FRGAH670WS10NTK


当記事では、FRONTIER GAシリーズ「FRGAH670/WS10/NTK」のレビューをしている。Core i7-12700F×RTX 3070搭載のハイクラスのゲーミングPCだ。フロンティアの台数限定セールの対象モデルでかなりコストパフォーマンスが高いモデルとなっている。

メモリ容量が32GBと大容量なのが特徴だ。純粋に価格を抑えたいと考えている方は比較対象モデルに挙げたモデルを確認しておくとよい。メモリ容量及びストレージが半減となるが20,000円安く購入できる。フロンティアとサードウェーブ(ドスパラ)が素晴らしいバトルを繰り広げている状況だ。

FRGAH670/WS10/NTKのスペック

gaseries-right

ブランド名FRONTIER GAシリーズ
製品名FRGAH670/WS10/NTK
価格234,800円(税込)
CPUCore i7-12700F
グラフィックボードGeForce RTX 3070
メモリDDR4-3200 32GB
SSDNVMe 1TB
HDD非搭載
電源850W GOLD
マザーボードチップセットH670
コスパ★★★★★★★★★☆ 9.0

>>FRGAH670/WS10/NTKを購入<<

各タイトルの対応表

Final Fantasy 14
4K
Apex Legends
144Hz
Apex Legends
60Hz
フォートナイト
240Hz
フォートナイト
140Hz
ff14suisyou
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

FRGAH670/WS10/NTKのゲーミング性能

Core i7-12700F(CPU)

corei7-12700seinou202201

FRGAH670/WS10/NTKではCPUにIntel第12世代のCore i7-12700Fを搭載している。CPU内蔵グラフィックス非搭載モデルだが、グラフィックボードを搭載しているのでデメリットはないだろう。Core i7-12700は12コア20スレッドと高スペックだ。PコアとEコアのハイブリッドコアアーキテクチャを採用しているのがポイントだ。画期的な仕組みだと言える。

マルチスレッド性能が高く従来モデルのCore i9-11900Kと比べて50%以上もパフォーマンスが高い。フラグシップモデルでさえも上回るのは素晴らしい。Ryzen 9 5900Xと同等以上のパフォーマンスを発揮する。ゲーミングPCに搭載するCPUとしても魅力的だ。前世代のどのモデルと比べてもより高いフレームレートを計測できる。

GeForce RTX 3070(GPU)

rtx3070seinou202206

当該モデルではAmpere世代のハイクラスであるRTX 3070を搭載している。従来モデルのRTX 2070の後継モデルで40%近くも性能が高くRTX 2080 Tiを上回るほどのパフォーマンスを発揮する。WQHD環境でのゲームプレイに対応できるポテンシャルを持つ。タイトル次第では4K環境にも対応可能だ。競合モデルであるRadeon RX 6750 XT/RX 6700 XTと比べても性能は高い。レイトレーシングも第2世代になって性能が引き上げられている。Core i7-12700Fとのバランスも良好だ。将来性も高く長く使い続けられるのも魅力だと言える。

>>FRGAH670/WS10/NTKを購入<<

FRGAH670/WS10/NTKの特徴まとめ

台数限定セールの中で売れ筋モデルの一つ

FRGAH670WS10NTKuresuji
FRGAH670/WS10/NTKは、フロンティアの台数限定セール(夏のボーナスセール)のイチオシモデルとなっている。これまでのセールの中でももっとも売れたモデルの一つでセールページの上部に掲載されている。

人気の秘密はやはりコストパフォーマンスの高さにある。半導体不足+円安の影響を受けてゲーミングPC全体の価格が上昇傾向にある中で抑えられた価格は魅力的だ。フロンティアらしいモデルと言っても過言ではない。

