Alloy originstop画像引用元:https://www.hyperxgaming.com/

Kingston Technologyのゲーミングブランド「HyperX」より、新たなゲーミングキーボードAlloy originsが登場しました。RGB対応で輝くキーボードはゲーミングとしての存在感もばっちりです。

Alloy Originsの基本スペック

スイッチHyper X REDスイッチ
バックライトRGB(16,777,216色)
メモリ3プロファイル
接続タイプUSB Type-C,TypeA
ケーブル取り外し可能な布巻き1.8m

独自のスイッチであるHyper X REDスイッチはCherryの赤軸に近いような軽いタッチと小気味良い打鍵感が特徴です。本体側にUSB Type-C、パソコン側をTypeAで接続するので取り外しができます。持ち運ぶことがあってもケーブルが邪魔にならないのは良いですね。この仕様は差し詰めプロ仕様と言ったところでしょうか。

Alloy Originsの特徴&強み

3段階に調節可能なキーボードの傾斜角

Alloy Origins-1画像引用元:https://www.hyperxgaming.com/

個人的にこの機能がシンプルながら一番重要だと考えています。多くのキーボードは脚を出すか出さないの2択です。Alloy Originsは特徴的な脚をしていて3段階を実現しています。椅子や机の高さによっては2段階では対応できないので、環境を変えずにキーボードの高さを標準で変更できるのは嬉しいことですね。

100%アンチゴースト対応で安心の操作性

アンチゴーストは複数キーを同時に押下した際の誤入力を防ぐ機能となります。押したはずのキーが反応しなかったり、別のキーが反応したり、操作を大きく妨害してしまうものを排除してくれる機能です。あって当然と思われがちですが、意外と搭載していないゲーミングキーボードも多いので注意が必要ですね。

専用のソフトウェアで細かな設定が可能!

Alloy Origins-2画像引用元:https://www.hyperxgaming.com/

キー一つ一つの光り方、ゲーム中に反応しないようにするキーを決めるゲームモードの設定など、細かくキーボードをカスタマイズすることができます。今の自分の環境に近づけることはもちろん、今までと違い自分好みの仕様にすることもできます。マクロキーの設定もできるのでRPG系のプレイヤーにもありがたい機能が満載です。

3つの設定を保存できるプロファイル

自宅用と外出先用など、カスタムライトショーを保存できます!上手くいかなかったときや気分を変えたいときに素早く切り替えられます。意外とゲームをプレイしているときはモチベーションの維持や気分転換が難しかったりするので、小さなことかもしれませんが場面によっては大きなことですね。

待ち望まれたテンキーレスモデル

フルキーボードは以前から販売されており、その機能性と利便性からテンキーレスのコンパクトなモデルを待つ声が多くありました。その期待に応える待望のテンキーレスモデルは、正直圧倒的に優れているわけではありません。キーボード自体は今となっては平凡な部分も多く持ち合わせています。

ただ、細かい部分で差別化を図り、他に無いキーボードとなり人気を博しています。例えばアルミ製の本体は本体自身の耐久性を高め、激しい操作にも安定感をもたらしてくれます。メカニカルスイッチ採用のゲーミングキーボードを探しているなら、海外では特に評価の高いHyperX製のAlloy Originsを検討してみても良いのではないでしょうか。

サイトのトップに戻る