frontier



当記事では、FRONTIER GAシリーズFRGAH370/WS11のレビューをしている。【GAシリーズ】第9世代Core i7 + RTX2070搭載モデルとなる。セール対象モデルの中でもおすすめ度が高い一台。

期間限定モデルに騙されるな!!
フロンティアでは台数限定セールと呼ばれるセールが行われている。しかし、実態は台数限定と表記はされているもののキャンペーンが終わっても新たにラインナップに加わることがほとんどだ。稀に実際になくなることもあるので絶対とは言えないが、台数限定セールだからと言って慌てなくも良い。

FRGAH370/WS11のスペック

ブランド名GAシリーズ
製品名FRGAH370/WS11
価格Windows 10 /164,800円
CPUCore i7-9700K
GPUGeForce RTX 2070
メモリDDR4-2666 16GB
SSD480GB
HDD2TB
電源850W 80PLUS GOLD
マザーボードチップセットH370
コスパ-
税抜き164,800円とこのクラスのモデルとしては安い。グラフィックボードは最新のRTX2070を採用。CPUも第九世代のCore i7-9700Kを搭載している。ボトルネックとなることはなく相性の良い構成だと言えるだろう。メモリDDR4 16GB、SSD 240GB、HDD 2TBとカスタマイズをする必要がないほどの構成だ。

電源ユニットも850W 80PLUS GOLDと大容量モデルが搭載されている。なお、日本製コンデンサ仕様となっているが、一流メーカーのものが採用されているわけではないので注意が必要だ。日本製という言葉に過度に期待してはダメだ。当然必要十分な性能・品質は担保されている。

FRGAH370/WS11の安さを検証

NEXTGEAR-M im620GA1-SPと比較

ブランドGAシリーズNEXTGEAR-MICRO
画像frontiergrim610
製品名FRGAH370/WS11im620GA1-SP
価格164,800円199,800円
CPUi7-9700Ki7-9700K
GPURTX2070RTX2070
メモリ16GB16GB
SSD480GB非搭載
HDD2TB1TB
電源850W GOLD700W BRONZE
マザボH370Z390
公式公式公式

他メーカーと比べて50,000円ほどお得な計算

評判の良いG-Tune製ゲーミングPC「NEXTGEAR-M im620GA1-SP」と比較してみよう。ほぼ同じ構成あるいはFRGAH370/WS11の方が優れているにも関わらず価格が35,000円安く設定されている。さすがセール対象モデルと言えるだけあって20%引きは大きい。

さらに、SSD搭載+8,800円、HDD 1TB→2TB +3,800円、電源ユニット700W BRONZE→700W GOLD +6,800円とすると、G-Tuneの構成を揃えると19,400円が掛かることになる。マザーボードの規格が上であることからその分で5,000円引いたとしても14,400円お得であることがわかる。価格差35,000円+カスタマイズ14,400円で50,000円もオトクになっているのだ。驚異的なコストパフォーマンスの高さはフロンティアの強みだろう。

ただし、電源ユニットについてはホワイトボックスとなっているため単純に比較できるものではない。もしかしたら、電源容量は劣っていても品質が高くコストを掛けている可能性もある。それは誰にもわからない。

当該モデルの総合評価

知名度は高くないがコスパは高い

フロンティアはゲーミングPCブランドとして知名度は高くない。しかし、他のBTOメーカーと比べて20%以上安く販売しているモデルも多い。当該モデルもそれに該当している。

価格を重視している方にとっては魅力的な選択肢となるだろう。当然保証もしっかりしていて十分選ぶ価値があると言える。企業努力の結果だろう。

4K解像度でのゲームプレイにも対応可能

FRGAH370/WS11は、RTX2070を搭載した最新のゲーミングPCだ。GTX1080を超えるパフォーマンスを持ち4K解像度でもゲームプレイが可能だ。また、レイトレーシングやDLSS技術にも対応しているため今後に期待ができる。もし、そのような技術に対応したタイトルが増えればよりその価値を高めることになる。

Core i7-9700Kは、8コア8スレッドに対応したCPUでゲームの適正度が高い。クロック周波数も高く最適な環境でーゲムプレイが可能だ。メモリも大容量でゲームはもちろん、動画編集などでも高い適応力を持つ。

マイナス面はチップセットとケースデザイン

価格が安いということはわかっていただけたと思う。次は、どうして安いのか?なにかデメリットがあるのではないか?ということに答える。マイナス面を受け入れられるのであれば当該モデルはあなたにとって最適な選択肢になると言える。

チップセットはH370でオーバークロック非対応

FRGAH370/WS11のデメリットの一つはマザーボードのチップセットがH370となっている点だ。マザーボードは、CPUやグラフィックボードなどのパーツを取り付ける基盤となっている。このチップセットとは規格のことと考えてよい。H370は、オーバークロックに対応していない。

通常CPUの末尾にKが付されているものであればオーバークロックで性能を引き上げることができる。当該モデルにはCore i7-9700Kが搭載されオーバークロックができるのだが、マザーボードのチップセットが廉価なタイプのため利用できない。ただし、初心者の方はそれほど気にしなくても良い。保証の対象外になったり、故障の原因になったりとオーバークロック自体にデメリットがある。

ケースデザインがゲーミングっぽくない

ケースデザインはお世辞にも良いとは言えない。シンプルすぎて通常のパソコンと違いがわからない。例えば、ドスパラのGALLERIAやマウスコンピューターのG-Tuneではケースにもこだわりが濃く見られる。

排熱性能、機能性、デザイン性全てにおいて渾身のケースだと言える。その点フロンティアのGAシリーズはあくまでも一般モデルでゲーミング向けの高性能なCPUやグラフィックボードを搭載しているだけなのだ。デメリットとして理解しておく必要がある。

>>>>>FRGAH370/WS11を購入する<<<<<

売れ筋のモデルがわかるパーフェクトガイド

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2018年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

フロンティア(FRONTIER)の評判解説

FRGAH370/WS11を販売しているBTOメーカーフロンティアの特徴や評判をまとめている。セールがお得なメーカーで人気がある。フロンティアの人気モデルも紹介。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る