メモリ・ストレージなど構成が充実している

当該モデルは、メモリ32GB・SSD 1TBと構成が充実しているのが最大の特徴だ。BTOパソコンでメモリ32GBを搭載しているのは珍しい。その理由として通常のゲームプレイにおいてはメモリ16GBでも十分だからだ。それでもゲーム実況や動画編集などのクリエイター作業などを考えているなら活かせるはずだ。ストレージについても容量が多いに越したことはない。

これだけ充実した構成ながら価格は税込23万円台と圧巻だ。一般的な構成を持つ他のRTX 3070搭載モデルと同等の価格設定となっている。さらに、電源ユニットも850W GOLDと大容量で余裕がある。将来的にグラフィックボードの換装を考えている方にとっては強みとなる。ミドルタワーケース採用で拡張性が高く将来性が高い。コストパフォーマンス重視で選ぶのも悪くない。

>>FRGAH670/WS10/NTKを購入<<

似ているモデルと比較

ブランド名FRONTIERraytrek
イメージFRGAH470FWS7raytrek ZFtop
製品名FRGAH670/WS10/NTKXF
価格234,800円(税込)214,980円(税込)
CPUCore i7-12700FCore i7-12700
GPURTX 3070RTX 3070
メモリDDR4-3200 32GBDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 1TBNVMe 500GB
HDD非搭載非搭載
電源850W GOLD750W GOLD
マザーボードH670H670
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
競合モデルはドスパラのクリエイターPCである「raytrek XF」だ。通常モデルながらかなり健闘している。価格はFRGAH670/WS10/NTKよりも19,820円安い。CPUはCPU内蔵グラフィックス搭載のCore i7-12700を搭載している。グラフィックスは同じRTX 3070だ。メモリ容量及びストレージ容量はそれぞれ半減となっている。FRGAH670/WS10/NTKに構成を揃えるとメモリ+16,000円、SSD+9,900円だ。

つまり、構成を揃えた場合はFRGAH670/WS10/NTKの方が6,080円安く購入できるということになる。電源ユニットについてもFRGAH670/WS10/NTKの方が100Wだけ容量が大きい。マザーボードのチップセットはH670と共通だ。メモリ32GB・SSD 1TBとそれほどの容量が必要でないならより安く購入できるraytrek XFも悪くない。あとはケースデザインの好みだろうか。

GAシリーズケース詳細

正面

gaseries-syoumen正面からの写真だ。本体がリニューアルされてビジネスモデルからややゲーミングモデル寄りになったと言える。レッドのラインがオシャレだ。他のBTOメーカーと比べるとややおとなしい印象を受ける。

右側面

gaseries-right右側面はシンプルだ。ミニタワー寄りのケースとなっている。幅200mm×高さ423mm×奥行き485mmだ。ドスパラのKTケース(ミドルタワー)が幅207mm×高さ450mm×奥行き520mmであることを考えると一回り大きいことがわかる。排熱性能や拡張性に関しては大きい方が優勢だ。

左側面

gaseries-left左側面には大きめの排気口が搭載されている。効率の良い電源ユニットを搭載していることから安定したゲームプレイが約束される。

I/Oパネル

gaseries-iopanel前面のI/OパネルにはUSBポート×2、マイク入力端子、ヘッドホン出力端子、電源ボタンを備える。キレイに配置されていて使い勝手も良好だ。

管理人による総評(FRGAH670/WS10/NTK)

gaseries-right

FRGAH670/WS10/NTKは、フロンティアの台数限定セールの中でも売れ筋モデルの一つだ。CPUにはCore i7-12700Fを、グラフィックスにはRTX 3070を搭載している。ハイクラスのゲーミングPCとしてコストパフォーマンスに優れていておすすめ度が高い。高解像度でのゲームプレイにも対応できる。4K解像度にも対応可能だ。メモリ32GB、SSD 1TBと構成も圧倒的だ。電源ユニットは850W GOLDを採用している。

価格CPUグラボ
234,800円(税込)Core i7-12700FRTX3070
メモリSSDHDD
DDR4 32GB1TB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya