FRGAH470FWStop


当記事では、FRONTIER GAシリーズ「FRGAH470F/WS」のレビューをしている。GAシリーズ 第10世代 Core i9 × RTX 2070 SUPERは、最新のハイクラスゲーミングPCだ。

ポイントはIntel第10世代のフラグシップモデルであるCore i9-10900Kを搭載しているところとなる。ゲームプレイ以上のことにも対応できるポテンシャルの高さが魅力だと言える。

各タイトルの対応表

PUBG黒い砂漠FF14Fortnite
pubg
★★★★★
kurosabakutop
★★★★★
ff14suisyou
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

FRGAH470F/WSは、最新CPU i9-10900Kを搭載したゲーミングPCだ。グラフィックボードには人気のRTX 2070 SUPERと組み合わせたことで、RTX 2070 SUPER搭載最強の性能を持つモデルに仕上がっている。フルHDあるいはWQHD環境で快適にゲームをプレイしたいユーザーに適している。Core i9-10900Kはゲーム以外にも優れた対応力を見せるCPUだ。ゲーム、動画、配信、作業。何をするにも不足しないCPU性能が最大の特徴である。

FRGAH470F/WSのスペック

gaseries-right

ブランド名FRONTIER GAシリーズ
製品名FRGAH470F/WS
価格Windows 10 / 230,600円
キャンペーン時 / 189,800円
CPUCore i9-10900K
グラフィックボードGeForce RTX 2070 SUPER
メモリDDR4-3200 32GB(2933動作)
SSDNVMe 1TB
HDD2TB
電源850W GOLD
マザーボードチップセットH470
コスパ

>>>>>FRGAH470F/WSを購入する<<<<<

FRGAH470F/WSのゲーミング性能

当該モデルは非常に高いゲーミングパフォーマンスを持っている。ただ、PC初心者の方がスペックを見てもなかなか性能面をイメージすることは難しいだろう。ここでは具体的に当該ゲーミングPCに搭載されているパーツについて一つずつ解説していく。より具体的なゲーミングパフォーマンスがわかると核心している。

GeForce RTX 2070 SUPER(グラボ)

rtx2070superseinou

RTX 2070 SUPERは、最も人気の高いグラフィックボードの1つだ。コストパフォーマンスの観点から選ばれている。ハイエンドクラスに近い性能を搭載したモデルは税抜20万円を下回りやすい。この辺りが予算のユーザーが多いことで人気も高くなっている。高すぎず、低すぎず性能を無駄にしにくい。この特性から全てのユーザーに分け隔てなくおすすめできるグラフィックボードだと言える。

Core i9-10900K(CPU)

corei9-10900kseinou

現在ゲームに対して最強と謳われるi9-10900Kを搭載している。その圧倒的な処理性能は他の追随を許さない。第10世代に最適化されたゲームでは突き抜けた性能を見せる。

一方で、性能を発揮しにくいゲームも確認されている。時間が経過すればするほど、得意なタイトルが増えてくるので期待値は高い。価格は高いものの将来性を考えると意外とコスパは良好だ。

総合性能

FRGAH470FWSseinou

メモリ32GBを搭載しているせいでバランスが悪く見える。実際にはまずまずのバランスである。突き抜けたCPU性能とメモリ容量により、RTX 2070 SUPERの性能が上手く活かされている。また、メモリ32GBは配信等のゲーム以外の用途で輝く。ゲーム+αを前提とした構成は今風なゲームをプレイするだけではないゲーミングPCである。扱いこなす事が出来ればこれ以上ないモデルだ。

>>>>>FRGAH470F/WSを購入する<<<<<

FRGAH470F/WSの特徴まとめ

文句無しの圧倒的なコストパフォーマンス

FRGAH470F/WSは、RTX 2070 SUPER搭載モデルとして見ると少し価格が高く感じるかもしれない。しかし、Core i9-10900K搭載モデルとして見れば破格だ。例えば、Core i7-9700KとRTX 2070 SUPERを組み合わせたモデルが登場した時は最も安価だったモデルの価格でも189,800円だった。

性能も構成も上であるFRGAH470F/WSは、初動としては最高のスタートを切ったと言える。メモリ32GB、850W GOLDの電源、NVMe対応SSD 1TBにHDD 2TBを標準搭載は圧巻だ。それでいて従来と同じ価格設定で登場したのだから、そのコストパフォーマンスは最高峰だ。現行のRTX 2070 SUPER搭載モデルの中でも、圧倒的なコストパフォーマンスを持つゲーミングPCとなっている。

ここまでの構成となると、もはやゲーミングPCと言うには勿体ないほどだ。何に使用するにも対応できるだろう。登場間もないCPUは割高に設定される。フロンティアのセール製品としては、これでも少し高めに設定されているが、他ショップの初動では考えられない価格設定である。

その突き抜けたコストパフォーマンスは基準にならない。FRGAH470F/WSを基準にしてしまうと、その他の製品は存在価値を失ってしまうだろう。他製品が劣っているのではなく、FRGAH470F/WSの次元が違うだけである。

あえて言うなら、セール製品だから安いということにしておきたい。もちろん、他製品がセールを行ってもFRGAH470F/WSと並び立つことはない。i9-10900K搭載モデルを探しているユーザーには、強くおすすめしたいモデルである。

