FRGAH47037AKDtop


当記事では、FRONTIER GAシリーズFRGAH470/37A/KDのレビューをしている。価格.com限定モデルの一つだ。RTX 3070×i7-10700F搭載のゲーミングPCで構成が充実しているのが魅力となっている。2021年2月に他のゲーミングPCと同じように価格が引き上げられてしまった。価格.com限定モデルだからという特別扱いはないようだ。仕入れ価格が大幅に上がってしまっているということだろう。

FRGAH470/37A/KDのスペック

gaseries-right

ブランド名FRONTIER
製品名FRGAH470/37A/KD
価格Windows 10 / 163,455円
(税込179,801円)

・追記
Windows 10 / 188,000円
(206,800円)

CPUCore i7-10700F
グラフィックボードGeForce RTX 3070
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 1TB
HDD2TB
電源850W GOLD
マザーボードチップセットH470
コスパ★★★★★★★★★☆ 9.2

・追記
★★★★★★★★☆☆ 7.8

>>FRGAH470/37A/KDを購入<<

価格高騰に注意

FRGAH470/37A/KDは、26,000円の値上げ後に1,000円の値引きが適用された。RTX 3070搭載モデル自体他のグラフィックボードに比べると供給は比較的安定しているが、価格はかなり不安定だ。複数回の値上げは当然のように行われている。その中で、価格が下がるモデルも僅かながら存在する。FRGAH470/37A/KDもその一つだ。税込20万円を超える価格は選びにくいかもしれない。

それでも、価格以上の価値のある構成を持っている。総ストレージ容量3TB、850W GOLDの電源はFRGAH470/37A/KDの評価を高める要因だ。性能はよくあるRTX 3070搭載モデルだ。しかし、この構成に並ぶことのできるモデルは限られている。充実した構成こそがフロンティア製品最大の強みだ。構成が優れるモデルはカスタマイズの必要性が低い。そのまま選択することを前提としているので初心者にはおすすめしやすい。

カスタマイズの幅自体は広くないことは理解しておこう。理想を求めるユーザーにとってはカスタマイズの自由度が低いことをデメリットに思うかもしれない。FRGAH470/37A/KDはカスタマイズを行うか行わないかで評価が分かれる。そういった意味ではやや初心者寄りのモデルと言える。標準構成のまま使用するなら間違いなく優秀なモデルだ。

RTX 3070搭載モデルは品切れになりにくくはなっているが、まだまだ不安定である。FRGAH470/37A/KDもいつ価格や構成が変更されるかわからない。もしも迷っているなら思い切って選択してみるのも一つだ。比較対象に優れたモデルがあるので、そちらと比較して検討してみるのも悪くない。今はお得なモデルの基準が少し変わり始めていて選ぶのが難しい時期だ。ある程度の妥協は必要でも、自分が納得できる製品を選択してほしい。

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

FRGAH470/37A/KDのゲーミング性能

FRGAH47037AKDseinou

性能はオーソドックスなRTX 3070搭載モデルと言ったところだろうか。最もポピュラーなCore i7-10700FとRTX 3070の組み合わせである。その性能は既存のゲームを快適にプレイするには十分なものだ。フルHD、WQHDであれば高リフレッシュレートも安定しやすい。

4Kを最高設定でプレイするには60Hzを基準にする必要がある。FF14のように要求スペックの低いタイトルでも4Kになると負荷は高めだ。高リフレッシュレートは期待できない。フルHDであればApex Legendsなら360Hzを目指せる。ただ、ゲームの性質上360fpsで安定させるのは難しいかもしれない。平均300fps程度と考えておく方がよい。

Apex Legendsだけでなく、負荷の高い場面のあるタイトルではなかなか安定しにくい。フォートナイトは360fpsで安定するので、ゲームに合わせて設定の調整が必要になる。最高設定でどんなゲームも快適にプレイできるが、高リフレッシュレートに限り少しだけ設定を下げることを想定しておかなくてはならない。優秀な性能でも対応しきれない環境がフルHDにもある。

>>FRGAH470/37A/KDを購入<<

FRGAH470/37A/KDの特徴まとめ

装備を外し価格を下げ、評価は微増

FRGAH470/37A/KDは、光学ドライブ非搭載モデルへ変更された。これにより価格が6,000円ほど安くなった。この変化はほんの小さなことで、大きく評価を変えるほど魅力的なものではない。それでもユーザーにとってはメリットのある変更だ。光学ドライブを追加するには4,000円で事足りるので、必要だったとしてもお得な変更が加えられている。

税抜163,455円になったことで税込価格は179,800円と分かりやすくなった。ここに送料が加えられるので合計183,100円である。従来が合計190,080円だったので税込価格で言えばおよそ7,000円お得だ。今は光学ドライブを必要とする場面が非常に限られている。OSの再インストールやドライバすらオンライン、あるいはUSBフラッシュメモリで対応できる。光学ドライブはいざというときある方が便利である。

今は光学ドライブを選択するということがなくなっていることも事実だ。光学ドライブ非搭載のデメリットは小さい。オンラインで対応したり、外付けの光学ドライブを搭載したりすることが多い。ゲームのインストールもプリンターのドライバー更新もオンラインでできるものも少なくない。1,000円~2,000円もあれば外付けの光学ドライブを取り付けることも可能だ。標準搭載であることよりも、非搭載で価格を抑えたモデルの方が評価が高い。

