FRGH570WS38Btop


当記事では、FRONTIER GHシリーズFRGH570/WS38Bのレビューをしている。GHシリーズ Core i9 + RTX 3080 Ti搭載のゲーミングPCだ。CPUは旧モデルのCore i9-10900Kを搭載している。フロンティアの台数限定セール対象モデルとなっていて通常ラインナップよりもお得に購入することができる。

さらに、今ならゲーミングヘッドセット「GAMDIAS EROS M3 Gaming Headset(想定価格6,980円)」付きだ。税込み30万円オーバーと気軽に手を出せる金額ではないが、コストパフォーマンスは高く予算が合う方なら満足度は高いだろう。

FRGH570/WS38Bのスペック

frontiergh

ブランド名FRONTIER
製品名FRGH570/WS38B
価格Windows 10 / 324,800円(税込)
CPUCore i9-10900F
グラフィックボードGeForce RTX 3080 Ti
メモリDDR4-3200 32GB
SSDNVMe 1TB
HDD非搭載
電源1000W GOLD
マザーボードチップセットH570
コスパ★★★★★★★★★☆ 9.3

>>FRGH570/WS38Bを購入<<

FRGH570/WS38Bのおすすめカスタマイズ

ハードディスク/SSD ★★★★☆

FRGH570WS38B-hdd
標準構成で十分なモデルでそれほどカスタマイズの必要性が高いわけではないが、ストレージのみは検討してもよいかもしれない。HDD 1TBの追加で+8,000円だ。SSD 1TBだけでは物足りない方は検討しよう。もちろんAmazon.co.jpやPCパーツショップで購入して後からご自身で取り付けてもよい。

各タイトルの対応表

Final Fantasy 14
4K
Apex Legends
144Hz
Apex Legends
60Hz
フォートナイト
144Hz
フォートナイト
60Hz
ff14suisyou
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

FRGH570/WS38Bのゲーミング性能

GeForce RTX 3080 Ti(GPU)

rtx3080tiseinou202111

FRGH570/WS38BにはフラグシップモデルのRTX 3080 Tiが搭載されている。RTX 3080寄りの価格でRTX 3090に近い性能を持つ理想的なグラフィックボードだと言える。AMDのフラグシップモデルであるRadeon RX 6900 XTを上回る性能は圧巻だ。

4K解像度でのゲームプレイやWQHD環境で高リフレッシュレートを実現したい方向けだ。フルHD環境だけだとややオーバースペック気味となる。その高い性能は将来性が高く長い目で見ればコストパフォーマンスは悪くない。ハイクラス以上のCPUと合わせておきたい。

Core i9-10900F(CPU)

corei9-10900kseinou202112

Core i9-10900Kは、Comet Lake世代のフラグシップモデルだ。2020年5月20日に発売された。現行モデルのCore i9-12900Kから見ると2世代前のCPUということになる。1世代後のCore i9-11900Kとの性能差はそれほど大きいわけではなく今でもある程度通用するモデルだと考えてよい。現行モデルのCore i9-12900Kになると性能は一気に2倍になる。

これは8コア16スレッドから16コア24スレッドとスペックが引き上げられたことによる恩恵だ。RTX 3080 Tiとのバランスを考えるとCore i9-10900Kだと物足りなさがあるが、価格を抑えられるという点でメリットがある。もちろんゲームプレイにおいても極端にパフォーマンスが落ちるわけではない。

>>FRGH570/WS38Bを購入<<

FRGH570/WS38Bの特徴まとめ

RTX 3080 Ti搭載モデルとしてトップクラスのコスパ

FRGH570/WS38Bは、RTX 3080 Ti搭載モデルとしてはトップクラスのコストパフォーマンスを誇る一台だ。実は2021年12月時点でRTX 3080 Ti搭載モデルを販売しているショップは少なく選択肢は限定的になっている。そのような状況においてRTX 3080 Ti×Core i9-10900Fの組み合わせで税込32万円台は圧巻だ。メモリ32GB、SSD 1TBと構成も充実していてさらに電源ユニットも1000W GOLDと妥協は見られない。

いくらお得だといってもフルHD環境でのゲームプレイしか考えていないなら宝の持ち腐れになってしまう。4K解像度でのゲームプレイを前提としているゲーマーやコスパ度外視で将来性重視でゲーミングPCを選びたいユーザー向けだと言える。CPUが最新のCore i9-12900Kに完全に切り替えられるタイミングで販売停止となるだろう。在庫処分的な立ち位置で今だから購入できるモデルだと言っても過言ではない。

弱みは2世代前のCPUを搭載していること

FRGH570/WS38Bにももちろん弱点はある。それは2世代前のCPUであるCore i9-10900Kを搭載していることだ。現行モデルと比べると性能的に見劣りしてしまう。およそ1年半前に販売されたCPUで今は2世代後のCore i9-12900Kが販売されている。スペックだけで見ても8コア16スレッドから16コア24スレッドへと大幅にスペックは強化された。現行のフラグシップモデルであるCore i9-12900Kとの性能差は大きく性能だけを見るとCore i9-10900Kを搭載していることは弱みとなる。

