DAIV Z7top


当記事では、DAIV Z7-CMの評判とレビューをまとめている。GeForce RTX 3060×Core i7-10700搭載のクリエイターPCだ。ゲーミングPCとして考えるにはややオーバースペックで価格が高めだと言える。比較対象を確認しておこう。

DAIV Z7-CMのスペック

daiva7syoumen

ブランド名DAIV
製品名Z7-CM
価格Windows 10 / 219,780円(税込)
CPUCore i7-10700
グラフィックボードGeForce RTX 3060
メモリDDR4-2666 32GB
SSDNVMe 512GB
HDD2TB
電源700W BRONZE
マザーボードAMD Z490
コスパ★★★★☆☆☆☆☆☆4.2

>>DAIV Z7-CMを購入<<

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★★★★☆
Apex-Legends
★★★★☆
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

DAIV Z7-CMのゲーミング性能まとめ

GeForce RTX 3060(GPU)

rtx3060seinounew

GeForce RTX 3060は、RTX 2060 SUPERの後継モデルとして登場した新しいグラフィックボードだ。RTX 2060 SUPERよりもゲーミング性能が高く、レイトレーシング・DLSSといった機能も強化されている。GPUメモリ容量が12GBと従来モデルよりも倍増したことで高解像度への適性も高くなった。DAIV Z7でこれまで搭載されていたRX 5700よりもワンランク上の性能ということになる。レイトレーシング・DLSS機能が搭載されている点でも優位性がある。今回のリニューアルはプラスに働くはずだ。

Core i7-10700(CPU)

i7-10700seinou

Core i7-10700は、8コア16スレッドとマルチスレッド性能の高いCPUだ。Intel製CPUも第10世代となってハイパースレッディングに対応となっている。RTX 3060と合わせる上でちょうどよい性能だと言える。クリエイター向けモデルということを考えると悪くない選択肢だ。動画編集やゲーム実況などCPU負荷の高い用途でも不足はない。

総合性能

DAIV Z7seinou

DAIV Z7-CMはゲーミングPCに近い性能を持つクリエイター向けPCだ。どちらにも適したマルチロールな性能でユーザーを選ばない。ゲーム向けのグラフィックボードを搭載しているので、ゲームも用途に入れておきたい。ゲーム性能は優秀なミドルクラスだ。標準設定であればFF14を4K環境で快適にプレイできる。

また、対人要素の強いApex Legendsやフォートナイトでは144Hz以上の高リフレッシュレートに対応可能だ。最新のゲームタイトルにも対応しやすい汎用性の高い扱いやすいゲーム性能を有している。高い水準での快適なゲームプレイに加え、用途を選ばない対応力がDAIV Z7の魅力である。ゲームプレイ以外であれば4K環境を容易に構築できる。作業の効率化を図るのにも最適なモデルだ。

>>DAIV Z7-CMを購入<<

DAIV Z7-CMの特徴&強み

クリエイター要素の強いモデル

DAIV Z7-CMは、RTX 3060×Core i7-10700搭載のクリエイターPCだ。クリエイターが求める性能を持つモデルとなっている。当然のことだが、ゲームよりも作業用に最適化されているように感じる。DAIVシリーズはこれまでのゲーミングPCをベースとしたモデルから方向性を変えてきた。DAIVとG-Tuneに明確な違いが出始めたので、ゲームを前提としているならDAIV Z7-CMはおすすめしにくい。

このモデルは作業を中心としつつ、ゲームもプレイするユーザー向けのモデルだ。簡単に言うとゲームもプレイするクリエイター向けのモデルである。RTX 3060搭載モデルに32GBのメモリを搭載しているのが特徴だ。ゲーミングPCではあまり見られない構成で、ここに魅力を感じられるかどうかだ。RTX 3060の性能を引き出すのはフルHDで、メモリは16GBあれば十分事足りる。

ゲーマーにとっては32GBというのは持て余しやすい。ただ、先々ハイクラス以上のパーツに交換する可能性があるなら32GB搭載はデメリットではない。もっとも、RTX 3060からの買い替えなら次世代以降となる。その時DDR4-2666というメモリ規格を受け入れられるかは微妙なところだ。

寛容な視点で見れば将来性の高いモデルで、厳しく見ると汎用性の低い扱いづらいモデルだ。この両極端とも言える評価がDAIV Z7-CMである。持て余す部分と扱いづらい部分があることで評価が上がらない。少なくとも初心者にはおすすめではない。純粋なクリエイター向けPCに近づいたため、やや人を選ぶモデルに変化したように感じる。

価格の高さが最大の弱点となる

DAIV Z7-CMの評価を下げるのは前述のような理由(メモリ容量の多さなど)もある。しかし、最大の要因はその価格である。構成変わらず2万円の値上げが適用された。これにより21万円台という価格帯に到達してしまった。RTX 3060搭載モデルとしては最高値クラスの価格設定である。クリエイター向けのRTX 3060搭載モデルが21万円なのは流石に厳しい。

さらに評価を下げているのがCPUだ。本来であれば価格を下げるメリットのある第10世代のCore i7-10700を採用している。それでも価格を抑えきれていないのがDAIV Z7-CMの評価の全てと言える。Wi-FiとBluetoothに標準で対応しているのはメリットだが、そんな小さなメリットを価格が全て打ち壊している。Wi-FiやBluetoothには2,000円~3,000円程度で対応可能だ。

強みとするにはそれほど強力な要素とは言えないのが現状だ。SSD 512GBとHDD 2TBのデュアルストレージもクリエイター向けPCならではの構成ではある。今のゲーミングPCは価格を抑えることが前提でシングルストレージが主流だ。ただ、これも価格を考えれば当然の装備と言える。ゲーミングPCであっても、この価格ならデュアルストレージになっていてもおかしくない。

DAIV Z7-CMは価格により様々な強みを失い、弱点だけが際立ってしまっている。キャンペーンで2万円の値引きが適用されても、元の価格に戻るだけで特別優れた内容ではない。現時点ではあまりおすすめできる要素はない。比較対象に近い価格と性能のモデルをそれぞれピックアップしているのでチェックしてほしい。ゲームを中心とするなら気に入るはずだ。

パソコンケースレビュー

側面

daiva7-sideゲーミングPCにはないデザインが特徴だ。右サイドには”DAIV”ブランドのロゴが大きく印字されている。左側面には排気口が設けられている。ミドルタワーらしさを存分に引き出している。

I/Oパネル

daiva7-iopanel全面上部にはI/Oパネルが配置されている。ヘッドフォン端子、USB3.1ポート Type-A×2、電源ボタンが配置されている。電源ボタンのインパクトが大きい。

正面カバー

daiva7-zenmen前面カバーは取り外すことができる。オプションを選択すればここに光学ドライブ・リムーバブルハードディスクベイ・SDカードが搭載されることになる。

SDカード

daiva7-sdcardSDカードを選択するとここに配置される。外付けではないので利便性が高い。また、その上部にはリムーバブルハードディスクベイを選択することができる。

電源

daiva7-dengen電源ボタンは本体の下に配置されている。重い電源を下側に設置することで安定感が増している。

>>DAIV Z7-CMを購入<<

他のゲーミングPCとの比較

ブランド名DAIVraytrekG-Tune
イメージdaivraytrek ZFtopnextgear-micro
製品名Z7-CMXFTD-S
価格219,780円(税込)219,980円(税込)164,780円(税込)
CPUCore i7-10700Core i7-11700Core i7-10700
GPURTX 3060RTX 3070RTX 3060
メモリDDR4-2666 32GBDDR4-3200 32GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GBNVMe 512GBNVMe 512GB
HDD2TB非搭載非搭載
電源700W BRONZE750W GOLD700W BRONZE
マザーボードZ490H570B460
公式公式公式公式
レビュー当ページレビューレビュー
比較対象は当サイトとG-TuneによるコラボレーションモデルG-Tune TD-S、ドスパラのraytrek XFだ。G-Tune TD-Sは同じCore i7-10700とRTX 3060を搭載したモデルだ。メモリ容量半減、HDD非搭載、チップセットのグレードをダウンし、価格を55,000円下げている。DAIV Z7-CMの構成に無駄を感じるのであれば同等の性能でライトな構成のG-Tune TD-Sの方が選びやすい。55,000円も安くなるならカスタマイズで構成も自由に構築できる。ゲーマーならG-Tune TD-Sの方がいい。

ただし、ミドルクラスの性能を求める場合に限る。予算で合わせるならもう一つの比較対象であるraytrek XFが圧倒的に優れている。raytrek XFはDAIV Z7-CMより4,000円程度安い。しかし、性能は圧倒的に優れている。CPU・GPU・メモリ・電源・チップセットでリードしている。

これだけ圧倒的なリードを広げていながら価格が安い。価格帯そして性能帯最強のモデルだ。raytrek XFもゲーミングPCではなく、クリエイター向けPCだ。ユーザーを選ばないオールラウンドなモデルと言える。予算で合わせるなら間違いなくraytrek XFがおすすめだ。

管理人による総評(DAIV Z7-CM)

daiva7syoumen

DAIV Z7-CMは、マウスコンピューターのDAIVブランドのクリエイターPCとなっている。GeForce RTX 3060とCore i7-10700の組み合わせでバランス的にはちょうどよいと言える。フルHD以上でのゲームプレイにも対応することが可能だ。GPUメモリ容量が多いというのは心強い。

Wi-Fi対応やBluetooth対応などは一般的なゲーミングPCにはない特徴だ。また、クリエイターモデルらしさはケースにも見られる。持ち運びがしやすい取っ手がついていたり、硬派なデザインになっていたりと好きな人にとっては堪らないだろう。メモリ32GB、SSD 512GB、HDD 2TBと構成も抜群だ。現時点では価格の高さがネックとなってしまう。比較対象モデルと合わせて確認して欲しい。

価格CPUグラボ
219,780円(税込)Core i7-10700RTX3060
メモリSSDHDD
DDR4 32GB512GB2TB

その他あなたにおすすめの記事はこちら!