arkhive Gaming Alliance GC-A7G37Rtop


当記事では、arkhive Gaming Alliance GN-A7G37Rの評判とレビューをまとめている。プロゲーミングチーム「SunSister」とのコラボレーションモデルだ。最新のRyzen 7 5800Xを搭載した注目の一台となっている。こだわりの見られる構成もarkらしくて面白い。

arkhive Gaming Alliance GN-A7G37Rのスペック

arkhive Gaming Alliance GN-A7G37R

ブランド名arkhive Gaming Alliance
製品名GN-A7G37R
価格Windows 10 / 236,182円
(税込259,800円)
CPURyzen 7 5800X
グラフィックボードGeForce RTX 3070 MSI製
メモリDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 1TB Western Digital製
HDD3TB TOSHIBA製
電源750W GOLD Apexgaming製
マザーボードチップセットX570 MSI製
コスパ★★★★★★☆☆☆☆5.7

>>arkhive GN-A7G37Rを購入<<

各タイトルの対応表

X4:FoundationsPUBG黒い砂漠FF14Fortnite
X4Foundations
★★★★★
pubg
★★★★★
kurosabakutop
★★★★★
ff14suisyou
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

arkhive GN-A7G37Rのゲーミング性能

GeForce RTX 3070(GPU)

rtx3070seinou

RTX 3070は、Ampere世代のハイクラスのグラフィックボードだ。これまでの70番台とは全く異なるモデルとなっている。FULL HD環境だけでは明らかにオーバースペックで4K解像度でのゲームプレイが前提となる。長く使用し続けられるということで将来性も高いので、コストパフォーマンスは良好だ。ハイクラス以上なら息の長いモデルとなる傾向にある。このグラフィックボードに合わせるならハイクラス以上のCPUを選択したい。Ryzen 7 5800Xは性能が高いCPUだが、やや物足りないかもしれない。

Ryzen 7 5800X(CPU)

ryzen75800xseinou

Ryzen 7 5800Xは、8コア16スレッドのマルチスレッド性能の高いCPUだ。Zen 3アーキテクチャになってメモリレイテンシの軽減やIPCの改善が行われている。結果的んゲーミング性能は大幅に引き上げられているのがポイントだ。Ryzen 7 3800XTと比べてもゲーム性能なら10%以上高い。

総合性能

arkhive Gaming Alliance GC-A7G37Rseinou

最新の性能を持つハイエンドクラスのゲーミングPCだ。2020年11月に登場したRyzen 7 5800Xと2020年10月に登場したRTX 3070を組み合わせた正真正銘の最新モデルとなっている。その性能は圧倒的で、従来にない性能を実現している。

本来はCPU・GPU・メモリの順に段々になることでバランスを示すグラフが、arkhive Gaming Alliance GN-A7G37Rでは逆転している。逆になっているということはバランスが悪いということである。しかし、最新のGPUの性能が高すぎてバランスの取れるCPUは限りなく少ない。この逆転状態がある意味で優れた性能の証明になりつつある。これこそが最大の特徴だ。

既存のゲームを快適にプレイする性能に優れ、ゲーム以外の用途にも対応力に長けている。ハイエンドクラスになるとバランスよりも総合的な性能が求められる。ハイエンドクラスらしい性能と言える。意外にも性能面での弱点がない。用途の幅が広いこともあり、高い性能を持つモデルの中では扱いやすい。

>>arkhive GN-A7G37Rを購入<<

arkhive GN-A7G37Rの特徴まとめ

コストパフォーマンスより品質重視のモデル

arkhive Gaming Alliance GN-A7G37Rは、最新モデル特有の割高な価格もありコストパフォーマンスはいまいちだ。こだわりのパーツチョイスで品質に関しては非常に優れたモデルだと言える。パソコンパーツに強いアークのゲーミングPCは、パーツへのこだわりが強い。

CPUクーラー・CPUグリス・マザーボード・ストレージなど、搭載パーツのほぼ全てのメーカー名と型番が記載されていて品質がわかりやすい。例えば、CPUクーラー・グラフィックボード・マザーボードはMSI製でストレージはWestern DigitalとTOSHIBAでまとめられている。ホワイトボックスを用いていないことで、パーツへの信頼度は非常に高い。

もちろんホワイトボックス=品質が低いというわけではないがブランドを選べるのは嬉しい。パーツショップならではの構成が最大の特徴だ。arkhive Gaming Alliance GN-A7G37Rに関してはコストパフォーマンスと引き換えに品質が重視されている。そこに着目すれば、高く感じる価格にも満足できるはずだ。一方で、一定以上の品質で満足できるならメリットが薄い。こだわり抜いた構成はメリットにもデメリットにもなる。この点で人を選ぶゲーミングPCと言える。

