FRGH570WS38Atop


当記事では、FRONTIER GAシリーズFRGH570/WS38Aのレビューをしている。GHシリーズ 第11世代 Core i7 + RTX 3080搭載のゲーミングPCだ。最新のIntel第11世代CPUのCore i7-11700Fを搭載している。RTX 3080の性能を引き出しやすい魅力的なCPUだ。また、FRONTIER GHシリーズはケースが一新されてよりデザイン性・実用性が高くなった。より詳細を見ていこう。台数限定モデルのためできるだけ早い決断が必要になる。

FRGH570/WS38のスペック

frontiergh

ブランド名FRONTIER
製品名FRGH570/WS38A
価格Windows 10 / 279,800円(税込)
CPUCore i7-11700F
グラフィックボードGeForce RTX 3080
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 1TB
HDD非搭載
電源850W GOLD
マザーボードチップセットH570
コスパ

>>FRGH570/WS38Aを購入<<

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

FRGH570/WS38Aのゲーミング性能

GeForce RTX 3080(GPU)

rtx3080seinou

GeForce RTX 3080は、最新のAmpere世代におけるハイエンドクラスのグラフィックボードだ。フラグシップモデルであるRTX 3090の方が性能は高いが価格が跳ね上がってしまうため一般的とは言えない。そう考えるとRTX 3080がトップモデルと考えてよい。

前世代の斎場モデルであるRTX 2080 Tiと比べて大幅にゲーミング性能が引き上げられて4K解像度での適性が向上している。こだわりのゲーム環境を構築したい方は必見だ。この高い性能にはCOre i7以上のCPUを選択したい。そういう意味ではCore i7-11700Fとの相性は良好だ。

Core i7-11700F(CPU)

i7-11700seinou

Core i7-11700Fは、Intel第11世代の高パフォーマンスモデルとなっている。Core i7-10700と同じ8コア16スレッドというスペックだ。CPUコアが改良されてパフォーマンスが引き上げられている。従来モデルのCore i7-10700K以上のCPU性能を持つ。動画編集・画像編集・ゲーム開発などマルチに対応することができる。Ryzenシリーズと比べても対等に戦えるところまで来た。ゲームプレイにおいてはRyzenシリーズを上回る。

総合性能

FRGH570WS38seinou

FRGH570/WS38は非常に優れた性能を持つハイエンドクラスのゲーミングPCだ。最新のIntel第11世代Core i7-11700FはCore i7-10700の後継機とは思えない高いパフォーマンスを見せる。RTX 3080との組み合わせでも決してバランスを大きく崩さない。この安定感は流石最新のCPUと言ったところだ。

RTX 3080の性能を引き出せるため、4K解像度を前提としたゲームプレイに最適だ。FF14程度のスペックであれば余裕を持って対応できる。既存のタイトルを4K環境でプレイすること自体は容易で、この先登場してくるタイトルに目を向けたいモデルだ。

フルHDでも高リフレッシュレートの環境があれば性能を無駄にしない。Apex Legendsは240Hz、フォートナイトは360Hzも目指せる。より高みを目指した本格的なゲームプレイにも適した性能である。用途やスタイルを選ばないので誰にでもおすすめできるモデルだ。

>>FRGH570/WS38Aを購入<<

FRGH570/WS38Aの特徴まとめ

値上げされても比較的選びやすいハイエンドPC

FRGH570/WS38は、税込28万円以内に収まるハイエンドモデルだ。RTX 3080×i7-11700F搭載でトップクラスの性能を持つ。元々249,800円で販売されていたが昨今の情勢を踏まえて値上げがされている。それでもパソコン全体の価格が高騰している中、比較的選びやすい価格帯に落ち着いているように思う。最新のCPUとRTX 3080の組み合わせなら妥当な価格設定だ。

コストパフォーマンスもまずまずの評価である。Core i7-11700Fは8コア16スレッドとマルチスレッド性能の高いCPUだ。従来モデルのCore i7-10700Kよりも高い性能を持ちオールラウンドに通用する。消費電力の高さがややネックとなるが当該モデルでは850W GOLDを採用しているため不安はない。受け皿として申し分のない組み合わせだと言える。

RTX 3080に対してある程度のバランスが取れるCPUなので、選択を先送りにするほど不安になるものではない。FRGH570/WS38の魅力は性能よりも選びやすさにある。現時点でこの価格にまで抑えられたのだから、今後RTX 3080搭載モデルを代表する製品になるだろう。他製品が価格の高騰で苦しい状況である。

対抗できる製品の登場はしばらく先になりそうだ。Intel第11世代搭載のハイエンドモデルを検討しているなら、FRGH570/WS38はおすすめしやすい。性能・構成・価格に優れ最新モデルはそう出てこない。フロンティアは最新モデルの初動が圧倒的に優秀だ。初っ端に大きくリードを広げて逃げ切るスタイルだ。

ただ、時間経過で他製品が追いついてきても、大きな変化が期待しにくい。他製品の価格が下がるまでがフロンティア製品をおすすめするタイミングだ。予約段階であるFRGH570/WS38はまさに最大の強みを発揮していると言っても過言ではない。

フロンティアらしい充実の構成も魅力

FRGH570/WS38は価格に強みがあるモデルだ。さらに、構成を削って価格を抑えているわけではない。チップセットは最新のH570を採用している。価格と機能のバランスに優れ、オーバークロックに対応していないCore i7-11700F搭載には最適だ。メモリはIntel 500シリーズのチップセットから対応できるようになったDDR4-3200だ。最新の規格を選べるようになったのはメリットだ。

