AORUS 17G KB-8JP2130MH (2)


当記事では、AORUS 17G KB-8JP2130MHの評判とレビューをまとめている。今回GIGABYTE様より実機をお貸し出しいただく機会を得た。台湾からパソコンが届いてびっくりしたが、本社が台湾なのだから当然だ。箱から出して感じたのは高級感があってかっこいい!ということだ。肝心のゲーミング性能について詳しく解説していく。

各タイトルの対応表

SEKIROPUBG黒い砂漠FF14Fortnite
sekiro
★★★★☆(対応)
★☆☆☆☆(4K)
pubg
★★★★☆(対応)
★☆☆☆☆(4K)
kurosabakutop
★★★★☆(対応)
★★☆☆☆(4K)
ff14suisyou
★★★★★(対応)
★★★☆☆(4K)
fortnite
★★★★★(対応)
★★☆☆☆(4K)
★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

AORUS 17G KB-8JP2130MHのゲーミング性能は標準的だ。FULL HD環境ならおおよそ対応できると考えて間違いない。高解像度や高リフレッシュレートでのゲームプレイは苦手だと言える。もっともゲーミングノートならFULL HDが基本となるはずなので大きな問題とはならないだろう。前世代の60番台やそれ以下のモデルからの買い替えならメリットを感じやすい。

AORUS 17G KB-8JP2130MHのスペック

AORUS 17G KB-8JP2130MH (2)

ブランド名GIGABYTE
製品名AORUS 17G KB-8JP2130MH
液晶サイズ17.3インチ 240Hz
重量約2.7kg
価格Windows 10 / 252,780円(税込)
229,800円(税抜)
CPUCore i7-10875H
グラフィックボードGeForce RTX 2060
メモリDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GB
HDD非搭載

>>>AORUS 17G KB-8JP2130MHを購入する<<<

AORUS 17G KB-8JP2130MHのゲーミング性能

GeForce RTX 2060 Mobile(グラフィックボード)

GALLERIA GCR2060RGF-E-rtx2060mobile

RTX 2060 Mobileは、ゲーミングノート向けのグラフィックボードとしては標準的な性能を持つ。前世代のGTX 1060 Mobileと比べると25%もパフォーマンスが向上している。FULL HD環境を基本に考えると扱いやすいモデルだと言える。レイトレーシングやDLSSといった最新技術も搭載されていてGTX 1660 Tiとはしっかり差別化が図られている。もっとも性能的にこれらの最新技術を利用するにはやや厳しい側面がある。あくまでもサブ的に考えておくと良いだろう。

Core i7-10875H(CPU)

corei7-10875hseinou

Core i7-10875Hは、メインストリームで注目されている高性能CPUだ。Intelは初めてCore i7シリーズで8コア16スレッドを搭載してRyzenシリーズを意識したスペックとなっている。Core i7-10750Hよりもワンランク高いパフォーマンスを発揮する。ゲーム+αで考えられるモデルだと言える。

>>>AORUS 17G KB-8JP2130MHを購入する<<<

AORUS 17G KB-8JP2130MHの概要

海外メーカーらしいこだわりのゲーミングノート

AORUS 17G KB-8JP2130MHは、デザイン性が高く海外メーカーらしいゲーミングノートPCだ。「Porsche 911 RSR」、「Audi R8」、「LEXUS LFA」などのスーパーカーをイメージしたデザインということだ。スーパーカーの官能的なデザイン(あるいはサウンド?)に魅了されるユーザーは多いだろう。これをゲーミングノートPCに採用したのがAORUS 17G KB-8JP2130MHということになる。

ゲーミングノート本体のエッジ部分がしっかりと作り込まれていることがわかる。メカメカしさがかっこいい!素材にはアルミを採用していてまさにスーパーカーと同じだ。高級感があって所有欲を満たしてくれるはずだ。最近のシンプルなデザインでは物足りないという方はぜひチェックして欲しい。

コスパは意外と良く初心者にもおすすめ

ゲーミングノートは意外と初心者におすすめである。税抜229,800円という価格はゲーミングノートPC全体で見ても高額だ。なかなかこの金額を出せるという方は多くないかもしれない。しかしながら、本体を買えば一式揃う手軽さは魅力的だろう。周辺機器で必要なのはマウスとマウスパッドくらいだ。モニターやキーボードはどれを選べば良いか分かりにくい。