また、基本的にカスタマイズでダウングレードが行えないのも注意するべきだ。標準でメモリ32GB搭載だが、16GBへのカスタマイズはできない。選択肢は多いものの、全てが32GB以上なのでカスタマイズの自由度は部分的に狭い。構成が充実していることがマイナスに影響する珍しい例だ。

arkhive Gaming Alliance GN-A7G37Rを選択する際は、品質を重視し、必要な構成でなければならない。簡潔に言えば予算に余裕があるユーザー向けだ。やや上級者や玄人向けの傾向がある。自作に近い要素を持っているのは注意してほしい。そういったユーザーへの新たな受け皿と考えるとアークのゲーミングPCは注目度が高い。

納期が不明確なので気長に待つ必要がある

arkhive Gaming Alliance GN-A7G37Rに限らず、アークのゲーミングPCは納期が明記されない。ホワイトボックスではなく、全てが既存のパーツということが影響している。パーツの何かが取り寄せになっていることが多く、その場合は5日以上納期が伸びる。通常は最大10日程度なので2週間以上かかることになる。取寄パーツが含まれる際の目安は18日~28日との記載がある。

通常7日程度だと考えると大幅な伸びと、期がの広さがある。時間帯以外の指定ができないのは受け取りづらさがある。宅急便での受取の場合、対応する配送会社のサービスで数日前に通知を受け取るしかない。出荷までに掛かる日数も長めであることと合わせてデメリットと言える。時期的な要因もあればパーツの関係で遅れることもある。

少しでも早く受け取りたいユーザーにとっては、これだけで選択を避ける理由になるほどだ。特に、自宅で受け取れる曜日が決まっているなら、最大7日受け取りがずれることになる。これはBTOパソコンショップでないこと、ホワイトボックスを採用していないことの弊害と言える。品質を重視したことで出荷までの日数が掛かるのは、コストパフォーマンスが低いこと以上にマイナスとなる場合もある。

購入から届くまでの期間が長いということは、その期間中の変化を目の当たりにしてしまうということだ。より優れたモデルの登場、お得なキャンペーンの開始などがある。最短当日出荷も珍しくない中、最大1ヶ月となるのはなかなか厳しい。カスタマイズを行えばさらに伸びる可能性もある。流石に注文した後に取寄せとなるケースはないと思うが、可能性だけは考慮しておきたい。

>>arkhive GN-A7G37Rを購入<<

似ているモデルとの比較

現在、比較を行うことはできない。Ryzen 7 5800X搭載モデル及びRTX 3070搭載モデルが出揃っていないからだ。最新のCPUとGPUを搭載していることで組み合わせ的に数はさらに少ない。Ryzen 7 5800XとRTX 3070はこれから人気の組み合わせとなるだろう。出揃うまでは頻繁に製品の構成や価格が変化することが考えられる。ある程度モデルが落ち着くまでは比較対象の製品が変化しやすく、正確な比較を行えない。

もっとも、arkhive Gaming Alliance GN-A7G37Rの場合は品質重視のモデルである。出揃ったとしても比較対象となるモデルはない。純粋な性能と価格を中心とした比較以外は難しい。今候補に加えているのであれば、納期にさえ納得できれば選択してしまってもいいだろう。品質に関しては間違いのない製品なので、後悔するようなことはない。

arkhive GN-A7G37Rのケースレビュー

当該モデルではINWIN 303を採用している。シンプルながらも高級感のあるデザインで人気が高い。

正面

arkhive GN-A7G37R2
かなりシンプルなデザインだ。正面のIN WINのロゴ及びI/Oパネル全体がLEDで光る。I/Oパネルは、上から電源ボタン、USB端子×2、ヘッドフォン端子、USB端子×2という配置だ。

左サイド

arkhive GN-A7G37R1
サイドパネルはワンタッチで取り外すことができる。見た目の良さとメンテナンス性の高さが特徴だ。ミドルタワーモデルで電源を横置きするのがポイントとなっている。エアフロー改善に効果的だ。

管理人による総評(arkhive GN-A7G37R)

arkhive Gaming Alliance GN-A7G37R

arkhive GN-A7G37Rは、RTX 3070×Ryzen 7 5800X搭載のゲーミングPCだ。4K解像度でのゲームプレイを想定しているゲーマーの方はぜひチェックして欲しい。メモリ32GB、SSD 1TB、HDD 3TBと圧巻の構成だ。これだけの構成があればカスタマイズを考える必要はない。正直コストパフォーマンスは平凡だ。それはこだわりのパーツを選択しているので仕方のない部分だと言える。一般的なBTOパソコンでは物足りないという方は必見だ。PCケースもこだわりが見られる。

価格CPUグラボ
236,182円Ryzen 7 5800XRTX3070
メモリSSDHDD
DDR4 32GB1TB3TB

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

パソコンSHOPアーク(ark)の評判解説

秋葉原に店舗を構えるアークの評判を解説している。価格よりもパーツへのこだわりを重視したモデルが大半でBTOメーカーの中でも異色の存在だと言える。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。