FRGAH470WS3NTKtop


当記事では、FRONTIER GAシリーズ「FRGAH470/WS3/NTK」のレビューをしている。GAシリーズ第10世代Core i9 + RTX 3070搭載のゲーミングPCだ。競合モデルと比べても2万円近くお得に購入することができる。

FRGAH470/WS3/NTKのスペック

gaseries-right

ブランド名GAシリーズ第10世代Core i9 + RTX 3070
製品名FRGAH470/WS3/NTK
価格Windows 10 / 179,800円
CPUCore i9-10900F
グラフィックボードGeForce RTX 3070
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 1TB
HDD2TB
電源850W GOLD
マザーボードチップセットH470
コスパ

>>FRGAH470/WS3/NTKを購入<<

各タイトルの対応表

PUBG黒い砂漠FF14Fortnite
pubg
★★★★★
kurosabakutop
★★★★★
ff14suisyou
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

FRGAH470/37WS/NTKのゲーミング性能

当該モデルは非常に高いゲーミングパフォーマンスを持っている。PC初心者の方がスペックを見てもなかなか性能面をイメージすることができないかもしれない。ここでは具体的に当該ゲーミングPCに搭載されているパーツについて一つずつ解説していく。

GeForce RTX 3070(GPU)

rtx3070seinou

RTX 3070は、Ampere世代におけるハイクラスのグラフィックボードだ。RTX 3090・RTX 3080に次いで高いゲーミング性能を持っている。前世代からプロセスが8nmへの縮小化されてパワー効率が向上している。これまでの70番台とは全く異なる製品だと考えてよい。

4K解像度でのゲームプレイを考えている方におすすめだ。FULL HD環境だけだと宝の持ち腐れになってしまう。グラフィックス性能の高さに合わせてCPUにもこだわりたい。最低でもCore i7-10700以上、できればCore i7-10700K以上を選択しよう。

Core i9-10900F(CPU)

Core i9-10900Fは、10コア20スレッドとマルチスレッド性能の高いCPUだ。Core i9-10900Kが品薄状態にある中で再度注目を集めている。当然Core i9シリーズなので性能は高く、ゲームプレイだけではなく動画編集やRAW現像も得意としている。とにかくマルチに通用する最高峰のモデルだ。RTX 3070との相性もよくおすすめしやすい。

総合性能

FRGAH470WS3NTKseinou

Core i9とRTX 3070を搭載したハイクラスのゲーミングPCだ。その性能は既にハイエンドクラスと言って差し支えないほど高い。Core i9-10900FはRTX 3070の性能を上手く引き出せる。RTX 3070は4K解像度を前提とした性能である。その点でもメモリ32GB搭載で、高解像度への対応力は非常に優秀だ。動画の編集やゲームの配信も安定して行える。ゲームに関連する用途に不安はない。

次世代のハイクラスである最新モデルは、既存のゲームに対しても圧倒的な性能を見せる。グラフのように、フルHDの推奨環境をクリアしている。突き抜けすぎた性能は、同じゲームを2つ起動しても快適性を損なわないほどだ。240Hzを超えるリフレッシュレート対応モニターが登場し始めている今、フルHDでの運用も現実的だ。

この性能だからこそ実現できる高リフレッシュレートで一つ先の快適性を手に入れることができる。同時に、性能の高さは性能の寿命に繋がる。長く使えるゲーミングPCを探しているなら、うってつけのモデルと言える。価格は高めでも長い目で見れば悪くない選択となる。

>>FRGAH470/WS3/NTKを購入<<

FRGAH470/WS3/NTKの特徴まとめ

RTX 3070を最高に活かしたゲーミングPC

FRGAH470/WS3/NTKはフロンティアのセールモデルだ。RTX 3070の性能を最大限活かしたゲーミングPCである。それはハイクラスなCore i9-10900Fを搭載していること、メモリも大容量の32GBを搭載していることが要因だ。RTX 3070は従来のRTX 2080 Tiに匹敵する性能を持っている。それだけ性能が高いことで、RTX 3070の性能を上手く活かすのは難しい。

RTX 2070 SUPERの後継機であっても、大幅に性能が伸びているのでRTX 2070 SUPERと同じような構成では性能を引き出せない。ハイクラスでありながら、ハイエンドでもあるのがRTX 3070の特徴だ。Core i7-10700K以上のCPUが必要になる。現在、RTX 2070 SUPERに置き換えてRTX 3070が主流になりつつあり、多くの製品がCore i7-10700を中心としている。価格を抑えることを第一としているので仕方がないが、RTX 3070の性能を活かすための構成とは言えない。

RTX 2080 TiにCore i7-10700を組み合わせるようなものだ。高解像度を前提としている性能だけに、CPUの組み合わせは非常に重要だ。当然メモリ容量も32GBと余裕がある方が好ましい。ゲーミングPCである以上、ゲームに対する性能が何より優先される。その中で、Core i7-10700搭載モデルが多い理由には下位GPUが登場していないことが挙げられる。

RTX 3060が登場すれば、Core i7-10700と組み合わせたベストバランスのモデルになる。それまではCore i7-10700とRTX 3070が主流となるのは仕方がない。FRGAH470/WS3/NTKのように、性能を重視したモデルが少ないのにはCore i9-10900Kの供給不足が挙げられる。RTX 3070を運用するのであればCore i9-10900Fがベストバランスだ。Core i9-10900Kの供給不足の今だからこそCore i9-10900搭載モデルがもっと普及してほしいものだ。

