AERO 15 KB-7JP1130SH


当記事では、AERO 15 KB-7JP1130SHの評判とレビューをまとめている。今回GIGABYTE様よりお貸し出しの機会を得た。RTX 2060 Mobile×i7-10750H搭載のミドルクラスのクリエイター向けのノートパソコンだ。

もちろんグラフィックボードを搭載していることからゲーミングノートとしても通用する。第10世代の最新CPUのCore i7-10750Hを搭載していて注目したい。見た目的にはオーソドックスなスタイルを採用していて使う場所を選ばない。

各タイトルの対応表

SEKIROPUBG黒い砂漠FF14Fortnite
sekiro
★★★★☆(対応)
★☆☆☆☆(4K)
pubg
★★★★☆(対応)
★☆☆☆☆(4K)
kurosabakutop
★★★★☆(対応)
★★☆☆☆(4K)
ff14suisyou
★★★★★(対応)
★★★☆☆(4K)
fortnite
★★★★★(対応)
★★☆☆☆(4K)
★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

AERO 15 KB-7JP1130SHは、FULL HD環境でのゲームプレイに最適なモデルだ。ほとんどのタイトルで高設定でプレイすることができる。現行モデルとしては標準的な性能となっている。一方で、高解像度への対応力は低いので注意して欲しい。また、機能としては備わっているもののレイトレーシングやDLSSを思う存分に堪能できるわけではない。

AERO 15 KB-7JP1130SHのスペック

AERO 15 KB-7JP1130SH

ブランド名GIGABYTE
製品名AERO 15 KB-7JP1130SH
液晶サイズ15.6インチ 144Hz
重量約2.0kg
価格Windows 10 / 219,780円(税込)
199,800円(税抜)
CPUCore i7-10750H
グラフィックボードGeForce RTX 2060
メモリDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GB
HDD非搭載

>>>AERO 15 KB-7JP1130SHを購入する<<<

AERO 15 KB-7JP1130SHのゲーミング性能

GeForce RTX 2060 Mobile(グラフィックボード)

GALLERIA GCR2060RGF-E-rtx2060mobile

RTX 2060 Mobileは、ノート向けのグラフィックボードとして標準的な性能を持っている。FULL HD環境でのゲームプレイを得意としている。設定を調整すれば最新のタイトルにも対応しやすい。

売れ筋モデルであるGTX 1660 Tiよりもワンランク高い性能+レイトレーシング・DLSS機能が手に入る。なお、デスクトップ向けのRTX 2060とは性能が異なるので注意して欲しい。消費電力を抑えるためクロック周波数が抑えられいてパフォーマンスは落ちる。

Core i7-10750H(CPU)

i7-10750hseinou

Core i7-10750Hは、最新の第10世代CPUとなっている。前世代のCore i7-9750Hがゲーミングノート向けCPUとして主流だったことを考えるとCore i7-10750Hもその立ち位置を引き継ぐことになるはずだ。

Core i7-9750Hと比べて10%程度パフォーマンスが向上している。下位のCore i5-10300Hと比べるとその差は歴然だ。できればCore i7-10750Hを基準としたCPU選びをしたい。

>>>AERO 15 KB-7JP1130SHを購入する<<<

AERO 15 KB-7JP1130SHの概要

クリエイター向けの高性能液晶モニターを搭載

AERO 15 KB-7JP1130SHは、高性能液晶モニターを搭載しているのが強みだ。15.6インチの144HzフルHD液晶を採用でX-Rite Pantone認証取得でより優れた色精度を実現した。色の再現性が高く満足度の高い仕上がりになっている。PhotoshopやIllustratorなど色に関するアプリケーションを使う予定のある方はぜひチェックして欲しい。

また、上部と側面の3面が3mmの薄型ベゼルで視認性が高いのも魅力となっている。スリムベゼルについては国内のBTOメーカーでも主流で時代の流れに沿ったデザインだ。X-Rite Pantone認証と合わせて液晶モニターには相応のコストが掛かっていると考えて良いだろう。

海外モデルとしては価格は控え目でおすすめしやすい

海外メーカーのゲーミングノートPCとしては価格が抑えられているのは高評価だ。もちろん国内メーカーのモデルと比べると価格面での優位性はない。それでもゲーミングノートのプロフェッショナルが提供する最高品質のモデルが税抜20万円で購入できるなら悪くない。

ワンランク上の液晶モニター、ミドルクラスのゲーミング性能、優れた冷却システムと必要十分だろう。負荷の掛かる場面でのゲームプレイをする機会が多い方は必見だ。メモリ16GB、SSD 512GB NVMe対応とクリエイターの方からゲーマーの方まで幅広く対応することができる。

デザイン性が高く持ち運びしたくなるノート

デザイン性が高くグラフィックボード搭載モデルとしては比較的軽いのも魅力だ。アルミを採用した落ち着いたデザインで使用する場所を選ばない。ゲーミングノートPCとして購入したとしてもゲーミングノートPCらしさはなく使い勝手も良好だ。

カフェやコワーキングスペースなどでの作業も快適だ。ただし、極端に静かな場所でゲームをするとなるとややファンの音が気になってしまうかもしれない。負荷が掛かるとファンの音が大きくなる点は注意して欲しい。本体は2kgと一般的なノートパソコンとほとんどかわらない重量で持ち運びがしやすい。

>>>AERO 15 KB-7JP1130SHを購入する<<<

AERO 15 KB-7JP1130SHのケースレビュー

本体正面

AERO 15 KB-7JP1130SH-syoumen本体自体はオーソドックスなスタイルを取っている。ブラックを基調としていてTHEパソコンと言えるだろう。スリムベゼルモニター採用で見た目もすっきりした印象を受ける。

左側面

AERO 15 KB-7JP1130SH-left左側面にはHDMI 2.0×1、DP×1、USB 3.2×1、ヘッドフォン端子、LANポートが配置されている。豊富なインターフェイスで使い勝手が良い。

右側面

AERO 15 KB-7JP1130SH-right右側面にはUSB 3.2×2、Thunderbolt 3×1、SDカードリーダー×1、電源端子×1が配置されている。

キーボード

AERO 15 KB-7JP1130SH-keyboard英字キーボードを採用している。慣れていないとやや使いづらく感じてしまうかもしれない。その他は標準的なキーボードとなっている。

奥側

AERO 15 KB-7JP1130SH-fan本体の奥側には排気口が設けられている。本体内部に熱がこもらない工夫が見える。

裏面

AERO 15 KB-7JP1130SH-back裏面にも大きな排気口がある。本体にはWINDFORCE Infinity冷却システムが採用されていてしっかりと熱対策が行われている。2機のファン、5本のヒートパイプによって従来比30%の冷却効果アップとなった。

>>>AERO 15 KB-7JP1130SHを購入する<<<

各種ベンチマーク一覧

Cinebench R20

AERO 15 KB-7JP1130SH-cinebenchr20

Core i7-10750Hは、ゲーミングノート向けCPUとして基準となる性能を持つ。前世代のCore i7-9750Hと比較して10%程度スコアが伸びている。ゲーミングノートPCではCPU性能がボトルネックとなってしまうことが多くCPU性能は高いに越したことはない。一方で、発熱や価格の問題もあってCore i7-10750Hは選びやすいと言える。

3DMARK Time Spy

AERO 15 KB-7JP1130SH-timespy

GTX 1660 Ti搭載モデルと比べると8%程度スコアが伸びている。デスクトップ向けのRTX 2060と比べると25%程度低くなっている。それはCPU性能や熱によるパフォーマンス低下が影響してそうだ。

3DMARK FireStrike

AERO 15 KB-7JP1130SH-firestrike

GTX 1660 Ti搭載モデルより10%程度スコアが高い。デスクトップ向けモデルと比べるとやはり25%程度低くなってしまう。

FF15

AERO 15 KB-7JP1130SH-ff15

”快適”に使用できる水準だ。FULL HD環境ならある程度対応することができる。ただし、安定したゲームプレイを考えるなら設定を調整した方が良い。

FF14

AERO 15 KB-7JP1130SH-ff14

デスクトップ向けのRTX 2060と比べると15%程度スコアが低い。CPU性能及び熱による問題だろう。

管理人による総評(AERO 15 KB-7JP1130SH)

AERO 15 KB-7JP1130SH

RTX 2060 Mobile×Core i7-10750H搭載のゲーミングノートPCだ。FULL HD環境でのゲームプレイを考えている方に最適だ。クリエイターの方向けモデルだが、ゲーミングPCとしても使うことができる。ウルトラベゼル液晶モニターを搭載していて視認性が高い。144Hz対応で滑らかなゲーム描写が可能となる。メモリ16GB、SSD 512GB NVMe対応と構成も十分だろう。

価格CPUグラボ
199,800円Core i7-10750HRTX2060
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

GIGABYTE(ギガバイト)の評判まとめ【2020年】

AERO 15 KB-7JP1130SHを販売しているGIGABYTEの評判をまとめている。台湾のパソコン及び周辺機器メーカーで世界的にも知名度が高い。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya

サイトのトップに戻る