FRGXB46037WStop


当記事では、FRONTIER GAシリーズ「FRGXB460/37WS」のレビューをしている。RTX 3070×i7-10700F搭載の最安値クラスのゲーミングPCだ。この人気の組み合わせを少しでも安く購入したいと考えている方はぜひチェックして欲しい。フロンティアのセールは台数限定を謳っているが、人気モデルの多くは再販されるので急いで購入する必要はない。じっくり比較して検討しよう!

FRGXB460/37WSのスペック

gaseries-right

ブランド名FRONTIER GXシリーズ
製品名FRGXB460/37WS
価格Windows 10 / 149,800円
CPUCore i7-10700F
グラフィックボードGeForce RTX 3070
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 512GB
HDD2TB
電源850W GOLD
マザーボードチップセットB460
コスパ★★★★★★★★★★10.0 over!!

>>FRGXB460/37WSを購入<<

各タイトルの対応表

PUBG黒い砂漠Apex LegendsFF14Fortnite
pubg
★★★★★
kurosabakutop
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
ff14suisyou
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

FRGXB460/37WSのゲーミング性能

FRGXB46037WSseinou

RTX 3070を搭載した高性能なゲーミングPCだ。次世代を担うハイクラスのGPUと、ゲーミングPCでは定番のCPUであるCore i7-10700Fを搭載している。非常に高いパフォーマンスで、快適なゲームプレイが約束される。GPU性能が高すぎてCore i7-10700FではRTX 3070の性能を最大限引き出すのは難しいのは注意すべきところだ。Core i7-10700Fが悪いのではなく、RTX 3070の性能が高すぎる。

70番台でありながら、従来の最上位RTX 2080 Tiに匹敵する性能を持っている。Core i7-10700Fにボトルネックが生じる可能性がある。それを避けるためにはフルHDを超える解像度でのゲームプレイが必要だ。GPU負荷が高まるほどCPU性能との差を縮めることになる。RTX 3070は4Kのような高解像度を前提とした性能だ。もちろんフルHDでも高い性能を発揮するが、少しだけ性能が無駄になる。この辺りは従来と異なり、性能の高さが若干のマイナス生む奇妙な形だ。

また、高解像度でのゲームプレイの際はメモリ容量も16GBで万全というわけではない。突き抜けた性能は制御するのが難しい。GPUの性能が高いことは、それだけできるこの幅が広いということもである。標準構成では物足りなさはあっても、増設やカスタマイズで可能性も広がっていく。RTX 3070搭載であること自体、上手く性能を活かせなくてもそれだけで価値がある。次の買い替えまで5年以上は掛かるはずだ。変化するゲーム事情に対応できること、興味のあることに挑戦できるのは強みである。

>>FRGXB460/37WSを購入<<

FRGXB460/37WSの特徴まとめ

税抜14万円台はRTX 3070搭載最安値クラス

FRGXB460/37WSは、RTX 3070とCore i7を組み合わせたモデルの中で、最も価格の安いモデルだ。税抜149,800円という価格設定は、Core i7とRTX 2070 SUPER搭載の最安値モデルと同等である。登場間もない最新のGPUを搭載して、圧倒的な低価格を実現している。当然コストパフォーマンスも優秀だ。

価格が安いだけのモデルとは一味違う。フロンティアのゲーミングPCは構成が非常に充実しているのが特徴だ。HDD 2TBとNVMe対応SSD 512GBのデュアルストレージ、850W GOLDの電源を採用している。この充実した構成と優秀な性能を兼ね備え、価格も抑えられているのだから言うことなしだ。税抜14万円台のモデルとしては最高峰の性能を有しているのもポイントが高い。

RTX 3070搭載最安値クラスであり、価格帯最強の性能とコストパフォーマンスを持つモデルだ。並び立つモデルは存在しない。ここまで早くこの価格を実現したフロンティアのセールモデルは流石だ。何か致命的な弱点でもあるのではないかと勘ぐりたくもなる。しかし、どう見てもマイナスとなる部分はない。強いて言えばケースのデザインが凡庸であることくらいだろうか。

それも好みによるところなので、無理やり理由を作っているだけだ。税抜149,800円はRTX 2070 SUPER搭載モデルが存在する価格帯である。その後継機が全く同じ価格帯に存在している。FRGXB460/37WSの存在がRTX 2070 SUPERを市場からいち早く消す要因となるかもしれない。

今最も勢いのあるゲーミングPC

期間と台数限定のセールモデルながら、その人気は圧倒的と言える。同じセールモデルに、よりコスパで優れたモデルは存在しているが、価格でリードするFRGXB460/37WSも独自の強みを確立している。扱いやすく、利便性の高いストレージ構成も今では珍しい。ほとんどの製品がNVMe対応SSDのみのシングルストレージ構成である。それでいて価格もFRGXB460/37WSより高いのだから、相手になる製品は同じセールモデル内にしかない。

ゲーミングPCを求めるゲーマーの多くが予算20万円以下である。FRGXB460/37WSはその中でも予算を抑えつつ、性能と構成に長けている。RTX 3070搭載であるため、コストパフォーマンスよりも性能を重視するユーザーも多い。FRGXB460/37WSはカスタマイズでCPUをCore i9-10900に変更できる。20,000円アップとなるのでデメリットかもしれないが、Core i7-10700Kを選択できないのはこだわりを感じる。

チップセットB460ではオーバークロックに対応できない。オーバークロックに対応しないCore i9-10900を選択肢に加えることで、性能面の無駄を排除している。性能を重視するならカスタマイズを、コストパフォーマンスや価格を重視するなら標準で選択することを推奨する。

価格を抑えたモデルだからこそ、性能や価格に分かれるニーズにカスタマイズで応えられる。幅広いユーザーにおすすめできるモデルだ。今のゲーミングPCの中でも最も勢いのあるモデルだ。ここから大きな変化は期待しにくいので、気に入れば即選択することをおすすめする。

>>FRGXB460/37WSを購入<<

GXシリーズケース詳細

2020年9月23日に新発売となったケースだ。最新モデルらしくエアフローと拡張性の高いミニタワーとなっている。

正面

FRGXB460WSsyoumen
フロンパネルが一新された。これによって高級感のあるデザインとなっている。縦に入った赤色のラインがオシャレだ。

右側面

FRGXB460WSright1
右側面はすっきりとしている。ややデザイン的にはおとなしすぎるかもしれない。

左側面1

FRGXB460WSleft
排気口は左側に配置されている。

左側面2

FRGXB460WSmayoko
左側面に大型の排気口が設けられている。高性能なグラフィックボードやCPUを搭載しても安心だ。

I/Oパネル

FRGXB460WSjyoubu
I/Oパネルは本体上部にまとめられている。USB Type-A 3.2 Gen1×2、USB 2.0×2、ヘッドフォン端子、電源ボタンが配置されている。

似ているゲーミングPCと比較

ブランド名FRONTIER GXLEVEL∞
イメージFRGXB46037LEVEL-R049-LCiX7K-VWXH-JUPITER
製品名FRGXB460/37WSLEVEL-R049-iX7-TASH
価格149,800円168,980円
CPUCore i7-10700FCore i7-10700
GPURTX 3070RTX 3070
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GB480GB
HDD2TB2TB
電源850W GOLD700W BRONZE
マザーボードB460Z490
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象はパソコン工房のLEVEL-R049-iX7-TASHだ。この比較は、他ショップの製品に対してFRGXB460/37WSがどの程度優れているかの確認である。どちらが優れているかではないので注意してもらいたい。
FRGXB460/37WSはメモリ規格・SSD規格・電源容量と規格で優れ、その上で価格は19,000円ほど安い。構成を揃えるとメモリ規格+5,480円、SSD規格+1,980円、電源ユニット+5,000円だ。これで差は31,460円となる。

一方で、チップセットとCPUでは下回る。これらを考慮すれば29,000円程度の差があることになる。LEVEL-R049-iX7-TASHも非常に強力なモデルだ。セールやキャンペーンモデルを除けばトップクラスのモデルである。そのトップクラスのモデルに対してこれだけリードを広げているのだから、FRGXB460/37WSのよさは伝わりやすいはずだ。価格とコストパフォーマンスを重視するなら選んで間違いのないモデルである。

管理人による総評(FRGXB460/37WS)

gaseries-right

FRGXB460/37WSは、RTX 3070搭載モデルの中で最安値クラスのゲーミングPCだ。他社が16万円台-18万円台で販売している状況で税抜14万円台は驚くしかない。しかも、構成を抑えての価格設定ではなく充実の構成でこの価格を実現している。フロンティアでしかなかなか実現できないのではないだろうか。ゲーミング性能はもちろん高く4K解像度でも快適にゲームを楽しむことができる。将来性も高く今後しばらく現役で居続けられるだろう。

価格CPUグラボ
149,800円Core i7-10700FRTX3070
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB2TB

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

おすすめゲーミングPCランキング【2020年】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

フロンティア(FRONTIER)の評判解説

を販売しているBTOメーカーフロンティアの特徴や評判をまとめている。セールがお得なメーカーで人気がある。フロンティアの人気モデルも紹介。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。