FRGXB460WStop


当記事では、FRONTIER GAシリーズ「FRGXB460/WS」のレビューをしている。GXシリーズ Core i7 × MSI製 GTX 1660 SUPER搭載のゲーミングPCだ。MSI製のグラフィックボードを搭載していて一般的なBTOメーカーのモデルよりも高性能だと言える。構成も充実していて他のメーカーの追随を許さない。最強の名にふさわしい一台だと言える。

FRGAH470/WS1のスペック

gaseries-right

ブランド名GXシリーズ Core i7 × MSI製 GTX 1660 SUPER
製品名FRGXB460/WS
価格Windows 10 / 109,800円
CPUCore i7-10700F
グラフィックボードGeForce GTX 1660 SUPER
メモリDDR4-3200 16GB(動作は2933MHz)
SSDNVMe 500GB
HDD2TB
電源600W BRONZE
マザーボードチップセットB460
コスパ

>>FRGAH470/WS1を購入<<

各タイトルの対応表

PUBG黒い砂漠Apex LegendsFF14Fortnite
pubg
★★★☆☆
kurosabakutop
★★★★☆
Apex-Legends
★★★★★
ff14suisyou
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

FRGAH470/WS1のゲーミング性能

FRGXB460WSseinou

現行の標準的なミドルクラスのゲーミングPCとなっている。グラフの通りCPU性能が非常に高い。ゲームよりもゲーム以外への用途の方が適正が高いくらいだ。ゲームは標準設定より下げることで、144Hzなどの高リフレッシュレートに対応できる性能を持っている。ゲームと作業を両立することも可能だ。

本格的なゲームプレイも、負荷の高い作業もできるということで、幅広いユーザーに支持されている。最も人気の高い性能はゲーマーでなくてもおすすめできる。一般的なパソコンを含んでも全体的にバランスのよい性能である。初めてのゲーミングPCや旧世代のミドルクラスからの買い替えにおすすめだ。WQHDや4Kのような高解像度への対応力は低い。この点だけ注意してほしい。

基本はフルHD+高リフレッシュレートと考えておきたい。国内の基本無料系のゲームの多くはフルHDまでの対応だ。高解像度に対応できないことはデメリットではない。競技性の高いゲームにおいても、高解像度でのゲームプレイはデメリットになる。フルHDでゲームをプレイする機会は絶対的に多い。画質にさえこだわらなければ必要十分な性能である。これよりも高い性能は、単純に設定を高くしても安定しやすくなるだけだ。基本にして王道、それがミドルクラスの特徴だ。

>>FRGAH470/WS1を購入<<

FRGAH470/WS1の特徴まとめ

コストパフォーマンス最高峰のミドルクラス

税抜12万円台が当たり前の構成で、10万円台を実現したのはFRGXB460/WSくらいだ。それだけで選択する価値はあると言える。FRGAH470/WS1のように価格の安いモデルが値引きされる恩恵は、ハイクラスのモデルと同等以上のメリットがある。コストパフォーマンスに関してはミドルクラストップクラスだ。

RTX 30シリーズの登場後、RTX 2070 SUPERやRTX 2080 SUPERなどの高性能なGPU搭載モデルの価格が注目を集めている。ミドルクラスはRTX 2070 SUPERやRTX 2080 SUPER搭載のモデルに比べて値引きの額は大きくない。価格差を考えると仕方がないと言える。その中においてFRGAH470/WS1は例外だ。

FRGXB460/WSはセールモデルと言えど、ほぼ常時販売されている。ミドルクラスの頂点に君臨するコストパフォーマンスは他の追随を許さない。ここまで突き抜けたモデルはセールやキャンペーンでなければ届くモデルは存在しない。ただ、フロンティアの場合は在庫が限定されていること、期間も一応限定されていることで比較対象に選ばれない。

その性質から当サイトのランキングにも参入できていない。期間限定・在庫数が限られているモデルはランキングに掲載しても途中で販売終了となる可能性があるからだ。もしも、これが通常モデルであったなら、文句なく上位モデルの常連だっただろう。それほどまでに突き抜けている。ゲーミングPCを探しているユーザーにはまずチェックしてもらいたい。

価格が安いだけではコストパフォーマンスは上がらない。価格に見合わない充実した構成が必要となる。その点でも安心してほしい。ゲームを快適にプレイするだけではない。Core i7-10700Fの性能を活かしたゲーム以外の用途ではストレージ容量も重要だ。その性能を支える電源やメモリにも妥協はない。完成度でも随一と言えるゲーミングPCだ。

弱点がないのが強み

FRGXB460/WSの強みは、何と言っても弱点のないことだ。隙きのない完成された構成は誰が扱うにも満足できるものだ。価格だけが魅力なのではない。これだけ充実した構成を持っていてこその価格だ。また、MSI製のグラフィックボードを搭載しているのもポイントだ。よりパワーのあるGPUということになる。

