FRGH670WS1A


当記事では、FRONTIER GHシリーズFRGH670/WS1Aのレビューをしている。Core i7-12700F×RTX 3080搭載のハイエンドクラスのゲーミングPCだ。キャンペーン中はCPUクーラーをお得な価格でアップグレードできる。性能を考えると検討してもよいだろう。フロンティアの台数限定モデルとして販売されている。台数限定モデルとは言っても基本的にはセールごとに再販されるので急いで購入することはない。

もちろん100%約束できるわけではないことは理解しておいて欲しい。クリアサイドガラスパネル採用のミドルタワーケーを採用しているのもポイントだ。デザイン性に優れていて一般的なBTOパソコンとは一線を画する。1,000円の値上げが適用となったが、非常にコストパフォーマンスの高いモデルのためぜひチェックしておいて欲しい。

FRGH670/WS1Aのスペック

frontiergh

ブランド名FRONTIER
製品名FRGH670/WS1A
価格255,800円(税込)
CPUCore i7-12700F
グラフィックボードGeForce RTX 3080
メモリDDR4-3200 32GB
SSDNVMe 1TB
HDD非搭載
電源850W GOLD
マザーボードチップセットH670
コスパ★★★★★★★★★☆ 9.4
おすすめ度Sランク

FRGH570/WSAの価格推移

FRGH670WS1Asuii

前回セール時よりも5,000円高くなったが、今でもコストパフォーマンスの高いモデルであることに変わりはない。円安の影響を受けて他社BTOメーカーのモデルはそれ以上に価格が上がっている。

>>FRGH670/WS1Aを購入<<

各タイトルの対応表

Final Fantasy 14
4K
Apex Legends
144Hz
Apex Legends
60Hz
フォートナイト
144Hz
フォートナイト
60Hz
ff14suisyou
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

FRGH670WS1Aseinou

FRGH670/WS1AはCore i7-12700FとRTX 3080を搭載したハイエンドクラスのゲーミングPCだ。第12世代からCore i7無印とRTX 3080の組み合わせでバランスが取れるようになった。CPUがボトルネックになりにくく、快適なゲームプレイが実現できる。フルHDでの高リフレッシュレートはもちろん、高解像度への対応力も非常に高い。FF14なら4Kであっても240Hzに対応できそうなレベルだ。Fortniteなら360Hz、Apex Legendsなら240Hzを目指せるほど性能が高い。

FRGH570/WSAのゲーミング性能

Core i7-12700F(CPU)

corei7-12700seinou202201

Core i7-12700Fは、Intel第12世代の高パフォーマンスモデルだ。12コア20スレッドとマルチスレッド性能が高く様々な用途で通用するCPUとなっている。AMD製のRyzen 9 5900Xと同等のマルチスレッド性能を誇る。価格差のあるモデルとしては素晴らしい。実売価格で見るとCore i7-12700Fの方が1万円安い。それだけ性能に優れたモデルということだ。

従来モデルのCore i7-11700と比べて90%以上もパフォーマンスが高い。スペックの引き上げとCPUコアの改良でこれだけ性能を引き上げたのだ。動画編集や画像編集については快適に行うことができる。ゲーミング性能でも圧倒的だ。まさにゲームプレイはIntel製CPUの真骨頂だと言える。

GeForce RTX 3080(GPU)

rtx308010gbseinou202204

RTX 3080は、Ampere世代のハイクラスのグラフィックボードだ。4K解像度でのゲームプレイを考えている方向けだと言える。従来モデルのフラグシップモデルであるRTX 2080 Tiと比べて13%以上ゲーミング性能が向上した。これだけ高い性能があれば今後数年間は使い続けられるだろう。

初期投資はどうしても高くなるが、その分寿命が長いため意外とコストパフォーマンスは高い。GPUメモリ容量を強化したRTX 3080 12GBもリリースされているが、性能差だけではなく価格差も大きく比較対象モデルとはならない。RTX 3080 12GBのおかげで比較的価格が落ちてきていて購入しやすくなっている。

>>FRGH670/WS1Aを購入<<

FRGH670/WS1Aの特徴まとめ

5,000円の値上げも、RTX 3080最強の一台

FRGH670/WS1Aは1,000円の値上げで255,800円になった。2回の値上げで24万円台に収まらなくなったとはいえ、25万円台に留まるなら十分過ぎる。元々26万円台で展開されていたモデルだ。値上げされてもお得なモデルである。お得どころか、依然としてRTX 3080搭載最強クラスだ。ここで言う最強クラスというのは性能ではなくコストパフォーマンスだ。

CPUにCore i7-12700Fを搭載しているため、性能を重視したモデルではないと分かるはずだ。もちろん、Core i7-12700FであってもRTX 3080とはバランスが取れている。ハイブリッドコアアーキテクチャを採用しているのは大きい。性能を削って価格を抑えているというわけではない。コストを抑えられる構成になっている。今後もFRGH670/WS1Aの価格は揺れ動くかもしれない。どんなモデルでも5,000円ほど前後しやすいと考えておこう。

これはフロンティアに限らず、多くのショップで揺れ動いている。当面は249,800円~269,800円の間で価格が推移していきそうだ。25万円台であれば選択し、26万円台になると様子を見るくらいでよさそうだ。最新のRTX 4000シリーズが登場したことで、RTX 3080などは旧モデルとなり、市場から消えるかもしれないと危惧していた。

