボードはリファレンスモデルとなっている。マザーボードについてはホワイトボックスでその多くはショップで販売されていない。

ASUS製のマザーボードだが、一般ユーザーが単体で手に入れることは不可能だ。いわば、このショップ限定モデルに近い。生産したものが100%販売できる状況ということもあってメーカーは安心して生産数を増やせる。大量注文をすることで価格を抑える形だ。

メモリや電源も品質に問題なし

メモリは生涯保証も多く、壊れにくいことに関しては随一のパーツである。電源に関しても、80PLUSの規格が当然となった今そこまで悪影響を与えることはないはずだ。

当記事のまとめ

グラフィックボードのメーカーに「無名」は存在しない。BTOパソコンに採用されるグラフィックボードの多くはリファレンスモデルであり、製品に関しては何の問題もない。品質を追求するのであれば自作が良いが、当然価格は跳ね上がってしまう。

大手のBTOショップでは無名となるものや、安価な粗悪品を搭載したモデルは存在しない。それこそ、SNSの普及などにより、今はすぐにバレるような悪事は何のプラスにもならない。ただ、そういった努力や工夫がユーザーに伝わっていないというのは、ショップ側に落ち度がありそうだ。

知識の少ない初心者は勘違いや不安になってしまうだろう。ゲーミングPCの詳細にメーカーが記載されていないのはショップ側の問題であり、ユーザーに主だった悪影響はない。メーカーを統一したい!という気持ちがあれば、少しは害があるのかもしれないが…。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!