もっとも、多くのショップは光学ドライブを非搭載にしても価格が変わらないのでFRGAH470/37A/KDの強みと言える。RTX 3070搭載モデルは数多くあれど、これだけ充実した構成を持ちながら価格をここまで抑えたモデルはない。価格.com限定モデルはコラボレーションモデルの中でも特に評価が高い。選択しようとしたなら迷う必要はない。

早めに選択したい完成度の高いモデル

現在フロンティアを始め、様々なショップでRTX 3070搭載モデルの数が減少傾向にある。以前から噂されていた品薄状態が加速している可能性が高い。そのため、FRGAH470/37A/KDのように優れたRTX 3070搭載モデルは貴重である。フロンティアの展開するお得なモデルはほぼ全てが販売台数限定だ。選択しようとした時には販売が終了していることも珍しくない。

そして、RTX 3070搭載モデルはしばらく入荷してこないことも考えておかなければならない。これまでロングセラーのセールモデルとして長らく販売されていたFRGAH470/37A/KDのベースモデルが取り扱われていない。また、RTX 3070搭載モデルの限定台数も少なくなっているように感じる。時間経過で元に戻るとは思う。しかし、今は入手できるショップが限られている。

FRGAH470/37A/KDは非常に完成度の高いモデルである。僅かながらまだ販売されている。選ぶなら早めに選択しておきたいモデルだ。RTX 3070搭載モデルの減少は人気モデルから消えていくことになる。品薄が解消されるまで、評価の低いモデルしか選べなくなるかもしれない。強力なRTX 3070搭載モデルの中でも頭一つ抜けたFRGAH470/37A/KDは狙い目だ。

コストパフォーマンスの評価はもちろん、性能と構成と価格のバランスが素晴らしい。FRGAH470/37A/KDよりも優れたモデルを探す方が難しいくらいだ。現状最強クラスのゲーミングPCと言っても過言ではないだろう。ゲームやゲーム以外の用途でも輝く性能で、オールラウンドに応えられるモデルだ。今最も熱いゲーミングPCである。

>>FRGAH470/37A/KDを購入<<

似ているゲーミングPCとの比較

ブランド名FRONTIERG-Tune
イメージFRGAH470FWS7nextgear-micro
製品名FRGAH470/37A/KDTD-G
価格188,000円169,800円
CPUCore i7-10700FCore i7-10700
GPURTX 3070RTX 3070
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 1TBNVMe 512GB
HDD2TB2TB(キャンペーン)
電源850W GOLD700W GOLD
チップセットH470B460
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象は当サイトとG-Tuneによるコラボレーションモデル、RTX 3070搭載最強モデルのG-Tune TD-Gだ。G-Tune TD-Gは構成では落ちるが、価格は2万円安いことが主張だ。FRGAH470/37A/KDはメモリ規格、SSD容量、電源容量、チップセットに優れる構成が強みだ。この2製品は真っ向から比較するとどちらがよいか判断しにくい。

単純に構成を重視するのか、価格を重視するのかで選ぶくらいでよさそうだ。2万円安いのでカスタマイズの自由度はG-Tune TD-Gにある。構成を削っている分、FRGAH470/37A/KDにはできない構成を目指しやすい。構成よりもゲーム性能を重視したいならG-Tune TD-Gを選んでおく方が無難である。

>>FRGAH470/37A/KDを購入<<

GAシリーズケース詳細

正面

gaseries-syoumen正面からの写真だ。本体がリニューアルされてビジネスモデルからややゲーミングモデル寄りになったと言える。レッドのラインがオシャレだ。他のBTOメーカーと比べるとややおとなしい印象を受ける。

右側面

gaseries-right右側面はシンプルだ。ミニタワー寄りのケースとなっている。幅200mm×高さ423mm×奥行き485mmだ。ドスパラのKTケース(ミドルタワー)が幅207mm×高さ450mm×奥行き520mmであることを考えると一回り大きいことがわかる。排熱性能や拡張性に関しては大きい方が優勢だ。

左側面

gaseries-left左側面には大きめの排気口が搭載されている。効率の良い電源ユニットを搭載していることから安定したゲームプレイが約束される。

I/Oパネル

gaseries-iopanel前面のI/OパネルにはUSBポート×2、マイク入力端子、ヘッドホン出力端子、電源ボタンを備える。キレイに配置されていて使い勝手も良好だ。

管理人による総評(FRGAH470/37A/KD)

gaseries-right

FRGAH470/37A/KDは、RTX 3070×i7-10700F搭載のゲーミングPCだ。フロンティアの価格.com限定モデルも値上げが適用となってしまった。RTX 3070搭載モデルの相場は上昇傾向にある。それでも全体の価格が上がっているので相対的には評価の高いゲーミングPCだと言える。構成を重視したいという方は検討してもよいだろう。FRGAH470/37A/KD自体ゲーミング性能が高く4K解像度に対応することが可能だ。購入すればしばらくは前線で使い続けられる性能の高さは魅力的だろう。

価格CPUグラボ
189,800円Core i7-10700FRTX3070
メモリSSDHDD
DDR4 16GB1TB2TB

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

おすすめゲーミングPCランキング

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

フロンティア(FRONTIER)の評判解説

FRGAH470/37A/KDを販売しているBTOメーカーフロンティアの特徴や評判をまとめている。セールがお得なメーカーで人気がある。フロンティアの人気モデルも紹介。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。