FRGXB460WS16top


当記事では、FRONTIER GAシリーズ「FRGXB460/WS16」のレビューをしている。GXシリーズ Core i5 + GTX 1660搭載のゲーミングPCだ。台数限定セールの対象モデルだ。売り切れになっても再販される可能性もあるので台数はそれほど気にしなくてもよいかもしれない。税込み10万円で購入できるのが特徴になっている。昨今のゲーミングPC価格高騰の状況下では非常に希少なモデルだと言える。設定を下げることに抵抗がなければ魅力的な選択肢となるだろう。

FRGXB460/WS16のスペック

gaseries-right

ブランド名FRONTIER GXシリーズ
製品名FRGXB460/WS16
価格Windows 10 / 109,800円(税込)
CPUCore i5-10400
グラフィックボードGeForce GTX 1660
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 512B
HDD非搭載
電源600W BRONZE
マザーボードチップセットB550
コスパ

>>FRGXB460/WS16を購入<<

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★☆☆☆☆
Apex-Legends
★★☆☆☆
Apex-Legends
★★★☆☆
fortnite
★★★☆☆
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

FRGXB460/WS16のゲーミング性能

GeForce GTX 1660(GPU)

gtx1660seinou

GeForce GTX 1660は、Turing世代のミドルクラスのグラフィックボードだ。現行のAmpere世代では実質後継モデルはリリースされておらず実質現行モデルだと言える。価格を抑えたいユーザーの方におすすめだ。後発モデルであるGTX 1660 SUPERの供給不足の影響でGTX 1660が再販されている。

フルHD環境で設定調整を行えば新しいタイトルにも対応することが可能だ。二世代前の80番台であるGTX 980を超える性能を持っている。後発モデルのGTX 1660 SUPERとの性能差は10%程度だ。レイトレーシングやDLSSなどの機能は除外されている。

Core i5-10400F(CPU)

corei5-10400seinou

Core i5-10400は、Intel第10世代の高コスパモデルとなっている。6コア12スレッドとマルチスレッド性能は標準以上でCore i3シリーズやRyzen 3シリーズと比べると一線を画する。Ryzen 5 3600やRyzen 5 3500を超える。動画編集や画像編集などにも対応できるポテンシャルを持っている。

プロフェッショナルでの使用を考えているならCore i7シリーズやRyzen 7シリーズが選択肢に入る。Core i5-10400は一定の性能を持ちつつ価格を抑えたい方向けだと言える。現行モデルのCore i5-11400との性能差は15%前後だ。6コア12スレッドというスペックは共通だが、CPUコアの改良で性能が引き上げられている。

>>FRGXB460/WS16を購入<<

FRGXB460/WS16の特徴まとめ

GTX 1660 SUPERの代替としてのGTX 1660搭載モデル

FRGXB460/WS16ではグラフィックスにGTX 1660を搭載しているゲーミングPCだ。本来であれば後発モデルであるGTX 1660 SUPERになるはずだが、供給不足の影響もあって代替品としてGTX 1660が選ばれている。ゲーミングPC搭載のグラフィックスとしては完全に姿を消していたがまさかの展開だ。

それほどグラフィックボード及び半導体不足が深刻なのだろう。GTX 1660 SUPERとGTX 1660の処理性能の差は10%前後で納得できるのではないかと思う。フルHD環境でのゲームプレイを考えているなら問題ないはずだ。最新タイトルでも設定を下げれば対応できる。Core i5-10400との相性も良好でバランスに優れている。

価格高騰の状況下では比較的価格が抑えられている

GTX 1660×Core i5-10400搭載で税込み109,800円という価格設定は健闘していると言える。価格が高騰する前であれば8万円~9万円で購入できたことを考えると割高感があるのは事実だ。それでも現在RTX 2060搭載モデルが13万円前後でRTX 3060搭載モデルが税込み16万円前後になっている今の状況を考えると悪くない選択ではないだろうか。

その上で当該モデルは構成も充実している。メモリ16GB、SSD 512GB NVMeとミドルクラスの性能を考えると必要十分だ。他のBTOメーカーのラインナップと比べても優位性がある。このモデルならカスタマイズをしてなくてもすぐに使用できる充実の構成は評価できる。

>>FRGXB460/WS16を購入<<

似ているゲーミングPCと比較

ブランド名FRONTIERG-GEAR
イメージFRGXB46037G-GEAR GA7A-B180T
製品名FRGXB460/WS16GA5J-D201/T
価格109,800円(税込)119,800円(税込)
CPUCore i5-10400Core i5-10400
GPUGTX 1660GTX 1660 Ti
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 8GB
SSDNVMe 512GB240GB
HDD非搭載非搭載
電源600W BRONZE550W BRONZE
マザーボードB460H470
公式公式公式
同じミドルクラスのモデルであるG-GEAR GA5J-D201/Tと比較していく。価格差は10,000円でG-GEAR GA5J-D201/Tの方が高い。CPUはいずれもCore i5-10400を搭載していてイーブンだ。GPUはGTX 1660 Tiを搭載しているG-GEAR GA5J-D201/Tに軍配が上がる。構成面ではFRGXB460/WS16が強い。メモリは倍の16GBとなっている。ゲーミングPCでは一般的な容量だ。SSDはより高性能なNVMe対応モデルで容量は512GBと倍だ。

電源ユニットはほぼ同じだと考えてよい。マザーボードの規格はG-GEAR GA5J-D201/Tの方が上だが体感できるほどではない。G-GEAR GA5J-D201/Tの構成を揃えるとメモリ+11,000円、SSD +6,600円となる。価格差10,000円を合わせると27,600円だ。GTX 1660 TiとGTX 1660では15%程度の性能差がある。つまり、15%の性能を手に入れるのに35%近いプレミアムを支払わなければならない。いかにFRGXB460/WS16がのコスパが高いのかということがわかるだろう。

GXシリーズケース詳細

2020年9月23日に新発売となったケースだ。最新モデルらしくエアフローと拡張性の高いミニタワーとなっている。

正面

FRGXB460WSsyoumen
フロンパネルが一新された。これによって高級感のあるデザインとなっている。縦に入った赤色のラインがオシャレだ。

右側面

FRGXB460WSright1
右側面はすっきりとしている。

左側面1

FRGXB460WSleft
排気口は左側に配置されている。

左側面2

FRGXB460WSmayoko
左側面に大型の排気口が設けられている。高性能なグラフィックボードやCPUを搭載しても安心だ。

I/Oパネル

FRGXB460WSjyoubu
I/Oパネルは本体上部にまとめられている。USB Type-A 3.2 Gen1×2、USB 2.0×2、ヘッドフォン端子、電源ボタンが配置されている。

管理人による総評(FRGXB460/WS16)

gaseries-right

FRGXB460/WS16は、GTX 1660×Core i5-10400搭載のゲーミングPCだ。GTX 1660 SUPERではなく旧モデルであるGTX 1660を搭載しているのは半導体不足による影響だ。性能差はそれほど大きいわけではないのでデメリットにはならないだろう。税込み10万円台なら買いのモデルだと言える。ミドルクラスの性能を持ち構成も上位クラス並に充実している。フルHD環境でのゲームプレイを考えている方に最適だ。

価格CPUグラボ
109,800円(税込)Core i5-10400GTX1660
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512B非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!