New Dell G15 Special Edition


当記事では、New Dell G15 Special Edition プラチナ(RTX3060搭載)の評判とレビューをまとめている。RTX 3060 Mobile×Core i7-11800H搭載のミドルクラスのゲーミングノートPCだ。

New Dell G15シリーズの最上位モデルとなっている。15.6インチ165Hz対応モニターを搭載しているのもポイントだ。60番台になるとぐっと性能が高くなりますので、より安定したゲームプレイが可能だ。税込15,6万円の予算がある方はぜひチェックして欲しい。

該当モデル
dellg15hikaku

New Dell G15 Special Edition プラチナ(RTX3060搭載)のスペック

New Dell G15 Special Editionhaimen

ブランド名Dell
製品名G15 Special Edition プラチナ(RTX3060搭載)
液晶サイズ15.6インチ 165Hz
価格Windows 10 / 204,980円(税込)
クーポン利用 / 157,835円(税込)
CPUCore i7-11800H
グラボGeForce RTX 3060 Mobile
メモリDDR4-3200 16GB
SSD512GB NVMe対応
HDD非搭載
重さ約2.44kg
バッテリー駆動時間非公開
コスパ★★★★★★★★★★ 10.0 Over!!

>>New Dell G15 Special Editionプラチナ(RTX3060搭載)を購入<<

New Dell G15 Special Editionプラチナ(RTX3060搭載)のゲーミング性能

GeForce RTX 3060(GPU)

rtx3060mobileseinounew

New Dell G15 Special Editionプラチナ(RTX3060搭載)では、製品名の通りGeForce RTX 3060 Mobileを搭載している。Ampere世代におけるグラフィックボードでフルHD環境でなら60fps以上で安定させることができる。タイトルや設定次第では120fps以上でのゲームプレイにも対応可能だ。従来モデルのRTX 2060 Mobileと比べて8%程度パフォーマンスが高くRTX 2070 Mobileと同等以上の性能を持つ。

現行の下位モデルであるRTX 3050 Tiとの性能差は45%程度と大きい。50番台と60番台では大きな壁がある。適正が高いというわけではないがレイトレーシング・DLSSといった機能を使用することができる。デスクトップ向けのRTX 3060との性能差は19%程度とやや大きい。同じ感覚で購入してしまうと後悔してしまうかもしれない。デスクトップ向けのモデルとは異なるものだと理解しておこう。

Core i7-11800H(CPU)

i711800h-seinou

当該モデルに採用されているCPUは、ゲーミングノートPCでは定番のCore i7-11800Hだ。Intel第11世代の高パフォーマンスモデルで非常に人気が高い。モバイル向けCPUとしては最高峰だ。従来モデルのCore i7-10875Hと比べて30%以上も処理性能が向上している。Tiger Lake世代になって競合であるRyzenシリーズに追い越した。Ryzen 7 5800Hと同等以上のパフォーマンスを発揮する。8コア16スレッドとマルチスレッド性能が高く幅広い用途に対応することができる。動画編集・画像編集・WEBデザインなどの作業も得意としている。

>>New Dell G15 プラチナ(RTX3060搭載)を購入<<

New Dell G15 Special Editionプラチナ(RTX3060搭載)の特徴&注意点

RTX 3060 Mobile×i7-11800Hの組み合わせで最安値クラス

New Dell G15 Special Edition プラチナ(RTX3060搭載)は、クーポン利用で税込157,835円と非常に安価なモデルとなっている。RTX 3060 Mobile×Core i7-11800Hの組み合わせでは最安値クラスだ。送料が含まれていることを考えるとお得感がある。Intel製CPUにこだわりたい方にとっては魅力的な選択肢になる。Intel製CPUもTiger Lake世代になって10nmプロセスを採用している。

Intel製CPUは長らく14nmプロセスを採用していたが、Intelのモバイル向けのCPUは前世代のIce Lakeからようやく10nmを採用した。7nmプロセスを採用していたAMDに遅れをとっていた形だがやっと少し追いつけたと言ってもよいだろう。これでモバイル向けCPUも大きく成長した。Tiger Lake Core i7-11800Hは10nmの2世代目である。

新規格・新機能は2世代目から本格的に対応するのが常だ。つまり、Core i7-11800Hこそが10nmの真価を発揮するCPUだと言える。ゲーミングノートPCにとって、CPUの成長は非常に重要なテーマだ。GPU性能はデスクトップに並び立てるモデルも登場している反面、CPUに関しては大きく引き離されていた。これにより、いかに優れたGPUを搭載していてもCPUがボトルネックになり性能を引き出せなかった。

多くのショップは苦肉の策として、デスクトップ向けCPUをゲーミングノートPCに搭載するという手段に出た。熱の問題からデスクトップ向けのCore i5が中心だった。それは、最新のCPUであってもモバイル向けならデスクトップのCore i5に届かないということでもある。

Core i7-11800Hはそういった問題を払拭できる性能がある。RTX 3060 mobileとの組み合わせであれば、同価格帯のデスクトップPCにも勝る評価を得ている。性能帯最安値クラスのモデルは安いだけではない。はっきりと、最高のゲーム環境を視野に入れたモデルだ。

ゲーミングノートPCのラインナップの中でもRTX 3060 Mobile搭載モデルは人気が高い。そのモデルが安く購入できるなら候補に入れてもよいのではないかと思う。それがIntel製CPUを搭載しているならなおのことだ。

オブシディアンブラック採用のオシャレなデザイン

New Dell G15 Special EditionObsidian Black

Special Editionではオブシディアンブラックが採用されている。黒パールに輝くアルミニウム天板がかっこいいモデルだ。このオブシディアンブラックは、メルセデス・ベンツなどで採用されている人気のカラーだ。このカラーならオフィスやカフェなど使用する場所を選ばない。ただ単純に見た目がよいだけではない。最大の魅力はSpecial Editionのみ特別に165Hz対応モニター搭載だ。

通常は120Hzモニターを搭載していてワンランク上のモデルということになる。これはその名に恥じない豪華仕様と言える。設定次第では165Hzを活かすこともできるので、決して無駄にならない。ただし、120Hzと165Hzの体感できる差は極小さなものである。

それでも、気付けないだけで恩恵はある。どちらか選べるなら間違いなく165Hzだ。Special Editionという仰々しい名前に色違いだけの変化ということも考えられた。ゲーミングノートPCの中で最も変更を加えにくい本体部分を特別仕様にしたのは素晴らしい。

デザイン性と機能性の向上は間違いなくSpecial Editionである。性能的には120Hzの方が適切ながら、負荷の軽いタイトルでは165fpsで安定させて大は小を兼ねられる。より本格的なゲームプレイに対応できるというのは強みである。

本体重量約2.44kgと15.6インチモデルとしては重め

当該モデルの弱点は本体重量の重さにある。約2.44kgと15.6インチモデルとしてはかなり重いと言わざるを得ない。ゲーミングノートPCの重量で一つの基準となるのは2.0kgだ。やはり2.0kgを大幅に上回ってしまうと持ち運ぶが億劫になってしまう。車などでの持ち運びでないと心が折れてしまうかもしれない。

15.6インチは性能と携帯性のバランスを重視したサイズである。性能や機能は17.3インチ、携帯性は14インチが優れている。その中間に位置し、最も人気のあるのが15.6インチだ。そのバランスという特徴を失うのは少し厳しくも思える。性能と機能とデザインに長けたことで、重さという弱点は覆せるかもしれない。ただ、唯一無二と言えるほど優れた性能や構成を持ったモデルではない。携帯性を最重要視するのであれば、おすすめしにくいモデルである。

カバンに入れて持ち運ぶのも大変で基本的には自宅や職場など特定の場所で使用するモデルだと言える。性能・デザイン・コスパなどについては申し分ないが、この重さだけはNew Dell G15 プラチナ(RTX3060搭載)のデメリットだ。重さを受け入れられるのであれば選択しても後悔しないのではないかと思う。

>>New Dell G15 プラチナ(RTX3060搭載)を購入<<

競合モデルとの比較

ブランドDellDellGALLERIA
イメージNew Dell G15 Special EditionsouhyouDell G15 Ryzen EditionGALLERIA XL7C-R36
型番G15 Special Edition
プラチナ
G15 Ryzen Edition
プラチナ
XL7C-R36
11800H搭載
価格204,980円(税込)
157,835円(税込)
185,980円(税込)
143,205円(税込)
159,980円(税込)
送料本体価格に含む本体価格に含む3,300円(税込)
納期最短翌日出荷最短翌日出荷最短3営業日
液晶サイズ15.6インチ 165Hz15.6インチ 120Hz15.6インチ 144Hz
重量約2.44kg約2.57kg約2.10kg
バッテリー駆動時間非公開非公開約5.0時間
CPUCore i7-11800HRyzen 7 5800HCore i7-11800H
GPURTX 3060 MobileRTX 3060 MobileRTX 3060 Mobile
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSD512GB NVMe512GB NVMe512GB NVMe
HDD非搭載非搭載非搭載
Thunderbolt4
公式公式公式公式
レビュー当ページレビューレビュー
ここをチェック!!

RTX 3060 Mobile搭載モデル2機種と比較していこう。まずは似た構成を持つドスパラの「GALLERIA XL7C-R36 11800H搭載」だ。価格差は2,145円となる。送料を合わせると5,445円の差がある。納期についてはNew Dell G15 プラチナの方が早くなっている。少しでも早く手に入れたいなら魅力的だ。

液晶サイズについては同じ15.6インチだが、はNew Dell G15 プラチナはワンランク上の165Hz対応モニターを採用している。リフレッシュレートが高い分より滑らかなゲーム描写が可能だ。本体重量については、GALLERIA XL7C-R36 11800H搭載の方が14%軽く約2.10kgとなっている。持ち運びがメインならGALLERIA XL7C-R36 11800H搭載は魅力的だろう。細かい部分だとG15 Special Edition プラチナでは4列のテンキーが採用されていて3列のテンキーを採用しているGALLERIA XL7C-R36 11800H搭載よりも使い勝手がよい。

最後に同じDellの「G15 Ryzen Edition プラチナ」と比較していこう。価格差は14,630円だ。異なっているのは本体重量とCPUのみとなっている。本体重量はNew Dell G15 プラチナよりも5%程度重い。CPUについては第4世代Ryzen 7 5800Hを搭載している。CPU性能は同等だと考えてよいが、ゲーム適正についてはCore i7-11800Hに軍配が上がる。それでもコストパフォーマンスを考えるとG15 Ryzen Edition プラチナが優れている。

New Dell G15 Special Editionプラチナ(RTX3060搭載)の本体レビュー

正面

New Dell G15 Special Editionsyoumen
3辺スリムベゼルデザインを採用していてすっきりとした印象を与えてくれる。本体はオブシディアンブラックでかっこいい。

天板

New Dell G15 Special Editionhaimen
天板にはDellのロゴが配置されている。光の当たり方で見え方が変わるオシャレなデザインだ。やや本体の分厚さを感じてしまう。

キーボード

New Dell G15 Special Editionkeyboard
テンキーを搭載したキーボードを採用している。上記画像は英語キーボードとなっている。国内モデルについては日本語キーボードが搭載される形だ。

左側面

New Dell G15 Special Editionleft
本体左側にはLANポート及びヘッドフォン/マイク端子が設けられている。

右側面

New Dell G15 Special Editionright
本体右側にはUSB 3.2 Gen1及びUSB 3.2 Gen 1(PowerShare対応)を搭載している。

背面

New Dell G15 Special Editionback
背面にも端子があり、Thunderbolt 4、USB 3.2 Gen1、HDMI、電源入力端子が配置されている。Thunderbolt 4はDisplayPort Altモード対応でモニター出力を行える。お仕事などでの使用に最適だ。

>>Dell G15 Ryzen Edition プラチナを購入<<

管理人による総評

New Dell G15 Special Editionsouhyou

New Dell G15 Special Edition プラチナは、RTX 3060 Mobile×Core i7-11800H搭載のゲーミングノートPCとなっている。Special Editionではオブシディアンブラックのカラーに165Hz対応モニターを搭載していてワンランク上のゲーム体験を得られる。フルHD環境で納得のいくゲームプレイが可能だ。メモリ16GB、SSD 512GBと構成も充実している。

本体重量が約2.44kgと重いのがネックだ。RTX 3060 Mobile搭載モデルで税込15万円台とコストパフォーマンスに優れたモデルであることは間違いないが、持ち運びが多い方にとってはそれ以上にデメリットが大きくなってしまうかもしれない。

価格CPUグラボ
157,835円(税込)i7-11800HRTX3060
メモリSSDHDD
16GB512GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya