FRGH570WS117top


当記事では、FRONTIER GHシリーズFRGH570/WS117のレビューをしている。Core i7-11700×RTX 3070 Ti搭載のゲーミングPCだ。RTX 3070 Ti搭載の最安値クラスの一台となっている。CPUがCore i7-11700からCore i7-11700Fへと換装された。また、メモリ32GBへと倍増及び電源ユニット強化と構成が変わり評価を上げた。

円安の影響で多くのBTOメーカーが値上げに踏み切っている中でこれは素晴らしい。RTX 3070 Tiとのバランスもまずまずだ。今回はゴールデンウィークということもあって通常よりも台数が多く100台限定だ。過去限定33台のモデルが即日完売となったことがある。それだけ人気の高いモデルであることがわかるだろう。

FRGH570WS37TAurikire

FRGH570/WS117のスペック

frontiergh

ブランド名FRONTIER
製品名FRGH570/WS117
価格214,800円(税込)
CPUCore i7-11700F
グラフィックボードGeForce RTX 3070 Ti
メモリDDR4-3200 32GB
SSDNVMe 1TB
HDD非搭載
電源850W GOLD
マザーボードチップセットH570
コスパ★★★★★★★★★★ 10.0

>>FRGH570/WS117を購入<<

各タイトルの対応表

Final Fantasy 14
4K
Apex Legends
144Hz
Apex Legends
60Hz
フォートナイト
144Hz
フォートナイト
60Hz
ff14suisyou
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

FRGH570/WS117はCore i7-11700FとRTX 3070 Tiを搭載したハイクラスのゲーミングPCだ。CPUには1世代前の第11世代Core iシリーズのCore i7-11700を搭載している。旧世代モデルを選択したことで価格が抑えられている。最新のCore i7-12700になると数万円単位で価格が上がってしまう。

また、1世代前のCore i7-10700Fと比べるとRTX 3070 Tiバランスは取りやすくなっている。そういう意味ではおすすめしやすいモデルだ。GPU性能は非常に高く、FF14を4K解像度で快適にプレイできるだけの性能はある。CPUのせいで大きくパフォーマンスが低下してしまうことはないだろう。

FRGH570/WS117のゲーミング性能

Core i7-11700F(CPU)

corei7-11700seinou

FRGH570/WS117で採用されているCPUはIntel第11世代のCore i7-11700Fだ。8コア16スレッドとマルチスレッド性能が高く、動画編集やゲーム実況などの用途にも対応しやすい。従来モデルのCore i7-10700と比べて33%もパフォーマンスが引き上げられている。

これまでと同じ14nmプロセスが採用されているがより洗練されたCPUとなった。ゲームプレイにおいても必要十分だ。RTX 3070 Tiとのバランスもまずまずだと言える。当然次世代のCore i7-12700と比べるとやや見劣りしてしまうが、そこは価格との兼ね合いで考えるとよいだろう。

GeForce RTX 3070 Ti(GPU)

rtx3070tiseinou

GeForce RTX 3070 Tiは、Ampere世代の中では後発モデルとしてリリースされたグラフィックボードだ。期待ほどではないもののRTX 3070よりも性能が向上している。AMD製Radeon RX 6800に近いゲーミング性能を持ち、WQHD環境以上でのゲームプレイに最適だ。

前世代のフラグシップモデルであるRTX 2080 Tiを超える性能は圧巻だ。タイトルによっては4K解像度にも対応できるポテンシャルを持つ。レイトレーシング・DLSS性能も十分だ。Core i7-11700/Core i7-12700以上のCPUと合わせたい。

>>FRGH570/WS117を購入<<

FRGH570/WS117の特徴まとめ

RTX 3070 Ti搭載モデルとしては最安値クラス

FRGH570/WS117は、RTX 3070 Ti搭載モデルとして最安値クラスのゲーミングPCだ。2022年04月時点で購入できるモデルで見ればトップクラスのコストパフォーマンスを誇る。最近はRTX 3070 Ti搭載モデルも減少してきてなかなかコスパの高いモデルを探すのが難しい。

このモデルについてもいつまで販売されるかわからない。価格や構成が変化する可能性が高いのではないかと考えている。当該モデルについては、メモリ32GB、SSD 1TBと構成も充実していて初心者の方でも選びやすい。電源ユニットも1000W GOLDと圧倒的だ。基本的にはカスタマイズを考える必要がない。

カスタマイズをするならSSD 500GBの追加だろう。+10,000円で追加すればSSDのダブルストレージ採用モデルへと変わる。実用性も高くなるのでおすすめだ。価格が安いフロンティアのセール対象モデルだからこそのカスタマイズだと言えるかもしれない。

リニューアルで評価大幅アップ

ブランド名FRONTIER GHFRONTIER GH
イメージFRGH570WS38FRGH570WS38
製品名FRGH570/WS117FRGH570/WS37TA
価格214,800円(税込)219,800円(税込)
CPUCore i7-11700FCore i7-10700F
GPURTX 3070 TiRTX 3070 Ti
メモリDDR4-3200 32GBDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 1TBNVMe 1TB
HDD非搭載非搭載
電源1000W GOLD850W GOLD
チップセットH570H570

FRGH570/WS117は、元々FRGH570/WS37TAがリニューアルされたモデルとなっている。CPUがCore i7-11700からCore i7-11700Fへと変更されていて、かつ5,000円安くなった。Intel第12世代のCore i7-12700と比べると性能は劣るが、価格が抑えられていてRTX 3070 Ti搭載モデルとして非常に魅力的なモデルだと言える。

Core i7-12700を選択していれば税込21万円台という価格は実現しないだろう。もちろんCore i7-11700Fでもゲーム実況や動画編集などの作業にも対応可能だ。また、メモリ容量も倍増の32GBで評価は大幅アップだ。電源ユニットも850W GOLDから1000W GOLDへとアップグレードされている。ゴールデンウィーク中のセールの本気度の高さが伺える。

>>FRGH570/WS117を購入<<

似ているゲーミングPCとの比較

ブランド名FRONTIER GHG-GEAR
イメージFRGH570WS38G-GEAR GA7A-B180T
製品名FRGH570/WS117GA7J-G221/B
価格214,800円(税込)259,800円(税込)
CPUCore i7-11700FCore i7-12700
GPURTX 3070 TiRTX 3070 Ti
メモリDDR4-3200 32GBDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 1TBNVMe 1TB
HDD非搭載非搭載
電源1000W GOLD750W GOLD
チップセットH570B660
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象はTSUKUMOのG-GEAR GA7J-G221/Bだ。価格差は約45,000円と大きい。その代わりCPUがCore i7-11700FからCore i7-12700へとアップグレードされる。確かにCore i7-12700の性能の高さは魅力的だが、4.5万円高くなるなら悩ましい。コストパフォーマンスの観点からはFRGH570/WS117が優勢だ。

メモリ容量も倍増となり構成面でも優れている。SSD容量は共通だ。なお、現在G-GEAR GA7J-G221/Bはキャンペーン中で+550円でSSD 2TBへアップグレード可能だ。もちろんそれでも差を埋めることはできない。電源ユニットもFRGH570/WS117では1000W GOLDを採用していて優れている。ここから価格が上がらない限りはFRGH570/WS117を選択する方がよいのではないかと思う。

>>FRGH570/WS117を購入<<

GHシリーズケース詳細

正面

frontiergh-syoumenケースは黒色と白色の2種類から選択することができる。前面には大型ファンが設置されていてハイエンドのパーツの搭載でも安心感がある。メッシュパネルは取り外してメンテナンスを行うことが可能だ。実用性も高い。

右側面

frontiergh-right右側面はシンプルな形となっている。特に伝えるべきことはない。

左側面

frontiergh-left左側面にはガラスサイドパネルが採用されていて中身を魅せる仕様だ。最近人気のスタイルで当該モデルの強みとなっている。CPUファンやグラフィックボードをはっきりと確認できる。従来のGHシリーズを引き継いでいる。株にはPower LED(RGB-LED)を搭載していて専用ソフトで自由にカラーを変更することが可能だ。

I/Oパネル

frontiergh-iopanelI/Oパネルは本体上部に集約されている。上からヘッドフォン出力端子、マイク入力端子、USB Type-A 3.2 Gen1×2となっている。チェアに座りながらも操作がしやすい。接続端子が曲がってしまう可能性があるため注意する必要がある。電源ボタンは中心に配置されている。

管理人による総評(FRGH570/WS117)

frontiergh

FRGH570/WS117は、Core i7-11700F×RTX 3070 Ti搭載のゲーミングPCだ。ここ最近ずっと継続して販売されている。CPUがCore i7-11700からCore i7-11700Fへと変更された。また、メモリ容量倍増・電源強化と当初の予想通りいい方向へと切り替えられている。これによってコストパフォーマンスは高くなった。

RTX 3070 Ti搭載モデルとして安価で選びやすい。予算が合うのであれば十分候補に入るだろう。Intel第11世代のCore i7シリーズならRTX 3070 Tiとのバランスも取りやすい。メモリ32GB、SSD 1TBと構成も不足はない。

価格CPUグラボ
214,800円(税込)Core i7-11700FRTX3070Ti
メモリSSDHDD
DDR4 32GB1TB非搭載

当ページを読まれた方に人気の記事一覧

  • おすすめゲーミングPCランキング
  • おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

  • フロンティア(FRONTIER)の評判解説
  • FRGH570/WS117を販売しているBTOメーカーフロンティアの特徴や評判をまとめている。セールがお得なメーカーで人気がある。フロンティアの人気モデルも紹介。

  • 当サイト紹介ゲーミングPC一覧表
  • 当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya