FRGAH570WS5TNTKtop


当記事では、FRONTIER GAシリーズのレビューをしている。GAシリーズ Core i7 + RTX 3070搭載のゲーミングPCだ。フロンティアの台数限定セールの注目モデルの一つとなっている。台数限定とは言ってもすでに長い間継続して販売されているため急いで購入する必要はないのではないかと思う。比較対象モデルと合わせて動向をチェックして欲しい。

FRGAH570/WS5T/NTKのスペック

gaseries-right

ブランド名FRONTIER
製品名FRGAH570/WS5T/NTK
価格Windows 10 / 209,800円(税込)
CPUCore i7-10700F
グラフィックボードGeForce RTX 3070
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 1TB
HDD非搭載
電源850W GOLD
マザーボードチップセットH570
コスパ★★★★★★★★★☆8.8

>>FRGAH570/WS5T/NTKを購入<<

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

FRGAH570/WS5T/NTKのゲーミング性能

GeForce RTX 3070(GPU)

rtx3070seinou

GeForce RTX 3070は、Ampere世代のハイクラスのグラフィックボードだ。2021年6月に後継モデルのRTX 3070 Tiがリリースされたがすでに供給がストップしている。そのためこのRTX 3070に改めて注目が集まっている。RTX 3070 Tiと比べて価格が安い分だけコストパフォーマンスは高くなる。ゲーミング性能は高くWQHD環境でのゲームプレイをメインに考えれば満足度が高い。フルHD環境なら高リフレッシュモニターを活かせる。将来性という観点からも非常に魅力的な選択肢となる。

Core i7-10700F(CPU)

i7-10700seinou

Core i7-10700Fは、Intel第10世代の高パフォーマンスモデルだ。後継モデルのCore i7-11700Fに比べるとワンランク性能は落ちるが現時点でも十分通用するCPUだと言える。8コア16スレッドとマルチスレッド性能が高く幅広い用途に対応することが可能だ。動画編集・画像編集・WEBデザインなど性能不足に悩むことはなくなるだろう。ゲーミングCPUとしての評価も上々だが、Core i7-11700Fと比べると見劣りしてしまうのも事実だ。価格的な優位性があるなら十分選択する価値がある。

総合性能

FRGAH570WS5TNTKseinou

FRGAH570/WS5T/NTKは、RTX 3070とCore i7-10700Fを搭載したハイクラスのゲーミングPCだ。一世代前の構成ながら、実用性の高さから今でも支持されている組み合わせだ。フルHDでゲームをプレイするなら240Hzも目指せるのでおすすめだ。

一方で、4Kなどの高解像度への対応力はそこまで高くない。FF14程度の要求スペックであれば快適だが、最新のゲームタイトルになると少し苦手だ。フルHDを中心にしつつ、WQHDで144Hzを目指すようなスタイルに適している。非常に優秀な性能のゲーミングPCなので、余裕があるなら狙いたいモデルだ。

>>FRGAH570/WS5T/NTKを購入<<

FRGAH570/WS5T/NTKの特徴まとめ

選びやすさの光るRTX 3070搭載モデル

FRGAH570/WS5T/NTKの魅力は、RTX 3070搭載モデルとしては抑えられた価格にある。Core i7-10700FとRTX 3070の組み合わせでも22万円以上が相場となりつつある。その中で20万円台に留めているのは素晴らしい。少し前のRTX 3070搭載モデルの価格をそのまま引き継いでいるため評価が高い。今やRTX 3060搭載モデルが20万円台にあるような状態だ。

現行のミドルクラスと同等の価格でワンランク上のモデルを選択できる。それこそがFRGAH570/WS5T/NTKの強みである。ハイクラスのゲーミングPCは全ての性能帯で最も人気がある。セールモデルはフロンティア最大の武器だ。他製品にはなかなか追いつけないモデルである。ただし、期間と台数が限定であることで、いつでも選べるモデルではない。その点では先々購入予定なら販売が終了している可能性もあって候補に加えにくい。

フロンティアのセールモデルは近々購入するユーザー向けのモデルだ。1ヶ月以上先の予定では選択できる可能性が低くなる。選びやすいモデルは入手難易度的に選びにくくなる傾向にある。ただ、フロンティアは金曜日のセール更新で在庫が追加される。それだけでなく、在庫がなくなったタイミングで追加されることもある。在庫がないからと諦めず、定期的にチェックしておきたい。

今Core i7とRTX 3070の組み合わせを20万円台で選択できるモデルは少ない。もしかすると存在しないかもしれない。構成もそれなりにこだわっているため、コストパフォーマンスも上々だ。ハイクラスを探しているなら一度はチェックしてみてほしい。

意外と評価は伸びない

価格が安く抑えられたFRGAH570/WS5T/NTKの評価は思いの外伸びない。8.8というスコアは優秀であるが、性能と価格を考えればもう少し伸びてもおかしくない。評価が伸び悩む要因はCPUとGPUの性能のバランス、第10世代搭載であることが挙げられる。

Core i7-10700FはCore i7-10700のCPU内蔵GPU機能をカットしたモデルだ。その分だけ価格も安くなる。コストパフォーマンス的にはCore i7-10700に比べて伸びにくいCPUである。そして、最も大きな要因はCore i7-10700Fの性能にある。RTX 3070に対してボトルネックが生じる場面がある。第11世代が登場する前なら、それも妥協点ではあった。

最新の第11世代のCore i7-11700であればボトルネックは生じにくい。上位モデルの登場により、ハイクラスでのCore i7-10700系は評価が伸びにくくなった。旧世代ということも相まって、価格だけで勝負するのは難しくなっている。それでも8.8と高い数値を叩き出しているのでおすすめできないわけではない。注意点としてフロンティアのサポートはあまり充実していない。

最低限と言える程度のもので、ここでコストカットを行っているのではないだろうか。その点で初心者におすすめしにくい。Core i7とRTX 3070を組み合わせたモデルとしては間違いなくトップクラスのモデルである。しかし、トップに立てるモデルというわけではなさそだ。構成も充実しているので、後もうひと伸びというところだ。これからの変化に期待したい。

>>FRGAH570/WS5T/NTKを購入<<

似ているゲーミングPCとの比較

ブランドFRONTIERraytrek
画像FRGAH470FWS7raytrek ZFtop
製品名FRGAH570/WS5T/NTKXF
ケースミドルミドル
価格209,800円(税込)215,980円(税込)
CPUCore i7-10700FCore i7-11700
GPURTX 3070RTX 3070
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 32GB
SSDNVMe 1TBNVMe 512GB
HDD非搭載非搭載
電源850W GOLD750W GOLD
マザボH570H570
公式公式公式
レビュー当ページレビュー

比較対象はドスパラのraytrek XFだ。このモデルを超えない限り、RTX 3070搭載モデルでトップに立つことはできない。まずは価格差が6,000円程度であることに注目してもらいたい。構成はraytrek XFがCPU性能で上回り、メモリ容量が2倍となっている。FRGAH570/WS5T/NTKはSSD容量が2倍、電源容量で上回っている。ゲーミングPCは構成よりも性能が優先される。

それは、メモリを除く性能に関する部分は後から追加できないからだ。CPUは交換対応しかできず、余ったCPUが無駄になる。SSDは増設してもそのまま流用できるので無駄にならない。このことから、購入時は構成よりも性能を優先したい。FRGAH570/WS5T/NTKは非常に優秀なモデルである。しかし、最新のIntel第11世代のCore i7を搭載したraytrek XFには及ばない。

>>FRGAH570/WS5T/NTKを購入<<

GAシリーズケース詳細

正面

gaseries-syoumen正面からの写真だ。本体がリニューアルされてビジネスモデルからややゲーミングモデル寄りになったと言える。レッドのラインがオシャレだ。他のBTOメーカーと比べるとややおとなしい印象を受ける。

右側面

gaseries-right右側面はシンプルだ。ミニタワー寄りのケースとなっている。幅200mm×高さ423mm×奥行き485mmだ。ドスパラのKTケース(ミドルタワー)が幅207mm×高さ450mm×奥行き520mmであることを考えると一回り大きいことがわかる。排熱性能や拡張性に関しては大きい方が優勢だ。

左側面

gaseries-left左側面には大きめの排気口が搭載されている。効率の良い電源ユニットを搭載していることから安定したゲームプレイが約束される。

I/Oパネル

gaseries-iopanel前面のI/OパネルにはUSBポート×2、マイク入力端子、ヘッドホン出力端子、電源ボタンを備える。キレイに配置されていて使い勝手も良好だ。

管理人による総評(FRGAH570/WS5T/NTK)

gaseries-right

FRGAH570/WS5T/NTKは、RTX 3070×Core i7-10700F搭載のゲーミングPCだ。フロンティアのセール対象モデルの一つとなっている。相場よりも安く販売されていてコストパフォーマンスは上々だが、旧世代のCPUを搭載していることで思いの外評価は伸びない結果となった。ゲーミング性能自体は高くWQHD環境でのゲームプレイをメインに考えれば妥協は必要ない。メモリ16GB、SSD 1TBと構成については申し分ない仕上がりだ。今は比較対象モデルをチェックしておこう。

価格CPUグラボ
209,800円(税込)i7-10700FRTX3070
メモリSSDHDD
DDR4 16GB1TB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

  • おすすめゲーミングPCランキング
  • おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

  • フロンティア(FRONTIER)の評判解説
  • FRGAH570/WS5T/NTKを販売しているBTOメーカーフロンティアの特徴や評判をまとめている。セールがお得なメーカーで人気がある。フロンティアの人気モデルも紹介。

  • 当サイト紹介ゲーミングPC一覧表
  • 当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。