FRGAH470FWS5top


当記事では、FRONTIER GAシリーズFRGAH470F/WS5のレビューをしている。GTX 1660 SUPER搭載の高コスパゲーミングPCだ。12万円前後の予算を考えている方はぜひチェックしておこう。ガレリアGXTなどが競合となる。

各タイトルの対応表

PUBG黒い砂漠FF14Fortnite
pubg
★★★★☆(対応)
kurosabakutop
★★★★☆(対応)
ff14suisyou
★★★★☆(対応)
fortnite
★★★★☆(対応)

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

FRGAH470F/WS5は、標準的な性能のグラフィックボードと非常に高い性能を持つCPUを搭載したゲーミングPCだ。グラフィックボード性能に比べるとややCPU性能が高くなっているので、ゲームだけの用途では扱いづらさがあるかもしれない。GTX 1660 SUPERであれば従来のi7-9700でも十分に対応できただろう。このCPUを上手く扱えるかどうかで、対応力は変わってくる。高リフレッシュレートや配信を前提とした選択が必要になる。

FRGAH470F/WS5のスペック

frontiergr

ブランド名【GAシリーズ】 第10世代Core i7 + GTX 1660 SUPER
製品名FRGAH470F/WS5
価格Windows 10 / 137,600円
キャンペーン / 119,800円
CPUCore i7-10700
グラフィックボードGeForce GTX 1660 SUPER
メモリDDR4-3200 16GB(2933動作)
SSDNVMe 500GB
HDD2TB
電源850W GOLD
マザーボードチップセットH470

>>>>>FRGAH470F/WS5を購入する<<<<<

FRGAH470F/WS5のゲーミング性能

GeForce GTX 1660 SUPER(グラフィックボード)

gtx1660superseinou

GTX 1660 SUPERは、GTX 1660の後継モデルとして登場したグラフィックボードだ。かつて人気だったGTX 1660 Tiに置き換わった形になる。性能は同等で価格が抑えられている。扱いやすさと価格の安さで人気である。

価格を抑えた高性能なモデルなら、まずGTX 1660 SUPER搭載モデルが挙げられるだろう。ゲームの推奨環境を全て満たせているので、エントリークラスとしての選択もありだ。高解像度への対応力は非常に低いのでフルHDを前提としたい。

Core i7-10700(CPU)

sa2-e-sports-i7-9700

Core i7-10700は、8コア16スレッドの高パフォーマンスモデルだ。前世代のCOre i9-9900に近い性能を持つ最新のCPUとなっている。まだまだ割高で搭載しているショップが多い中、フロンティアは従来と大きく変わらない価格で搭載モデルを販売した。

GTX 1660 SUPERとのバランスはやや悪い。ただ、グラフィックボードの性能を活かしきれるので、CPU性能が高い分にはマイナスにならない。むしろ、用途の幅に広がりが出たと言える。ゲームにだけ特化したゲーミングPCから、様々な用途に対応出来るパソコンへ昇華させるCPUだ。

総合性能

FRGAH470FWS5seinou

グラフを見て分かる通り、CPU性能が突出している。グラフィックボードの性能を100%活かせるという意味では良いCPUだ。配信等を考えていないなら、ややバランスの悪いCPUでもある。ただ、これだけCPU性能が高ければ、グラフィックボードの性能不足に陥った際は、グラフィックボードの交換だけで済む可能性もある。将来性は高いので悪い選択とはならないだろう。

FRGAB450/WS5/NTKの特徴

ミドルクラストップクラスのコストパフォーマンス

GTX 1660 SUPERとi7の組み合わせは、多くの場合税抜12万円台で展開されている。FRGAH470F/WS5はメモリ16GB、SSD 1TB、HDD 2TBと構成も充実している。その上で、価格は税抜11万円台にまとめられているのは高評価だ。最新のCPUを搭載していること、構成に隙がないことを合わせて考えると、非常に優秀なモデルである。

ミドルクラスの中でもコストパフォーマンスはトップレベルと言っても良いだろう。i7-10700とGTX 1660 SUPERを組み合わせ、メモリ16GBを搭載しているモデルは、他ショップなら14万円台になる。実質3万円ほどお得に選択出来る。税抜11万円台はGTX 1660搭載モデルが中心の価格帯だ。

そこにGTX 1660 SUPER搭載モデルが割って入るなら、評価が高くなることは間違いない。ただ、フロンティアのセール製品として見ると、少しインパクトが弱く感じてしまう。これはストレージや電源が充実していることが影響している。これらはほぼ共通の構成となっている。

充実の構成が仇となり価格が思ったより抑えきれていない。構成を考えると十分抑えられてはいるが、価格自体のインパクトが薄い。ストレージも電源も少しランクを下げて10万円台にでもなれば爆発的な人気になるだろう。それだけに少し惜しい。ただし、ミドルクラスでトップレベルのコストパフォーマンスを誇っていることは事実である。高みに到達して尚、その上を求めること自体が期待の表れと思ってもらいたい。

ミドルクラスのゲーミングPCを探しているなら、まず間違いなくおすすめしたいモデルである。あともう少し、ほんの少しと求めてしまうのは望み過ぎだろう。それでもフロンティアならと、考えてしまうあたり少し感覚が崩れているのかもしれない。

ミドルクラス最強のゲーミングPC

これまで、GALLERIA GXTやG-Tune TD-Gが最強モデルに君臨していた。どちらも129,000円ほどだった。そこに119,800円で展開する性能の高い製品が登場した。これまで接戦を繰り広げてきた2製品を置き去りにするモデルだ。ただ、残念なことはセール製品ということで、正式な最強モデルというわけにはいかない。基本的に期間限定でトップになったモデルという扱いである。

Core i7-10700を搭載して、i7-9700搭載モデルよりも安いということだけは忘れないで欲しい。コストパフォーマンスも然ることながら、性能の高さでもずば抜けている。特にゲーミングPCではゲームへの性能が求められる。そのゲーム性能はi7-9700の比ではない。i9-9900に並ぶCPU性能が何よりの魅力だ。

信じられないことに、これまでのトップモデルよりも安くて高性能なモデルなのである。構成を削ったわけでもない。むしろ構成は非常に充実している。このクラスの850W GOLDを搭載していることからも分かるだろう。

コストパフォーマンスが最も優れたモデルが、基本的に最強モデルとなる。FRGAH470F/WS5はコストパフォーマンス、そして性能でも最強クラスなのだ。ミドルクラスの常識だけではなく、最新モデルは高くなるというパソコンの常識をも打ち崩すモデルだ。

これが常時販売されるようなことになれば、ミドルクラスは大きな改革を求められることになる。他ショップも価格を値引き、対抗出来る製品を多く排出してくるだろう。そうなれば、ユーザーにとってはプラスでしかない。より良い製品のために頑張ってもらいたい。FRGAH470F/WS5が存在しているうちは、FRGAH470F/WS5がミドルクラス最強である。

FRGAH470F/WS3の安さを検証

ブランドGAシリーズGALLERIA
画像FRGAH370FWSKNTKgalleria gxfimg
製品名FRGAH470F/WS5GXT
価格119,800円129,980円
CPUi7-10700i7-9700K
GPUGTX 1660 SUPERGTX 1660 SUPER
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 500GBNVMe 1TB
HDD2TB非搭載
電源850W GOLD650W BRONZE
マザボH470Z390
公式公式公式
比較対象は、既に存在していない前最強モデルGALLERIA GXTだ。FRGAH470F/WS5がどれほど優れているのかを確認して欲しい。まず、CPU性能はi7-10700の方が上である。オーバークロックに対応したi7-9700Kも類稀なるゲーム性能を発揮するので、ゲームに関しては同等という評価を下したい。

メモリは規格でFRGAH470F/WS5が勝る。ストレージの差は微妙なラインである。利便性を考えるとFRGAH470F/WS5の方が上だろうか。電源は比べるまでもなくFRGAH470F/WS5となる。チップセットはそれぞれのCPUを活かす選択なので同等。一番の違いはこの価格だ。

GALLERIA GXTもそれなりに健闘はした。しかし、この1万円の差は大きい。総合評価で上回るFRGAH470F/WS5の方が安いのだ。これが全てと言っても過言ではない。登場して、しばらく後に消えたGALLERIA GXTもまた、キャンペーンモデルだったのだろう。同じセール・キャンペーンモデルとして見ても、FRGAH470F/WS5が優れている。

GAシリーズケース詳細

正面

gaseries-syoumen正面からの写真だ。本体がリニューアルされてビジネスモデルからゲーミングモデルへと見た目も変わっている。レッドのラインがオシャレだ。

右側面

gaseries-right右側面はシンプルだ。ミニタワーよりのケースとなっている。幅200mm×高さ423mm×奥行き485mmだ。ドスパラのKTケース(ミドルタワー)が幅207mm×高さ450mm×奥行き520mmと一回り大きい。排熱性能や拡張性に関しては大きい方が優勢だ。

左側面

gaseries-left左側面には大きめの排気口が搭載されている。効率の良い電源ユニットを搭載していることから安定したゲームプレイが約束される。

I/Oパネル

gaseries-iopanel前面のI/OパネルにはUSBポート×2、マイク入力端子、ヘッドホン出力端子、電源ボタンを備える。キレイに配置されていて使い勝手も良好だ。

管理人による総評(FRGAH470F/WS5)

gaseries-right

非常に高いコストパフォーマンスを持つゲーミングPCだ。比較対象もいないほど完成された一台となっている。近い製品としてこの価格帯を代表するモデルGALLERIA GXTを挙げようかとも考えた。しかし、明らかにFRGAH470F/WS5の方が優れ、比較というよりもGALLERIA GXTよりもどう優れているかの確認で終わってしまう。

期間限定ながらミドルクラスの王座に座った究極のゲーミングPCは今最もおすすめしたいモデルである。デメリットを挙げるとすれば期間限定モデルだということだ。もっとも後日在庫が追加される可能性はある。性能的にもFULL HDで高いゲーミング性能を発揮する。

メモリ16GB、SSD 512GB、HDD 2TBと抜群の構成を持つ。ゲームプレイだけではなくクリエイター用途としても活用することが可能だ。12万円前後の予算を考えている方はまず検討して欲しい。

価格CPUグラボ
119,800円Core i7-10700GTX16600Super
メモリSSDHDD
DDR4 16GB500GB2TB

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2020年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

フロンティア(FRONTIER)の評判解説

FRGAH470F/WS5を販売しているBTOメーカーフロンティアの特徴や評判をまとめている。セールがお得なメーカーで人気がある。フロンティアの人気モデルも紹介。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る