ハイエンドクラスのグラフィックボードに合わせるCPUとしてはやや物足りなさがあるのだ。しかしながら、旧世代のCPUを搭載しているからこそ実現した価格なので仕方がない部分だと言える。2世代前とは言っても当時のフラグシップモデルということで信頼性も高い。チップセットがH570ということもあってオーバークロックには対応していない点は注意しよう。マザーボードを含めてストレージ以外はほとんどカスタマイズができない。

>>FRGH570/WS38Bを購入<<

似ているゲーミングPCとの比較

ブランド名FRONTIER GHLEVEL∞
イメージFRGH570WS38LEVEL-R959-LC117-UAX
製品名FRGH570/WS38BLEVEL-R959-LC117F-WAX
価格324,800円(税込)329,980円(税込)
CPUCore i9-10900FCore i7-11700F
GPURTX 3080 TiRTX 3080 Ti
メモリDDR4-3200 32GBDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 1TBNVMe 1TB
HDD非搭載非搭載
電源1000W GOLD800W TITANIUM
チップセットH570Z590
公式公式公式
RTX 3080 Ti搭載モデルの中で価格帯の近いモデルをピックアップした。今はRTX 3080 Ti搭載モデルを販売しているショップ自体が希少だ。「LEVEL-R959-LC117F-WAX」はCPUにIntel第11世代のCore i7-11700Fを搭載したモデルだ。価格はFRGH570/WS38Bよりも5,000円高く設定されている。CPU性能でもCore i9-10900Kを搭載しているFRGH570/WS38Bが上回る。

さらに、メモリ容量はLEVEL-R959-LC117F-WAXの倍の32GBだ。ストレージはSSD 1TBと共通となっている。電源ユニットはFRGH570/WS38Bでは100W GOLDが採用されいて、LEVEL-R959-LC117F-WAXでは800W TITANIUMが搭載されている。容量の多いFRGH570/WS38Bが上だろう。ゲーミングPCでなかなか1000Wの電源を搭載したモデルはない。

まとめるとFRGH570/WS38BはRTX 3080 Ti搭載モデルの中でも価格が安く性能が高いということだ。比較対象に最新のCore i9-12900K搭載モデルを挙げなかったのは価格が40万円前後と跳ね上がってしまうからだ。税込32万円前後だと選択することはできないと考えておこう。

>>FRGH570/WS38Bを購入<<

GHシリーズケース詳細

正面

frontiergh-syoumenケースは黒色と白色の2種類から選択することができる。前面には大型ファンが設置されていてハイエンドのパーツの搭載でも安心感がある。メッシュパネルは取り外してメンテナンスを行うことが可能だ。実用性も高い。

右側面

frontiergh-right右側面はシンプルな形となっている。特に伝えるべきことはない。

左側面

frontiergh-left左側面にはガラスサイドパネルが採用されていて中身を魅せる仕様だ。最近人気のスタイルで当該モデルの強みとなっている。CPUファンやグラフィックボードをはっきりと確認できる。従来のGHシリーズを引き継いでいる。株にはPower LED(RGB-LED)を搭載していて専用ソフトで自由にカラーを変更することが可能だ。

I/Oパネル

frontiergh-iopanelI/Oパネルは本体上部に集約されている。上からヘッドフォン出力端子、マイク入力端子、USB Type-A 3.2 Gen1×2となっている。チェアに座りながらも操作がしやすい。接続端子が曲がってしまう可能性があるため注意する必要がある。電源ボタンは中心に配置されている。

管理人による総評(FRGH570/WS38B)

frontiergh

FRGH570/WS38Bは、RTX 3080 Ti×Core i9-10900F搭載のゲーミングPCだ。フロンティアの台数限定セールとして販売されている。旧世代のCore i9-10900Kを搭載していることもあって価格が抑えられているのが特徴だ。RTX 3080 Ti搭載モデルとしては破格だ。

もちろん旧世代でもCore i9-10900Kの性能は高くフレームレートが大きく低下してしまうことはない。確かにハイエンドクラスのRTX 3080 Tiに合わせるなら現行のCore i9-12900KやCore i7-12700Kが好ましいだろう。そこは抑えられた価格で納得できるのではないかと思う。構成も充実していてカスタマイズは予算がある方のみ検討すればよい。

価格CPUグラボ
324,800円(税込)Core i9-10900FRTX3080Ti
メモリSSDHDD
DDR4 32GB1TB非搭載

当ページを読まれた方に人気の記事一覧

  • おすすめゲーミングPCランキング
  • おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

  • フロンティア(FRONTIER)の評判解説
  • FRGH570/WS38Bを販売しているBTOメーカーフロンティアの特徴や評判をまとめている。セールがお得なメーカーで人気がある。フロンティアの人気モデルも紹介。

  • 当サイト紹介ゲーミングPC一覧表
  • 当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya