FRGAH470FWS2top


当記事では、FRONTIER GAシリーズ「FRGAH470F/WS2」のレビューをしている。GAシリーズ 第10世代Core i7 × RTX 2080 SUPER搭載のゲーミングPCだ。最新の第10世代CPUを搭載していて驚きの価格設定となっている。グラフィックス性能も高く4K解像度などこだわりのゲーム環境を構築することが可能だ。ブランドを重視しない方はぜひチェックして欲しい。

FRGAH470F/WS2のスペック

gaseries-right

ブランド名FRONTIER GAシリーズ
製品名FRGAH470F/WS2
価格Windows 10 / 169,800円
CPUCore i7-10700F
グラフィックボードGeForce RTX 2080 SUPER
メモリDDR4-3200 16GB(2933動作)
SSDNVMe 1TB
HDD2TB
電源850W GOLD
マザーボードチップセットH470
コスパ

>>FRGAH470F/WS2を購入<<

各タイトルの対応表

PUBG黒い砂漠FF14Fortnite
pubg
★★★★★(対応)
★★★★☆(4K)
kurosabakutop
★★★★★(対応)
★★★★☆(4K)
ff14suisyou
★★★★★(対応)
★★★★★(4K)
fortnite
★★★★★(対応)
★★★★★(4K)

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

FRGAH470F/WS2は、最新のCPUを搭載したハイエンドモデルだ。ゲームを快適にプレイするための性能は万全だと言える。144hzはもちろん240hzにも対応可能だ。フルHD、WQHD、4Kと解像度を選ばずにプレイできるのは嬉しい。ゲームの要求スペックを気にせず、性能不足も考えずに済むのはハイエンドモデルのメリットだ。快適にプレイできないゲームがあるとすれば、ゲーム側の問題であると結論付けても間違ってはいない。

FRGAH470F/WS2のゲーミング性能

当該モデルは非常に高いゲーミングパフォーマンスを持っている。PC初心者の方がスペックを見てもなかなか性能面をイメージすることは難しいだろう。ここでは具体的に当該ゲーミングPCに搭載されているパーツについて一つずつ解説していく。より具体的なゲーミングパフォーマンスがわかると核心している。

GeForce RTX 2080 SUPER(グラフィックボード)

rtx2080super-seinou

RTX 2080 SUPERは、RTX 2080 Tiに次ぐ性能として人気と性能の高いグラフィックボードだ。下位のRTX 2070 SUPERと比べて、ワンランク高い性能を手に入れられる。RTX 2080 Tiよりも価格が安くコストパフォーマンスは高い。

一般的なゲームプレイではRTX 2080 SUPERの性能を使い切るのが難しい。少なくとも高リフレッシュレートでのゲームプレイを前提として扱いたい。4K解像度でのゲームプレイにも対応することができる。どのような環境でゲームを楽しみたいのかを考えて選択して欲しい。

Core i7-10700F(CPU)

i7-10700seinou

Core i7-10700Fは、2020年5月20日に登場した最新のCPUだ。FシリーズはCPU内蔵グラフィックス非搭載モデルであることを意味する。ゲーミングPCならグラフィックボードを搭載していることからデメリットはなくむしろ価格が安くなる分コスパアップに寄与する。ゲーム性能ではかつてのフラグシップモデルの一つであるCore i9-9900と同等だ。

消費電力も大幅に上がっているが、その分性能も高くなったと考えれば悪くはない。RTX 2080 SUPERの性能を活かすには十分なCPUだ。第10世代CPUの中で言えばCore i7-10700F以上が求められる。それ以下だとややアンバランスだ。新世代のハイエンドモデルを支えるCPUとして注目したい。

総合性能

FRGAH470FWS2seinou

オーソドックスな性能を持つハイエンドゲーミングPCだ。RTX 2080 SUPERとバランスを取る上で最低限必要なCore i7-10700Fを搭載している。ゲームに関して言えば少し物足りなさはあるかもしれない。特にWQHDなどの高解像度ではCore i7-10700K以上のCPUに比べパフォーマンスが落ちてしまうことがある。メモリ容量と合わせて考えるとRTX 2080 SUPERの性能を100%引き出すことができるわけではない。

一方で、フルHD環境では100%引き出せる。FRGAH470F/WS2はフルHD+高リフレッシュレートでの安定を目指すのに適したモデルだ。黒い砂漠を最高設定+120fps以上、リマスターモードで60fps以上で安定させやすい。高リフレッシュレートを前提としていなければあまり選択する価値はないかもしれない。ハイエンドモデルということで性能の寿命は長い。買い替えまでの期間が長くなるので、高リフレッシュレートを望まないユーザーにはこちらの方がメリットだろう。

