intel10th画像引用元:https://www.intel.co.jp

注目のintel製CPU「Comet Lake」の詳細スペックが2019年8月21日に発表されました。発表されたCore i7-10710UはTDP15WのCPUの中で初となる6コア12スレッドに対応しています。省電力化が重要なテーマで進んできたmobile向けCPUはここに来て大きな変化が訪れたようですね。

第10世代mobile向け「Comet Lake」のスペック情報

型番Core i7-10710UCore i7-10510UCore i5-10210UCore i3-10110U
コードネームComet LakeComet LakeComet LakeComet Lake
製造プロセス14nm14nm14nm14nm
コア/スレッド6/124/84/82/4
定格クロック1.1GHz1.8GHz1.6GHz2.1GHz
最大クロック(1コア)4.7GHz4.9GHz4.2GHz4.1GHz
最大クロック(全コア)3.9GHz4.3GHz3.9GHz3.7GHz
L3キャッシュ12MB8MB6MB4MB
メモリコントローラーLPDDR4X-2933
LPDDR3-2133
DDR4-2666
LPDDR4X-2933
LPDDR3-2133
DDR4-2666
LPDDR4X-2933
LPDDR3-2133
DDR4-2666
LPDDR4X-2933
LPDDR3-2133
DDR4-2666
内蔵GPUUHD GraphicsUHD GraphicsUHD GraphicsUHD Graphics
TDP15W15W15W15W
型番Core i7-10510YCore i5-10310YCore i5-10210YCore i3-10110Y
コードネームComet LakeComet LakeComet LakeComet Lake
製造プロセス14nm14nm14nm14nm
コア/スレッド4/84/84/82/4
定格クロック1.2GHz1.1GHz1GHz1GHz
最大クロック(1コア)4.5GHz4.1GHz4GHz4GHz
最大クロック(全コア)3.2GHz2.8GHz2.7GHz3.7GHz
L3キャッシュ8MB8MB8MB4MB
メモリコントローラーLPDDR3-2133LPDDR3-2133LPDDR3-2133LPDDR3-2133
内蔵GPUUHD GraphicsUHD GraphicsUHD GraphicsUHD Graphics
TDP7W7W7W7W

データ引用元:https://www.intel.co.jp/

Comet Lakeは第10世代という新世代を看板にしています。製造プロセッサはIce Lakeの10nmではなく第8世代のKaby Lakeや第9世代のCoffee Lakeと同じ14nmとなっています。製造プロセッサについては新しいわけではありません。

さらに、内蔵グラフィックは第8世代のKaby Lakeと同じであることからComet Lakeは全く新しいCPUというよりもKaby Lake Refreshの省電力版に近いと考えた方が良さそうですね。それでも、6コア12スレッドはComet Lake最大の魅力となっています。また、Wi-Fi 6(IEEE802.11ax)対応、Thunderbolt 3対応という部分もまた新しい要素です。

Wi-Fi 6とは

現在最新のWi-Fi規格は「802.11ac」です。5GHzの周波数帯、最大データ伝送レートは3.5bpsとなっています。新規格の「802.11ax」では、2.4GHz,5GHzの周波数帯、最大データ伝送レートは9.6bpsにまでアップします。

簡単に言えば接続が安定して速くなります。更に繋がりやすくなるだけでなく、消費電力が少なくなるような改善がされています。スマートフォン、ノートパソコンなど常時接続の端末では嬉しい恩恵ですね。

Thunderbolt 3とは

Thunderbolt 3は、USB Type Cのポートの一つというべきでしょうか。USB Type Cは接続方式の一つで、Thunderbolt 3はThunderboltのmodeに対応したUSB Type Cです。接続先に影響されず、高速で転送できるUSB Type Cの中の規格です。USB Type Cポートと比べて、USB 3.1 Gen1,2など対応できる規格が多く利便性が高いですね。

2種類の第10世代。末尾「U」と「Y」

同じi7でも「i7-10510U」と「i7-10510Y」のように末尾だけ違うCPUがあります。今回発表されたComet Lakeには末尾UとYがあります。端的に言えばTDP 15Wが末尾「U」、TDP 7Wの省電力モデルが末尾「Y」ということになります。機能面でも多少の差はあります。

しかし、一番の大きさはその消費電力を抑えることで性能も抑えられているとことでしょう。デスクトップ向けCPUの無印と末尾「T」のような関係だと思えばわかりやすいでしょうか。

Comet Lake最大の特徴は6コア12スレッド対応CPUということです。しかし、それに対応しているのはi7-10710Uのみとなっています。それ以外の製品はこれまでと比べて性能面で大きな変化があるようには見えません。一歩進化した姿をお披露目することが重要なのでしょう。

新しくなったCPU命名ルール

10th-Gen-Comet-Lake画像引用元:https://www.laptopmag.com/

新しくなったことでややこしくなった感じがしますね。i7の後ろに5桁の番号+アルファベットはシンプルとは言いにくく、わかりにくくなったような気がします。モバイル向けのCPUはデスクトップ版とはまた違ったルールが適用されるので混合しないようにしましょう。

いっそのこと、第10世代で一番性能が高い!ということが見た目でわかりやすいように「i7-10NO1」とかにしてくれるといいのに…そういうわけにはいかないですよね。ユーザーにとって分かりにくい型番は辞めてほしいところです。

Comet Lakeの可能性から見る今後

また一つ新しいことに挑戦し、一歩を踏み出したCPU。Comet Lakeはモバイル端末等に採用されるCPUの中で頭一つ性能が抜き出ています。今までデスクトップやノートパソコンでしか効率的にできなかった作業が、コンパクトな端末で行えるようになる可能性を提示しました。

ゲームや高度な作業に対して適正を持っていなかったCPUから、今のノートパソコンやデスクトップパソコンに並ぶ性能を持つCPUとなれば、いよいよ時代は動き出しそうです。今やデスクトップパソコンよりスマホやタブレットが主流ですから、時代の波に乗ったといったところでしょうか。もっとも、タブレットやスマートフォンにこれらが搭載されるのはまだ少し先で、まずは薄型やモバイルノートに革命を起こそうというもの。

性能は控えめでコンパクトが魅力の薄型ノートやモバイルノートは、その弱点を克服することが可能となりました。数年先には外出時に持ち出すパソコンの大きさが薄く小さくなっていくことでしょう。高性能なパソコンでしか処理しきれなかった作業が、外出時に持ち出す薄く小さなパソコンで出来るようになれば…。いやきっとそれはもう目の前まできているのでしょう。

サイトのトップに戻る