arkhive Gaming Alliance GC-A7G37R


当記事では、arkhive Gaming Alliance Powered by SunSister GN-A7G37Rの評判とレビューをまとめている。プロゲーミングチーム「SunSister」とのコラボレーションモデルだ。RTX 3070×Ryzen 7 5800X搭載のハイクラスのモデルとなっている。MSI製のCPUファン・マザーボードを採用するなど随所にこだわりが見られるのがポイントだ。コストパフォーマンスが高いというわけではないが、こだわりのモデルを購入したいという方は必見だ。メモリ32GB、ストレージもSSD 1TB+HDD 4TBと構成が充実しているのも強みだと言える。

arkhive Gaming Alliance GN-A7G37Rのスペック

arkhive Gaming Alliance GN-A7G37R

ブランド名arkhive Gaming Alliance
Powered by SunSister
製品名GN-A7G37R
(AG-AZ7X57AGA7-SSGR)
価格267,800円(税込)
CPURyzen 7 5800X
グラフィックボードGeForce RTX 3070
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 1TB Western Digital製
HDD4TB
電源750W GOLD Silverstone製
マザーボードチップセットX570 MSI製
コスパ★★★★★★☆☆☆☆ 6.2
おすすめ度Bランク

>>arkhive GN-A7G37Rを購入<<

各タイトルの対応表

Final Fantasy 14
4K
Apex Legends
144Hz
Apex Legends
60Hz
フォートナイト
240Hz
フォートナイト
144Hz
ff14suisyou
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

arkhive Gaming Alliance GC-A7G37Rseinou

arkhive Gaming Alliance Powered by SunSister GN-A7G37R Rev Player Edition AG-AZ7X57AGA7-SSGRはRyzen 7 5800XとRTX 3070を搭載したゲーミングPCだ。登場からしばらく経っているものの、ハイクラスである性能により多くのゲームを快適にプレイできる。

高解像度・高リフレッシュレートでのゲームプレイも想定された構成は非常に優れている。さすがプロゲーミングチームSunSisterとコラボレーションしたモデルである。CPU性能に若干の不安はあるが、マイナスになるほどではない。

arkhive GN-A7G37Rのゲーミング性能

Ryzen 7 5800X(CPU)

ryzen75800xseinou20220201

Ryzen 7 5800Xは、8コア16スレッドのマルチスレッド性能の高いCPUだ。Zen 3アーキテクチャになってメモリレイテンシの軽減やIPCの改善が行われている。結果的にゲーミング性能は大幅に引き上げられているのがポイントだ。Ryzen 7 3800XTと比べてもゲーム性能なら10%以上高い。Core i7-11700Kと同等のCPU性能を誇る。次世代のCore i7-12700と比べると性能差は20%とやや大きい。第5世代Ryzenシリーズが登場するまではやや厳しい立場に置かれてしまった。

GeForce RTX 3070(GPU)

rtx3070seinou20221

RTX 3070は、Ampere世代のハイクラスのグラフィックボードだ。これまでの70番台とは全く異なるモデルとなっている。RTX 2070と比べると30%以上もゲーミング性能が向上している。フルHD環境なら高リフレッシュレートでのゲームプレイが前提でWQHD環境以上でのゲームプレイにも対応できる。

長く使用し続けられるということで将来性も高いので、コストパフォーマンスは良好だ。初期投資がかさんでも長期的に見れば意外とお得感がある。ハイクラス以上なら息の長いモデルとなる傾向にある。このグラフィックボードに合わせるならハイクラス以上のCPUを選択したい。Ryzen 7 5800Xは性能が高いCPUだが、やや物足りないかもしれない。

>>arkhive GN-A7G37Rを購入<<

arkhive GN-A7G37Rの特徴まとめ

2.2万円の値引きで評価は上昇

arkhive GN-A7G37Rは、非常に優れた構成を持ったモデルだ。RTX 3070搭載モデルの中でも突出した構成を持っている。特にストレージはゲーミングPCとしてもトップクラスではないだろうか。今はコストカットの観点からNVMe対応M.2 SSDのみを搭載したモデルが多い。少し構成を意識したモデルはそれに2TBのHDDが追加される。

総ストレージ容量5TBもあれば、動画の投稿や配信を行うユーザーにおすすめしやすい。性能的にもゲーマーのみならず、ストリーマーにも適しているように見える。扱いやすいモデルであると当時に、選びやすいモデルだ。用途を選びにくい汎用性の高さが光るモデルである。時間の経過でしっかりと値引きされているのも大きい。

少し前は28万円台だったことでおすすめしにくかった。これが26万円台にまで下がった今なら悪くない。特徴的な構成を持っているモデルは、コストパフォーマンスが多少低くても選ぶ理由となる。arkhive Gaming Alliance GN-A7G37R Rev Player Editionは評価も標準より高い。構成を重視したモデルを探しているユーザーなら選んでしまっても問題はないはずだ。