ハイエンドモデルとしてはオーソドックスであり、よくまとまった性能でもある。これは第10世代のCore i7-10700Fによるものだ。第9世代のCore i7-9700では微妙なままで終わっただろう。基本に忠実であることは誰にでも扱いやすいということでもある。性能を無駄にしにくく、ゲームに関して言えば用途の幅を限定する必要もない。配信や動画投稿にも対応できるので初めてのハイエンドクラスには最適なモデルだ。

>>FRGAH470F/WS2を購入<<

FRGAH470F/WS2の特徴まとめ

メモリ半減も価格大幅ダウンで評価向上

FRGAH470F/WS2は、発売から時間が経って徐々に構成が下がっている。それに合わせて価格が落ちているためコストパフォーマンスは急上昇中だ。今回のメモリ半減については構成ダウンに合わせて価格が15,000円も安くなっている。メモリ32GBへは+12,000円なので実質3,000円の値引きである。税抜169,800円にまで下がった価格は、下位のRTX 2070 SUPER搭載モデルと同等である。

ワンランク下のモデルと同じ価格で、ワンランク上の性能を手にできる理想的な価格設定だ。以前はCPUにCore i7-10700Kを搭載していたが、前回の更新でCore i7-10700Fにランクダウンした。その分価格も下がっているので必要に応じてカスタマイズでCore i7-10700Kを選択して対応できる。CPUをCore i7-10700Kにアップグレードしても+8,000円だ。

これはセールモデルだからこそ実現できることで、他ショップに同等の値引きを求めることはできない。非常に優れたモデルで、全ゲーミングPCの中でもトップクラスのコストパフォーマンスを誇っている。ほぼ常時販売されていても、販売台数が限定されているので比較は難しい。もしも、ハイエンドなゲーミングPCを探しているのであれば幸運だ。FRGAH470F/WS2はハイエンドモデル最安値クラスのモデルだ。

構成を削っているわけではない。単純に価格を抑えきっているに過ぎない。パーツもホワイトボックス控えめでメーカー品を採用している。モデル自体の評価は非常に高いのでおすすめだ。ただし、パーツの品質は削っていないが、他の部分でコストカットしている。それはサポートだ。

他ショップのように24時間対応などの基本的なサポートはなく、最小限のサポートに留まっている。有料サービスも充実していない。サポートの人件費を削ってモデルに充てていると考えるのが自然だ。モデルの評価は高くても、アフターサポートに関しては少し乏しい。あまりパソコンに詳しくない初心者ユーザーにはおすすめしにくいものがある。この部分だけはしっかり理解しておいてもらいたい。

RTX 2080 SUPER最強モデルの誕生

FRGAH470F/WS2は、性能帯最強のゲーミングPCだ。コストパフォーマンスだけが魅力ではない。価格を尋常ではないほど下げていながら、構成はどのモデルよりも充実している。例えばNVMe対応SSD 1TBとHDD 2TBのストレージ構成だ。NVMe 1TBは今では珍しいものではなくなっている。しかし、HDD 2TBとの組み合わせはほとんど採用されていない。一部のショップの最上位モデルにあるくらいだ。

多くのショップが構成によるコストカットを行う中で、それを行わないフロンティアの姿勢は称賛に値する。充実したサポートを必要としないユーザーにとってはデメリットのないモデルだ。850W GOLDの電源にも注目したい。ハイエンドクラスになるとGOLD規格以上の電源を搭載したモデルが多い。RTX 2080 SUPER搭載モデルでは750W GOLDが最も多い電源だ。850W GOLDは標準よりも高い水準の電源である。

他のモデルより圧倒的に安く、構成に妥協しないというのが最強モデルたる所以だ。Core i7-10700Fに不満があればカスタマイズで対応できる。メモリ容量がもっと欲しくても同じだ。性能に関わる不満はカスタマイズで対応できるのは嬉しい。しかし、ストレージや電源に関しては標準のままでも不満はない。価格を下げ、性能を好みにカスタマイズできるFRGAH470F/WS2こそ、BTOの本質に最も近いモデルだと言える。