最高峰のコストパフォーマンスが武器

FRGAH470/WS3/NTKは、コストパフォーマンスの高さこそが最大の魅力である。性能はもちろん、価格と構成も優れていることがフロンティアのセールモデルの強みだ。Core i9とRTX 3070を搭載した税抜18万円以下のモデルでこのフロンティアのモデル以上に突出したものはない。また、FRGAH470/WS3/NTKの構成は圧倒的だ。NVMe対応SSD 1TBにHDD 2TBのデュアルストレージはこの価格帯では唯一と言える。

特に、NVMe対応SSD 1TB搭載モデルのほとんどはHDD非搭載である。ストレージ構成だけでも頭一つ抜けている。電源は850W GOLD採用だ。充実した構成と呼ぶには十分である。もっとも、この価格帯でメモリ32GBを標準搭載しているモデルはない。これだけでも他にはない強みと言える。

意外と評価が高いのはCPUとチップセットの組み合わせだ。オーバークロックに対応していないCore i9-10900Fに合わせてオーバークロック非対応で価格の安いチップセットH470を搭載している。これは当たり前のように見えてそうでもない。シリーズで統一した構成を持つモデルは、CPUに関係なくZ490やB360が採用される。

性能と構成をしっかり合わせて価格を抑えている。FRGAH470/WS3/NTKのコストパフォーマンスが高いのは構成が充実しているからというだけではない。製品の特色をしっかり出せていることも影響している。そして、FRGAH470/WS3/NTKのコストパフォーマンスはRTX 3070搭載モデルの中でもトップクラスだ。税込み20万円以下最強のゲーミングPCとも言える。

>>FRGAH470/WS3/NTKを購入<<

似ているゲーミングPCとの比較

ブランド名FRONTIERLEVEL∞
イメージFRGAH470FWS7LEVEL-R049-LCiX7K-VWXH-JUPITER
製品名FRGAH470/WS3/NTKLEVEL-R049-iX7K-TAXH
価格179,800円176,980円
CPUCore i9-10900FCore i7-10700K
GPURTX 3070RTX 3070
メモリDDR4-3200 32GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 1TBNVMe 500GB
HDD2TB2TB
電源850W GOLD700W BRONZE
マザーボードH470Z490
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象はパソコン工房のLEVEL-R049-iX7K-TAXHだ。セールやキャンペーンモデルを除く通常モデルで最高峰の評価を得ているモデルである。これは比較というよりもFRGAH470K/WS/NTKがどれほど優れているかの確認である。同じ価格帯でCPU・メモリ・SSD・電源で上回り、チップセットでのみ下回っている。

総合的に見て、3,000円以上の差があることは明白だ。構成を揃えるとCPU+7,000円、メモリ+5,480円、SSD+6,980円、電源ユニット+3,980円、チップセット-2,000円程度だ。価格差をあわせて18,440円お得な価格設定になっている。

トップクラスのLEVEL-R049-iX7K-TAXHと比べて大幅なリードがある。販売期間と台数が限定のFRGAH470K/WS/NTKと真っ向からの比較は難しくても、優れていることに変わりはない。ゲーミングPCの評価として、FRGAH470K/WS/NTKは圧倒的である。

>>FRGAH470/WS3/NTKを購入<<

GAシリーズケース詳細

正面

gaseries-syoumen正面からの写真だ。本体がリニューアルされてビジネスモデルからややゲーミングモデル寄りになったと言える。レッドのラインがオシャレだ。他のBTOメーカーと比べるとややおとなしい印象を受ける。

右側面

gaseries-right右側面はシンプルだ。ミニタワー寄りのケースとなっている。幅200mm×高さ423mm×奥行き485mmだ。ドスパラのKTケース(ミドルタワー)が幅207mm×高さ450mm×奥行き520mmであることを考えると一回り大きいことがわかる。排熱性能や拡張性に関しては大きい方が優勢だ。

左側面

gaseries-left左側面には大きめの排気口が搭載されている。効率の良い電源ユニットを搭載していることから安定したゲームプレイが約束される。

I/Oパネル

gaseries-iopanel前面のI/OパネルにはUSBポート×2、マイク入力端子、ヘッドホン出力端子、電源ボタンを備える。キレイに配置されていて使い勝手も良好だ。

管理人による総評(FRGAH470/WS3/NTK)

gaseries-right

FRGAH470/WS3/NTKは、珍しいCore i9-10900Fを搭載したゲーミングPCだ。RTX 3070に合わせるCPUとしてはCore i7シリーズが一般的だが、あえてCore i9-10900Fをチョイスしているのは評価できる。ゲーミング性能の高いRTX 3070に合わせるには最適だ。メモリ容量32GBも合わさって4K解像度での高いゲームプレイを約束してくれる。圧倒的な構成で極限まで価格を抑えた至高の一台だ。

価格CPUグラボ
179,800円Core i9-10900FRTX3070
メモリSSDHDD
DDR4 32GB1TB2TB

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

おすすめゲーミングPCランキング

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

フロンティア(FRONTIER)の評判解説

を販売しているBTOメーカーフロンティアの特徴や評判をまとめている。セールがお得なメーカーで人気がある。フロンティアの人気モデルも紹介。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya