FRGXH410WS12top


当記事では、FRONTIER GAシリーズ「FRGXH410/WS12」のレビューをしている。GXシリーズ Core i5 + RTX 3060搭載のゲーミングPCだ。セール対象モデルで限定100台の販売となっている。この組み合わせで税込み127,800円という価格はありえない!稀に2,000円~7,000円高くなるものの今は127,800円で落ち着いている。

本当にこの価格でフロンティアが利益を出せるのか疑問に思ってしまうほどだ。CPUがCore i5-10400からCore i5-10400Fに変わりその分価格が下がっている。それだけほかを圧倒する一台に仕上がっている。他社BTOメーカーで言えばGTX 1660 SUPER/GTX 1660搭載モデル並の価格設定だと言える。SSD容量が半減の512GBとなってしまったが、それでも高いコスパを誇ることは間違いない。

FRGXH410/WS12のスペック

gaseries-right

ブランド名FRONTIER GXシリーズ
製品名FRGXH410/WS12
価格Windows 10 / 127,800円(税込)
CPUCore i5-10400F
グラフィックボードGeForce RTX 3060
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 512GB
HDD非搭載
電源600W BRONZE
マザーボードチップセットB560
コスパ★★★★★★★★★★10.0 over!!

>>FRGXH410/WS12を購入<<

各タイトルの対応表

Final Fantasy 14
4K
Apex Legends
144Hz
Apex Legends
60Hz
フォートナイト
144Hz
フォートナイト
60Hz
ff14suisyou
★★☆☆☆
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

FRGXH410/WS12のゲーミング性能

GeForce RTX 3060(GPU)

rtx3060seinourx6600

GeForce RTX 3060は、Ampere世代のミドルクラスのグラフィックボードだ。フルHD環境でのゲームプレイをメインに考えている方向けだと言える。フルHD環境なら60fps以上で安定させることができる。シューティングゲームであれば高リフレッシュモニターを活かすことも現実的だ。

従来モデルのRTX 2060 SUPERよりも少しだけ性能が引き上げられている。AMD製のRadeon RX 6600 XTに比べるとやや性能は劣るが、価格を考えれば妥当な範囲に収まる。その下位モデルであるRX 6600よりも4%程度パフォーマンスが高い。レイトレーシング・DLSS性能についてはそこそこなのでこれらの機能を中心に考えるのは避けよう。

Core i5-10400F(CPU)

i510400seinounew

Core i5-10400Fは、Intel第10世代の高コスパCPUだ。6コア12スレッドとマルチスレッド性能対応で、動画編集や画像編集にも対応可能だ。従来モデルのCore i5-9400と比べると16%もパフォーマンスが高い。動画視聴・ブラウジング・オフィスソフト使用などであれば余裕がある。すでに旧モデルのCPUとなったが、価格を抑えるという目的を遂行するのに適しているため今でも採用されることが多い。ゲームプレイにおいては必要最低限のCPUだと言える。次世代のCore i5-11400になるとさらに40%高くなるが、価格を抑えるという意味ではCore i5-10400Fの存在価値は高い。

総合性能

FRGXB560WS3seinou

FRGXB560/WS3はオーソドックスな性能を持つミドルクラスのゲーミングPCだ。4KやWQHDのような高解像度は苦手だが、フルHDなら非常に優秀な対応力を見せる。Apex Legendsやフォートナイトといった人気タイトルを快適にプレイできる。

また144Hzを超えるリフレッシュレートにも対応しているので、本格的なゲームプレイを想定しているユーザーにもおすすめだ。ゲーミングPCを初めて選択するユーザーから、ミドルスペックへの買い替えを想定しているユーザーまで幅広くおすすめできる。

>>FRGXH410/WS12を購入<<

FRGXH410/WS12の特徴まとめ

価格帯最強のゲーミングPC

FRGXH410/WS12は、税込み127,800円という価格で販売されていてRTX 3060搭載最安値モデルだ。それは即ち、価格帯最強のゲーミングPCであるということだ。127,800円の対抗モデルはよくてもCore i5とGTX 1660 SUPERを組み合わせたモデルだ。多くはGTX 1660かGTX 1650搭載モデルだ。その価格帯に割って入るFRGXH410/WS12は圧倒的なコストパフォーマンスを誇る。

おそらく、FRGXH410/WS12に対抗できるモデルは登場しないだろう。価格が不安定で値上げと値下げを繰り返し、相場がなかなか変わらない中で攻めたモデルだと言える。この構成で127,800円なら誰にでもおすすめできる。特に初心者や初めてのゲーミングPCを探しているユーザーには強くおすすめしたい。ゲーミングPCに求められる性能をクリアし、他の追随を許さない低価格を実現したモデルだ。

この価格設定は、価格の高騰が始まる前でも安い。そして在庫限定であっても、これは通常ラインナップというのだからフロンティアには驚かされる。FRGXH410/WS12の登場はもしかすると他ショップのゲーミングPCに影響を与えるかもしれない。セールモデルではなくても販売台数限定のモデルなので、大きな影響はないと思う。それでもキャンペーン内容や価格設定を意識する可能性はある。

徐々に相場が落ち着き出せば、Core i5とRTX 3060の組み合わせで13万円台が当たり前になってくるはずだ。その功績の一端はFRGXH410/WS12にあると言っても過言ではない。この状況下で誕生した最強のゲーミングPCは、どういった影響を残すのか楽しみだ。それと同時に、こんな素晴らしいモデルを逃す手はない。販売が終了する前にしっかり選んでおきたい。

ゲームをメインとするならおすすめ

FRGXH410/WS12の評価は非常に高いが、完全無欠なモデルというわけではない。FRGXH410/WS12はCPU性能がそこまで高くないのだ。ゲームをプレイするだけならRTX 3060とバランスは取れるが、ゲーム以外の用途への対応力は高いとは言えない。CPU負荷の高い用途があまり得意ではなく動画の投稿などは苦手な用途となる。

得手不得手がはっきりしているため、FRGXH410/WS12は純粋にゲームを中心とするユーザー向けのモデルと言える。CPU性能をゲームに照準を合わせてCore i5-10400Fを採用して価格を抑えている。この価格はCore i5-10400Fによって実現したものだ。つまり、長所も短所もCore i5-10400Fによって生み出されたものということだ。何でもできるモデルが増えている今、あえてゲームに特化したモデルというのは貴重だ。

純粋なゲーミングPCを探しているユーザーからすると何のデメリットもない。逆に、様々な用途を想定しているユーザーには選びにくいモデルである。ただ、価格を考えればゲーム以外を想定しているユーザーからしても満足できる水準ではあると思う。オールラウンドなモデルのエントリークラスとも言えてしまうのがFRGXH410/WS12のよさだ。

価格が安いことで短所に妥当性を生み出している。もっとも、Core i5-10400Fの性能はCore i7やRyzen 7に比べると低いが、実用面でそこまで困ることはない。多少処理速度が遅いだけで動画のエンコードもしっかり行える。価格以上の快適性はある。専門的なモデルと比べると弱いだけで、ゲーミングPCとしては上等なパフォーマンスだ。

>>FRGXH410/WS12を購入<<

似ているゲーミングPCと比較

ブランド名FRONTIERGALLERIA
イメージFRGXB46037GALLERIA RM5C-G60S
製品名FRGXH410/WS12RM5C-G60T 第11世代Core搭載
価格127,800円(税込)129,980円(税込)
CPUCore i5-10400FCore i5-11400
GPURTX 3060GTX 1660 Ti
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GBNVMe 512GB
HDD非搭載非搭載
電源600W BRONZE550W BRONZE
マザーボードB560B560
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象はドスパラのGALLERIA RM5C-G60Tだ。比較というよりも、いかにFRGXH410/WS12が優れているかの確認だ。まず、同じ価格帯のモデルは大体がGALLERIA RM5C-G60T程度だ。この価格帯ならGPUは4ランクほど下のGTX 1660やGTX 1650あたりが中心だ。その点ではGTX 1660 Tiを搭載しているGALLERIA RM5C-G60Tは優秀な方だ。それでもこの時点で比較にならないほどの性能差がある。

これで価格が安いのだからFRGXH410/WS12の異常性がよく分かると思う。価格は両者とも共通だ。GALLERIA RM5C-G60ではCPUこそ最新のCore i5-11400が搭載されているが、GPUは大幅ダウンのGTX 1660 Tiとなる。メモリの規格や電源容量も僅かな違いがありつつFRGXH410/WS12の方が上だ。

他社メーカーの動向を見ると同等の性能を持つモデルは15万円台後半だ。FRGXH410/WS12よりも3万円ほど高いことになる。予算が12万全前後ならFRGXH410/WS12を選んで損はない。むしろこれ以外の選択肢がないほどだ。ミドルクラスのゲーミングPCを探しているユーザー全てにまずはチェックしてほしい。予算が15万円前後でも推奨したいモデルである。

GXシリーズケース詳細

2020年9月23日に新発売となったケースだ。最新モデルらしくエアフローと拡張性の高いミニタワーとなっている。

正面

FRGXB460WSsyoumen
フロンパネルが一新された。これによって高級感のあるデザインとなっている。縦に入った赤色のラインがオシャレだ。

右側面

FRGXB460WSright1
右側面はすっきりとしている。

左側面1

FRGXB460WSleft
排気口は左側に配置されている。

左側面2

FRGXB460WSmayoko
左側面に大型の排気口が設けられている。高性能なグラフィックボードやCPUを搭載しても安心だ。

I/Oパネル

FRGXB460WSjyoubu
I/Oパネルは本体上部にまとめられている。USB Type-A 3.2 Gen1×2、USB 2.0×2、ヘッドフォン端子、電源ボタンが配置されている。

管理人による総評(FRGXH410/WS12)

gaseries-right

FRGXH410/WS12は、RTX 3060×Core i5-10400F搭載のゲーミングPCだ。フロンティアの台数限定セール対象モデルでかなりお得なモデルとなっている。台数限定と言ってもセール期間中に在庫が追加されたり、次回のセールで復活したりとなるケースもあるので極端に急ぐ必要はない。(もし再販がなければごめんなさい..)

昨今のゲーミングPC価格高騰の影響を一切受けていないのではないかと思えるほどだ。ミドルクラスのゲーミングPC購入を考えている方は必ずチェックしておこう。比較対象モデルと比べてもいかにお得なモデルなのかということがわかるだろう。

価格CPUグラボ
127,800円(税込)Core i5-10400FRTX3060
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!