cputoha
Intel 14nmプロセスのCPU不足が深刻な状況が続いています。現時点で国内のBTOメーカーでは大きな影響は見られませんが、今後CPUの単体価格が上がったり品薄状態になったりする可能性は大いにあるでしょう。現時点でCPUの購入を考えている方は今後の動きを考えてみると良いですね。

Intel製CPUの供給不足になった要因は?

Intel製CPUの品薄状況が深刻な状況です。ただし、2019年3月14日時点で一般ユーザーまで影響を受けることはないでしょう。まずはBTOメーカーが影響を受けることになります。

DIGITIMESによると、2019年の第二四半期にはさらに悪化すると言われています。品薄になった要因としては下記のようなものが挙げられます。昨年末はマイニング需要による影響が大きいですが、今回は少し異なります。

ノートパソコンの需要がピークを迎えたから

Chromebookなどのノートパソコンの販売のピークを迎えたことが要因となっています。特にノートパソコンにおいては、Core i5やPentiumなどロークラスのCPUが主流でドミノ効果によって供給不足に陥りました。パソコン業界的にデスクトップパソコンよりもノートパソコンの方が売れているため影響が大きいと言えます。

IntelがハイクラスのCPU生産に力を入れたから

今はIntelがCore i7、Core i9、Xeonなどの利益率の高い製品の生産に注力しています。結果的に生産に力を入れていなかったロークラスのCore i5、Pentium、Athlonなどのチップが不足傾向にあります。特にCore i5シリーズはゲーミングPCにおいても人気のCPUのため今後が心配ですね。ただ、次の見通しで書いているとおりしばらくすると改善すると考えられています。

今後のIntel製CPU供給の見通し

当然Intelとしても売上低下につながってしまうため対策を講じることになります。現在Intelは、とにかくCPUの生産能力を高めるためにいくつかの製造工場(オレゴン州、イスラエル、アイルランド)に対して数十億ドル単位での投資を行っているということです。DIGITIMESの予測によると、Intel全体の生産能力が25%上がり生産難は終了に向かい2019年の中盤以降に供給量が追いつくということです。

また、Intel製CPUの供給不足の間に棚ぼた的にAMD製CPUのシェアが上昇しています。2019年の第一四半期にシェアが大きく向上。また、AMDは初めてChromebook向けのCPUとして新しいBristol RidgeのA-Seriesプロセッサーの発売を発表しました。第二四半期によりシェアを獲得しておきたいという思惑があります。ハイエンド向けにもH-Seriesの発売も予定されています。

CPUの供給不足がゲーミングPC販売に与える影響

CPUが供給不足に陥ったとしてすぐにゲーミングPC価格に影響を与えるという可能性は低いでしょう。2018年10月のCPUの供給不足時にCPUの単体価格は上がりました。しかし、ゲーミングPCの価格については据え置きで影響を受けませんでした。ただし、品薄状態になり納期が延びてしまう可能性はあります。

BTOメーカーのストームによると入荷量が少し増えているということです。他のショップについてはわからないものの現時点で供給不足の影響を受けているようには感じません。

その他参照外部サイト

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2019年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ゲーミングノートPCおすすめランキング【2019年最新】

イチオシのゲーミングノートPCを紹介している。外出先でもゲームを楽しみたいという方はぜひ参考にしてほしい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る