daiva7top


当記事では、DAIV A7の評判とレビューをまとめている。GeForce RTX 3060×Ryzen 7 3700X搭載のクリエイターPCだ。ミドルクラスのモデルとして十分な性能を持っている。マウスコンピューターのクリエイターブランドであるDAIVで人気の高い製品だ。独創的なケースデザインを採用していてケースだけ欲しいと考えるユーザーもいるぐらいだ。

DAIV A7のスペック

daiva7syoumen

ブランド名DAIV
製品名A7
価格Windows 10 / 230,780円(税込)
CPURyzen 7 3700X
グラフィックボードGeForce RTX 3060
メモリDDR4-3200 32GB
SSDNVMe 512GB
HDD2TB
電源700W BRONZE
マザーボードAMD X570
コスパ★★★★☆☆☆☆☆☆4.1

>>DAIV A7を購入<<

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★★★☆☆
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

G-Tune XM-Bのゲーミング性能まとめ

GeForce RTX 3060(GPU)

rtx3060seinounew

GeForce RTX 3060は、Ampere世代におけるミドルクラスのグラフィックボードとなっている。最大の注目ポイントはGPUメモリが12GBとRTX 3070やRTX 3080よりも多いということだ。高解像度でのゲームプレイ時にプラスになるだろう。

ターゲットとなるのはフルHD~WQHD環境となる。RTX 2060 SUPERからの買い替えだとそれほど性能差が大きいわけではないが、GPUメモリ容量が多いこともあって高解像度への適性は向上している。レイトレーシング性能も第2世代になってパフォーマンスが向上していて期待値も高い。

Ryzen 7 3700X(CPU)

ryzen73700xseinounew

Ryzen 7 3700Xは、第3世代RyzenシリーズのハイクラスCPUだ。8コア16スレッドとマルチスレッド性能が高くゲームプレイ+αにも対応できる。純粋な性能であればCore i7-10700やCore i5-10600Kを上回るCPUだ。ゲーム適正であればIntel Core i7-10700の方が優秀だが、ゲーム以外にも目を向けると魅力的な選択肢だと言える。RTX 3060との相性もよく性能を引き出しやすい。AMDファンの方はぜひチェックしておこう。

総合性能

DAIV A7seinou

DAIV A7はゲーミングPCではなくクリエイター向けPCである。ミドルクラスのグラフィックボードを搭載しているので、ゲームを中心とした用途にも対応できるパフォーマンスを有している。クリエイター向けとしても申し分なく、オールラウンド性の高さが魅力である。

突出したメモリ容量はゲームに作業に快適性を生み出している。ゲームプレイでは標準設定であればFF14を4Kでプレイすることもできる。Apex Legendsやフォートナイトのような協議性の高いタイトルでは144Hz以上のリフレッシュレートを実現できる。

比較的要求スペックの低いフォートナイトでは240Hzを目指せる。本格的なゲームプレイに対応できる次世代のミドルクラスのゲーミングPCである。ゲーム以外への対応力にも長けているので用途を選ばないのが魅力だ。

>>DAIV A7を購入<<

DAIV A7の特徴&強み

拡張パーツ追加で大幅値上げ

DAIV A7は、RTX 3060×Ryzen 7 3700X搭載のクリエイターPCとなっている。少し前まで、ゲームを目的とした場合にも適したモデルだったが、今は完全にクリエイター向けになってしまい、あまりおすすめできる状態ではない。Thunderbolt 3拡張カードが搭載されたことで利便性は向上しているようだ。ただし、価格の高騰も相まって5万円近い値上げとなった。

RTX 3060搭載モデルが23万円台となると、流石にゲーム目的ではおすすめできない。メモリ容量32GBもRTX 3060には必要がない。作業を中心とした構成に変更されたと考えてよいだろう。オールラウンドな性能はそのままに作業性能を向上させた。作業を中心としてゲームもたまにプレイするというスタイル向けだ。ゲームを中心とするにはあまりにも偏っている。

優れたモデルがゲームではなく、本来の方向に伸びただけのことだ。Thunderbolt 3拡張カードの接続はPCI-e x16を1スロット使用するとのことだ。マザーボードによってはグラフィックボードの接続が下がり、パフォーマンスが低下するものもある。DAIV A7がどういうマザーボードを採用しているかによる。

もっとも、ゲーミングPCではないのでそこまで重要なことではないのかもしれない。RTX 3060搭載のミドルクラスではなく、Ryzen 7搭載のクリエイター向けPCだ。こういった変化があった以上、DAIV A7は今後ゲーミングPCの比較などに登場することはないだろう。ただ、構成を削ったライト版が出るかもしれないのでチェックはしておきたい。

価格が下がれば選択肢としてあり

RTX 3060搭載モデルとしては20万円を超えてしまうとおすすめできなくなる。一方で、構成が充実しているDAIV A7はある程度価格が高くても選択するメリットはある。問題はどの程度の価格まで許容できるかだ。いかに優れた構成をしていても、必要性の感じない箇所にコストを掛けたモデルには魅力はない。この構成なら高くても20万円台に留めておきたい。

そうすればThunderbolt 3の存在を加味すれば悪くなさそうだ。DAIV A7はゲーミングPCとして見ると微妙である。そこは変わらない。問題は何に重点を置くかだ。ゲームと作業を両立するようなモデルを探しているなら候補には入りそうだ。焦点となるのは特徴とも言えるThunderbolt 3の存在だ。これを嬉しい装備だと感じるならDAIV A7は優秀なモデルということになる。

あとは価格がどの程度下がるかだ。マウスコンピューターのモデルはキャンペーンの頻度が高い。DAIV A7にも値引きは期待できそうだ。もしも適用されると15,000円以上の値引きはありそうだ。ただ、おすすめできるようになるには15,000円では少し物足りない。できれば20,000円、理想を言えば3万円引きだ。

そこまで下がれば20万円超えのRTX 3060搭載モデルと言えども強力なモデルに化ける。現時点ではゲーマーにもクリエイターにもおすすめしにくい価格設定である。しかしながら、キャンペーンで化ける可能性は十分にあるので、購入するモデルが決まるまでは定期的にチェックしておきたい。

パソコンケースレビュー

側面

daiva7-side
ゲーミングPCにはないデザインが特徴だ。右サイドには”DAIV”ブランドのロゴが大きく印字されている。左側面には排気口が設けられている。ミドルタワーらしさを存分に引き出している。

I/Oパネル

daiva7-iopanel
全面上部にはI/Oパネルが配置されている。ヘッドフォン端子、USB3.1ポート Type-A×2、電源ボタンが配置されている。電源ボタンのインパクトが大きい。

正面カバー

daiva7-zenmen
前面カバーは取り外すことができる。オプションを選択すればここに光学ドライブ・リムーバブルハードディスクベイ・SDカードが搭載されることになる。

SDカード

daiva7-sdcard
SDカードを選択するとここに配置される。外付けではないので利便性が高い。また、その上部にはリムーバブルハードディスクベイを選択することができる。

電源

daiva7-dengen
電源ボタンは本体の下に配置されている。重い電源を下側に設置することで安定感が増している。

>>DAIV A7を購入<<

他のゲーミングPCとの比較

ブランド名DAIVG-Tune
イメージdaivnextgear-micro
製品名A7TD-S
価格230,780円(税込)164,780円(税込)
CPURyzen 7 3700XCore i7-10700
GPURTX 3060RTX 3060
メモリDDR4-3200 32GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GBNVMe 512GB
HDD2TB非搭載
電源700W BRONZE500W BRONZE
マザーボードX570B460
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象は当サイトとG-TuneによるコラボレーションモデルG-Tune TD-Sだ。CPU性能はゲーム寄りでメモリ容量は半減、HDD非搭載でチップセットの機能も落ちる。それでも、価格は66,000円も安い。これだけ安ければメモリもHDDもカバーできる。ゲーム性能ならG-Tune TD-Sは概ね同等以上を維持できる。非常に強力なゲーミングPCである。作業用途は流石にDAIV A7に分がある。

注目したいのは同等のゲーム性能を持つモデルなら66,000円安く購入できることだ。つまり、同じ価格帯でなら2ランクほど上のゲーミングPCを選択できる。あくまでもRTX 3060搭載モデルでピックアップしたが、DAIV A7を候補に入れているなら選択肢の幅は広そうだ。カスタマイズを視野に入れるならG-Tune TD-Sは優秀な候補になりそうだ。

管理人による総評(DAIV A7)

daiva7syoumen

DAIV A7は、マウスコンピューターのクリエイターブランドのDAIVのクリエイターPCだ。中身を見れば高性能なグラフィックボードを搭載していてゲーミングPCとしても使用することが可能だ。44,000円も価格が上がってしまったことでゲーミングPCとしての使いにくさが出てしまっている。

クリエイターモデルとして見ればリムーバブルハードディスクベイやThunderbolt 3拡張カードが配置されているなど使い勝手がよい。ゲーミング性能はミドルクラスでフルHD環境あるいはWQHD環境で快適にゲームプレイを行える。メモリ16GB、SSD 512GB NVMe、HDD 2TBと構成も十分だ。評価自体は悪くないが、比較対象モデルが優秀なのでまずはそちらを確認してほしい。

価格CPUグラボ
230,780円(税込)Ryzen 7 3700XRTX3060
メモリSSDHDD
DDR4 32GB512GB2TB

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

おすすめゲーミングPCランキング【2021年】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ゲーミングノートPCおすすめランキング【2021年】

イチオシのゲーミングノートPCを紹介している。外出先でもゲームを楽しみたいという方はぜひ参考にしてほしい。

G-Tune(マウスコンピュータ)の評判まとめ

を販売しているG-Tuneの評判を解説している。コスパ重視のモデルが多いのが特徴だ。プロゲーマーとのコラボやW水冷・VR推奨等コンセプトモデルが充実している。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。