ryzen4000seriesAMDが、1月6日に開催された「CES 2020」においてノート向け第三世代Ryzen 4000シリーズ「Ryzen 7 4800H」と「Ryzen 5 4600H」の発表を行いました。Radeon RX 5600XTと合わせて多くのゲーマーの方を魅力したと言えます。

第二世代からノートパソコンのラインナップも増えてきています。デスクトップだけではなくノート向けのCPUとして確固たる地位を築いてきました。ユーザーからすると選択肢が増えて嬉しいですね。

CESって何のこと!?

毎年1月にラスベガスで開催されるイベントです。「Consumer Electronics Show(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)」の略で電子機器に関するショーのことです。AMD以外にもIntel、NVIDIAなど著名な企業が重要な発表を行う場として注目されています。このイベントのためにラスベガスを訪れる個人の方も増えているようです。

「Ryzen 7 4800H」「Ryzen 5 4600H」のスペック

 コア/スレッドクロック周波数(ブースト)グラフィックスTDP
7 4800H8/162.9 GHz(4.2 GHz)Radeon45W
5 4600H6/123.0 GHz(4.0 GHz)Radeon45W
i7-9750H6/122.6 GHz(4.5 GHz)UHD 63045W
i5-9300H4/82.4 GHz(4.1 GHz)UHD 63045W

第3世代Ryzenシリーズのゲーミング向け(クリエイター向け)のCPU二つのスペックをまとめています。Ryzen 7 4800Hが最上位でIntelの競合はCore i7-9750H、Ryzen 5 4600Hの競合はCore i5-9300Hとなります。Ryzenシリーズのスペックで注目すべきはコア及びスレッド数の多さです。

特に、Ryzen 7 4800Hはノート向けとしては珍しい8コア16スレッドとマルチスレッド性能が高くなっています。これだけコアが上がればノート向けCPUとは言ってもパフォーマンスに期待ができます。Ryzen 5 4600Hでも6コア12スレッドとIntelの競合よりも多くなっています。いずれにしても消費電力は45Wに抑えられていて技術の進歩が見られます。

Ryzen 4000シリーズの特徴とAMDの発表内容まとめ

デスクトップ向けCPU「Core i7-9700K」を超える性能!?

ryzengamingperformance画像引用元:https://www.digitaltrends.com/

AMDによると、デスクトップ向けの「Core i7-9700K」よりもゲーミングパフォーマンスが高いということです。当然Core i7-9750Hよりも高いですね。実際のゲーム環境でプレイするまではわかりませんが、かなり期待できる数値だと思います。もはやノート向けCPUという括りも不要になるかもしれません。

Intelの一歩先!7nmプロセス採用のモバイル向けCPU

Ryzen 4000シリーズでは最新の7nmプロセスを採用しています。14nm→12nm→10nm→7nmと着実に縮小化されています。プロセスが小さくなればその分性能が高くなると考えて良いでしょう。省電力性も高くなるというメリットがあります。

Intelは第十世代のIce Lakeでもいまだに10nmプロセスを採用していて7nmまでは見ていません。Intelはプロセスにそれほど興味がなくそれよりも良いグラフィックスとコアなどに注力していると言えます。もっともRyzen 4000シリーズではグラフィックス性能もコア数も引き上げられています。

CPU内蔵グラフィックスの性能も向上

Ryzen 4000シリーズではCPU内蔵グラフィックスにRadeonを採用しています。単体でゲームをプレイするのはまだまだ厳しいですが、従来モデルと比べてパフォーマンスが向上しています。負荷の軽い3D処理なら十分こなせます。Intel Ice LakeのIris Plus Graphicsよりも性能が高いです。

補足:省電力「U」モデルもIntel Ice Lakeを超える性能を持つ

ryzen4000seriesu画像引用元:https://www.digitaltrends.com/

省電力モデル(15W)のRyzen 4000シリーズも高い性能を持っています。Ryzen 7 4800Uは、Intel Core i7-1065G7よりもシングルスレッドで4%、マルチスレッド性能は90%高いです。また、グラフィックス性能は28%高くなっています。ハイクラスのHシリーズだけでなくUシリーズも魅力的ですね。

Uシリーズスペック

 コア/スレッドクロック周波数(ブースト)グラフィックスTDP
7 4800U8/161.8GHz(4.2GHz)8コア15W
7 4700U8/82.0GHz(4.1GHz)7コア15W
5 4600U6/122.1GHz(4.0GHz)6コア15W
5 4500U6/62.3GHz(4.0GHz)6コア15W
3 4300U4/42.7GHz(3.7GHz)5コア15W
i7-1065G74/81.3GHz(3.9GHz)Iris Plus25W

Uシリーズのスペックをまとめています。Ryzen 7 4800Uは驚くべきことに8コア16スレッドと非常に高性能です。競合のCore i7-1065G7が4コア8スレッドであることを考えるとどれだけすごいかがわかります。グラフィックスコアも8コアと高いです。

IntelのIris Plusと純粋にスペックを比較することは難しいですが、上回っていることは間違いないでしょう。Ryzen 5 4600Uでも6コア12スレッドで明らかにIntelよりもスペックが高いです。実際のPC環境でそのままのスペックを発揮できるか現時点ではわかりません。それでも期待できますね。

CPU単体ではなくノートパソコン全体で性能が決まる

これまでゲーミングノートPC向けRyzen 4000シリーズに焦点を当てて紹介しました。Ryzen 4000シリーズは7nmプロセスを採用し性能面で魅力的な製品です。また、Radeonを搭載しグラフィックス性能にも磨きが掛かっています。ただし、単体でCPUの性能を比較すると実際の性能とかけ離れてしまう可能性があります。

CPUを搭載したノートパソコン全体を見たり、どの程度ノートパソコンがそのCPUに最適化されているかを見たりすることなしにどちらのCPUが優れているというのは難しいということです。また、一般的なノートとゲーミングノートPCを比較するべきではないかもしれません。当然大きくて重いゲーミングノートPCの方が冷却性能が高くポテンシャルが高くなり結果的にCPUの性能を引き出しやすくなるからです。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2020年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る

参考記事

動画