同等の価格のモデルは今後登場するかもしれない。しかし、同じ構成で近い価格を実現するのは不可能に近い。これはフロンティアのセールモデルだからこそ実現したモデルである。あまりはっきり言いたくないことだが、ミドルクラス最強のG-Tune TD-Sよりも評価は高い。

真の最強モデルは間違いなくFRGXB460/WSだ。これが通常モデルとして登場すれば、一気に市場はひっくり返る。ゲーミングPC市場に革命が起きると言っても過言ではない。モデル自体には何のマイナス要素もデメリットもない。

強いて挙げるならサポートが乏しい点だろうか。最低限のサポートはあっても、他ショップにある24時間電話サポートなどはない。各ショップそれぞれ独自のサポートがある中で、フロンティアは標準的なサポートをするに留めている。初心者に強くおすすめしにくいのはこの辺りが要因だ。

そういう意味では、ある程度のトラブルを自分で解決できる能力が必要となるかもしれない。中級者以上には安心しておすすめできる。製品としての弱点はなくても、サポートや在庫などのショップに関係する部分が弱点になる。こんなモデルは他にないだけに扱いが難しい。既存のサポートで満足できるなら、誰が選んでも後悔しない満足度の高いモデルになるだろう。

>>FRGAH470/WS1を購入<<

GXシリーズケース詳細

2020年9月23日に新発売となったケースだ。最新モデルらしくエアフローと拡張性の高いミニタワーとなっている。

正面

FRGXB460WSsyoumen
フロンパネルが一新された。これによって高級感のあるデザインとなっている。縦に入った赤色のラインがオシャレだ。

右側面

FRGXB460WSright1
右側面はすっきりとしている。

左側面1

FRGXB460WSleft
排気口は左側に配置されている。

左側面2

FRGXB460WSmayoko
左側面に大型の排気口が設けられている。高性能なグラフィックボードやCPUを搭載しても安心だ。

I/Oパネル

FRGXB460WSjyoubu
I/Oパネルは本体上部にまとめられている。USB Type-A 3.2 Gen1×2、USB 2.0×2、ヘッドフォン端子、電源ボタンが配置されている。

FRGAH470/WS1の安さを検証

ブランド名FRONTIERGALLERIA
イメージfrontiergxGALLERIA XA7C-R70S (2)
製品名FRGXB460/WSXA7R-G60S
価格109,800円129,980円
CPUCore i7-10700FCore i7-10700
GPUGTX 1660 SUPERGTX 1660 SUPER
メモリDDR4-3200 16GB
(動作はDDR4-2933)
DDR4-2666 16GB
SSDNVMe 500GBNVMe 512GB
HDD2TB非搭載
電源600W BRONZE650W BRONZE
マザーボードB460H470
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象はドスパラのGALLERIA XA7C-G60Sだ。ミドルクラスの定番とも言えるモデルである。比べて見ると分かるように、電源容量とチップセットはGALLERIA XA7C-G60Sが上回っている。しかし、HDD容・メモリ規格・価格でFRGXB460/WSが上回っている。価格差は2万円。構成に優れていながら2万円も安いと勝負にも比較にもならない。

この比較はFRGXB460/WSがどれほど優れた製品なのか分かりやすくしているだけだ。ミドルクラスの真の王者はFRGXB460/WSである。最強というのもおこがましいほど突き抜けている。既存の枠では計れない素晴らしいコストパフォーマンスを持つゲーミングPCだ。

管理人による総評(FRGXB460/WS)

gaseries-right

FRONTIER FRGXB460/WSは、GTX 1660 SUPER×i7-10700F搭載のゲーミングPCだ。ミニタワーのモデルとしてトップクラスのモデルに仕上がっている。グラフィックボードにはミドルクラスとして人気の高いGTX 1660 SUPERを採用していてFULL HD環境への適性が高い。

CPUにハイクラスのCore i7-10700Fを搭載しているのも嬉しい。ゲームプレイ+αで考えることが可能だ。メモリ16GB・SSD 500GB・HDD 2TBと構成も充実している。さすがにこれだけのモデルを他のメーカーが追随することはできない。現状ミドルクラスの最強モデルにふさわしい一台だと言える。

価格CPUグラボ
109,800円Core i7-10700FGTX1660 Super
メモリSSDHDD
DDR4 16GB500GB2TB

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

おすすめゲーミングPCランキング【2020年】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

フロンティア(FRONTIER)の評判解説

FRGXB460/WSを販売しているBTOメーカーフロンティアの特徴や評判をまとめている。セールがお得なメーカーで人気がある。フロンティアの人気モデルも紹介。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。