G-Tune PM-Atop


当記事では、G-Tune PM-Aの評判とレビューをまとめている。税抜7万円台という低価格が特徴のゲーミングPCだ。どのぐらいゲームで通用するのか気になっている方は多いだろう。

グラフィックボードがGTX 1650→GTX 1650 SUPERに、CPUがRyzen 5 3600→Ryzen 5 3500へとリニューアルされている。この変化がどのような影響を与えているのかを見ていく。

G-Tune PM-Aのスペック

nextgear-micronew

ブランド名G-Tune
製品名PM-A
価格Windows 10 / 79,800円
CPURyzen 5 3500
グラフィックボードGeForce GTX 1650 SUPER
メモリDDR4-2400 8GB
SSD256GB NVMe対応
HDD1TB
電源500W BRONZE
マザーボードチップセットB450
コスパ★★★★★★★★☆☆7.8

>>>G-Tune PM-Aを購入する<<<

各タイトルの対応表

X4:FoundationsPUBG黒い砂漠FF14Fortnite
X4Foundations
★★☆☆☆
pubg
★★☆☆☆
kurosabakutop
★★★☆☆
ff14suisyou
★★★☆☆
fortnite
★★★★☆

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

G-Tune PM-Aのゲーミング性能

G-Tune PM-Aseinou

G-Tune PM-Aは性能が低い。最高設定でフォートナイトを遊ぶこともままならない。ただ、快適の基準は人それぞれである。60fpsでの安定はあるので最低限というところだ。もっとも、ゲームジャンル的に最高設定でプレイするメリットは薄い。G-Tune PM-Aは最低設定でも動作が快適であれば許容できるユーザー向けのモデルだ。価格的にも性能的にもエントリークラスである。

CPU、GPUともに控えめの性能だ。最新のゲームを広くプレイするつもりなら、性能的に適切とは言えない。既存のゲームでも推奨環境を満たせないゲームも多い。そのため、比較的ライトなゲームや基本無料系のゲームを中心にしたゲーマーに適している。

現在のゲーム事情から、最低限必要な性能を持つゲーミングPCだ。価格だけを見ずに選ばなくてはならないので、初心者向けのモデルではない。この性能でできることを熟知していなければ、理想のゲーム環境は構築し辛いだろう。Ryzen 5 3500はゲーム以外でのCPU性能が優秀だ。ゲーム以外の用途での使用も考えているなら、価格以上の価値はありそうだ。

G-Tune PM-Aの特徴&強み

コスパが高く低価格の強い味方になる

G-Tune PM-Aの魅力は何と言っても税込み10万円を下回る価格にある。それでいて、中途半端なゲーミング性能ではなく最低限+αの性能を持っている。以前はRyzen 5 3600を搭載し、GTX 1650 と組み合わせていた。ゲーミングPCでは最低限とも言える構成だ。

従来と比べてCPU性能が一つ下がり、GPU性能が一つ上がった。総合的な評価は変わらない。しかし、GPU性能が上がったことで、ゲームへの対応力は以前より高くなったと言える。低価格帯にしては実用性の高い性能だ。ただし、あくまでも低価格帯の枠内での話だ。ミドルクラスよりも下回る性能は、ゲーミングPC全体では低い。分をわきまえればコストパフォーマンスに優れるモデルになる。

G-Tune製品の多くは価格が高めに設定されている。そしてキャンペーンによる値引きで適正価格に下がる。そんな中でG-Tune PM-AなどのRyzen搭載モデルはキャンペーンなしで適正価格だ。むしろ、適正価格よりも少し安く設定されているので、G-Tune製品の人気モデルの多くはRyzen搭載モデルである。低価格帯ではG-Tune PM-Aが最も人気だ。

G-TuneでゲーミングPCを購入するなら、まずはRyzen搭載モデルからチェックしたい。あとは予算に合わせて性能を選ぶだけなので親切な設計である。G-Tune PM-Aは予算を抑えたゲーミングPC選びの候補に入るモデルだ。

低価格帯モデルの変化で苦境になっている

税抜79,800円という低価格がG-Tune PM-Aの強みだ。本来ならおすすめしたモデルであるが、Intel第10世代登場の前後から低価格帯のモデルに変化が訪れた。これまで低価格のモデルは低性能であることが常だった。そこにミドルクラスと同等のモデルが紛れだした。詳しくは比較対象モデルをチェックして欲しい。

性能を抑えて価格も抑えるという常識を覆し、性能を上げて価格を抑えたモデルが多く登場している。その分だけ構成は削られていたりもするが、それでもG-Tune PM-Aよりも評価は上だ。79,800円はローエンド、ロークラスの価格帯だ。その領域にミドルクラスが登場すると、ライトな性能を持つモデルには厳しい逆風となる。

少し前ならG-Tune PM-Aは低価格帯でトップとなれたはずだ。少なくともこの価格帯ではトップクラスの性能と構成を持つモデルだった。低価格帯の覇権はRyzenシリーズが手中に収めていた。ただ、すでにまとめた通りIntel第10世代の登場で、この立場は一気に危ういものとなった。

僅か数千円~1万円程度予算を上げることで、圧倒的な評価を持つモデルが多く登場した。G-Tune PM-Aでは太刀打ちできないわけではない。価格的優位はあるので完全な上位互換と言える製品は存在しない。低価格帯の有力な候補だったG-Tune PM-Aは、予算を抑えた妥協した選択という評価に落ちてしまった。

税抜12万円台で繰り広げられていた熾烈な価格・評価の競争は、低価格帯にまで波及した。こうなっては、突き抜けたモデルでなければ評価されなくなる。ユーザーにとっては悪いことではないので、選択肢が増えたことを喜んで良いだろう。

パソコンケースレビュー

nextgearmicro

当該モデルで採用されているのは、G-Tuneの新しいミニタワーだ。スタイリッシュなデザインで今風のケースとなっている。シンプルでかつ機能性も兼ね備えている。ただし、光学ドライブが非搭載となっているので注意して欲しい。必要ならオプションで追加可能。

今はWEB上でドライバも入手できるのでそれほど光学ドライブの必要性は高くないだろう。パソコンケースは、デザイン面でも機能面でもどんどん進化してきていると言える。ユーザーの要望に応える形で変わっているのは事実だ。今後も2年から3年周期で変わっていくのかもしれない。

>>>G-Tune PM-Aを購入する<<<

他のゲーミングPCとの比較

ブランドG-TuneMagnateGALLERIA
画像NEXTGEAR-MICRO im610GA1-TDMagnate ZSgalleriadhtop-1
製品名PM-AMTRT5
ケースミニミニミニ
価格79,800円94,980円89,800円
CPURyzen 5 3500Core i5-10400Ryzen 5 3500
GPUGTX 1650 SUPERGTX 1660 SUPERGTX 1660 SUPER
メモリDDR4-2666 8GBDDR4-2666 16GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 256GB500GBNVMe 256GB
HDD1TB非搭載1TB
電源500W BRONZE500W BRONZE500W BRONZE
マザボB450H410B450
公式公式公式公式
詳細当ページ詳細詳細
比較対象は低価格帯を代表する2製品をピックアップしている。Magnate MTとGALLERIA RT5だ。GALLERIA RT5は前低価格帯最強モデルで、優れたコストパフォーマンスと性能で税込み10万円以下のモデルのトップに君臨していた。G-Tune PM-Aと比べて、GPUが2ランクアップ、メモリが倍増している。価格差は1万円なのでGALLERIA RT5と比べるとまだG-Tune PM-Aにも選択の余地はあるかもしれない。

そして、最近登場したMagnate MTが現在の低価格帯最強のモデルだ。価格差は15,000円ながら、その突出したCPU性能でゲームから作業まで幅広くカバーしている。ストレージ構成は賛否あるものの、基本的には同等という評価だ。3ランク上のCPU、2ランク上のGPU、メモリ倍増により、12万円台のゲーミングPCと同等の評価を得ている。

税抜10万円以下では間違いなく最強のモデルだ。また、これら2製品には敵わなくとも、G-Tune PM-Aより評価が高い低価格帯のモデルはまだまだ存在している。過去に類を見ないほど、低価格帯は多くの製品でひしめき合う状態だ。予算がギリギリでも、背伸びをしてでもこれら2製品の選択を視野にいれたい。

管理人による総評(G-Tune PM-A)

nextgear-micro

当該モデルは、GTX 1650 SUPER×Ryzen 5 3500を搭載したゲーミングPCだ。CPUはエントリークラスのモデルだが、ゲーミングパフォーマンスは過去のものとは比べ物にならないぐらい高いものとなっている。FULL HD環境でのゲームプレイが可能だ。最高設定や高リフレッシュレートにこだわなければ2020年でも十分通用するだろう。

CPUには、Ryzen 5 3500を搭載している。6コア6スレッドでマルチスレッド性能が高い。Ryzenシリーズも第3代になりゲーム適性も大きく向上した。税抜7万円台という価格設定は多くのユーザーを魅了するだろう。数年前までならゲーミングと呼べるものではなかった。それが今ではゲーミングPCと呼んでも良いレベルに仕上がっている。ただし、比較対象に優れたモデルが存在するためじっくり比較検討しよう。

ゲーミング性能について過度な期待はしないようにしたい。過去と比べてエントリークラスの底上げは行われているが、最新タイトルなら要求されるスペックも高くなっているため今後は厳しくなる可能性も否定できない。

価格CPUグラボ
79,800円Ryzen 5 3500GTX1650 Super
メモリSSDHDD
DDR4 8GB256GB1TB

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2020年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ゲーミングノートPCおすすめランキング【2020年最新】

イチオシのゲーミングノートPCを紹介している。外出先でもゲームを楽しみたいという方はぜひ参考にしてほしい。

G-Tune(マウスコンピュータ)の評判まとめ | 価格が安く取り扱いゲーミングPC数が多いショップ

G-Tune PM-Aを販売しているG-Tuneの評判を解説している。コスパ重視のモデルが多いのが特徴だ。プロゲーマーとのコラボやW水冷・VR推奨等コンセプトモデルが充実している。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya

サイトのトップに戻る