FRGAH470FWS7top


当記事では、FRONTIER GAシリーズ「FRGAH470F/WS/NTK」のレビューをしている。GAシリーズ 第10世代Core i7 × GTX 1660 SUPERは、GTX 1660 SUPERとCore i7-10700を組み合わせたミドルクラスのゲーミングPCだ。

このクラスとしては驚きの構成を持ちコストパフォーマンスに優れている。税込み12万円前後の予算でゲーミングPCを探している方はぜひチェックしてほしい。ただし、従来モデルと比べて改悪されてしまったので様子をみることも選択肢の一つだ。

FRGAH470F/WS7のスペック

gaseries-right

ブランド名GAシリーズ 第10世代Core i7 × GTX 1660 SUPER
製品名FRGAH470F/WS7
価格Windows 10 / 114,800円
CPUCore i7-10700F
グラフィックボードGeForce GTX 1660 SUPER
メモリDDR4-3200 16GB(2933動作)
SSDNVMe 500GB
HDD2TB
電源650W STANDARD
マザーボードチップセットH470
コスパ

>>>>>FRGAH470F/WS7を購入する<<<<<

各タイトルの対応表

PUBG黒い砂漠FF14Fortnite
pubg
★★★★★
kurosabakutop
★★★★★
ff14suisyou
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

FRGAH470F/WS/NTKのゲーミング性能

当該モデルは非常に高いゲーミングパフォーマンスを持っている。ただ、PC初心者の方がスペックを見てもなかなか性能面をイメージすることができないかもしれない。ここでは具体的に当該ゲーミングPCに搭載されているパーツについて一つずつ解説していく。

GeForce GTX 1660 SUPER(GPU)

gtx1660superseinou

GeForce GTX 1660 SUPERは、ミドルクラスに位置するグラフィックボードだ。GTX 1660の後継モデルとして登場した。GTX 1660 Tiに近いパフォーマンスをより安価な価格で手に入れられるようになったという意味でユーザーからするとメリットが大きい。

設定調整を行えばFULL HD環境でのゲームプレイに対応できるパフォーマンスを持つ。Core i7-10700と合わせるとややCPU寄りだが当該モデルについては価格も抑えられていてデメリットはないと言える。

Core i7-10700F(CPU)

i7-10700seinou

Core i7-10700Fは、8コア16スレッドの高パフォーマンスCPUだ。第10世代CPUになってハイパースレッディングに対応となっている。前世代のCore i7-9700Kを超える性能の高さは注目だ。

末尾の「F」は内蔵グラフィックレスモデルであることを意味する。FRGAH470F/WS7にはグラフィックボードが搭載されていることからFシリーズを搭載していても問題はない。ゲーミング適性の高いCPUでボトルネックとなりにくい。

総合性能

FRGAH470FWS7seinou

高いCPU性能と標準的なGPU性能を持つゲーミングPCだ。性能のバランスで言えば悪いが、実用面では非常に有用である。CPU性能が高いことはマイナスになりにくい。ゲーム以外の用途ではCPU性能が最も重要になる。ゲーム性能はミドルクラスでも、パソコン全般ではハイクラスと言っても過言ではない。

パソコンでできること全般で標準以上のパフォーマンスを発揮する。Core i7-9700とGTX 1660 SUPERのバランスがよかったことから、その流れでCore i7-10700Fが搭載されている。バランスを重視してCore i5-10400のようなCPUを搭載すると性能が落ちる。従来より優れた性能を持ち、コストパフォーマンスを落とさない組み合わせはこれしかない。Core i7-10700FはCore i9-9900と同等の性能である。

Core i9-9900とGTX 1660 SUPERを組み合わせていると考えると、バランスの悪さは分かりやすいだろうか。価格がほぼ同じで展開されるCore i7-10700Fを搭載すること自体はデメリットではない。CPU性能に長けていることで、X4のようなCPU性能が求められるゲームでも安定しやすい。これは高リフレッシュレートでゲームプレイする時にも恩恵として表れる。現行のミドルクラスは、従来のミドルクラスと切って考える必要がある。

>>>>>FRGAH470F/WS7を購入する<<<<<

FRGAH470F/WS7の特徴まとめ

従来と比べて大幅なマイナス評価

FRGAH470F/WS7は、フロンティアのセールモデルでも人気のゲーミングPCだ。ロークラスの価格で人気のミドルクラスの性能を実現していることが要因だ。コストパフォーマンスの高さが魅力のモデルだったが、マイナーチェンジでよさが失われつつある。従来モデルと比較すれば一目瞭然だろう。

ブランド名FRONTIERFRONTIER
イメージFRGAH370FWSKNTKFRGAH370FWSKNTK
製品名FRGAH470F/WS7従来モデル
価格114,800円112,800円
CPUi7-10700Fi7-10700F
GPUGTX 1660 SUPERGTX 1660 SUPER
メモリDDR4-3200 16GB
(動作はDDR4-2933)
DDR4-3200 16GB
(動作はDDR4-2933)
SSDNVMe 500GBNVMe 500GB
HDD2TB2TB
電源650W STANDARD600W GOLD
マザーボードH470H470

FRGAH470F/WS7はセールモデルである。非常にお得な構成と価格で評価を高めている。それだけに、マイナス要素が加わると振れ幅も大きくなる。現在のFRGAH470F/WS7は、従来と比べて基本的な構成に差はない。一方で、電源は50W容量アップしているが、規格が3段階ダウンしている。その上で2,000円値上げされている。それでもセール内容が変わってもお得であることに変わりはない。

これだけ優れたモデルは探しても他に見つからないだろう。ただ、電源のダウンは厳しい。最近のモデルで80PLUSの規格表記のないモデルを見かけることはない。セールページには650W 80PLUS GOLDと表記されている。しかし、詳細ページとカスタマイズ画面ではGOLDと記載されていない。この無表記はミスかと思ったが、どうやらGOLDの方が誤りのようだ。一応カスタマイズで850W GOLDへ6,000円でアップグレード可能だ。

6,000円アップしても従来より劣るだけでお得ではある。コストパフォーマンスが魅力のモデルが従来より劣るというのは悩ましい。今急いで選択するよりも、従来の構成に戻るのを待つ方が無難に思える。フロンティアのセールは毎週更新されるので様子を見るのもありだ。

様子を見たい価格帯最強のゲーミングPC

FRGAH470F/WS7は前述の通り評価が少し落ちた。それでも、この価格帯ではありえない構成であることに違いはない。よりお得に選択できる可能性があるので様子見を推奨しているに過ぎない。たとえ今選択しても、損をするというようなことはないだろう。本来この価格であればCPUはCore i5-10400F、ストレージはNVMe対応256GB、電源は500W BRONZEがいいところだ。

従来より落ちると言っても、並び立つモデルは存在していない。FRGAH470F/WS7はしばらくセールモデルとして販売されると予想できる。型番は変わっても類似したモデルは登場し続けるはずだ。今すぐ必要であるなら選択しても後悔はない。しかし、急いでいないなら様子を見ることで、よりお得に選択できる可能性が高い。

価格帯最強と言えるFRGAH470F/WS7に対抗できるのはFRGAH470F/WS7しかない。どう変化してもFRGAH470F/WS7が最強モデルだ。これまでの傾向から見てもマイナスに変化し続けることは考えにくい。それなら次の変化を見てからでも遅くはない。フロンティアのゲーミングPCは、他ショップと違い電源が非常に協力であることも強みだ。

STANDARD規格へのダウンはその強みを捨てるに等しい。最強の座にあるモデルに対して様子をみるべきというのは非常に贅沢な悩みだ。それは真の姿を知っているからこそである。ただ、前述の通り電源をカスタマイズしてもお得であることに変わりはない。

600W GOLDの電源を850W GOLDへカスタマイズすることはできなかった。650W STANDARDを850W GOLDへカスタマイズすれば従来モデルを超えるとも言える。短所を長所に変えるという意味で、今すぐ選択するなら電源のカスタマイズはしておく方がよいだろう。

FRGAH470F/WS7の安さを検証

ブランド名FRONTIERGALLERIA
イメージFRGAH370FWSKNTKGALLERIA XA7C-R70S (2)
製品名FRGAH470F/WS7XA7C-G60S
価格114,800円129,980円
CPUi7-10700Fi7-10700
GPUGTX 1660 SUPERGTX 1660 SUPER
メモリDDR4-3200 16GB
(動作はDDR4-2933)
DDR4-2666 16GB
SSDNVMe 500GBNVMe 512GB
HDD2TB非搭載
電源650W STANDARD650W BRONZE
マザーボードH470H470
公式公式公式
比較対象はドスパラの人気モデルGALLERIA XTの後継機GALLERIA XA7C-G60Sだ。構成はオーソドックスなミドルクラスである。GALLERIA XA7C-G60Sと比べると、FRGAH470F/WS7がいかに優れたモデルであるかが分かるはずだ。メモリの規格、HDD容量で上回っている。そして価格は15,000円も安い。電源をカスタマイズしてドスパラのモデルに合わせれば9,000円差まで縮まるが、構成で圧倒するので大幅に上回るモデルである。

例えば、メモリ+4,000円・HDD+7,100円となる。つまり、9,000円+4,000円+7,100円=20,100円お得ということだ。構成がダウンしたとしても現行のトップクラスの他社モデルを上回る価格設定になっている。

注意しなければいけないことはFRGAH470F/WS7はセールモデルだということだ。常に同じ構成と価格で販売されるとは限らない。現在のFRGAH470F/WS7が従来よりも劣る構成であるように、マイナスに変化する可能性もゼロではない。もしかすると、もう販売されないかもしれない。そういう不安定さから定番モデルに落ち着くことはない。

いつが最もお得なタイミングか分からないのが欠点である。購入して届くまでに強力な変化を遂げる可能性もある。ミドルクラスのゲーミングPCを探しているならFRGAH470F/WS7はおすすめである。後は選ぶタイミングが重要になるだろう。

>>>>>FRGAH470F/WS7を購入する<<<<<

GAシリーズケース詳細

正面

gaseries-syoumen正面からの写真だ。本体がリニューアルされてビジネスモデルからややゲーミングモデル寄りになったと言える。レッドのラインがオシャレだ。他のBTOメーカーと比べるとややおとなしい印象を受ける。

右側面

gaseries-right右側面はシンプルだ。ミニタワー寄りのケースとなっている。幅200mm×高さ423mm×奥行き485mmだ。ドスパラのKTケース(ミドルタワー)が幅207mm×高さ450mm×奥行き520mmと一回り大きい。排熱性能や拡張性に関しては大きい方が優勢だ。

左側面

gaseries-left左側面には大きめの排気口が搭載されている。効率の良い電源ユニットを搭載していることから安定したゲームプレイが約束される。

I/Oパネル

gaseries-iopanel前面のI/OパネルにはUSBポート×2、マイク入力端子、ヘッドホン出力端子、電源ボタンを備える。キレイに配置されていて使い勝手も良好だ。

管理人による総評(FRGAH470F/WS7)

gaseries-right

FRGAH470F/WS7は、GTX 1660 SUPER×i7-10700F搭載のゲーミングPCだ。ミドルクラスとして王道のモデルだと言える。CPU性能が高くゲーミング性能も引き上げられている。FULL HD環境でのゲームプレイにおすすめだ。メモリ16GB、SSD 500GB NVMe、HDD 2TBと充実の構成も圧巻だ。電源ユニットが650W STANDARDへと規格がダウンしているがコスパの高さに変わりはない。

価格CPUグラボ
114,800円Core i7-10700FGTX1660 Super
メモリSSDHDD
DDR4 16GB500GB2TB

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

フロンティア(FRONTIER)の評判解説

FRGAH470F/WS7を販売しているBTOメーカーフロンティアの特徴や評判をまとめている。セールがお得なメーカーで人気がある。フロンティアの人気モデルも紹介。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る