不安を抱いてしまう価格設定

フロンティアのセール品は他製品と比べて価格が安い。それも尋常ではないほど安い。そのため、安物として見られることも少なくない。実際には信用の高いパーツを使用しているので、不安に思う必要もない。ノーブランド製品は無く、ホワイトボックスを使用し、国内で組み立てと検査を行っている。製品としての信用も問題無いと言える。

ただ、不安を抱いてしまうのは理解出来る。ここまで安いと「何故?」と考えてしまうからだ。この考え方自体は、地雷製品を避ける上で正しい思考だと言える。しかし、調べても結論に繋がるような情報は出てこない。安易に、安いのはパーツが安物だからと結論を出しがちだ。

カスタマイズ画面を見ても、グラフィックボードはMSI製、マザーボードはASROCK製、NVMe対応SSDはIntel製を採用している。電源とHDDとメモリにメーカーの記載は無い。ただ、それらが安物であっても、ここまで価格に反映出来るほどではない。

むしろ、使用しているメーカーをここまで表記しているショップは少ない。これで信用が出来ないとなれば、やはり価格の安さが全てなのだと思う。安物買いの銭失いという言葉もあるように、安いには安いなりの理由がある。例えばそれは広告費を削っていたり、台数を制限することで製造のコストを抑えているのかもしれない。

確実に言えることは、フロンティアのセール品はしっかりしたパーツを使用した信用の置けるモデルであるということだ。フロンティアの通常ラインナップを見ても分かる通り、価格が安いのはセール製品だけである。セール製品以外はとてもおすすめできる代物ではない。

どうしたらここまで落差が出来るのか、むしろ不安や疑問に思うのはその販売手法だろう。後は無難で面白みの無いケースをどう評価するかくらいだ。個人的には、ここまで安ければ優等生なケースでも選択してしまうと思う。決して安物ではないということだけは理解してもらいたい。

FRGAH470F/WSの安さを検証

ブランドGAシリーズGALLERIA
画像FRGAH370FWSKNTKgalleriaxg
製品名FRGAH470F/WSXF 10700
価格189,800円184,800円
CPUi9-10900Ki7-10700
GPURTX 2070 SUPERRTX 2070 SUPER
メモリDDR4-3200 16GB
(動作はDDR4-2933)
DDR4-2666 16GB
SSDNVMe 1TBNVMe 512GB
HDD2TB2TB
電源850W GOLD650W BRONZE
マザボH470H470
公式公式公式
比較対象はいち早く第10世代とRTX 2070 SUPERを組み合わせたGALLERIA XF 10700だ。FRGAH470F/WSの突き抜け方が良く分かる比較なのではないだろうか。CPUは2ランクの差、メモリは倍増、NVMe対応SSDも倍増、電源は容量と規格が上がっている。

それで価格は僅かに5,000円高いだけだ。ここまで来ると、その差は歴然である。むしろGALLERIA XF 10700の良いところを探す方が難しい。全ての面で上回るFRGAH470F/WSは究極のコストパフォーマンスが魅力だ。あえて記載はしていないが、FRGAH470F/WSのコストパフォーマンスは測定不能である。比べることも出来ないレベルにまで突き抜けている。この比較は、製品の比較ではない。

FRGAH470F/WSがどこまでお得なのかを知るためのものだ。GALLERIA XF 10700は悪いモデルではない。標準的な第10世代とRTX 2070 SUPERを組み合わせたモデルだ。いかにFRGAH470F/WSが優れているかを理解するには十分な指標となるだろう。

>>>>>FRGAH470F/WSを購入する<<<<<

GAシリーズケース詳細

正面

gaseries-syoumen正面からの写真だ。本体がリニューアルされてビジネスモデルからゲーミングモデルへと見た目も変わっている。レッドのラインがオシャレだ。I/Oパネル自体が前面に配置されていて使い勝手が良い。また、前面下部にも吸気口が設けられている。

右側面

gaseries-right右側面はシンプルだ。ミニタワーよりのケースとなっている。幅200mm×高さ423mm×奥行き485mmだ。ドスパラのKTケース(ミドルタワー)が幅207mm×高さ450mm×奥行き520mmと一回り大きい。排熱性能や拡張性に関してはやや劣ってしまうと考えた方が良いかもしれない。

左側面

gaseries-left左側面には大きめの排気口が搭載されている。効率の良い電源ユニットを搭載していることから安定したゲームプレイが約束される。

I/Oパネル

gaseries-iopanel前面のI/OパネルにはUSBポート×2、マイク入力端子、ヘッドホン出力端子、電源ボタンを備える。キレイに配置されていて使い勝手も良好だ。

管理人による総評(FRGAH470F/WS)

gaseries-right

RTX 2070 SUPER×Core i9-10900K搭載のハイクラスゲーミングPCだ。WQHD環境以上でのゲームプレイにも対応できるポテンシャルの高さが光る。Core i9-10900Kは10コア20スレッドのフラグシップモデルでゲーム+αなど様々な用途で使いたいと考えている方は必見だ。

メモリ32GB、SSD 1TB、HDD 2TBとフロンティアらしい圧巻の構成が魅力的だと言える。コストパフォーマンスの高さではトップクラスだ。他のメーカーを見る必要がないと断言できてしまうほどだ。

価格CPUグラボ
189,800円Core i9-10900KRTX2070Super
メモリSSDHDD
DDR4 32GB1TB2TB

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2020年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

フロンティア(FRONTIER)の評判解説

FRGAH470F/WSを販売しているBTOメーカーフロンティアの特徴や評判をまとめている。セールがお得なメーカーで人気がある。フロンティアの人気モデルも紹介。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る