ダウングレードできないなら、最初から下げてしまえばいい。単純なことでもやりにくい形を実現したのがフロンティアのセールモデルだ。自由度は高くなくても、求められているカスタマイズを実現している。FRGAH470F/WS2はそのままでも最強モデルだ。ただ、価格とカスタマイズでその地位を確固たるものとしている。今最もおすすめしたいRTX 2080 SUPER搭載モデルであることは間違いない。

FRGAH470F/WS2の安さを検証

ブランドGAシリーズGALLERIA
画像FRGAH370FWSKNTKGALLERIA XA7C-R70S (2)
製品名FRGAH470F/WS2XA7C-R70S
価格169,800円169,980円
CPUCore i7-10700FCore i7-10700
GPURTX 2080 SUPERRTX 2070 SUPER
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 1TBNVMe 512GB
HDD2TB非搭載
電源850W GOLD650W BRONZE
マザボH470H470
公式公式公式
比較対象はドスパラのGALLERIA XA7C-R70Sだ。ドスパラのランキング1位のGALLERIA XA7C-R70Sと比べると、どれだけ優れた製品か分かりやすい。CPUは同等・GPUは2ランク上・メモリ規格も2ランク上・HDD 2TB・NVMe対応SSD容量は倍増・電源は容量と規格がアップとなっている。

これだけの差があっても価格は同じだ。完全に上位互換と言えるモデルだ。構成を調整した場合グラフィックボードは+30,000円・メモリ+4,400円・SSD+7,400円・HDD+7,100円・電源ユニット+5,000円となる。つまり、53,900円も安く購入できるということだ。

FRGAH470F/WS2は圧倒的だ。性能帯最強と言わず、価格帯最強も名乗れるほど突出している。GALLERIA XA7C-R70Sはこれからまだまだ変化していくモデルである。セールモデルと比べると悲しすぎるほどの差が開いている。現時点ではGALLERIA XA7C-R70Sをおすすめすることはできない。

期間・販売台数が限定でなければ対抗モデルの存在を許さないほど突出している。性能と構成で大きく上回るモデルが同じ価格で販売されている。これこそがFRGAH470F/WS2の評価である。FRGAH470F/WS2を上回るモデルはおそらく登場してこないだろう。

>>FRGAH470F/WS2を購入<<

GAシリーズケース詳細

正面

gaseries-syoumen正面からの写真だ。本体がリニューアルされてビジネスモデルからゲーミングモデルへと見た目も変わっている。レッドのラインがオシャレだ。I/Oパネル自体が前面に配置されていて使い勝手が良い。また、前面下部にも吸気口が設けられている。

右側面

gaseries-right右側面はシンプルだ。ミニタワーよりのケースとなっている。幅200mm×高さ423mm×奥行き485mmだ。ドスパラのKTケース(ミドルタワー)が幅207mm×高さ450mm×奥行き520mmと一回り大きい。排熱性能や拡張性に関してはやや劣ってしまうと考えた方が良いかもしれない。

左側面

gaseries-left左側面には大きめの排気口が搭載されている。効率の良い電源ユニットを搭載していることから安定したゲームプレイが約束される。

I/Oパネル

gaseries-iopanel前面のI/OパネルにはUSBポート×2、マイク入力端子、ヘッドホン出力端子、電源ボタンを備える。キレイに配置されていて使い勝手も良好だ。

管理人による総評(FRGAH470F/WS2)

gaseries-right

当該モデルは、RTX 2080 SUPER×i7-10700F搭載のハイエンドのゲーミングPCだ。その高い性能は4KやWQHD環境などの高解像度にも対応できる。メモリ16GB・SSD 1TB・HDD 2TBと充実の構成が魅力的だ。この充実の構成を持つハイエンドモデルを税抜17万円以下で販売できるのはフロンティアぐらいだろう。

比較対象モデルと比べても5万円程度安価な価格設定だ。少し前まで+5,000円でCore i7-10700K搭載モデルを購入できたことを考えるとコスパは下がったが、それでも他のメーカーと比べるとコスパの高さは圧倒的だ。これをセールモデルにしておくのは惜しい。ぜひともランキングに入れたいモデルとなっている。

価格CPUグラボ
169,800円Core i7-10700FRTX2080 Super
メモリSSDHDD
DDR4 16GB1TB2TB

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

おすすめゲーミングPCランキング【2020年】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

フロンティア(FRONTIER)の評判解説

FRGAH470F/WS2を販売しているBTOメーカーフロンティアの特徴や評判をまとめている。セールがお得なメーカーで人気がある。フロンティアの人気モデルも紹介。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。