FRGAH670WS1NTK


当記事では、FRONTIER GAシリーズ「FRGAH670/WS1/NTK」のレビューをしている。GAシリーズ Core i7 + RTX 3060 Ti搭載のゲーミングPCだ。フルHD環境で高リフレッシュレートを実現することができる。2022年1月7日開始のスーパーセール2022からついにIntel第12世代Core i7-12700F搭載モデルがラインナップに入った。

即完売となった人気モデルで注目度の高さが伺える。RTX 3060 TiとCore i7シリーズの組み合わせはコストパフォーマンスに優れたモデル(旧世代含む)が多く人気があるのだ。ただし、ここ2022年1月になってからまたゲーミングPCの価格が上昇傾向にある。購入のタイミングをしっかり図る必要がある。

FRGAH670/WS1/NTKのスペック

gaseries-right

ブランド名FRONTIER GAシリーズ
製品名FRGAH670/WS1/NTK
価格Windows 10 / 209,800円(税込)
CPUCore i7-12700F
グラフィックボードGeForce RTX 3060 Ti
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 1TB
HDD非搭載
電源600W BRONZE
マザーボードチップセットH670
コスパ★★★★★★★★★★ 9.6

>>FRGAH670/WS1/NTKを購入<<

各タイトルのおすすめカスタマイズ

FRGAH670/WS1/NTKのおすすめカスタマイズについてまとめている。当該モデルについてはカスタマイズの必要性がそれほど高いわけではないが、いくつかの候補が挙げられるので必要に応じて追加を検討するとよいだろう。

ハードディスク/SSD ★★★☆☆

FRGAH670WS1NTKstorage
SSD 1TBのみでは物足りないという方にHDDの追加がおすすめだ。1TBで8,000円、2TBで11,000円とやや高めだと言えるかもしれない。あえてカスタマイズをせずAmazon.co.jpなどでHDDを購入してご自身で追加するのもよい。ストレージの増設ぐらいであれば初心者の方でも対応できる。

電源ユニット ★★★☆☆

FRGAH670WS1NTKpower
RTX 3060 TiとCore i7-12700Fの組み合わせを考えると電源ユニットをワンランク引き上げてもよいだろう。850W GOLDへのアップグレードで+6,600円はリーズナブルだと言える。将来的に構成を変更する予定のある方は初めからワンランク上の電源ユニットを選択しておくと手間を省くことができる。

各タイトルの対応表

Final Fantasy 14
4K
Apex Legends
144Hz
Apex Legends
60Hz
フォートナイト
144Hz
フォートナイト
60Hz
ff14suisyou
★★★☆☆
Apex-Legends
★★★★☆
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

FRGAH670/WS1/NTKのゲーミング性能

GeForce RTX 3060 Ti(GPU)

rtx3060tiseinou20211224

FRGAH670/WS1/NTKで採用されているグラフィックボードは、ハイクラスで人気の高いRTX 3060 Tiだ。Ampere世代のグラフィックボードの中で最も熱いモデルだと言える。60番台とは言ってもRTX 3070に近い性能を持ちWQHD環境にも対応することが可能だ。

従来モデルのRTX 2060と比べて40%以上もゲーミング性能が高く、その上位モデルであるRTX 2060 SUPERと比べても20%以上も上回る。このRTX 3070寄りの性能でかつ価格が抑えられているのが人気の秘密だ。グラフィックボード選びに迷ったらまずこのRTX 3060 Ti搭載モデルを検討するとよい。

Core i7-12700F(CPU)

i712700-seinou

当該モデルではIntel第12世代の高パフォーマンスモデルであるCore i7-12700Fを搭載している。CPU内蔵グラフィックス非搭載モデルだ。グラフを見て分かる通りCore i5-12600K以下のCPUとの性能差がかなり大きくなっている。Core i7-12700Fは、12コア20スレッドと従来モデルのCore i7-11700F(8コア16スレッド)と比べて大幅にスペック強化が図られている。

Core i7-11700と比べて90%以上もパフォーマンスが向上している。競合モデルであるRyzen 7 5800Xとの性能差も40%以上と大きい。Core i9-11900Kをも軽く上回る性能は圧巻だ。12コア24スレッドのRyzen 9 5900Xと同等以上の性能を持つ。プロセスが14nmから10nmへと微細化されてここまでパフォーマンスを引き上げることができた。

>>FRGAH670/WS1/NTKを購入<<

FRGAH670/WS1/NTKの特徴まとめ

Core i7-12700F搭載モデルとしては安価な一台

FRGAH670/WS1/NTKは、税込209,800円とCore i7-12700F搭載モデルとしては安価なゲーミングPCだ。RTX 3060 TiとCore i7シリーズとの組み合わせは人気だが、まだまだCore i7-12700との組み合わせは少ない。数少ない他社BTOメーカーのモデルを見ると1万円以上安くなっている。最新モデルを少しでも安く購入したいと考えているゲーマーの方は必見だ。

一方で、旧世代のCore i7シリーズ搭載モデルと比べるとやや価格が高い。これは最新モデルならではのプレミアム価格が設定されているということだ。もちろんCPU性能が向上していることを考えるとそれほど割高というわけではない。旧世代のCPUから完全に切り替わればもう少し価格が下がるのではないかと思う。最近はグラフィックボードの価格高騰も顕著で先が読めないのが悩ましい状況だ。

充実の構成でカスタマイズの必要性があまりない

FRGAH670/WS1/NTKは、構成も充実していてカスタマイズを行う必要性がそれほど高いモデルではない。初期構成でメモリ16GB(DDR4-3200)、SSD 1TBという構成で性能帯を考えると必要十分だ。電源ユニットに関しても将来的にパーツの増設や換装などを行わないのであればカスタマイズをする必要はない。フロンティアのモデルとしては平均的な構成だが、一般的なゲーミングPCとして見れば平均以上だと言える。

当該モデルのカスタマイズはやや割高で、積極的に推奨できないというのもカスタマイズの必要性をなくさせる要因だ。コストパフォーマンスあるいは価格を抑えることを中心に考える方がよいのではないかと思う。カスタマイズをすることでコストパフォーマンスが下がってしまうことは最後に付け加えておく。

即完売で購入のハードルが高い

FRGAH670WS1NTKkanbai
いくら魅力的なモデルでも購入できなければ意味がない。FRGAH670/WS1/NTKはセールの台数限定モデルで登場後即完売となるため購入したくてもなかなか購入できないのが現状だ。やはりCore i7-12700F搭載モデルとしては価格が抑えられていてお得感があるからだろう。

セール対象となったIntel第12世代Core iシリーズ搭載モデルはいずれもすぐに完売している。もしかしたら転売のために購入している方もいるのかもしれない。もしこのモデルを購入したいなら毎週金曜日15:00にパソコンの前に待機しておこう。また、在庫追加可能性に備えて週明け10:00頃にも確認しておくとよい。

>>FRGAH670/WS1/NTKを購入<<

似ているゲーミングPCと比較

ブランド名FRONTIERGALLERIAG-Tune
イメージFRGAH470FWS7GALLERIA XA7R-R37Tnextgear-micro
製品名FRGAH670/WS1/NTKXA7C-R36TTD-S
価格209,800円(税込)219,980円(税込)169,800円(税込)
CPUCore i7-12700FCore i7-12700Core i7-10700
GPURTX 3060 TiRTX 3060 TiRTX 3060 Ti
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 1TBNVMe 1TBNVMe 512GB
HDD非搭載非搭載非搭載
電源600W BRONZE650W BRONZE700W BRONZE
マザーボードH670H670B460
公式公式公式公式
RTX 3060 Ti搭載モデルを2機種ピックアップしたので詳しく比較していく。同じCore i7-12700(CPU内蔵グラフィックス搭載)を搭載したGALLERIA XA7C-R36Tとの価格差は1万円だ。こちらのモデルもすぐに完売となって現時点で購入できなくなっている。メモリ・SSD容量は共通だ。電源ユニットは少しだけ容量が多いがほぼ同等のものだと考えてよさそうだ。マザーボードのチップセットもH670で共通となっている。フロンティアのセール対象モデルと同等の戦いをしているのは素晴らしい。

ここで注目したいのが当サイトとのコラボレーションモデルのG-tune TD-Sだ。2世代前のCore i7-10700を搭載していて税込169,800円という価格設定だ。旧世代のCPUを搭載しているといっても40,000円も安く購入できるのは魅力的だろう。ゲームプレイ時のフレームレートではそこまで大きく変わることはない。メモリはDDR4-2666 16GBと規格はツーランク落ちる。SSD容量も半分の512GBだ。電源容量は700W BRONZEとやや余裕がある。マザーボードのチップセットはB460となっている。価格を抑えるために構成はある程度削られていると考えておこう。

GAシリーズケース詳細

正面

gaseries-syoumen正面からの写真だ。本体がリニューアルされてビジネスモデルからややゲーミングモデル寄りになったと言える。レッドのラインがオシャレだ。他のBTOメーカーと比べるとややおとなしい印象を受ける。

右側面

gaseries-right右側面はシンプルだ。ミニタワー寄りのケースとなっている。幅200mm×高さ423mm×奥行き485mmだ。ドスパラのKTケース(ミドルタワー)が幅207mm×高さ450mm×奥行き520mmであることを考えると一回り大きいことがわかる。排熱性能や拡張性に関しては大きい方が優勢だ。

左側面

gaseries-left左側面には大きめの排気口が搭載されている。効率の良い電源ユニットを搭載していることから安定したゲームプレイが約束される。

I/Oパネル

gaseries-iopanel前面のI/OパネルにはUSBポート×2、マイク入力端子、ヘッドホン出力端子、電源ボタンを備える。キレイに配置されていて使い勝手も良好だ。

管理人による総評(FRGAH670/WS1/NTK)

gaseries-right

FRGAH670/WS1/NTKは、フロンティアの新年一発目のセールにおいて台数限定モデルとして登場した一台だ。RTX 3060 Ti×Core i7-12700F搭載のゲーミングPCで高いゲーミング性能を発揮する。最新のIntel第12世代Core i7-12700Fは、12コア20スレッドと大幅にスペックが引き上げられてゲームプレイ以外への適性も向上している。Core i9-11900Kを軽く超える性能は圧巻だ。メモリ16GB、SSD 1TBと構成も充実している。

価格CPUグラボ
209,800円(税込)Core i7-12700FRTX3060Ti
メモリSSDHDD
DDR4 16GB1TB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya