daiva7top


当記事では、DAIV A7 [ Windows 11 ](以下:DAIV A7)の評判とレビューをまとめている。Ryzen 5 5600X×RTX 3060搭載のクリエイターPCだ。ミドルクラスのモデルとして十分な性能を持っている。マウスコンピューターのクリエイターブランドであるDAIVで人気の高い製品だ。独創的なケースデザインを採用していてケースだけ欲しいと考えるユーザーもいるぐらいだ。価格が高いため今は比較対象モデルを確認しておこう。

DAIV A7のスペック

daiva7syoumen

ブランド名DAIV
製品名A7 [ Windows 11 ]
価格Windows 10 / 219,780円(税込)
CPURyzen 5 5600X
グラフィックボードGeForce RTX 3060
メモリDDR4-3200 32GB
SSDNVMe 512GB
HDD2TB
電源700W GOLD
マザーボードAMD X570
コスパ★★☆☆☆☆☆☆☆☆ 2.1

>>DAIV A7を購入<<

各タイトルの対応表

Final Fantasy 14
4K
Apex Legends
144Hz
Apex Legends
60Hz
フォートナイト
144Hz
フォートナイト
60Hz
ff14suisyou

★★★☆☆
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

DAIV A7seinou

DAIV A7はRyzen 5 5600XとRTX 3060を搭載したミドルクラスの性能を持つモデルだ。Ryzen 5 5600XとRTX 3060の組み合わせはオーソドックスなミドルクラスとして人気が高い。性能のバランスがよく、扱いやすいことから多くの用途で定番モデルとなっている。ゲームに作業に用途を選ばず汎用性が高いことが魅力のモデルである。

その一方で、ゲームにも作業にも特化したパフォーマンスではないので、本格的な用途では少し物足りなさがある。Apex LegendsやフォートナイトでフルHD+高リフレッシュレートを適用するなら、少し設定を下げる必要がある。完璧な対応力ではなく、幅広く対応できるのが持ち味だ。

G-Tune XM-Bのゲーミング性能まとめ

Ryzen 5 5600X(CPU)

ryzen55600xseinou2022226

Ryzen 5 560Xは、第4世代Ryzenシリーズの中価格帯で人気のCPUだ。6コア12スレッドとマルチスレッド性能が高い。さすがに上位モデルのRyzen 7 5800Xと比べると性能は劣るが、動画編集などの作業にも対応可能だ。純粋な性能であればCore i7-11700を上回るCPUだ。ゲーム以外にも目を向けると魅力的な選択肢だと言える。RTX 3060との相性もよく性能を引き出しやすい。AMDファンの方はぜひチェックしておこう。ただし、最新のIntel Core i5-12400になると性能的にも価格的にも及ばず選びづらさがあるのも事実だ。

GeForce RTX 3060(GPU)

rtx3060seinounew

GeForce RTX 3060は、Ampere世代におけるミドルクラスのグラフィックボードとなっている。最大の注目ポイントはGPUメモリが12GBとRTX 3070やRTX 3080よりも多いということだ。高解像度でのゲームプレイ時にプラスになるだろう。

ターゲットとなるのはフルHD~WQHD環境となる。RTX 2060 SUPERからの買い替えだとそれほど性能差が大きいわけではないが、GPUメモリ容量が多いこともあって高解像度への適性は向上している。レイトレーシング性能も第2世代になってパフォーマンスが向上していて期待値も高い。

>>DAIV A7を購入<<

DAIV A7の特徴&強み

RTX 3060搭載モデルとしては選びにくい価格となる

DAIV A7 [ Windows 11 ]は、Ryzen 5 5600XとRTX 3060を搭載したオーソドックスなミドルクラスのクリエイターモデルだ。クリエイター向けPCということで、メモリ容量32GBが標準搭載されている。このため、ゲーム用途よりも作業用途をメインに考えているユーザーに適したモデルとなっている。

クリエイター向けPCではIntel製品よりもAMDのRyzenシリーズが人気を博している。これはCPUの処理性能が非常に高いからだ。そのような背景もあってクリエイター向けPCのラインナップではRyzen搭載モデルが非常に多かった。

ところが、Intel第12世代の登場で、Ryzenの強みは奪われてしまった。CPUのシングルスレッド性能、マルチスレッド性能で第12世代が第4世代のRyzenを圧倒している。この結果から、クリエイター向けPCは大きな打撃を受けることになった。DAIV A7もそのうちの一台だ。今となっては、Ryzen 5 5600Xを搭載していることがマイナスに働いている節すらある。

ゲームをプレイすることを前提としても、Ryzen 5 5600XとRTX 3060の組み合わせで21万円台だ。Core i7-12700とRTX 3070が選べる価格帯である。本来であれば6万円近い価格差のあるモデルと同じ価格帯にある。これがDAIV A7最大の弱点である。価格が高いことから選びにくく、おすすめしにくい状況にある。

高価である割に、その価格に見合った性能を有しているとは思えない。どこのショップでも第4世代のRyzen搭載モデルの価格設定が割高になっている。いかに性能に優れた対抗製品が登場したとしても、第4世代のRyzenシリーズは現行だ。その関係もあってか価格が下がらない。価格に大きな動きがなければどうにもならないモデルである。

優れた構成があっても価格が見合っていない

当該モデルの特徴として、充実した構成が挙げられる。今は珍しいHDD 2TBとNVMe対応SSD 512GBのデュアルストレージ採用だ。さすがにクリエイター向けPCと謳っているだけはあって、用途の幅を限定しないストレージ容量だ。そして、クリエイティブな作業に適したメモリ32GBも素晴らしい。

オーバークロックを考えて電源容量と規格に余裕を持たせているのも嬉しいポイントだ。構成に関しては100点と言ってもいいくらい優れている。ミドルクラスとしては最高峰の構成となのではないだろうか。ただし、その結果が21万円台という価格である。充実した構成が喜ばれるのは、価格が安い場合に限る。

価格との釣り合いが良い意味で取れていない、構成を考えると明らかに安い場合にのみ評価される。構成を充実させて、同じ性能帯では頭一つも二つも抜けた価格になってしまっては意味がない。このくらいの価格になったなら、このくらいの構成はなくては困るという及第点になるかどうかだ。

この構成のまま、ミドルクラスらしい価格にまで下がればしっかりと評価されるはずだ。もっとも、第12世代が登場している今、Core i5-12400とRTX 3060の組み合わせで15万円程度だ。価格で対抗するには6万円ほどの値引きが必要だ。DAIV A7にそこまでの値引きが適用されるとは考えにくい。

登場からそれなりに時間は経っているが、20万円をギリギリ切れる程度までだ。つまり、過去最大でも2万円である。6万円の値引きは現実的ではないどころか、不可能と言える額だ。DAIV A7に期待するよりも、別のモデルをチェックした方が賢明である。

パソコンケースレビュー

側面

daiva7-side
ゲーミングPCにはないデザインが特徴だ。右サイドには”DAIV”ブランドのロゴが大きく印字されている。左側面には排気口が設けられている。ミドルタワーらしさを存分に引き出している。

I/Oパネル

daiva7-iopanel
全面上部にはI/Oパネルが配置されている。ヘッドフォン端子、USB3.1ポート Type-A×2、電源ボタンが配置されている。電源ボタンのインパクトが大きい。

正面カバー

daiva7-zenmen
前面カバーは取り外すことができる。オプションを選択すればここに光学ドライブ・リムーバブルハードディスクベイ・SDカードが搭載されることになる。

SDカード

daiva7-sdcard
SDカードを選択するとここに配置される。外付けではないので利便性が高い。また、その上部にはリムーバブルハードディスクベイを選択することができる。

電源

daiva7-dengen
電源ボタンは本体の下に配置されている。重い電源を下側に設置することで安定感が増している。

>>DAIV A7を購入<<

他のゲーミングPCとの比較

ブランド名DAIVraytrek
イメージdaivraytrek ZFtop
製品名A7 [ Windows 11 ]XF
価格219,780円(税込)219,980円(税込)
CPURyzen 5 5600XCore i7-12700
GPURTX 3060RTX 3070
メモリDDR4-3200 32GBDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 512GBNVMe 500GB
HDD2TB非搭載
電源700W BRONZE750W GOLD
マザーボード700W GOLDH670
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象はドスパラのraytrek XFだ。DAIV A7の不幸はraytrek XFと同じ価格帯に存在してしまったことだ。CPU性能では後ろ姿も見えないほど圧倒的なCore i7-12700、GPU性能は3ランクほどアップするRTX 3070を搭載している。

メモリ容量は半減、ストレージ容量もHDD非搭載の分下がる。ストレージとメモリがこれだけ下がっても、性能を考えるとraytrek XFが圧倒的だ。
少なくとも、raytrek XFと近い価格であるうちはraytrek XFを強くおすすめする。たとえ、クリエイティブな用途をメインとしていても、raytrek XFを強く推奨したい。

管理人による総評(DAIV A7)

daiva7syoumen

DAIV A7は、マウスコンピューターのクリエイターブランドのDAIVのクリエイターPCだ。中身を見れば高性能なグラフィックボードを搭載していてゲーミングPCとしても使用することが可能だ。Ryzen 5 5600XとRTX 3060の組み合わせで21万円台はいただけない。いくら構成が充実していてもこれでは選びづらさがある。

クリエイターモデルとして見ればリムーバブルハードディスクベイやThunderbolt 3拡張カードが配置されているなど使い勝手がよい。ゲーミング性能はミドルクラスでフルHD環境あるいはWQHD環境で快適にゲームプレイを行える。メモリ16GB、SSD 512GB NVMe、HDD 2TBと構成も十分だ。評価自体は悪くないが、比較対象モデルが優秀なのでまずはそちらを確認してほしい。

価格CPUグラボ
219,780円(税込)5 5600XRTX3060
メモリSSDHDD
DDR4 32GB512GB2TB

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

おすすめゲーミングPCランキング【2021年】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ゲーミングノートPCおすすめランキング【2021年】

イチオシのゲーミングノートPCを紹介している。外出先でもゲームを楽しみたいという方はぜひ参考にしてほしい。

G-Tune(マウスコンピュータ)の評判まとめ

DAIV A7 [ Windows 11 ]を販売しているG-Tuneの評判を解説している。コスパ重視のモデルが多いのが特徴だ。プロゲーマーとのコラボやW水冷・VR推奨等コンセプトモデルが充実している。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。