標準でメモリ32GB搭載されているので、ストレージにしても構成にカスタマイズが必要ないモデルだ。これ以上を求めるとRTX 3070搭載モデルではコストパフォーマンスが落ちる。そこまでの予算を掛けるなら純粋に性能の高いモデルを選んだ方がいい。価格設定は絶妙なラインである。

性能面はそこまで優れていない

当該モデルの弱点はCPUにRyzen 7 5800Xを搭載している点だと言える。Intel第12世代が登場してから、Ryzenシリーズは苦しい展開が続いている。性能や価格でアドバンテージが取れず、避けるべきCPUとなった。arkhive GN-A7G37Rはコストパフォーマンスは標準よりも高い。これは構成によって支えられているものだ。

Core i7-12700搭載であったなら、多少価格が上がっても評価はもっと高くなっていただろう。それだけ性能差がしっかりある。目指すべきは性能の向上ではなく、価格を下げることだ。Core i7-12700よりも性能が低いにも関わらず、価格は高くなりがちなのがRyzen 7 5800X搭載モデルだ。

これほどの構成を持ったRTX 3070搭載モデルなら26万円台は高くないが、安いと言えるほどでもない。性能に弱点を持っているからこそ、価格設定の評価に影を落としている。こうなると強みである充実した構成さえも弱みの要素となる。価格が下がれば、性能は下がったとしても価格的にデメリットとならない。

価格を下げて評価を上げたように、あともう一歩と言ったところだ。24万円台になれば一気にRTX 3070搭載最強モデルになれる。そしてそのポテンシャルは持っているはずだ。ここからの変化に期待したいつつ、比較対象となるモデルをチェックしておいてほしい。単純にコストパフォーマンスを重視するなら選びやすいはずだ。

>>arkhive GN-A7G37Rを購入<<

似ているモデルとの比較

ブランド名arkhive Gaming Alliance
Powered by SunSister
raytrek
イメージGN-A7G37R Rev Player Editioraytrek ZFtop
製品名GN-A7G37R Rev Player Editioraytrek XF 第12世代Core搭載
32GBメモリモデル
価格267,800円(税込)234,980円(税込)
CPURyzen 7 5800XCore i7-12700
GPURTX 3070RTX 3070
メモリDDR4-3200 32GBDDR4-3200 32GB
SSDNVMe 1TBNVMe 500GB
HDD4TB非搭載
電源750W GOLD750W GOLD
マザーボードX570H670
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象はドスパラのraytrek XFだ。メモリ32GBはメモリ16GBをカスタマイズしても同じ価格になるので、32GBが不要な場合は16GBを選ぶ方がいい。arkhive Gaming Alliance GN-A7G37R Rev Player Editionの比較対象として、メモリ32GBをピックアップしただけのことだ。総ストレージ容量は1/10になるが、価格は3万円以上安くなる。

ここまでストレージを必要としないならraytrek XFの方がいい。必要な分だけカスタマイズで追加したり、外付けで対応したりすればいい。raytrek XFの強みはCPUにCore i7-12700を採用している点だ。総合的な性能は圧倒的にraytrek XFだ。コストパフォーマンスや性能を重視するなら間違いなくraytrek XFだ。

構成は後から追加できるが、性能に関わる部分は交換でしか対応できない。交換したパーツは余ってしまうので無駄になる。そのため、構成よりも標準の性能を優先した選択が無難である。そのため、ここでは比較対象のraytrek XFをおすすめしたい。

arkhive GN-A7G37Rのケースレビュー

当該モデルではINWIN 303を採用している。シンプルながらも高級感のあるデザインで人気が高い。

正面

arkhive GN-A7G37R2
かなりシンプルなデザインだ。正面のIN WINのロゴ及びI/Oパネル全体がLEDで光る。I/Oパネルは、上から電源ボタン、USB端子×2、ヘッドフォン端子、USB端子×2という配置だ。

左サイド

arkhive GN-A7G37R1
サイドパネルはワンタッチで取り外すことができる。見た目の良さとメンテナンス性の高さが特徴だ。ミドルタワーモデルで電源を横置きするのがポイントとなっている。エアフロー改善に効果的だ。

管理人による総評(arkhive Gaming Alliance GN-A7G37R)

arkhive Gaming Alliance GN-A7G37R

arkhive Gaming Alliance GN-A7G37Rは、RTX 3070×Ryzen 7 5800X搭載のゲーミングPCだ。フルHD環境で高リフレッシュレートでのゲームプレイを想定しているゲーマーの方はぜひチェックして欲しい。メモリ32GB、SSD 1TB、HDD 4TBと圧巻の構成だ。

これだけの構成があればカスタマイズを考える必要はない。正直コストパフォーマンスは平凡だ。それはこだわりのパーツを選択しているので仕方のない部分だと言える。大手メーカーでMSI製のCPUファンやマザーボードが選択されることは少ない。電源ユニットもSilerstone製で評価が高い。一般的なBTOパソコンでは物足りないという方は必見だ。PCケースもこだわりが見られる。

価格CPUグラボ
289,800円(税込)Ryzen 7 5800XRTX3070
メモリSSDHDD
DDR4 32GB1TB4TB

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya