FRGAH370FWS1NTK



当記事では、FRONTIER GAシリーズFRGAH370F/WS1/NTKのレビューをしている。【GAシリーズ】RTX 2080 SUPER + 大容量SSD搭載の最新ゲーミングPCだ。

4K解像度でのゲームプレイもできる高性能モデルだと言える。最も売れているゲーミングPCである「GALLERIA XG」と比較しながら安さの検証を行う。同じ価格でグラフィックボードの性能をワンランク引き上げられるというのがポイントだ。

期間限定モデルに騙されるな!!
フロンティアでは台数限定セールと呼ばれるセールが行われている。しかし、実態は台数限定と表記はされているもののキャンペーンが終わっても新たにラインナップに加わることがほとんどだ。稀に実際になくなることもあるので絶対とは言えないが、台数限定セールだからと言って慌てなくも良い。

FRGAH370F/WS1/NTKのスペック

ブランド名GAシリーズ
製品名FRGAH370/WS10/NTK
価格Windows 10 / 213,400円
キャンペーン / 179,800円
CPUCore i7-9700F
GPUGeForce RTX 2080 Super
メモリDDR4-2666 16GB
DDR4-2666 32GB
SSD1TB M.2
HDD2TB
3TB
電源850W 80PLUS GOLD
マザーボードチップセットH370
コスパ-
当該モデルはRTX2080 Super搭載モデルの中でも最高のコストパフォーマンスを誇るゲーミングPCだ。キャンペーン期間中はどの製品よりも充実した構成を持ち、比較となる製品は存在しないレベルである。税込み20万円ほどで大容量HDD 3TB、大容量SSD 1TBのストレージ、そして大容量32GBのメモリを搭載している。その性能を支える電源は850W GOLDであり、構成面に関してはとてもこの価格で実現できなさそうなものばかりだ。

ただ、CPUがi7-9700FとなっておりRTX 2080 Superの性能を活かしきれるかは少し疑問だ。そしてこのCPUがこのモデル唯一のネックであることを考えれば、このモデルの評価の高さが伺い知れる。理想は2万円プラスとなるi9-9900KFへのカスタマイズだ。それを込みにしても十分安いのでこのクラスのモデルを検討している方は必見。

FRGAH370F/WS1/NTKの安さを検証

GALLERIA XGと比較

ブランドGAシリーズGALLERIA
画像frontiergrgalleriaxv-2
製品名FRGAH370F/WS1/NTKXG
価格213,400円
179,800円
189,980円
CPUi7-9700Fi7-9700K
GPURTX2080 SuperRTX2080 Super
メモリ16GB
32GB
16GB
SSD1TB M.2512GB NVMe対応
HDD2TB2TB
電源850W GOLD750W GOLD
マザボH370B365
光学ドライブ非搭載非搭載
公式公式公式

高性能なモデルを39,000円安く購入できる

比較対象モデルとしてドスパラのRTX 2080 Super搭載モデルをピックアップした。GALLERIA XGをピックアップしたのはRTX 2080 Superを代表するモデルの一つで比較対象として分かりやすく、価格も近いということで選択している。構成面を見ると、FRGAH370F/WS1/NTKに軍配があがることを前提にして価格差は1万円となっている。

メモリ容量は2倍でカスタマイズ費用は+18,700円となっている。キャンペーン中だけとは言え32GB搭載は魅力的だ。SSD容量も2倍の1TBとなっており、カスタマイズ費用は+7,400円だ。NVMe対応モデルではないが、容量を考えると問題はない。HDD容量は1.5倍の3TBでカスタマイズ費用は+2,900円。電源ユニットも850W GOLDへ合わせると2,000円となる。しかし電源に関してはGALLERIA XGはブランド製品しか選択できないので加味しないこととする。

その場合の価格差はなんと29,000円と大きく開いている。元々の価格差1万円を足すと39,000円の差があることになる。カスタマイズ費用はやや高めに設定されていることもあり、実際にドスパラが同じ構成のモデルを販売したとすれば価格差はそこまで開かないだろう。それでもFRGAH370F/WS1/NTKが非常にお得であることに変わりはない。

GAシリーズケース詳細

正面

gaseries-syoumen

正面からの写真だ。本体がリニューアルされてビジネスモデルからゲーミングモデルへと見た目も変わっている。レッドのラインがオシャレだ。

右側面

gaseries-right

右側面はシンプルだ。ミニタワーよりのケースとなっている。幅200mm×高さ423mm×奥行き485mmだ。ドスパラのKTケース(ミドルタワー)が幅207mm×高さ450mm×奥行き520mmと一回り大きい。排熱性能や拡張性に関しては大きい方が優勢だ。

左側面

gaseries-left

左側面には大きめの排気口が搭載されている。効率の良い電源ユニットを搭載していることから安定したゲームプレイが約束される。

I/Oパネル

gaseries-iopanel

前面のI/OパネルにはUSBポート×2、マイク入力端子、ヘッドホン出力端子、電源ボタンを備える。キレイに配置されていて使い勝手も良好だ。

管理人による総評(FRGAH370F/WS1/NTK)

gaseries-right

最新の技術を思いっきり堪能できる最高峰のゲーミングPCだ。RTX2080 Superを搭載したゲーミングPCということでレイトレーシングやDLSSなどのような最新技術を思う存分に活用し楽しむことが可能だ。いずれもより快適にゲームをプレイできる環境づくりに貢献してくれる。レイトレーシングはこれまでクリエイター向けのQuadroで採用されていた技術で、ゲームグラフィックスでは影をよりリアルに描写ができるなどの特徴がある。

ディープラーニング技術によってアンチエイリアス処理をより効率的に行える。テクスチャのジャギーをなめらかにすることができフレームレートの向上が見込める。DLSSは、まだまだ対応タイトルは少ないものの将来性が高いモデルだと言える。あまり詳しく解説すると難しいのでそういったものもあるのだ程度に考えておくとよい。

FRGAH370F/WS1/NTKが驚くべきなのはその価格設定だ。FRONTIERのモデル自体どれもコストパフォーマンスが高い傾向にある。その中でもFRGAH370F/WS1/NTKはずば抜けている。競合と比べて価格が安いにも関わらず、メモリ容量・SSD容量・電源ユニットで上回っている。台数限定という縛りがあるためランキングに入ることはないが、コストパフォーマンスでは圧倒的な一台だ。

何をするにも余裕のある性能、何をするにも不足の無いストレージ、何をするにも安定する電源。ゲームをプレイする上で必要なものは全て揃っているのが最大の特徴だ。コストパフォーマンスよりも標準でこの充実した構成を持っていることに注目したい。多くのゲーミングPCが価格を抑えながら構成を少しでも充実させようとしている中、FRGAH370F/WS1/NTKは低価格と高構成を両立したモンスターマシンだ。

CPU以外カスタマイズする箇所が見当たらないくらい完成されているため、パーフェクトなゲーミングPCを目指すならCPUをアップグレードさせておきたい。ハイエンドな性能とウルトラハイエンドな構成を持つモデルがハイクラスの価格で購入することができるというだけでおすすめするには十分な理由となるだろう。

価格CPUグラボ
179,800円Core i7-9700FRTX2080Super
メモリSSDHDD
DDR4 32GB1TB3TB

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2020年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

フロンティア(FRONTIER)の評判解説

FRGAH370F/WS1/NTKを販売しているBTOメーカーフロンティアの特徴や評判をまとめている。セールがお得なメーカーで人気がある。フロンティアの人気モデルも紹介。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る