FRGXB460WS36Htop


当記事では、FRONTIER GAシリーズ「FRGXB460/WS36H」のレビューをしている。GXシリーズ 第10世代Core i7 + RTX 3060 Ti搭載のゲーミングPCだ。構成も充実していてコストパフォーマンスに優れた一台となっている。限定モデルとなっているが、完売しても再販となる可能性もあるので急いで購入する必要はない。(本当に稀に再販がないこともある)

FRGXB460/WS36Hのスペック

gaseries-right

ブランド名FRONTIER GXシリーズ
製品名FRGXB460/WS36H
価格Windows 10 / 145,800円
CPUCore i7-10700F
グラフィックボードGeForce RTX 3060 Ti
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 512GB
HDD2TB
電源850W GOLD
マザーボードチップセットB460
コスパ★★★★★★★★★★10.0 over!!

>>FRGXB460/WS36Hを購入<<

各タイトルの対応表

PUBG黒い砂漠Apex LegendsFF14Fortnite
pubg
★★★☆☆
kurosabakutop
★★★★☆
Apex-Legends
★★★★★
ff14suisyou
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

FRGXB460/WS36Hのゲーミング性能

GeForce RTX 3060 Ti(GPU)

rtx3060tiseinou

RTX 3060 Tiは、2020年12月2日に発売開始となったAmpere世代のグラフィックボードだ。これまで発売されたハイエンドモデルと比べると扱いやすい性能が特徴となっている。ミドルクラスながら前世代のRTX 2080 SUPERを超えるゲーミング性能を持つ。60番台=ミドルクラスという固定観念はなくした方がよいかもしれない。

高解像度にも対応できるポテンシャルは魅力的だろう。搭載モデル全般についてまだまだ価格が高めだが、FRGXB460/WS36Hは価格が抑えられていてコストパフォーマンスが高い。Core i7-10700Fとの相性も良好だ。

Core i7-10700F(CPU)

i7-10700seinou

Core i7-10700Fは、8コア16スレッドの高パフォーマンスモデルだ。前世代のCore i7-9700とは違ってハイパースレッディングに対応したことでゲーム適性も向上している。ゲーミングPCに搭載するCPUとしては定番だ。動画編集やゲーム実況にも耐えうる性能の高さは強みになるだろう。

総合性能

FRGXB460WS36Hseinou

FRGXB460/WS36Hは最新の次世代ミドルクラスのゲーミングPCだ。グラフを見て分かるように、ミドルクラスでありながら既存のゲームの推奨環境を有に超えている。フルHDでのゲームプレイに関しては一切の不安がない。RTX 3060 TiはRTX 2080 SUPERと同等の性能である。これまでのミドルクラスでは対応できなかった4K環境でも安定しやすい。

ただし、最高設定は流石に厳しいタイトルもあるので設定次第だ。RTX 3060 TiはWQHD環境を想定した性能だ。WQHD+144Hzで快適性と画質を両立できる。また、RTX 2060 SUPERでは処理性能が足りず、安定しにくかったリアルタイムレイトレーシングも使用できる。次の時代のゲーム環境に向けて大きく変化している。

標準的なゲームプレイではオーバースペックでも、これから主流となるであろう機能や環境では必要となる性能だ。本格的なゲームプレイに適しており、4K+最高設定さえ避ければ性能が不足する場面はそう多くはないだろう。240Hzを超える高リフレッシュレートでも安定しやすく、次世代のミドルクラスはこれからの中心となってもおかしくない。

RTX 30シリーズが全て出揃った後、RTX 3060 Tiは主流のGPUとして広く展開される可能性は高い。ただ、RTX 30シリーズの性能からして、RTX 3060やRTX 3050のような製品の性能次第で立ち位置は変わる。現時点では人気になる得る要素が詰まっている。

>>FRGXB460/WS36Hを購入<<

FRGXB460/WS36Hの特徴まとめ

コスパを重視するなら最強モデル

FRGXB460/WS36Hは、RTX 3060 Ti搭載モデルの中で、トップクラスのコストパフォーマンスを誇るゲーミングPCだ。フロンティア製品らしい充実した構成と抑えられた価格で他を寄せ付けない圧倒的な評価を得ている。税抜145,800円はCore i7-10700とRTX 2060 SUPER搭載モデルの平均的な価格に近い。

RTX 2060 SUPERとは性能に大きな差があることや登場したてであることからRTX 3060 Tiの持つポテンシャルには驚きを隠せない。まだRTX 3060 Ti搭載モデルは出揃っていないが、最強モデルと言えるほど突出したモデルである。FRGXB460/WS36Hは販売期間と台数が限定のセールモデルだ。そのため、通常ラインナップと違ってお得なのは当然と言える。新製品をセール対象モデルとして登場させる強引さはフロンティア以外にない。

コストパフォーマンスを支える上で重要なのが構成だ。フロンティアと言えば充実した構成を採用したモデルが非常に多い。中でも電源が常に余裕のある容量と優秀な規格のものを搭載している。Core i7-10700FとRTX 3060 Tiに必要な電源は650W BRONZE以上である。FRGXB460/WS36Hに搭載された電源は850W GOLDだ。電源に余裕があれば、CPUやGPUの交換、パーツの増設などで長く使用できる。

フロンティアの強みはストレージ構成もあるが、何より電源と言える。ミドルクラスでもここまで性能が高いと消費電力は高くなる。そのため、ハイエンドモデルと同じ電源を搭載しているのは贅沢な構成だ。高い性能、充実した構成、抑えられた価格の3点はフロンティアのセールモデルの特徴だ。コストパフォーマンスが突き抜けて高いのも納得できる。コストパフォーマンスだけで言えば間違いなくRTX 3060 Ti搭載最強モデルである。

性能を活かす最良の構成が魅力

コストパフォーマンスを支える構成は、FRGXB460/WS36Hを語る上で外せないものだ。さらに、その構成はコストパフォーマンス以外にも大きな影響を与えている。それは性能に合わせた用途への対応だ。RTX 3060 Tiは快適なゲームプレイを支える根幹である。ゲームをNVMe対応SSDへ保存することでプレイ中のストレスを軽減できる。Core i7-10700Fはゲーム以外への用途にも優れたパフォーマンスを発揮する。

クリエイティブな用途では、アクセスが限られるファイルを保存するためにHDDが適している。2TBもあれば動画や写真を保存しても余裕がある。動画の編集を行う際は無圧縮ファイルで行うこともあるので容量が多いに越したことはない。メモリはDDR4-3200 16GBを採用。現在のIntelチップセットではDDR4-3200を搭載してもDDR4-2933でしか動作しない。今後買い替えなどを行う時は流用しやすいので悪くはない。ただ、DDR4-3200よりもDDR4-2933の方が価格は高い。これは仕入れによるところが大きいので、ショップ毎に価格設定は異なりそうだ。

そして前述の電源だ。電源はパソコンを動作させる心臓のようなものだ。容量が大きければ拡張やパーツの交換を行いやすい。電源がギリギリだと、先々GPUの交換を行うと電源も交換しなくてはならなくなる。電源が優れていることは、そのモデルの評価に直結することもある。これらのストレージ、メモリ、電源は構成を評価する上で最も重要視される部分だ。

構成が優れていることで、性能を活かした用途にも対応しやすくなる。ゲーミングPCもここまで性能が高くなると、ゲームだけに対応できればよいというものでもなくなる。ゲーム以外への対応力も必要となる。総合的な性能が高まれば、それだけ構成が対応力に影響してくるのだ。今や、高性能なゲーミングPCは何にでも使用できるパソコンという位置付けに近づいている。FRGXB460/WS36Hはまさに次世代のゲーミングPCらしい優秀なモデルである。

>>FRGXB460/WS36Hを購入<<

GXシリーズケース詳細

2020年9月23日に新発売となったケースだ。最新モデルらしくエアフローと拡張性の高いミニタワーとなっている。

正面

FRGXB460WSsyoumen
フロンパネルが一新された。これによって高級感のあるデザインとなっている。縦に入った赤色のラインがオシャレだ。

右側面

FRGXB460WSright1
右側面はすっきりとしている。

左側面1

FRGXB460WSleft
排気口は左側に配置されている。

左側面2

FRGXB460WSmayoko
左側面に大型の排気口が設けられている。高性能なグラフィックボードやCPUを搭載しても安心だ。

I/Oパネル

FRGXB460WSjyoubu
I/Oパネルは本体上部にまとめられている。USB Type-A 3.2 Gen1×2、USB 2.0×2、ヘッドフォン端子、電源ボタンが配置されている。

似ているゲーミングPCと比較

現在RTX 3060 Ti搭載モデルの比較は行っていない。登場したばかりで、モデルも価格も落ち着いていないからだ。お得なモデルを紹介した翌日には製品が消えていたり、別にお得なモデルが登場したりする。少し時間が経つとモデルも価格も落ち着き、比較を行えるようになる。そして、その時こそRTX 3060 Ti搭載モデルの本領が発揮されるタイミングだ。

FRGXB460/WS36Hのように、今でもしっかり価格が抑えられているモデルがどう化けるのか。今以上によい評価になることは間違いない。そして、FRGXB460/WS36Hに対抗できる製品が出てくるかもしれない。今は少し様子を見つつ吟味したい。FRGXB460/WS36Hはいつ選んでもお得なので、今すぐ欲しいなら選んでしまっても問題はない。

管理人による総評(FRGXB460/WS36H)

gaseries-right

FRGXB460/WS36Hは、RTX 3060 Ti×i7-10700F搭載のゲーミングPCだ。性能的にはWQHD環境やFULL HD環境でのゲームプレイをメインのターゲットとしている。タイトルによっては4K解像度にも対応することが可能だ。前世代の60番台とは全く異なるモデルになったと言える。メモリ16GB、SSD 512GB、HDD 2TBと構成も抜群だ。フロンティアでしか考えられない圧倒的なコストパフォーマンスが最大の特徴だ。

価格CPUグラボ
145,800円Core i7-10700FRTX3060Ti
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB2TB

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

おすすめゲーミングPCランキング【2020年】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

フロンティア(FRONTIER)の評判解説

FRGXB460/WS36Hを販売しているBTOメーカーフロンティアの特徴や評判をまとめている。セールがお得なメーカーで人気がある。フロンティアの人気モデルも紹介。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。