FRGAH470FWS10NTK


当記事では、FRONTIER GAシリーズ「FRGAH470F/WS10/NTK」のレビューをしている。GAシリーズ 第10世代Core i7 × RTX 2070 SUPER搭載のハイクラスのゲーミングPCだ。RTX 2070 SUPER搭載モデルの中でもトップクラスの高コストパフォーマンスを誇る一台となっている。

「FRGAH470F/WS4/NTK」という型番で販売されていたときよりも44,600円も安く購入することができる。限定モデルでなかったらおすすめランキングNo.1にしたいぐらいだ。もっともフロンティアの限定モデルは追加されることも多く取り扱いが難しいのだが…

FRGAH470F/WS10/NTKのスペック

gaseries-right

ブランド名GAシリーズ 第10世代Core i7 × RTX 2070 SUPER
製品名FRGAH470F/WS10/NTK
価格Windows 10 / 149,800円
CPUCore i7-10700F
グラフィックボードGeForce RTX 2070 SUPER
メモリDDR4-3200 16GB(2933動作)
SSDNVMe 1TB
HDD2TB
電源850W GOLD
マザーボードチップセットH470
コスパ

>>FRGAH470F/WS10/NTKを購入<<

各タイトルの対応表

PUBG黒い砂漠FF14Fortnite
pubg
★★★★★
kurosabakutop
★★★★★
ff14suisyou
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

FRGAH470F/WS10/NTKは、最新のCPU Core i7-10700とその性能に応えられるRTX 2070 SUPERを組み合わせたハイクラスのゲーミングPCだ。非常に性能が高く、このクラスでは最も人気の高いモデルである。フルHD+高リフレッシュレートの用途に適している。高解像度はWQHDが限界だ。4Kになると設定をある程度落とさなくては快適とは言えなくなる。また、ゲーム以外の用途でも性能を発揮する。ゲーミングの枠を超えた性能が魅力だ。

FRGAH470F/WS10/NTKのゲーミング性能

当該モデルは非常に高いゲーミングパフォーマンスを持っている。ただ、PC初心者の方がスペックを見てもなかなか性能面をイメージすることができないかもしれない。ここでは具体的に当該ゲーミングPCに搭載されているパーツについて一つずつ解説していく。

GeForce RTX 2070 SUPER(グラフィックボード)

rtx2070superseinou

RTX 2070 SUPERは、現在最も人気のあるグラフィックボードの1つとなっている。各BTOメーカーが最も力を入れているグラフィックボードでもある。設定調整をすれば4K解像度にも対応できるポテンシャルの高さが光る。初心者の方でも扱いやすい高い性能は価格とのバランスに優れているコストパフォーマンスの高さはトップクラスだ。

ツーランク上の性能をワンランク下の価格で搭載出来る第10世代CPUが登場して結果的に価格を抑えることができるようになった。そういう意味でも最も価値を高めたグラフィックボードでもある。グラフィックボード選びで迷ったらぜひこのRTX 2070 SUPERを基準に考えるとよいだろう。

Core i7-10700F(CPU)

corei7-10700seinou

Core i7-10700Fは、Intel第10世代のCPUだ。ハイパースレッディングに対応したことで前世代のCore i9-9900に並ぶ性能を持つ最新のCore i7シリーズとなった。CPU内蔵グラフィックスレスモデルの「F」を採用することでさらに価格が引下げられている。ゲームへの対応力ももちろん、ゲーム以外の用途でも輝くCPUだ。

RTX 2070 SUPERとの組み合わせは抜群に良い。性能を上手く活かしつつ、ゲーム以外への対応力を伸ばした点で第9世代とは違う。ゲームを快適にプレイする環境をより構築しやすくした将来のメインストリームとなるCPUである。

総合性能

FRGAH470FWS7NTKseinou

非常に優れた性能を持つゲーミングPCだ。フルHDでのゲームプレイに適した性能で、ハイエンドの領域に届きそうだ。第10世代のi7-10700Fを搭載し、ゲーム以外への対応力も非常に高い。ゲームだけに留まらないパフォーマンスで多くのユーザーを魅了する人気の性能だ。性能のバランスもよく、扱いやすさもある。

4K解像度は苦手でも、設定次第で対応することはできる。一方で、高解像度の環境で設定を下げると、高解像度である意味がないということは押さえておこう。最高設定でも対応しやすいWQHDを上限に考えたほうがよさそうだ。現行のゲームの中で最も要求スペックの高いX4に対しても余裕を持ってクリアしている。様々なゲームを幅広くプレイするユーザーにとって、この性能は頼もしい。

ゲームのスペックを確認せずに安定したゲームプレイが可能だ。それが最も人気の性能である理由だ。また、将来性も優秀である。最新のゲームや来年登場するようなゲームにも余裕を持って対応できる。数年はスペックに困らない。設定を下げれば10年でも対応できるだろう。性能の寿命が長いこと、コストパフォーマンスが高いことも特徴だ。予算に余裕があるならi7とRTX 2070 SUPERの組み合わせを基準に考えるのが基本となりそうだ。

>>FRGAH470F/WS10/NTKを購入<<

FRGAH470F/WS10/NTKの特徴まとめ

よりお得に選べる強化が適用される

FRGAH470F/WS10/NTKは、RTX 2070 SUPER搭載モデルで最強のコストパフォーマンスを持つモデルだ。従来は145,800円で展開され、最安値モデルとしての地位を確固たるものにしていた。今回のリニューアルで価格は149,800円に戻ったが、NVMe対応SSDの容量が500GBから1TBへ倍増した。NVMe対応SSDの容量が倍増して4,000円ならメリットしかない。

他のショップではどれだけ安くても10,000円以上の費用が掛かるカスタマイズだ。価格は少し上がるが、メリットの大きな変更と言える。フロンティアのセールモデルであるFRGAH470F/WS7/NTKは、販売台数が決められている。売り切れになっても、しばらくすれば追加されることはある。それでも必ずしも増台されるわけではないこと、数日間売り切れ状態になることから、選択を急がなくてはならない。

本当にお得なのか、選ぶべきなのかを考えているうちに売り切れるということも十分考えられる。もしもFRGAH470F/WS10/NTKを候補に加えているなら、選択してしまっても問題ない。常時販売されているわけではないセールモデルは、時とタイミングが命だ。次週によりお得なモデルが登場する可能性も十分ある。同時に、次週からは登場しない可能性もある。その時々でお得な状態は変化していく。

購入したい、購入しようと決めた時にお得なモデルを選択できれば十分だ。この構成ならあと1万円高くても選択肢に入る。それほど突出したモデルである。SSDの容量が倍増した今、価格を少し無視したとしても並べる製品は存在しない。この変化が適用されている今なら、予定を少し早めて選択してもいいくらいだ。お得なモデルを見逃す手はない。

3万円以上お得なセールモデル

FRGAH470F/WS7/NTKの性能と構成を考えれば、普通なら税抜179,980円が底値だ。さらに、ストレージが強化されているので、189,980円で販売されていてもおかしくはない。そのモデルがフロンティアでは税抜149,980円である。本来3万円の差となれば、性能は2ランクほど変わってくる。RTX 2060搭載モデルの価格でRTX 2070 SUPER搭載モデルが選択できる。

HDD・SSD・電源が優秀であることを考えれば、4万円以上お得と言えるかもしれない。ハイクラスのゲーミングPCを選択する上で、FRGAH470F/WS7/NTKを上回るモデルはない。フロンティアのセール製品はほぼ常時販売されている状態に近い。毎週セールは更新されても、販売されている製品に大きな変化がないからだ。それでも、今回のようなSSDの容量強化などは稀に見られる。また、当然販売されない製品も出てくる。

FRGAH470F/WS7/NTKは人気の製品なのでその心配はあまりしなくてもいいかもしれない。可能性は0ではないこと、SSD容量が元に戻る可能性があることから安心することはできない。あくまでもセール製品である。実際にそうでなくても、その時々の限定品として見ておく方がいいだろう。

少しでもお得にハイクラスのモデルを購入したいユーザーはフロンティアを要チェック。コストパフォーマンスを最重要視するならフロンティアは外せない。ハイクラスでなくてもお得な製品ばかりだ。やや薄利多売に傾いているだけのことで、品質も他ショップと変わらない。タイミングが合えば、自分の理想とする製品と出会えるかもしれない。FRGAH470F/WS7/NTKは多くのユーザーが理想とするモデルだ。

価格不相応に充実した構成

フロンティアのセール品が不審に思われる一番の要因はその充実し過ぎた構成にある。コストパフォーマンスがずば抜けすぎているが故に疑われるという不運な存在だ。NVMe対応SSD 1TBにHDD 2TBが標準のストレージで、850W GOLDの電源も統一されている。

この構成は他ショップなら上位モデルでしか装備されていないものだ。信じられないほど抑えられた価格に、不相応なほど充実した構成となっている。そして、3ランク性能が下のモデルと同じ価格で展開されていることが不安に繋がっている。安心を買うという意味では、少し高い方がよいのではないかとも思えてしまう。

このようなずば抜けたコスパを誇るセール品にカテゴライズされた製品のみである。フロンティアの通常ラインナップは見るも無残なものばかりだ。何故あのラインナップから、他を圧倒するようなセールモデルが生まれるのか謎である。こうなってくると、セール品が通常ラインナップで、通常ラインナップはただの引き立て役のようにも見えてくる。

常時何かしらのセールが行われているフロンティアでは、セールモデル以外はおすすめしない。唯一のデメリットを挙げるとするならばサポートだろうか。各ショップにはそれぞれ特徴的な無償・有料サポートがある。フロンティアはオーソドックスと言えず、最低限にまとめられている。

例えばドスパラのような充実した有料サポートであったり、G-Tuneのような24時間電話サポートであったりといった特色はない。そのコストをカットした上での価格なのだろうか。自分でパーツ交換や不具合対応のできる中級者ユーザーには何のデメリットもない。一方で、初心者ユーザーにとっては少し心許ない部分もある。

フロンティアの電話対応は10時から19時までなので、場合によってはなかなか電話をかける時間が取れないかもしれない。製品は充実した構成を持っていても、アフターサービスはそれほど充実していない。トラブルの対処も任せたいなら率先して選択したいショップではない。サポートが皆無というわけではないので、価格を重視するのかサポートを重視するのかで選択肢は変わるだろう。

FRGAH470F/WS10/NTKの安さを検証

ブランド名FRONTIERG-Tune
イメージFRGAH370FWSKNTKnextgear
製品名FRGAH470F/WS7/NTKTD-G
価格149,800円169,980円
CPUCore i7-10700FCore i7-10700
GPURTX 2070 SUPERRTX 2070 SUPER
メモリDDR4-3200 16GB
(動作はDDR4-2933)
DDR4-2666 16GB
SSDNVMe 1TBNVMe 512GB
HDD2TB2TB
電源850W GOLD700W BRONZE
チップセットH470Z490
公式公式公式
比較対象は当サイトとG-TuneによるコラボレーションモデルG-Tune TD-Gだ。同等の性能を持ちながら、FRGAH470F/WS7/NTKの方が2万円安い。G-Tune TD-Gもハイクラスの中では優れた製品ではある。それでもセールモデルのFRGAH470F/WS7/NTKには及ばない。SSD容量と電源の差は大きい。

G-Tune TD-GはCPU内蔵のGPU機能が使用できるCore i7-10700であること、チップセットに上位のZ490を搭載していることくらいしか上回っている箇所がない。メモリにしても、規格はFRGAH470F/WS7/NTKの方が優れている。

現状FRGAH470F/WS7/NTKに対して勝ち目はない。セールモデルと比較するのは流石にG-Tune TD-Gでも厳しい。通常モデルなら頭一つ抜ける存在だけに、この比較の結果はFRGAH470F/WS7/NTKの優れたコストパフォーマンスを証明するには十分だ。

>>FRGAH470F/WS10/NTKを購入<<

GAシリーズケース詳細

正面

gaseries-syoumen正面からの写真だ。本体がリニューアルされてビジネスモデルからゲーミングモデルへと見た目も変わっている。レッドのラインがオシャレだ。

右側面

gaseries-right右側面はシンプルだ。ミニタワーよりのケースとなっている。幅200mm×高さ423mm×奥行き485mmだ。ドスパラのKTケース(ミドルタワー)が幅207mm×高さ450mm×奥行き520mmと一回り大きい。排熱性能や拡張性に関しては大きい方が優勢だ。

左側面

gaseries-left左側面には大きめの排気口が搭載されている。効率の良い電源ユニットを搭載していることから安定したゲームプレイが約束される。

I/Oパネル

gaseries-iopanel前面のI/OパネルにはUSBポート×2、マイク入力端子、ヘッドホン出力端子、電源ボタンを備える。キレイに配置されていて使い勝手も良好だ。

管理人による総評(FRGAH470F/WS10/NTK)

gaseries-right

FRGAH470F/WS10/NTKは、RTX 2070 SUPER搭載モデルの中でもトップクラスにおすすめの一台だ。CPUには最新のCore i7-10700Fを搭載していてバランスも良い。最新の第10世代CPUを搭載していながら第9世代搭載モデルより安いという離れ技を見せつける。税抜14万円台という価格設定で利益を取れるのかとこちらが不安になってしまう。

性能的にはFULL HD環境で高リフレッシュレートモニターを活かせるパフォーマンスを持つ。設定次第では4K解像度にも対応することが可能だ。予算的に合う方はぜひチェックして欲しい。注意点はセール対象モデルとなっているためいつ販売終了になるのか読めないということだ。

価格CPUグラボ
149,800円Core i7-10700FRTX2070Super
メモリSSDHDD
DDR4 16GB500GB2TB

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

おすすめゲーミングPCランキング【2020年】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

フロンティア(FRONTIER)の評判解説

FRGAH470F/WS7/NTKを販売しているBTOメーカーフロンティアの特徴や評判をまとめている。セールがお得なメーカーで人気がある。フロンティアの人気モデルも紹介。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。