ところが、RTX 4000シリーズの価格が非常に高価であることから、しばらくRTX 3000シリーズも市場に残りそうだ。もっとも、RTX 3080と同等となるRTX 4070のようなモデルの価格がどの程度になるかまだ分からない。安心はできないが、今RTX 3080搭載モデルを選んでも後悔するようなことはないだろう。

安心して選べるハイエンドクラス

前述のように、RTX 3080の後継機がすでに登場している。CPUも最新の第13世代が登場してきた。Core i7-12700FもRTX 3080も旧世代となり、FRGH670/WS1Aは旧モデルという位置づけだ。本来であれば、最新世代の価格が落ち着いてから購入すればいいと提案していた。ただ、最新GPUの価格が思っているよりも高価で、RTX 3000シリーズと同等の価格に落ち着くとは考えにくい。

FRGH670/WS1Aは旧世代ではハイエンドクラスでも、最新世代ではハイクラスになるかもしれない。次世代のハイクラスが旧世代のハイエンドということはよくあることだ。そうなって困る場面というのはほとんどない。登場してくるゲームの負荷が一気に上がるわけでもない。性能が大きく求められる場面はかなり限られている。それは新しい環境に変更する時くらいだろう。

例えば、モニターを144Hz対応から240Hz対応に変更したり、フルHDからWQHDや4Kに変更したりした時だ。そうでもない限り、次世代のハイエンドクラスが必要となることはないはずだ。もっとも、FRGH670/WS1Aと同等の性能を持つ最新世代モデルは25万円台で選択できることはないはずだ。FRGH670/WS1Aは、旧世代だからこそ選びやすさがある。

そしてそれは最大の強みだ。最新世代のハイクラスと同等以上である性能を持っているので安心して選んでほしい。ハイエンドクラスは性能が非常に高いので、性能不足になるまでの時間が非常に長い。これもまた安心して選べる理由の一つだ。高い性能と安い価格を両立できるモデルはそう多くない。むしろ最新モデルの登場で旧世代の価格が落ちるこのタイミングこそ選択すべきである。

>>FRGH670/WS1Aを購入<<

似ているゲーミングPCとの比較

ブランド名FRONTIERLEVEL∞
イメージFRGH570WS38LEVEL-R969-LC129K-WAXsyoumen
製品名FRGH670/WS1ALEVEL-R769-127-VAX
価格254,800円(税込)299,800円(税込)
CPUCore i7-12700FCore i7-12700
GPURTX 3080RTX 3080
メモリDDR4-3200 32GBDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 1TBNVMe 1TB
HDD非搭載非搭載
電源850W GOLD800W GOLD
チップセットH670Z690
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象はパソコン工房のLEVEL-R769-127-VAXだ。少し前まで26万円台で展開されていたモデルだ。メモリ容量こそ半減しているが、FRGH670/WS1Aに一番近いモデルだった。それが円安の影響か大きく値上げされてしまい見る影もない。旧世代だから安いというわけにはいかないのかもしれない。その意味では、価格が抑えられている今こそFRGH670/WS1Aを選ぶタイミングだ。少し時期が違えば27万円台になってもおかしくない。お得に選べる今だからこそおすすめしたいモデルだ。

>>FRGH670/WS1Aを購入<<

GHシリーズケース詳細

正面

frontiergh-syoumenケースは黒色と白色の2種類から選択することができる。前面には大型ファンが設置されていてハイエンドのパーツの搭載でも安心感がある。メッシュパネルは取り外してメンテナンスを行うことが可能だ。実用性も高い。

右側面

frontiergh-right右側面はシンプルな形となっている。特に伝えるべきことはない。

左側面

frontiergh-left左側面にはガラスサイドパネルが採用されていて中身を魅せる仕様だ。最近人気のスタイルで当該モデルの強みとなっている。CPUファンやグラフィックボードをはっきりと確認できる。従来のGHシリーズを引き継いでいる。株にはPower LED(RGB-LED)を搭載していて専用ソフトで自由にカラーを変更することが可能だ。

I/Oパネル

frontiergh-iopanelI/Oパネルは本体上部に集約されている。上からヘッドフォン出力端子、マイク入力端子、USB Type-A 3.2 Gen1×2となっている。チェアに座りながらも操作がしやすい。接続端子が曲がってしまう可能性があるため注意する必要がある。電源ボタンは中心に配置されている。

管理人による総評(FRGH670/WS1A)

frontiergh

FRGH670/WS1Aは、Core i7-12700F×RTX 3080搭載のゲーミングPCとなっている。フロンティアの台数限定モデルということで通常モデルよりお得に購入することが可能だ。RTX 3080搭載モデルの最安値クラスの一台だ。1,000円の値上げもなんのその、このモデルに関しては円安の影響はほとんどなさそうだ。万が一売り切れになってしまっても次回のセールで復活する可能性が高いので急いで購入する必要はない。

ゲーミング性能が非常に高いモデルで4K解像度でのゲームプレイが視野に入る。RTX 3080は、Core i7-12700Fとの相性もよく高い水準でのゲームプレイが可能だ。メモリ32GB、SSD 1TBと構成も充実している。電源ユニットは850W GOLDだ。比較対象モデルと比べても圧倒的なモデルだということがわかるだろう。

価格CPUグラボ
255,800円(税込)Core i7-12700FRTX3080
メモリSSDHDD
DDR4 32GB1TB非搭載

当ページを読まれた方に人気の記事一覧

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya