NEXTGEAR-MICRO am560SA2

当記事では、NEXTGEAR-MICRO am560SA2の評判とレビューをまとめている。珍しい第3世代Ryzen 7 3700Xを搭載したゲーミングPCだ。

各タイトルの対応表

PUBG黒い砂漠FF14Fortnite
pubg
★★★★☆(対応)
kurosabakutop
★★★★☆(対応)
ff14suisyou
★★★★★(対応)
fortnite
★★★★★(対応)

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

最新のタイトルでもFULL HD環境で快適にゲームプレイが可能だ。当該モデルはCPU性能の高さが一番の売り。トップクラスのCPU性能とメモリ16GBに支えられるGTX 1660 Tiはバランス的にはまずまず。細かく言えば、グラフィックボードの性能がボトルネックとなる可能性すらある。よって、非常に強力な構成であってもその性能を活かすのは難しいかもしれない。ゲーム以外で最も性能を発揮できるゲーミングPC。

NEXTGEAR-MICRO am560SA2のスペック

nextgear-micronew

ブランド名NEXTGEAR
製品名am560SA2
価格Windows 10 / 124,800円
CPURyzen 7 3700X
グラフィックボードGeForce GTX 1660 Ti
メモリDDR4-2400 16GB
SSDNVMe 512GB
HDD非搭載
電源500W BRONZE
マザーボードチップセットZ390
コスパ★★★★★★★☆☆☆7.7

>>>NEXTGEAR-MICRO am560SA2を購入する<<<

NEXTGEAR-MICRO am560SA2の性能まとめ

GeForce GTX 1660 Ti(グラフィックボード)

GeForce GTX1660Ti-i690sa4

フルHDに適した性能であり、標準よりも少し上の性能を有している。最高設定を避けさえすれば快適にゲームをプレイすることができるだろう。この価格帯としてはまずまずのグラフィックボードだ。

Ryzen 7 3700X(CPU)

Ryzen 7 3700X-seinou

ゲーミングPCに搭載されるCPUの中ではトップクラスの性能を持っている。ただ、ゲームでこのCPU性能を活かすのは難しい。動画のエンコードなど、ゲーム以外の用途でこそ輝くCPUである。

グラフィックボードがもう少し上のモデルであればゲームにもその力を出すことができたが…。そういう意味ではCPUとグラフィックボードのバランスは良いとは言えない。

総合性能

NEXTGEAR-MICRO am560SA2-seinou

圧倒的なCPUパフォーマンスが武器で、CPU負荷の高い場面に強い。ただ、グラフィックボードが高解像度に適しておらず、現状ではRyzen 7 3700Xをゲームで活かすのは難しい。

また、非常に性能は高いものの、安定感に関してはi7-9700よりも劣ることもあり、ゲームによってはfps数値が安定しないこともある。AMD製CPUの弱点というよりも、ゲーム側の対応次第というところである。

NEXTGEAR-MICRO am560SA2の特徴&強み

CPU性能にのみ特化したアンバランスなモデル

CPUとグラフィックボードのバランスはそれほど良くない。GTX1660Tiと組み合わせるのであれば、ここまで高性能なCPUは不要だった。マイナス要素になるようなことはなく、ゲーム以外にも通用することを考えればゲーミングPCのカテゴリではなくオールラウンドなモデルに位置している。

ただ、AMD製CPUに最適化されていないゲームではパフォーマンスが著しく低下することを考えれば、その落差をパフォーマンスで補うことはできるかもしれない。弱点を性能でカバーすることで、i7-9700のような相性の良いCPUよりも高いfps数値を出せる場面もあるだろう。今後登場するゲームはAMD製CPUに対応してくることを考えれば、長く使用するのに適している。

SSD容量のみ注意だが、Ryzen 7 3700X搭載モデルとして安い

本来このレベルのCPUはこの価格に登場することは珍しい。Ryzen第三世代は非常にコストパフォーマンスに優れるCPUであるため、その恩恵を大いに受けつべきモデルだ。ただ、価格を抑えることを目的とし過ぎたのか構成面では少し不安な部分もある。

特にストレージはNVMe対応SSD 512GBのみである。ゲーム以外にも対応できるモデルなだけに、HDDなどのストレージをカスタマイズすることは必須だ。標準搭載されるよりもカスタマイズのほうが割高となるため、コストパフォーマンスを低下させる要因としてストレージが挙げられる。それでも実用的なコストパフォーマンスと言えなくもないが、低価格高性能なCPUのメリットが少し削られるのは余計だろう。

パソコンケースレビュー

nextgearmicro

当該モデルで採用されているのは、G-Tuneの新しいミニタワーだ。スタイリッシュなデザインで今風のケースとなっている。シンプルでかつ機能性も兼ね備えている。ただし、光学ドライブが非搭載となっているので注意して欲しい。必要ならオプションで追加可能。

今はWEB上でドライバも入手できるのでそれほど光学ドライブの必要性は高くないだろう。パソコンケースは、デザイン面でも機能面でもどんどん進化してきていると言える。ユーザーの要望に応える形で変わっているのは事実だ。今後も2年から3年周期で変わっていくのかもしれない。

>>>NEXTGEAR-MICRO am560SA2を購入する<<<

他のゲーミングPCとの比較

現在明確な比較対象は存在していない。というのも、まだRyzen 7 3700XとGTX 1660 Tiの組み合わせ、またこの価格帯の製品が出揃っていないように感じるからだ。似た製品はあっても、比較に並べるほどではなかったりとなかなか良い製品が見当たらない。

am560SA2自体がおすすめしにくい一面がある以上、他に提案したかったが仕方がない。現状ではこの価格帯、この性能帯ではam560SA2が唯一突出したモデルということになる。まだまだintel搭載モデルが強いということなのか、Ryzen 7 3700Xの価格が高騰しているのか分からない。

しかし、Ryzen 7 3700Xを税抜124,800円で搭載したG-tuneは素晴らしいと言わざるを得ない。今後G-tuneはRyzenシリーズに強くなっていくのではないかと思うほどである。

管理人による総評

Ryzen 7 3700X搭載のゲーミングPCが税抜124,800円という価格は評価できる。グラフィックボードにはGTX 1660 Tiを採用しフルHD環境で高いパフォーマンスを発揮する。CPU性能が高すぎるためやや不釣り合いと言えるかもしれない。動画編集やゲーム配信なども考えているユーザーにとってはCPU性能の高さは魅力的だろう。

SSDにはNVMe対応512GBを搭載している。流用するストレージがある方にとっては十分だと思う。初めてのゲーミングPCならHDDの追加カスタマイズを検討しよう。当サイトとしてはおすすめしにくいモデルだが、希少性という意味ではこのモデルがぴったり合う方もいるだろう。それが動画配信などCPU負荷の高い作業を考えている方だ。

>>>NEXTGEAR-MICRO am560SA2を購入する<<<

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2019年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

G-Tune(マウスコンピュータ)の評判まとめ | 価格が安く取り扱いゲーミングPC数が多いショップ

NEXTGEAR-MICRO am560SA2を販売しているG-Tuneの評判を解説している。コスパ重視のモデルが多いのが特徴だ。プロゲーマーとのコラボやW水冷・VR推奨等コンセプトモデルが充実している。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る