そして、ストレージはNVMe対応SSD 1TBだ。容量に余裕があるのでカスタマイズが必須ではない。NVMe対応SSDにはWD Blueが採用されている。メーカー品なので価格や品質のチェックが容易なのは嬉しい。RTX 3080の性能を支える電源は850W GOLDだ。RTX 3080搭載モデルとしては最上位とまではいかないが、余裕のある容量と規格である。

充実した構成を持ちながら価格を抑えている。よくある構成を最低限にして価格を重視したモデルではない。これまでの販売形態を見てもフロンティアの場合はその点はそれほど心配しなくてもいいのかもしれないが…ゲームを快適にプレイする性能と様々な用途に対応できる構成を併せ持つ。コストパフォーマンスの高いRTX 3080搭載のハイエンドモデルである。

Core i7-11700Fは従来のCore i9-10900に匹敵する性能とされている。ゲーム以外への対応力も素晴らしいものがある。より幅を持たせるためにもストレージはHDD 1TBを追加しておいてもよさそうだ。ストレージに余裕があればそれだけできることも広がる。性能を活かした用途のためにカスタマイズするのも悪くない。

>>FRGH570/WS38Aを購入<<

似ているゲーミングPCとの比較

ブランド名FRONTIERGALLERIA
イメージFRGH570WS38GALLERIA XA7C-R70S (2)
製品名FRGH570/WS38AXA7C-R38
価格279,800円(税込)279,980円(税込)
CPUCore i7-11700FCore i7-10700K
GPURTX 3080RTX 3080
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-2933 16GB
SSDNVMe 1TBNVMe 512GB
HDD非搭載非搭載
電源850W GOLD750W GOLD
チップセットH570H570
公式公式公式
同じ価格帯で似た構成を持つGALLERIA XA7C-R38と比較していこう。CPU・メモリ規格・SSD・電源でFRGH570/WS38Aが上回っている。ケースデザインは好みが分かれるところだが、FRGH570/WS38Aは2021年3月に登場したばかりの新しいケースを採用している。クリアガラスパネル採用で魅せるモデルとなっている。

GALLERIA XA7C-R38ではIntel第10世代のCore i7-10700Kを搭載している。CPU性能自体はCore i7-11700Fの方が上だ。またGALLERIA XA7C-R38のチップセットはH570でオーバークロックはできない。メモリの規格についてもFRGH570/WS38AではDDR4-3200だが、GALLERIA XA7C-R38では一つ規格の落ちるDDR4-2933を搭載している。ただし、ゲームプレイにおいて性能差を体感することは難しいだろう。

両モデルでSSD容量も異なる。FRGH570/WS38Aは倍の1TBと大容量だ。電源ユニットも100W多い850W GOLDを搭載していてFRGH570/WS38Aの方がスペックが高い。

>>FRGH570/WS38Aを購入<<

GHシリーズケース詳細

正面

frontiergh-syoumenケースは黒色と白色の2種類から選択することができる。前面には大型ファンが設置されていてハイエンドのパーツの搭載でも安心感がある。メッシュパネルは取り外してメンテナンスを行うことが可能だ。実用性も高い。

右側面

frontiergh-right右側面はシンプルな形となっている。特に伝えるべきことはない。

左側面

frontiergh-left左側面にはガラスサイドパネルが採用されていて中身を魅せる仕様だ。最近人気のスタイルで当該モデルの強みとなっている。CPUファンやグラフィックボードをはっきりと確認できる。従来のGHシリーズを引き継いでいる。株にはPower LED(RGB-LED)を搭載していて専用ソフトで自由にカラーを変更することが可能だ。

I/Oパネル

frontiergh-iopanelI/Oパネルは本体上部に集約されている。上からヘッドフォン出力端子、マイク入力端子、USB Type-A 3.2 Gen1×2となっている。チェアに座りながらも操作がしやすい。接続端子が曲がってしまう可能性があるため注意する必要がある。電源ボタンは中心に配置されている。

管理人による総評(FRGH570/WS38A)

frontiergh

FRGH570/WS38Aは、RTX 3080×i7-11700F搭載のゲーミングPCだ。ゲーミングPCらしいPCケースを採用している。フロンティアのセール対象モデルで20台限定での販売(再販されることも多いが…)となっている。最新のIntel第11世代のCore i7-11700Fを搭載しているのが最大の魅力だ。

前世代のCore i7-10700Kよりも高いCPU性能を持ちハイエンドのRTX 3080とのバランスがとりやすい。高解像度でのゲームプレイでも安定したフレームレートを出せる。メモリ16GB、SSD 1TBと構成にも妥協は見られない。電源ユニットは余裕の850W GOLDを採用している。ハイエンドモデルにふさわしい選択だと言える。

価格CPUグラボ
279,800円(税込)Core i7-11700FRTX3080
メモリSSDHDD
DDR4 16GB1TB非搭載

当ページを読まれた方に人気の記事一覧

  • おすすめゲーミングPCランキング
  • おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

  • フロンティア(FRONTIER)の評判解説
  • FRGH570/WS38Aを販売しているBTOメーカーフロンティアの特徴や評判をまとめている。セールがお得なメーカーで人気がある。フロンティアの人気モデルも紹介。

  • 当サイト紹介ゲーミングPC一覧表
  • 当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。