その点では買うとほぼ全てが付属しているゲーミングノートは親切だと言える。その中でもAORUS 17G KB-8JP2130MHは、前述の通り本格的なゲームプレイに使える240hzモニターが標準搭載だ。デスクトップだと高リフレッシュレートのモニターを選んでも、性能が不足して活かせない事も珍しくない。

標準搭載であるということは240hzで動作させるのを前提としていることである。つまり、パソコンの性能に合わせたモニター選びをしなくても良いのだ。パソコンに詳しく無くても本格的なゲームプレイを開始する準備がスタート段階で整っている。

ゲームを快適にプレイ出来る性能、快適性を高めるモニター、高い操作性を保持するオムロン製の高品質なゲーミングキーボード(RGB付き)が一挙に手に入る。これこそれがAORUS 17G KB-8JP2130MHの魅力であり、初心者におすすめ出来る理由と言える。価格に釣られて安価なモデルを購入し、理想の性能とかけ離れていた。そんな事は日常茶飯事に起こっている。結果買い直すことになってしまい、余計な費用がかさむ。

そうなるくらいなら、間違いの無いモデルを最初に選ぶ方が良い。大は小を兼ねるというように、一定の水準以上の性能を持つゲーミングノートは全ての装備を一挙に揃えられる。その上で後悔することもない。パソコンを買い替えてもスペースに困らない。基本的に悪いことは無い。あとはデザインが好みかどうかというところだろう。

自慢のWINDFORCE Infinity冷却システムを搭載

AORUS 17G KB-8JP2130MH-cooling出典:AORUS 17Gガイダンス資料より

高レベルな冷却システムを採用しゲーミングノートの天敵である熱対策もばっちりだ。ゲーミングノートの場合スペースの問題から熱がこもりやすくそれがパフォーマンス低下に繋がってしまう。できるだけ熱をこもらせないようにGIGABYTE自慢の「WINDFORCE Infinity冷却システム」が採用されている。

本体内部には5本のヒートパイプ、2基の大型ファン、4つの排熱口があり本体を冷やすことができる。パフォーマンスを最大限引き出せる仕組みだ。ファンの音もそれほど気にならず質は高い。本体が重くなってしまっているのにも理由があるということだ。

>>>AORUS 17G KB-8JP2130MHを購入する<<<

AORUS 17G KB-8JP2130MHを実施に使用した感想

フルHDでのゲームプレイに優れたモデル

AORUS 17G KB-8JP2130MHの良いところは何と言っても性能だ。Core i7-10875HとRTX 2060の組み合わせは、既存のゲームの推奨環境を満たしていると言える。RTX 2070やRTX 2080はノート用グラフィックスの中でも高解像度に適している。一方で、フルHDに関してはRTX 2060は負けてはいない。フルHDでも性能差は確かにある。ただ、その差はそこまで広くない。むしろ伸び率で言えばRTX 2060が最も優れているだろう。これがRTX 2070になると、性能は僅かに伸びるが、価格は跳ね上がる。

フルHD+240hzの環境ではRTX 2060がコストパフォーマンスでもトップクラスである。実用的な性能と選びやすさを兼ね揃えた究極の組み合わせだ。240hz対応モニターを活かしたゲームプレイも快適に行える。ゲームで最もストレスの溜まるカクツキとは無縁のモデルだ。ゲーミングノートの進化をしっかり感じられる完成度の高さである。

これだけ安定したパフォーマンスでもミドルエンドクラス。これ以上のゲーミングノートも存在していると考えれば、デスクトップだけがゲーミングPCではないとはっきり分かる。現在のゲーミング事情は144hzが広く浸透している。240hzはあまり一般的とは言えない。

それは人気が無いというわけではない。価格の高さがネックとなっているのだ。例えば、144hz対応モニターは2万円程度で販売されている。一方の240hz対応モニターは5万円である。4Kモニターと同等の価格であることが敬遠される理由だ。はっきり言って240hzのモニターが欲しくないゲーマーはほとんどいないだろう。欲しいと考えても簡単に手が出せる価格ではない。

240hz対応モニターを購入しても、それを実現出来るだけの性能も必要になる。144hzと違い、240hzはハードルが圧倒的に高いのである。その高いハードルをいとも簡単に超えていくのがAORUS 17G KB-8JP2130MHだ。余裕のある性能と標準で240hzに対応したモニター搭載。多くのゲーマーが憧れる環境がこれ一つで揃ってしまうのである。税抜229,800円は決して高いものではない。

240hzの実現はゲームを選ぶ

注意点して欲しいのは全てのゲームで240hzが実現出来るというわけでは無いということだ。これは現行のハイエンドであっても難しい。競技性の高いタイトルであれば概ね240hzは実現できる。ただ、PUBGのような負荷の高めのゲームでは144hzに設定した方が安定する。

これから登場するゲームに関しても144hzは実現出来ても240hzは難しいかもしれない。フォートナイトやCS:GOでは特に問題は無かった。それ以外はやや妥協が必要になるだろう。AORUS 17G KB-8JP2130MHだから240hzが実現出来ないわけではない。負荷の高いゲームはRTX 2080 Tiを搭載していても200fpsが限界であることもあるのだ。

ゲームによってはフレームレートの上限が設定で固定されていることもある。性能云々ではなく、ゲーム側の問題ということも十分考えられる。特定のゲーム以外では240hzは活かしにくい。それだけは理解しておいて欲しい。古いゲームであれば概ね対応の確認は出来ている。ただ、古過ぎると80fpsで固定されているタイトルもあるので注意したい。

キーボードの操作性が抜群に良い

キーボードの操作性は好みが分かれる。英語配列なのでエンターキーや半角キーの扱いが少し違っている、この辺りは慣れが必要になるだろう。また、メカニカルキーボードを搭載しているので、キータッチやレスポンスはノートの中では群を抜いて良い。ノートパソコンを普段から使用していれば抵抗は無い。

FPSでの使用は特に問題は無い。元々タッチの軽いキーなので、ストッピングや細かな操作もスムーズに行える。テンキー搭載のフルキーボードというのも重要だ。17.3インチの大型ノートならではの装備だ。テンキーは普段使用しなくても、ゲームではテンキーにキー設定を割り当てる事が出来る。

キーボードだけで操作する場面があれば、キーを割り当てられる数が多いというのは有り難い。ゲームジャンル問わず意外と使えるのがテンキーである。デスクトップのキーボードではテンキーレスが主流になっている。これは机のスペースやキーボードとマウスの置き場所の自由度を上げる目的がある。

キーボードの位置が固定のノートではテンキー搭載のフルキーボードでもデメリットにはならない。ノートならではの利便性と言えるだろう。そして、頻繁に使用するキーだけではなく、全体がメカニカルキーを採用している。小気味良いタッチはテンキーでも同じなのは少し嬉しい。

キーボードに角度が無くて扱いづらいと感じる場合は、ノートの冷却台などを取り付けることで対応できる。少しお洒落にノートパソコンを取り扱う際の土台でも可能だ。ノートパソコン全体に角度を付け、モニターを少し開けば手首の負担も軽くなる。角度を付けるのは普段の環境に近づけるだけではない。メカニカルキー採用により、これまでのノートパソコンには無かった快適性を実現できるのは魅力的だろう。

ゲームプレイ時は電源接続を推奨する

AORUS 17G KB-8JP2130MHを使用する上で、少し注意しなくてはならない事がある。それはバッテリーだ。電源を接続しない状態での使用はバッテリーセーブが掛かる。バッテリーセーブが掛かった状態だと連続稼働時間は長くなるが、性能も抑えられてしまう。

ゲームをプレイする際は負荷を大きく感じてしまうだろう。電源に接続しない状態でゲームをプレイする際は省エネ設定を解除しなくてはならない。そして、解除すると快適にゲームをプレイする事が可能になる。ただ、連続稼働時間はかなり短くなるので注意したい。

本体の重さが2.7kgと重めである事を踏まえると、外出先でゲームをプレイするというようなことは少ないだろう。仮に持ち運びを前提として、外出先でゲームをするなら電源の確保は必須である。自宅で使用する分にはこのデメリットは感じられない。持ち運び用のノートというよりは据え置きのゲーミングPCとして運用したい。

>>>AORUS 17G KB-8JP2130MHを購入する<<<

AORUS 17G KB-8JP2130MHのケースレビュー

本体正面

AORUS-17G-KB-8JP2130MH-syoumen17.3インチの大画面液晶モニター採用で没頭感を高められる。また、狭額縁デザインとなっていることから見た目も美しく視認性も高い。本体が大きいものの狭額縁デザインのおかげもあってすっきり見える。

左側面

AORUS 17G KB-8JP2130MH-left左側面にはLANポート×1、ヘッドフォン端子×1、カードリーダー×1、USB 3.2 Gen1×2が配置されている。オーソドックスで使い勝手の良いI/Oパネルだ。

右側面

AORUS 17G KB-8JP2130MH-right右側面にはUSB 3.2 Gen1×1、mini DP 1.4×1、Thunderbolt×1、HDMI 2.0×1が配置されている。最新のThunderboltが利用できるのはさすがだ。モニター出力にも対応していて利便性が高い。排気口も両側に設けられている。

キーボード

AORUS-17G-KB-8JP2130MH-keyboard高品質なオムロン製メカニカルキーボードを搭載している。優れた打鍵感と耐久性(1,500万回のキーストロークに耐えられる)から評価が高い。一度使うと他のゲーミングキーボードには戻れなくなるかもしれない。ゲーミングノートのデメリットの一つであるキーボードの品質も万全だ。なお、エンターキーが小さいため誤タッチを誘引してしまうのはデメリットと言える。これは慣れるしかない。

天板

AORUS 17G KB-8JP2130MH-tenbanアルミニウム合金ボディを採用した高級感のあるデザインだ。AORUSのロゴもオシャレだ。

裏面

AORUS 17G KB-8JP2130MH-uramen本体裏面は大きな排気口がある。内部には2機の12V巨大ファンと5本のヒートパイプが配置されていて冷却システムを構築している。

奥側

AORUS-17G-KB-8JP2130MH-syoumen-okuyuki本体の奥側にも排気口がある。全部で4箇所からしっかり排気をしてくれる。手をかざすと熱い空気が出ていて機能していることがすぐにわかった。

各種ベンチマーク一覧

Cinebench R20

AORUS-17G-KB-8JP2130MH-cinebench

Core i7-10750Hと比べるとマルチコア性能が15%高く、シングルスコア性能が10%高い。8コア16スレッドになりCore i7-10875Hの性能の高さが伺える。RTX 2060に合わせるにはややもったいないかもしれないが、CPU性能に余裕があること自体デメリットとはならない。

3DMARK Time Spy

AORUS-17G-KB-8JP2130MH-timespy

GTX 1660 Ti搭載モデルよりも10%程度スコアが高い。レイトレーシングやDLSSを利用できるのもメリットだと言える。上位のRTX 2070よりも20%程度低くなっている。

3DMARK FireStrike

AORUS-17G-KB-8JP2130MH-firestrike

GTX 1660 Ti搭載モデルよりも8%程度スコアが高くなっている。GTX 1660 Tiとの差はそれほど大きくないということがわかる。

FF15

AORUS 17G KB-8JP2130MH-ff15

デスクトップ向けのRTX 2060と比べると25%程度スコアが低い。FF15を始めとして負荷の高いタイトルにおいては設定調整を行うことが必須だと言える。

FF14

AORUS 17G KB-8JP2130MH-ff14

デスクトップ向けのRTX 2060と比べて20%程度スコアが低くなっている。GTX 1660 Ti搭載モデルよりも15%程度スコアが高く余裕がある。

管理人による総評(AORUS 17G KB-8JP2130MH)

AORUS 17G KB-8JP2130MH

RTX 2060×i7-10875H搭載のゲーミングノートPCだ。FULL HD環境でのゲームプレイにおすすめだ。デスクトップ向けのRTX 2060搭載モデルよりもやや性能が落ちることに注意して欲しい。国内メーカーのモデルと比べると価格は高いがデザインを含めてコストが掛かっていることがわかる。

ゲーミングノートPCの弱点である排熱及びキーボードについてばっちり対策が行われている。「WINDFORCE Infinity冷却システム」では巨大ファンの活用で効率的に本体を冷やしてパフォーマンスの低下を防げる。キーボードにはオムロン製のメカニカルキーボードを採用して実用性と耐久性の両立を可能としている。

価格CPUグラボ
229,800円Core i7-10875HRTX2060
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

GIGABYTE(ギガバイト)の評判まとめ【2020年】

AORUS 17G KB-8JP2130MHを販売しているGIGABYTEの評判をまとめている。台湾のパソコン及び周辺機器メーカーで世界的にも知名度が高い。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya

サイトのトップに戻る